■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いつものところになくても慌てない: N Engl J Med 2011;364(4):322-31.
このところ、可能な限りStat-Readingをやっています。チェックする4項目については、だいたい出てくる場所が一定なのですが、たまにはそういう「定型」を外したアブストラクトもあります。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Peginterferon plus Adefovir versus Either Drug Alone for Hepatitis Delta (N Engl J Med 2011;364:322-31.)

今回の「ハテナ起点」はこのあたりでしょうか?

There is no currently approved treatment. (N Engl J Med 2011;364:322-31.)

では、Stat-Readingとアブストラクト読みを同時に進めてみます。

BACKGROUND

We investigated the safety and efficacy of 48 weeks of treatment with peginterferon alfa-2a plus adefovir dipivoxil, peginterferon alfa-2a alone, and adefovir dipivoxil alone. (N Engl J Med 2011;364:322-31.)

ここですでにちらりと研究目的らしきものに触れています。

METHODS

We conducted a randomized trial in which 31 patients with HDV infection received treatment with 180 μg of peginterferon alfa-2a weekly plus 10 mg of adefovir daily, 29 received 180 μg of peginterferon alfa-2a weekly plus placebo, and 30 received 10 mg of adefovir alone weekly for 48 weeks. (N Engl J Med 2011;364:322-31.)

研究デザインとして「ランダム化試験」と明記しています。

Efficacy end points included clearance of HDV RNA, normalization of alanine aminotransferase levels, and a decline in levels of hepatitis B surface antigen (HBsAg). (N Engl J Med 2011;364:322-31.)

ここでは"primary"という語が見あたりません。これも「宣言なし」タイプかなあ、と思いつつ、次を読んでいきます。あとからわかることですが、実はここの動詞"included"があとから効いてくるんです。

RESULTS

The primary end point ― normalization of alanine aminotransferase levels and clearance of HDV RNA at week 48 ― was achieved in two patients in the group receiving peginterferon alfa-2a plus adefovir and two patients in the group receiving peginterferon alfa-2a plus placebo but in none of the patients in the group receiving adefovir alone. (N Engl J Med 2011;364:322-31.)

ここに一次エンドポイントについて記載されていました。エムダッシュを使って、結果共々、書いています。これはやや上級ワザかもしれません。
一次エンドポイント達成は、2/31、2/29、0/30ということですね。ぱっと見て、差はなさそうです。

At week 48, the test for HDV RNA was negative in 23% of patients in the first group, 24% of patients in the second, and none of those in the third (P=0.006 for the comparison of the first and third groups; P=0.004 for the comparison of the second and third). (N Engl J Med 2011;364:322-31.)

3群の結果を並べて書くときに使えそうな表現です。チェック!

CONCLUSIONS

Treatment with peginterferon alfa-2a for 48 weeks, with or without adefovir, resulted in sustained HDV RNA clearance in about one quarter of patients with HDV infection. (N Engl J Med 2011;364:322-31.)

一次エンドポイントでは、残念ながら差はなかったけれど、METHODSでincudeしておいたefficacy end pointがここで出てきてますね。

いかがでしたか?どういうパワー計算だったのか、ちょっと気になりました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 21:21:16 | Trackback(0) | Comments(0)
対語に注意して読む: N Engl J Med 2011;364(4):313-21.
多くの論文では、なにかとなにかを比較して論を進めています。その比べているふたつをしっかりとつかんで読むと、展開の見通しがつくようになります。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Ventricular Tachyarrhythmias after Cardiac Arrest in Public versus at Home (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

タイトルでもわかるように、ここでは"in public"と"at home"の比較です。

今回の「ハテナ起点」のにおいはこのあたりに、漂います。

The incidence of ventricular fibrillation or pulseless ventricular tachycardia as the first recorded rhythm after out-of-hospital cardiac arrest has unexpectedly declined. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

ではまず、Stat-Readingいきましょう。

研究デザイン


... we conducted a prospective cohort study ... (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

前向きコホート研究です。

一次エンドポイント


明確に「一次エンドポイント」とは規定されていませんが、評価項目の記述はあります。

We assessed the frequencies of ventricular fibrillation or pulseless ventricular tachycardia and of survival to hospital discharge for arrests at home as compared with arrests in public. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

一次エンドポイントの数値結果

For cardiac arrests at home, the incidence of ventricular fibrillation or pulseless ventricular tachycardia was 25% when the arrest was witnessed by emergency-medical-services (EMS) personnel, 35% when it was witnessed by a bystander, and 36% when a bystander applied an AED. For cardiac arrests in public, the corresponding rates were 38%, 60%, and 79%. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

もうひとつは、

The rate of survival to hospital discharge was 34% for arrests in public settings with AEDs applied by bystanders versus 12% for arrests at home (adjusted odds ratio, 2.49; 95% CI, 1.03 to 5.99; P=0.04). (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

結論


Regardless of whether out-of-hospital cardiac arrests are witnessed by EMS personnel or bystanders and whether AEDs are applied by bystanders, the proportion of arrests with initial ventricular fibrillation or pulseless ventricular tachycardia is much greater in public settings than at home. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

次に、アブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

The success of bystander-deployed automated external defibrillators (AEDs) in public settings suggests that this may be the more common initial rhythm when out-of-hospital cardiac arrest occurs in public. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

bystander-deployed 居合わせた人向けに設置された

METHODS

We assessed the frequencies of ventricular fibrillation or pulseless ventricular tachycardia and of survival to hospital discharge for arrests at home as compared with arrests in public. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

対比するふたつを"as compared with"を使って明確に記述しています。

RESULTS

For cardiac arrests at home, the incidence of ventricular fibrillation or pulseless ventricular tachycardia was 25% when the arrest was witnessed by emergency-medical-services (EMS) personnel, 35% when it was witnessed by a bystander, and 36% when a bystander applied an AED. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

witnessed 目撃する

"数字 when ... "という言い回しもどこかで使えそうですね。

For cardiac arrests in public, the corresponding rates were 38%, 60%, and 79%. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

これもうまい表現です。くどい繰り返しを避けるのに有効です。

The adjusted odds ratio for initial ventricular fibrillation or pulseless ventricular tachycardia in public versus at home was 2.28 (95% confidence interval [CI], 1.96 to 2.66; P<0.001) for bystander-witnessed arrests and 4.48 (95% CI, 2.23 to 8.97; P<0.001) for arrests in which bystanders applied AEDs. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

