■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
結果の解釈はさまざま: N Engl J Med 2010;363(24):2301-9.
事実をどう解釈するか、というのは実生活においてもなかなか難しい問題です。
こと、科学論文においても、それは同じようです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Telemonitoring in Patients with Heart Failure (N Engl J Med 2010;363:2301-9.)

今回の論文のきっかけとなった疑問(「ハテナ起点」)はこちらです。

Small studies suggest that telemonitoring may improve heart-failure outcomes, but its effect in a large trial has not been established. (N Engl J Med 2010;363:2301-9.)

"..., but ... not been established"のパターンですね。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Small studies suggest that telemonitoring may improve heart-failure outcomes, but its effect in a large trial has not been established. (N Engl J Med 2010;363:2301-9.)

mayが出てきましたね。例の「確率半々」というやつです。(『ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)』、NHK出版、大西泰斗、ポール・マクベイ著)現在形なので、ちょっと強めの「半々」でしょうか。

METHODS

Telemonitoring was accomplished by means of a telephone-based interactive voice-response system that collected daily information about symptoms and weight that was reviewed by the patients' clinicians. (N Engl J Med 2010;363:2301-9.)

telemonitoringの内容を説明しています。症状と体重を尋ねる自動応答システムのようですね。

The primary end point was readmission for any reason or death from any cause within 180 days after enrollment. (N Engl J Med 2010;363:2301-9.)

一次エンドポイントが記されています。

RESULTS

The telemonitoring group and the usual-care group did not differ significantly with respect to the primary end point, which occurred in 52.3% and 51.5% of patients, respectively (difference, 0.8 percentage points; 95% confidence interval [CI], -4.0 to 5.6; P=0.75 by the chi-square test). (N Engl J Med 2010;363:2301-9.)

一次エンドポイントにおいて有意差はなかったとあります。95%信頼区間を見ても、たしかに差はありませんね。

CONCLUSIONS

Among patients recently hospitalized for heart failure, telemonitoring did not improve outcomes. (N Engl J Med 2010;363:2301-9.)

予後の改善を目指して実施した試験でしたが、結果は「改善なし」でした。

The results indicate the importance of a thorough, independent evaluation of disease-management strategies before their adoption. (N Engl J Med 2010;363:2301-9.)

その結果の原因として考え得ることを提示しています。ちょっと抽象的な書き方です。具体的に何を言っているのかは,本文を見なくてはいけません。

いかがでしたか?telemonitoringの有用性は出せなかったという試験ですが、逆に見ると、通常の外来診療と同等だった、というところに外来医としては反省すべきところもあるかと感じました。「具合はどうか?」「体重は増えてないか?」で終わってしまう外来だと、機械応答のtelemonitoringと変わらないのだ、という事実を数字で見せてもらった気がしました。深く反省。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトのCurrent IssueまたはPast issuesから該当論文のものをご覧ください。1997年以降のNEJMアブストラクト和訳は発行年月と共にVol.番号とNo.番号によって並べられています。
当ブログでは発行年月はタイトルに含めていません。お手数ですが、タイトルに付記したVol.とNo.で見てくださいね。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:24:15 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。