■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
言い換え表現を探してみる: N Engl J Med 2010;363(25):2385-95.
論文の中で同じ語・表現をずっと押し通しているものもあれば、さりげなく言い換えて回していくものもあります。
ちょっと気をつけて読むとそうした著者の工夫が見つかります。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Cardiac-Resynchronization Therapy for Mild-to-Moderate Heart Failure (N Engl J Med 2010;363:2385-95.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We evaluated whether adding CRT to an ICD and optimal medical therapy might reduce mortality and morbidity among such patients. (N Engl J Med 2010;363:2385-95.)

mortality and morbidity 死亡率と罹患率

よく見かけるペアではありますが、この話においては今ひとつピンとこない...でも大丈夫です。この続きを読めば、ピントが合ってきます。

METHODS

The primary outcome was death from any cause or hospitalization for heart failure. (N Engl J Med 2010;363:2385-95.)

ここに具体的に書かれています。つまり、
mortality → death from any cause
morbidity → hospitalization for heart failure

というわけです。うまく言い換えて説明を加えていますね。

METHODS

The primary outcome occurred in 297 of 894 patients (33.2%) in the ICD–CRT group and 364 of 904 patients (40.3%) in the ICD group (hazard ratio in the ICD–CRT group, 0.75; 95% confidence interval [CI], 0.64 to 0.87; P<0.001). (N Engl J Med 2010;363:2385-95.)

ハザード比の95%信頼区間をみると1が含まれていません。このことから、一次アウトカムにおいてICD-CRT群が有効であることがわかります。

CONCLUSIONS

Among patients with NYHA class II or III heart failure, a wide QRS complex, and left ventricular systolic dysfunction, the addition of CRT to an ICD reduced rates of death and hospitalization for heart failure. (N Engl J Med 2010;363:2385-95.)

amongのイメージを確認しておきましょう。

among
■基本イメージ
ごちゃごちゃ
雑多な集合体がイメージされています。個々のメンバーが明確に分かれて意識されていないのです。
『英単語イメージハンドブック』、青灯社、大西泰斗+ポール・マクベイ著)

実はBACKGROUNDでもamongが使われていました。気がついていましたか?
We evaluated whether adding CRT to an ICD and optimal medical therapy might reduce mortality and morbidity among such patients. (N Engl J Med 2010;363:2385-95.)

マイクとかジェーンとかという個々の顔が浮かぶ集団ではなくて、「雑多な集合体」としての対象者というイメージでしょうか。

いかがでしたか?ちょっとした語句の深みが見つかると楽しさがアップしますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトのCurrent IssueまたはPast issuesから該当論文のものをご覧ください。1997年以降のNEJMアブストラクト和訳は発行年月と共にVol.番号とNo.番号によって並べられています。
当ブログでは発行年月はタイトルに含めていません。お手数ですが、タイトルに付記したVol.とNo.で見てくださいね。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:44:47 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。