オッズ比で見る限り、かなり頻度差がありますね。

CONCLUSIONS

The incremental value of resuscitation strategies, such as the ready availability of an AED, may be related to the place where the arrest occurs. (N Engl J Med 2011;364:313-21.)

incremental 付加的な

結果から得られた展望を述べています。

いかがでしたか?これは全文無料閲覧できますので、是非、NEJMのサイトで読んでみてくださいね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
タイトルからたどり読み: N Engl J Med 2011;364(4):303-12.
うまくつけられたタイトルは、アブストラクトや本文を読むときのいい道しるべになります。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Prevention of Dialysis Catheter Malfunction with Recombinant Tissue Plasminogen Activator (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

今回の「ハテナ表現」はこちら。

The effectiveness of various solutions instilled into the central venous catheter lumens after each hemodialysis session (catheter locking solutions) to decrease the risk of catheter malfunction and bacteremia in patients undergoing hemodialysis is unknown. (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

主部が長いのですが、いつもの"is unknown"です。

では、Stat-Reading、いってみましょう。

統計デザイン


We randomly assigned 225 patients ... (N Engl J Med 2011;364:303-12.)
treatment assignments were concealed from the patients, investigators, and trial personnel. (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

割り付けはブラインドで実施されています。

一次エンドポイント


The primary outcome was catheter malfunction, ...

一次エンドポイント結果数値


A catheter malfunction occurred in 40 of the 115 patients assigned to heparin only (34.8%) and 22 of the 110 patients assigned to rt-PA (20.0%) ― an increase in the risk of catheter malfunction by a factor of almost 2 among patients treated with heparin only as compared with those treated with rt-PA once weekly (hazard ratio, 1.91; 95% confidence interval [CI], 1.13 to 3.22; P=0.02). (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

ハザード比1.91で、95%CIは1.13-3.22です。これはかなり、効いている結果と判断できます。

結論


The use of rt-PA instead of heparin once weekly, as compared with the use of heparin three times a week, as a locking solution for central venous catheters significantly reduced the incidence of catheter malfunction and bacteremia. (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

次に、アブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

The effectiveness of various solutions instilled into the central venous catheter lumens after each hemodialysis session (catheter locking solutions) to decrease the risk of catheter malfunction and bacteremia in patients undergoing hemodialysis is unknown. (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

下線部に、後述される一次エンドポイントと副次エンドポイントが出ています。
タイトルからの流れで、すんなりとアブストラクトに入れる冒頭となっていますね。

METHODS

We randomly assigned 225 patients undergoing long-term hemodialysis in whom a central venous catheter had been newly inserted to a catheter-locking regimen of heparin (5000 U per milliliter) three times per week or recombinant tissue plasminogen activator (rt-PA) (1 mg in each lumen) substituted for heparin at the midweek session (with heparin used in the other two sessions). (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

自分で書くとなると悩みそうな内容ですが、英語では意外にすっきりした表現になります。チェック!

RESULTS

A catheter malfunction occurred in 40 of the 115 patients assigned to heparin only (34.8%) and 22 of the 110 patients assigned to rt-PA (20.0%) ― an increase in the risk of catheter malfunction by a factor of almost 2 among patients treated with heparin only as compared with those treated with rt-PA once weekly (hazard ratio, 1.91; 95% confidence interval [CI], 1.13 to 3.22; P=0.02). (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

by a factor of almost 2 約2倍

書き出しの"A"もチェックしましょう。"The"にはなりません。

CONCLUSIONS

The use of rt-PA instead of heparin once weekly, as compared with the use of heparin three times a week, as a locking solution for central venous catheters significantly reduced the incidence of catheter malfunction and bacteremia. (N Engl J Med 2011;364:303-12.)

結果数値を文章化したものです。タイトルとも呼応しています。

いかがでしたか?アブストラクトでは、なぜ3回のうち1回だけtPAに替えるとこれだけの効果が出たのかについては言及していません。気になりますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
安全な血液供給のために: N Engl J Med 2011;364(3):236-47.
人工血液の研究は進んでいますが、まだまだ、汎用・実用には時間がかかりそうです。それまでは、献血由来の人血に頼らざるを得ないのですが、問題となるのはその安全性です。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Nucleic Acid Testing to Detect HBV Infection in Blood Donors (N Engl J Med 2011;364:236-47.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていませんが、強いて言えば下線部あたりでしょうか。

The current use of nucleic acid testing for detection of the human immunodeficiency virus (HIV) and hepatitis C virus (HCV) RNA and HBV DNA in a single triplex assay may provide additional safety. (N Engl J Med 2011;364:236-47.)

では、アブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

However, donors who are positive for HBV DNA are currently not identified during the window period before seroconversion. (N Engl J Med 2011;364:236-47.)

ここは"the"です。ひとつにぴしっと決まる感じです。

METHODS

We determined the serologic, biochemical, and molecular features of samples that were found to contain only HBV DNA and performed similar analyses of follow-up samples and samples from sexual partners of infected donors. (N Engl J Med 2011;364:236-47.)

2つの文がandでつながった文です。長いのでくらくらしないように。

RESULTS

We identified 9 donors who were positive for HBV DNA (1 in 410,540 donations), including 6 samples from donors who had received the HBV vaccine, in whom subclinical infection had developed and resolved. (N Engl J Med 2011;364:236-47.)

英語らしく、あとからあとから、次々と説明がくっつく形です。

CONCLUSIONS

(Funded by the American Red Cross and others.) (N Engl J Med 2011;364:236-47.)

アメリカ赤十字ほかからの助成研究なので、この検査はこのあとグローバルに展開されるのか、気になります。

いかがでしたか?輸血後肝炎から肝がんを発症した患者さんを治療した経験から、輸血後感染がゼロとなる日が早急に来ることを心から願います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
統計デザインをタイトル表示: N Engl J Med 2011;364(3):226-35.
論文を読むときには統計デザインに気をつけていますが、今回のようにタイトルに明記されているとあまり悩まなくて済みます。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

A Prospective Natural-History Study of Coronary Atherosclerosis (N Engl J Med 2011;364:226-35.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

Lesion-related risk factors for such events are poorly understood.Natural-History Study of Coronary Atherosclerosis (N Engl J Med 2011;364:226-35.)

