■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
HDLコレステロール関連の2本目: N Engl J Med 2011;364(2):136-45.
Jan.13号のNEJMは急性中耳炎とHDLコレステロール関連の話題という2本立てです。
そのHDL関連の2本目の論文を読みましょう。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Genetic Variant of the Scavenger Receptor BI in Humans (N Engl J Med 2011;364:136-45.)

今回の「ハテナ起点」」はこちら。

It is unclear what role SR-BI plays in human metabolism. (N Engl J Med 2011;364:136-45.)

定番表現ですね。

Stat-Readingにはなじまない論文なので、すぐにアブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

In mice, the scavenger receptor class B type I (SR-BI) is essential for the delivery of high-density lipoprotein (HDL) cholesterol to the liver and steroidogenic organs. (N Engl J Med 2011;364:136-45.)

タイトルを読んで、「そんなの、知らない!」と思っても、第一文で説明があります。なるほど、と次に進めます。

METHODS

The functional effects of the P297S mutation on HDL binding, cellular cholesterol uptake and efflux, atherosclerosis, platelet function, and adrenal function were studied. (N Engl J Med 2011;364:136-45.)

主語が非常に長い、頭でっかちな文になっています。これを見ると、主語として羅列している項目に重点が置かれていて、述語の"were studied"というのは(文として成立するためだけの)付け足し、という感じがありますね。

RESULTS

Cholesterol uptake from HDL by primary murine hepatocytes that expressed mutant SR-BI was reduced to half of that of hepatocytes expressing wild-type SR-BI. (N Engl J Med 2011;364:136-45.)

murine マウスの

CONCLUSIONS

The mutation carriers had increased HDL cholesterol levels and a reduction in cholesterol efflux from macrophages but no significant increase in atherosclerosis. (N Engl J Med 2011;364:136-45.)

Resultsの内容を一文で表現しています。

いかがでしたか?生命維持には重要なコレステロール代謝ですが、まだ解明されていない部分も多いのですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。