「ハテナ表現」に使える副詞として、"poorly"をチェックしておきます。

では、Stat-Readingを交えつつ、アブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

Atherosclerotic plaques that lead to acute coronary syndromes often occur at sites of angiographically mild coronary-artery stenosis. (N Engl J Med 2011;364:226-35.)

徹底して複数形で書かれています。「あれやこれや、ひっくるめて複数」で、ということです。(『英単語イメージハンドブック』、青灯社、大西泰斗+ポール・マクベイ著)

METHODS

In a prospective study, 697 patients with acute coronary syndromes underwent three-vessel coronary angiography and gray-scale and radiofrequency intravascular ultrasonographic imaging after percutaneous coronary intervention. (N Engl J Med 2011;364:226-35.)

ここで、「前向き研究」であると宣言しています。続く文章から、「前向きコホート研究」と考えます。

Subsequent major adverse cardiovascular events (death from cardiac causes, cardiac arrest, myocardial infarction, or rehospitalization due to unstable or progressive angina) were adjudicated to be related to either originally treated (culprit) lesions or untreated (nonculprit) lesions. (N Engl J Med 2011;364:226-35.)

この研究のアウトカムに該当する内容です。ただし、一次とか副次とかという情報はありません。

RESULTS

Events were adjudicated to be related to culprit lesions in 12.9% of patients and to nonculprit lesions in 11.6%. (N Engl J Med 2011;364:226-35.)

METHODSで記載したアウトカムの結果についての記述です。このあと、多変量解析の結果が続きます。

CONCLUSIONS

In patients who presented with an acute coronary syndrome and underwent percutaneous coronary intervention, major adverse cardiovascular events occurring during follow-up were equally attributable to recurrence at the site of culprit lesions and to nonculprit lesions. (N Engl J Med 2011;364:226-35.)

そして、METHODS記載アウトカムの結果を文章化するとこうなります。

いかがでしたか?アブストラクト全体では、METHODSでは記載していなかったアウトカム(多変量解析の結果)について重点的に記述されている印象を受けました。BACKGROUNDで"poorly understood"としていたリスク因子の解析、とは確かに呼応しているのですが、だったらMETHODSでそこにもう少し触れておいてもよかったのではないでしょうか?

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
よく読まないと見落とすかも: N Engl J Med 2011;364(3):215-25.
たいていの論文は統計デザインについて、どこかで宣言してあります。
でも、なかには文中に練り込んであるものも... そんなときにはじっくり読み解いてみましょう。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

A Genetic Basis for Functional Hypothalamic Amenorrhea (N Engl J Med 2011;364:215-25.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

Women vary in their susceptibility to inhibition of the reproductive axis by such stressors, but it is unknown whether this variability reflects a genetic predisposition to hypothalamic amenorrhea. (N Engl J Med 2011;364:215-25.)

いつもの"it is unknown ..."パターンです。

Stat-Readingも混ぜながら、アブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

Women vary in their susceptibility to inhibition of the reproductive axis by such stressors, but it is unknown whether this variability reflects a genetic predisposition to hypothalamic amenorrhea. (N Engl J Med 2011;364:215-25.)

ここの"in"の使い方、参考になります。varyと組でチェックしておきたいところです。

METHODS

We analyzed the coding sequence of genes associated with idiopathic hypogonadotropic hypogonadism in 55 women with hypothalamic amenorrhea and performed in vitro studies of the identified mutations. (N Engl J Med 2011;364:215-25.)

たった一文ですが、実はここ、ケース・コントロール研究の「ケース」についての記述です。

RESULTS

No mutations were found in a cohort of 422 controls with normal menstrual cycles. (N Engl J Med 2011;364:215-25.)

そして、こちらが「コントロール」についての情報です。METHODSで統計デザインの情報を拾いそこねていても、ここで"cohort"だの"control"だのという語をみて、あっ、と気づくことができます。

CONCLUSIONS

Rare variants in genes associated with idiopathic hypogonadotropic hypogonadism are found in women with hypothalamic amenorrhea, suggesting that these mutations may contribute to the variable susceptibility of women to the functional changes in GnRH secretion that characterize hypothalamic amenorrhea. (N Engl J Med 2011;364:215-25.)

今回の統計デザインからは"may"を使うことになりますね。

いかがでしたか?統計デザインを読み解くのは謎解きみたいで愉しいですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
significantlyのうまい使い方: N Engl J Med 2011;364(3):205-14.
統計処理をどこかで行っている論文では、必ずお世話になるのが"significance"とその仲間です。
実際に使われている文をチェックしておくと、いつかどこかで役に立ちます。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Iniparib plus Chemotherapy in Metastatic Triple-Negative Breast Cancer (N Engl J Med 2011;364:205-14.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

ではまず、Stat-Readingいってみましょう。

研究デザイン


We conducted an open-label, phase 2 study ... (N Engl J Med 2011;364:205-14.)
A total of 123 patients were randomly assigned ... (N Engl J Med 2011;364:205-14.)

非盲検第2相試験です。

一次エンドポイント


Primary end points were the rate of clinical benefit (i.e., the rate of objective response [complete or partial response] plus the rate of stable disease for ≥6 months) and safety. (N Engl J Med 2011;364:205-14.)

一次エンドポイント結果数値


The addition of iniparib to gemcitabine and carboplatin improved the rate of clinical benefit from 34% to 56% (P=0.01) ... (N Engl J Med 2011;364:205-14.)
もうひとつはこちら。
No significant difference was seen between the two groups in the rate of adverse events. (N Engl J Med 2011;364:205-14.)

結論


The addition of iniparib to chemotherapy improved the clinical benefit and survival of patients with metastatic triple-negative breast cancer without significantly increased toxic effects. (N Engl J Med 2011;364:205-14.)

では次に、アブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

Triple-negative breast cancers have inherent defects in DNA repair, making this cancer a rational target for therapy based on poly(adenosine diphosphate–ribose) polymerase (PARP) inhibition. (N Engl J Med 2011;364:205-14.)

rational 合目的的な

METHODS

A total of 123 patients were randomly assigned to receive gemcitabine (1000 mg per square meter of body-surface area) and carboplatin (at a dose equivalent to an area under the concentration–time curve of 2) on days 1 and 8 ― with or without iniparib (at a dose of 5.6 mg per kilogram of body weight) on days 1, 4, 8, and 11every 21 days. (N Engl J Med 2011;364:205-14.)

プロトコールを文章化するのはなかなか骨が折れるのですが、下線部あたり、参考になります。

RESULTS

No significant difference was seen between the two groups in the rate of adverse events. (N Engl J Med 2011;364:205-14.)

これはよく見かける使い方ですね。

CONCLUSIONS

The addition of iniparib to chemotherapy improved the clinical benefit and survival of patients with metastatic triple-negative breast cancer without significantly increased toxic effects. (N Engl J Med 2011;364:205-14.)

ここはチェックしたい表現です。withoutのあとにsignificantlyがきたので「!!」と思ったのですが、最後まで読んでなるほど、という感じでした。

On the basis of these results, a phase 3 trial adequately powered to evaluate overall survival and progression-free survival is being conducted. (N Engl J Med 2011;364:205-14.)

第3相試験へ向けての方向性を提示して締めくくっています。

いかがでしたか?一次エンドポイントのいずれにも有意差が出ているのですが、文中でしっかりとsignificantを使っているのは有害事象のほうだけでした。もちろん、P値はしっかり出してきているので、そちらで見てね、ということなのでしょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
HDLコレステロール関連の2本目: N Engl J Med 2011;364(2):136-45.
Jan.13号のNEJMは急性中耳炎とHDLコレステロール関連の話題という2本立てです。
そのHDL関連の2本目の論文を読みましょう。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Genetic Variant of the Scavenger Receptor BI in Humans (N Engl J Med 2011;364:136-45.)

今回の「ハテナ起点」」はこちら。

It is unclear what role SR-BI plays in human metabolism. (N Engl J Med 2011;364:136-45.)

定番表現ですね。

Stat-Readingにはなじまない論文なので、すぐにアブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

In mice, the scavenger receptor class B type I (SR-BI) is essential for the delivery of high-density lipoprotein (HDL) cholesterol to the liver and steroidogenic organs. (N Engl J Med 2011;364:136-45.)

タイトルを読んで、「そんなの、知らない!」と思っても、第一文で説明があります。なるほど、と次に進めます。

METHODS

The functional effects of the P297S mutation on HDL binding, cellular cholesterol uptake and efflux, atherosclerosis, platelet function, and adrenal function were studied. (N Engl J Med 2011;364:136-45.)

主語が非常に長い、頭でっかちな文になっています。これを見ると、主語として羅列している項目に重点が置かれていて、述語の"were studied"というのは(文として成立するためだけの)付け足し、という感じがありますね。

RESULTS

Cholesterol uptake from HDL by primary murine hepatocytes that expressed mutant SR-BI was reduced to half of that of hepatocytes expressing wild-type SR-BI. (N Engl J Med 2011;364:136-45.)

murine マウスの

CONCLUSIONS

The mutation carriers had increased HDL cholesterol levels and a reduction in cholesterol efflux from macrophages but no significant increase in atherosclerosis. (N Engl J Med 2011;364:136-45.)

Resultsの内容を一文で表現しています。

いかがでしたか?生命維持には重要なコレステロール代謝ですが、まだ解明されていない部分も多いのですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
ミクロに迫る: N Engl J Med 2011;364(2):127-35.
その昔は「コレステロールが高いと」と話していたのが、「LDLコレステロールがね」になり、そしてその次は、と予感させる一編です。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Cholesterol Efflux Capacity, High-Density Lipoprotein Function, and Atherosclerosis (N Engl J Med 2011;364:127-35.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。強いて言えば、ここのmayでしょうか?

High-density lipoprotein (HDL) may provide cardiovascular protection by promoting reverse cholesterol transport from macrophages. (N Engl J Med 2011;364:127-35.)

このアブストラクトはStat-Readingの型に乗らないので、早速、中身を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We hypothesized that the capacity of HDL to accept cholesterol from macrophages would serve as a predictor of atherosclerotic burden. (N Engl J Med 2011;364:127-35.)

「意志」のwouldが使われています。著者らの気合いを感じ取れます。

METHODS

We quantified efflux capacity by using a validated ex vivo system that involved incubation of macrophages with apolipoprotein B–depleted serum from the study participants. (N Engl J Med 2011;364:127-35.)

ex vivo 生体外で

in vivoはよく見かけますが、in vitroならぬ ex vivoというのもあるんですね。

RESULTS

An inverse relationship was noted between efflux capacity and carotid intima–media thickness both before and after adjustment for the HDL cholesterol level. (N Engl J Med 2011;364:127-35.)

inverse relationship 逆相関

CONCLUSIONS

Cholesterol efflux capacity from macrophages, a metric of HDL function, has a strong inverse association with both carotid intima–media thickness and the likelihood of angiographic coronary artery disease, independently of the HDL cholesterol level. (N Engl J Med 2011;364:127-35.)

metric 基準

おもしろい言い方ですね。ほかに使い回しができるかどうかはわかりませんが、おもしろさにチェック。

いかがでしたか?いずれ、HDL値ではなく、このマクロファージの機能を血液検査で直接はかれるようになる時代がくるかもしれませんね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
中耳炎治療の2本目: N Engl J Med 2011;364(2):116-26.
NEJM Jan.13号は急性中耳炎特集なのか、2本目も同テーマです。
下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

A Placebo-Controlled Trial of Antimicrobial Treatment for Acute Otitis Media (N Engl J Med 2011;364:116-26.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

The efficacy of antimicrobial treatment in children with acute otitis media remains controversial. (N Engl J Med 2011;364:116-26.)

まずは、Stat-Readingです。

研究デザイン


In this randomized, double-blind trial

一次エンドポイント


The primary outcome was the time to treatment failure from the first dose until the end-of-treatment visit on day 8. (N Engl J Med 2011;364:116-26.)

一次エンドポイント結果数値


Overall, amoxicillin–clavulanate reduced the progression to treatment failure by 62% (hazard ratio, 0.38; 95% confidence interval [CI], 0.25 to 0.59; P<0.001) (N Engl J Med 2011;364:116-26.)

結論


Children with acute otitis media benefit from antimicrobial treatment as compared with placebo, although they have more side effects. (N Engl J Med 2011;364:116-26.)

次に、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

The efficacy of antimicrobial treatment in children with acute otitis media remains controversial. (N Engl J Med 2011;364:116-26.)

久々の"remain ..."型「ハテナ表現」でした。

METHODS

The primary outcome was the time to treatment failure from the first dose until the end-of-treatment visit on day 8. (N Engl J Med 2011;364:116-26.)

the first dose 最初の投薬

RESULTS

Overall, amoxicillin–clavulanate reduced the progression to treatment failure by 62% (hazard ratio, 0.38; 95% confidence interval [CI], 0.25 to 0.59; P<0.001) and the need for rescue treatment by 81% (6.8% vs. 33.5%; hazard ratio, 0.19; 95% CI, 0.10 to 0.36; P<0.001). (N Engl J Med 2011;364:116-26.)

治療失敗を起こすハザード比が0.38、すなわち、1-0.38=0.62(62%)減少させた、という内容です。95%CIも0.25-0.59なので、文句なく減少させていますね。

CONCLUSIONS

Future studies should identify patients who may derive the greatest benefit, in order to minimize unnecessary antimicrobial treatment and the development of bacterial resistance. (N Engl J Med 2011;364:116-26.)

次の課題を提示して締めくくっています。

いかがでしたか?前回の論文と併せて、小児の急性中耳炎には抗生剤投与というエビデンスが提示されました。ただ、副作用の点でまだ課題も残しており、この論文でも指摘しているように、そのあたりの探求がさらに必要でしょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
低年齢小児の中耳炎治療: N Engl J Med 2011;364(2):105-15.
大人ばかりを診療する内科医として中耳炎に遭遇することはあまりないのですが、ワーキング・ママの立場では、「鼻水→耳が痛いよ~」という展開は日常ままあることです。

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Treatment of Acute Otitis Media in Children under 2 Years of Age (N Engl J Med 2011;364:105-15.)

今回の「ハテナ起点(論文のきっかけとなった疑問)」はこちら。

Recommendations vary regarding immediate antimicrobial treatment versus watchful waiting for children younger than 2 years of age with acute otitis media. (N Engl J Med 2011;364:105-15.)

まずは、Stat-Readingです。

研究デザイン


randomly assigned ランダム化比較試験

一次エンドポイント


アブストラクト中には明記されていません。
ただし、本文には記載されています。
The primary outcome measures were the time to resolution of symptoms and the symptom burden over time. (N Engl J Med 2011;364:105-15.)

一次エンドポイントの結果数値


一次エンドポイントがアブストラクトに明示されていないため、文章上では同定できません。

結論


Among children 6 to 23 months of age with acute otitis media, treatment with amoxicillin–clavulanate for 10 days tended to reduce the time to resolution of symptoms and reduced the overall symptom burden and the rate of persistent signs of acute infection on otoscopic examination. (N Engl J Med 2011;364:105-15.)

次に、アブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

Recommendations vary regarding immediate antimicrobial treatment versus watchful waiting for children younger than 2 years of age with acute otitis media. (N Engl J Med 2011;364:105-15.)

watchful waiting 慎重経過観察

watchfulを使うところが、非常におもしろい表現ですね。「観察怠りなく」経過を追う、という感触でしょうか。

METHODS

We randomly assigned 291 children 6 to 23 months of age, with acute otitis media diagnosed with the use of stringent criteria, to receive amoxicillin–clavulanate or placebo for 10 days. (N Engl J Med 2011;364:105-15.)

stringent 厳密な

RESULTS

Among the children who received amoxicillin–clavulanate, 35% had initial resolution of symptoms by day 2, 61% by day 4, and 80% by day 7; among children who received placebo, 28% had initial resolution of symptoms by day 2, 54% by day 4, and 74% by day 7 (P=0.14 for the overall comparison). (N Engl J Med 2011;364:105-15.)

時系列に沿って書かれています。これを読むと、"by"のもつイメージがつかめますね。

CONCLUSIONS

Among children 6 to 23 months of age with acute otitis media, treatment with amoxicillin–clavulanate for 10 days tended to reduce the time to resolution of symptoms and reduced the overall symptom burden and the rate of persistent signs of acute infection on otoscopic examination. (N Engl J Med 2011;364:105-15.)

Among children 6 to 23 months of age 6ヶ月から23ヶ月の子供のなかで

さらっと書いてありますが、なかなかうまい表現です。チェックしておきます。

いかがでしたか?お耳が痛いときにはやっぱり抗生剤を入れた方がうまくいく、というような結論でしたね。お薬嫌いの子供に飲ませるのは、少々、大変ではありますが。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
タイムトラベラーな一編: N Engl J Med 2011;364(1):43-50.
The New England Journal of Medicineの年頭号にはときとして壮大な一編が掲載されます。
今年はこれです。

AIP Mutation in Pituitary Adenomas in the 18th Century and Today (N Engl J Med 2011;364:43-50.)

タイトルからして遠大ですね。

短報なので、順に読んでいきましょう。

Gigantism results when a growth hormone–secreting pituitary adenoma is present before epiphyseal fusion. (N Engl J Med 2011;364:43-50.)

書き出しからばーんときています。これだけで、おおっ!と興味をひかれますね。しかも動詞が自動詞なので、力強い感じを与えています。

In 1909, when Harvey Cushing examined the skeleton of an Irish patient who lived from 1761 to 1783,1-3 he noted an enlarged pituitary fossa. (N Engl J Med 2011;364:43-50.)

歴史的事項へ話はさかのぼります。余談ですが、これは国試で覚えた「トルコ鞍」の変化の話ですね。懐かしい...

We extracted DNA from the patient's teeth and identified a germline mutation in the aryl hydrocarbon–interacting protein gene (AIP). (N Engl J Med 2011;364:43-50.)

患者さんの歯が残っていたと言うことでしょうか。ジェラシック・パークを彷彿とさせますが、今や、「当たり前の手法」なのかもしれませんね。

Four contemporary Northern Irish families who presented with gigantism, acromegaly, or prolactinoma have the same mutation and haplotype associated with the mutated gene. (N Engl J Med 2011;364:43-50.)

こちらは、現在の罹患家族の話ですね。

Using coalescent theory, we infer that these persons share a common ancestor who lived about 57 to 66 generations earlier. (N Engl J Med 2011;364:43-50.)

infer 推論する

まさに時空を越えて、ご先祖様とつながった一編でした。こういうSFっぽいことも、もはや実現可能となっている事実に驚きました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
確信を持って主張する: N Engl J Med 2011;364(1):33-42.
帰無仮説を立て、そこから統計的に結果を導くという手法の性格上、結論を断言するのはなかなか難しいことです。
そのため、"may"や"might"の出番が自然と増えてしまった論文はいくつか見てきました。
今回の論文はどうでしょうか?

下記のタイトルをクリックすると、アブストラクトが開きます。

The Origin of the Haitian Cholera Outbreak Strain (N Engl J Med 2011;364:33-42.)

今回の論文では「ハテナ起点」は明示されていません。

Stat-Readingは次のようになります。
研究デザイン)観察研究
一次エンドポイント)明示されていません。
数値結果)数値化された表示はありません。
結論)The Haitian epidemic is probably the result of the introduction, through human activity, of a V. cholerae strain from a distant geographic source. (N Engl J Med 2011;364:33-42.)

ではアブストラクトを読んでいきます。

BACKGROUND

Although cholera has been present in Latin America since 1991, it had not been epidemic in Haiti for at least 100 years. (N Engl J Med 2011;364:33-42.)

過去完了です。視線の落ちる先の遠さ(「遠い目をして語る」というイメージで!)を感じてくださいね。

METHODS

Using primary sequence data, we compared the genomes of these 5 strains and a set of previously obtained partial genomic sequences of 23 diverse strains of V. cholerae to assess the likely origin of the cholera outbreak in Haiti. (N Engl J Med 2011;364:33-42.)

おもしろい言い回しですね。「ありそうな起源」という感触でしょうか。

RESULTS

In contrast, analysis of genomic variation of the Haitian isolates reveals a more distant relationship with circulating South American isolates. (N Engl J Med 2011;364:33-42.)

前文にある"a close relationship"と対になった表現です。この言い回しもおもしろいですね。
このResults部分、全部現在形で書かれている点もチェック!

CONCLUSIONS

The Haitian epidemic is probably the result of the introduction, through human activity, of a V. cholerae strain from a distant geographic source. (N Engl J Med 2011;364:33-42.)

"probably"をつけて若干語気を弱めているものの、現在形でずばっと主張していますね。

いかがでしたか?前半の過去完了、過去形から、後半の現在形への展開に、著者らの自信をうかがい知ることができますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
secondary end pointの序列をみる: N Engl J Med 2011;364(1):22-32.
primary end point (一次エンドポイント)とsecondary end point(副次エンドポイント)の力関係は、圧倒的に前者が優位にあります。では、secondary end pointがいくつか設定されているとき、その序列はあるのでしょうか?

下記のタイトルをクリックするとアブストラクトが開きます。

Rifaximin Therapy for Patients with Irritable Bowel Syndrome without Constipation (N Engl J Med 2011;364:22-32.)

今回も「ハテナ起点」は明示されていません。

まずは、Stat-Readingです。

Stat-Reading

研究デザイン


two identically designed, phase 3, double-blind, placebo-controlled trials

一次エンドポイント


The primary end point, the proportion of patients who had adequate relief of global IBS symptoms

一次エンドポイントの結果


Significantly more patients in the rifaximin group than in the placebo group had adequate relief of global IBS symptoms during the first 4 weeks after treatment (40.8% vs. 31.2%, P=0.01, in TARGET 1; 40.6% vs. 32.2%, P=0.03, in TARGET 2; 40.7% vs. 31.7%, P<0.001, in the two studies combined). (N Engl J Med 2011;364:22-32.)

結論


Among patients who had IBS without constipation, treatment with rifaximin for 2 weeks provided significant relief of IBS symptoms, bloating, abdominal pain, and loose or watery stools. (N Engl J Med 2011;364:22-32.)

では、アブストラクトを読んでいきましょう。

BACKGROUND

Evidence suggests that gut flora may play an important role in the pathophysiology of the irritable bowel syndrome (IBS). (N Engl J Med 2011;364:22-32.)

theがついてくることをチェック。

METHODS

The primary end point, the proportion of patients who had adequate relief of global IBS symptoms, and the key secondary end point, the proportion of patients who had adequate relief of IBS-related bloating, were assessed weekly. (N Engl J Med 2011;364:22-32.)

一次エンドポイントと、「キー」副次エンドポイントを併記しています。この「キー」というのは、統計的に配慮されてのことなのか、それとも著者が重点を置いてのことなのか、どちらなのかはアブストラクト上でははっきりしません。サンプルサイズは一次エンドポイントから算出されるはずなので、著者らの力点が置かれている副次エンドポイント、という意味なのでしょうか。

RESULTS

Similarly, more patients in the rifaximin group than in the placebo group had adequate relief of bloating (39.5% vs. 28.7%, P=0.005, in TARGET 1; 41.0% vs. 31.9%, P=0.02, in TARGET 2; 40.2% vs. 30.3%, P<0.001, in the two studies combined). (N Engl J Med 2011;364:22-32.)

「キー」副次エンドポイントの結果はここに書かれています。IBSの症状の中でもbloating(腹部膨満感)を重要視しているように読めますね。

CONCLUSIONS

Among patients who had IBS without constipation, treatment with rifaximin for 2 weeks provided significant relief of IBS symptoms, bloating, abdominal pain, and loose or watery stools. (N Engl J Med 2011;364:22-32.)

各エンドポイントの結果を文章化した結論となっています。

いかがでしたか?いくつかある副次エンドポイントの中での統計学的ウエイト差というのはありうるのか、勉強してみなくては。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
スタンダードな型を学ぶ: N Engl J Med 2011;364(1):11-21.
Tne New England Journal of Medicineのアブストラクトは250語以内と決められています。その中に伝えたい情報をもれなく入れ、かつ、読者にアピールしようとすると、自ずからどこに何を書くかという「型」が定まってきます。
今回のアブストラクトは、その「型」が非常にわかりやすいものとなっています。

下記のタイトルをクリックすると、アブストラクトが開きます。

Eplerenone in Patients with Systolic Heart Failure and Mild Symptoms (N Engl J Med 2011;364:11-21.)

このアブストラクトには「ハテナ起点(論文のきっかけとなった疑問)」は明示されていません。

最初に、このアブストラクトから読み取れる"Stat-reading"(統計処理内容を反映したダイジェスト)を提示しておきます。

Stat-Reading

研究デザイン

randomized, double-blind trial
一次アウトカム

The primary outcome was a composite of death from cardiovascular causes or hospitalization for heart failure. (N Engl J Med 2011;364:11-21.)
一次アウトカムの結果

The primary outcome occurred in 18.3% of patients in the eplerenone group as compared with 25.9% in the placebo group (hazard ratio, 0.63; 95% confidence interval [CI], 0.54 to 0.74; P<0.001). (N Engl J Med 2011;364:11-21.)
結論

Eplerenone, as compared with placebo, reduced both the risk of death and the risk of hospitalization among patients with systolic heart failure and mild symptoms. (N Engl J Med 2011;364:11-21.)

では、アブストラクトを順に読んでいきましょう。

BACKGROUND

We evaluated the effects of eplerenone in patients with chronic systolic heart failure and mild symptoms. (N Engl J Med 2011;364:11-21.)
 この前の文では、patients with chronic, severe systolic heart failureでした。この検討では、比較的症状の軽い心不全患者を対象とするとしています。

METHODS

In this randomized, double-blind trial, we randomly assigned 2737 patients with New York Heart Association class II heart failure and an ejection fraction of no more than 35% to receive eplerenone (up to 50 mg daily) or placebo, in addition to recommended therapy.
(N Engl J Med 2011;364:11-21.)

研究デザインとしてrandomizedが入り、そのあとにもrandomlyがあります。重複していますが、強調していると見ておきましょう。一つに絞るとしたら、あとのrandomlyを取ることになるでしょうか。

The primary outcome was a composite of death from cardiovascular causes or hospitalization for heart failure. (N Engl J Med 2011;364:11-21.)

一次アウトカムは死亡と入院の複合となっています。

RESULTS

The primary outcome occurred in 18.3% of patients in the eplerenone group as compared with 25.9% in the placebo group (hazard ratio, 0.63; 95% confidence interval [CI], 0.54 to 0.74; P<0.001). (N Engl J Med 2011;364:11-21.)

ハザード比の95%CIが0.54-0.74なので、かなりいい成績ですね。このあとに続く記載で、複合アウトカムのそれぞれについての検討結果を示しています。

CONCLUSIONS

Eplerenone, as compared with placebo, reduced both the risk of death and the risk of hospitalization among patients with systolic heart failure and mild symptoms. (N Engl J Med 2011;364:11-21.)

RESULTSでの一次アウトカムの結果を文章化するとこうなります。

いかがでしたか?アブストラクトの文章構成もスムーズでした。参考になりますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。




続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 12:04:54 | Trackback(0) | Comments(0)
シカにご用心: N Engl J Med 2010;363(27):2621-7.
NEJM Dec.30号のBrief Reportは「シカ由来感染症」の話題です。

下記のタイトルをクリックするとサマリーが開きます。

Novel Deer-Associated Parapoxvirus Infection in Deer Hunters (N Engl J Med 2010;363:2621-7.)

これはいつものような小見出し付きの抄録ではないので、サマリーを一文ごとに見ていきます。

Parapoxviruses are a genus of the double-stranded DNA family of poxviruses that infect ruminants, and zoonotic transmission to humans often results from occupational exposures. (N Engl J Med 2010;363:2621-7.)

genus 属
ruminants 反芻動物
zoonotic 人畜共通感染症の

最近、世間を騒がす人畜共通感染症ですが、新手のやつが現れたようです。

Parapoxvirus infection in humans begins with an incubation period of 3 to 7 days, followed by the development of one or more erythematous maculopapular lesions that evolve over the course of several weeks into nodules. (N Engl J Med 2010;363:2621-7.)

evolve 徐々に進行する

ヒトでのパラポックスウイルス感染症の症状を説明しています。

In 2009, parapoxvirus infection was diagnosed in two deer hunters in the eastern United States after the hunters had field-dressed white-tailed deer. (N Engl J Med 2010;363:2621-7.)

field-dressed white-tailed deer 屋外でのオジロジカ解体作業

We describe the clinical and pathological features of these infections and the phylogenetic relationship of a unique strain of parapoxvirus to other parapoxviruses. (N Engl J Med 2010;363:2621-7.)

こういうときに"describe"を使います。

Deer populations continue to increase, leading to the possibility that there will be more deer-associated parapoxvirus infections. (N Engl J Med 2010;363:2621-7.)

最後は警告を発して、締めくくっています。

いかがでしたか?日本でシカ狩り人口が急増するとは思えませんが、各地の山林でシカ駆除にあたる人は増えるかもしれません。一般の診療所にいても知識として仕入れておいて損はないかもしれません。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトのCurrent IssueまたはPast issuesから該当論文のものをご覧ください。1997年以降のNEJMアブストラクト和訳は発行年月と共にVol.番号とNo.番号によって並べられています。
当ブログでは発行年月はタイトルに含めていません。お手数ですが、タイトルに付記したVol.とNo.で見てくださいね。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 22:17:33 | Trackback(0) | Comments(0)
トレーニングされたプロが介入すると: N Eng J Med 2010;363(27):2611-20.
勉強会や講習会に参加した後は、知識や技能がリフレッシュされて、いい感じで外来に臨めます。
そうした医療者への「教育効果」は、果たして患者さん側へはいい影響を与えるのでしょうか?

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Collaborative Care for Patients with Depression and Chronic Illnesses (N Engl J Med 2010;363:2611-20.)

今回の「ハテナ起点」は"whether"に含まれています。

We conducted a study to determine whether coordinated care management of multiple conditions improves disease control in these patients. (N Engl J Med 2010;363:2611-20.)

では、早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We conducted a study to determine whether coordinated care management of multiple conditions improves disease control in these patients. (N Engl J Med 2010;363:2611-20.)

"conduct a study to determine whether ..."は使えそうな表現ですね。チェック!

METHODS

We conducted a single-blind, randomized, controlled trial in 14 primary care clinics in an integrated health care system in Washington State, involving 214 participants with poorly controlled diabetes, coronary heart disease, or both and coexisting depression. (N Engl J Med 2010;363:2611-20.)

下線部は研究デザインです。

The primary outcome was based on simultaneous modeling of glycated hemoglobin, low-density lipoprotein (LDL) cholesterol, and systolic blood-pressure levels and Symptom Checklist–20 (SCL-20) depression outcomes at 12 months; this modeling allowed estimation of a single overall treatment effect. (N Engl J Med 2010;363:2611-20.)

一次アウトカムが定義されています。

RESULTS

As compared with controls, patients in the intervention group had greater overall 12-month improvement across glycated hemoglobin levels (difference, 0.58%), LDL cholesterol levels (difference, 6.9 mg per deciliter [0.2 mmol per liter]), systolic blood pressure (difference, 5.1 mm Hg), and SCL-20 depression scores (difference, 0.40 points) (P<0.001). (N Engl J Med 2010;363:2611-20.)

一次アウトカムの結果がここに書かれていますね。すべての項目についてP<0.001の有意差ありでした。

CONCLUSIONS

As compared with usual care, an intervention involving nurses who provided guideline-based, patient-centered management of depression and chronic disease significantly improved control of medical disease and depression. (N Engl J Med 2010;363:2611-20.)

結果で書かれた数字を文章化するとこうなります。

教育を受けたプロが介入するといい結果をもたらすようですね。患者さんのためにも、今年もしっかり勉強しなくては!

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトのCurrent IssueまたはPast issuesから該当論文のものをご覧ください。1997年以降のNEJMアブストラクト和訳は発行年月と共にVol.番号とNo.番号によって並べられています。
当ブログでは発行年月はタイトルに含めていません。お手数ですが、タイトルに付記したVol.とNo.で見てくださいね。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 21:46:34 | Trackback(0) | Comments(0)
時制に目を付けて読む: N Engl J Med 2010;363(27):2600-10.
文学作品ほどではありませんが、論文といえども「人の手」によるものです。
ちょっとした端々に、著者の意識を垣間見ることができます。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Residual NADPH Oxidase and Survival in Chronic Granulomatous Disease (N Engl J Med 2010;363:2600-10.)

今回の「ハテナ起点」は「仮説」として提示されています。

We hypothesized that residual ROI production might be linked to survival in patients with chronic granulomatous disease. (N Engl J Med 2010;363:2600-10.)

では、早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Failure to generate phagocyte-derived superoxide and related reactive oxygen intermediates (ROIs) is the major defect in chronic granulomatous disease, causing recurrent infections and granulomatous complications. (N Engl J Med 2010;363:2600-10.)

冒頭で病因、病態について簡潔に説明を加えています。

We hypothesized that residual ROI production might be linked to survival in patients with chronic granulomatous disease. (N Engl J Med 2010;363:2600-10.)

五分五分の"may"の過去形になっています。これは"hypothesized"の過去形に一致させた変化でしょう。

METHODS

Expression of NADPH oxidase component protein was detected by means of immunoblotting, and the affected genes were sequenced to identify causal mutations. (N Engl J Med 2010;363:2600-10.)

受験期を思い出させる"by means of"です。論文での使用例です。

RESULTS

After adolescence, mortality curves diverged according to the extent of residual ROI production. (N Engl J Med 2010;363:2600-10.)

diverged 分かれる

CONCLUSIONS

Patients with chronic granulomatous disease and modest residual production of ROI have significantly less severe illness and a greater likelihood of long-term survival than patients with little residual ROI production. (N Engl J Med 2010;363:2600-10.)

現在形で書かれています。かなり強い確信が裏にあるようですね。

いかがでしたか?時制をうまく使い分けると、インパクトのある提示になりますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトのCurrent IssueまたはPast issuesから該当論文のものをご覧ください。
当ブログでは発行年月はタイトルに含めていません。お手数ですが、タイトルに付記したVol.とNo.で見てくださいね。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 21:13:43 | Trackback(0) | Comments(0)
予防投与でHIVを防ぐという発想: N Engl J Med2010;363(27):2587-99.
明けましておめでとうございます。
今年もさらに工夫しつつ、ブログを続けていく予定です。
よろしくお願いしますね。

さて、The New England Journal of Medicine最新号はあいにく、2010年12月30日発行のものとなります。
2010年最終号のトップ論文はこちら。

Preexposure Chemoprophylaxis for HIV Prevention in Men Who Have Sex with Men (N Engl J Med 2010;363:2587-99.)

今回は、はっきりとした「ハテナ起点(論文のきっかけとなった疑問)」は提示されていません。

では、早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Antiretroviral chemoprophylaxis before exposure is a promising approach for the prevention of human immunodeficiency virus (HIV) acquisition. (N Engl J Med 2010;363:2587-99.)

promising 有望な

期待を感じる表現ですね。

METHODS

We randomly assigned 2499 HIV-seronegative men or transgender women who have sex with men to receive a combination of two oral antiretroviral drugs, emtricitabine and tenofovir disoproxil fumarate (FTC–TDF), or placebo once daily. (N Engl J Med 2010;363:2587-99.)

これを読む限りでは、相手方のHIV感染については検討しているかどうかは不明です。

RESULTS

Of these subjects, 10 were found to have been infected with HIV at enrollment, and 100 became infected during follow-up (36 in the FTC–TDF group and 64 in the placebo group), indicating a 44% reduction in the incidence of HIV (95% confidence interval, 15 to 63; P=0.005). (N Engl J Med 2010;363:2587-99.)

a 44% reduction 44%減
冠詞が"a"であることに注意します。

95%CIを見ると、かなり期待できる成績じゃないかと思います。

CONCLUSIONS

Detectable blood levels strongly correlated with the prophylactic effect.

これは「血中有効濃度が得られれば効く」ということでしょうか。だとすると、うまく吸収されない(あるいは早期に分解されてしまうのかもしれませんが)のはどんなメカニズムに起因するのか気になります。

いかがでしたか?予防投与でHIV感染を防ぐ、という発想はなかなか斬新なように思います。抄録には投与期間が記載されていないのですが、もしかしてずっと服用し続けるというプロトコールでしょうか?そうなると、服薬アドヒアランスが心配になりますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトのCurrent IssueまたはPast issuesから該当論文のものをご覧ください。
当ブログでは発行年月はタイトルに含めていません。お手数ですが、タイトルに付記したVol.とNo.で見てくださいね。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。





続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 22:02:13 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。