■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
一次アウトカムを追いかける: N Engl J Med 2010;363(24):2287-300
The New England Journal of Medicineの抄録は250語以内と投稿規定で定められています。
ただし、今回のものはワードで数えてみたら360語でした。
見た目でもちょっと長いなあ、と感じたのですが、例外もあるのでしょうか?

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

In-Center Hemodialysis Six Times per Week versus Three Times per Week (N Engl J Med 2010;363:2287-300.)

今回は「ハテナ起点」は提示されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

In this randomized clinical trial, we aimed to determine whether increasing the frequency of in-center hemodialysis would result in beneficial changes in left ventricular mass, self-reported physical health, and other intermediate outcomes among patients undergoing maintenance hemodialysis. (N Engl J Med 2010;363:2287-300.)

長い一文です。研究デザインと目的を述べています。

METHODS

The two coprimary composite outcomes were death or change (from baseline to 12 months) in left ventricular mass, as assessed by cardiac magnetic resonance imaging, and death or change in the physical-health composite score of the RAND 36-item health survey. (N Engl J Med 2010;363:2287-300.)

一次アウトカムは複合であり、2つあることが述べられています。これが研究の軸となります。

RESULTS

Frequent hemodialysis was associated with significant benefits with respect to both coprimary composite outcomes (hazard ratio for death or increase in left ventricular mass, 0.61; 95% confidence interval [CI], 0.46 to 0.82; hazard ratio for death or a decrease in the physical-health composite score, 0.70; 95% CI, 0.53 to 0.92). (N Engl J Med 2010;363:2287-300.)

ここにふたつの一次複合アウトカムの結果が書かれています。95%CIをみても、いずれも有意ですね。

CONCLUSIONS

Frequent hemodialysis, as compared with conventional hemodialysis, was associated with favorable results with respect to the composite outcomes of death or change in left ventricular mass and death or change in a physical-health composite score but prompted more frequent interventions related to vascular access. (N Engl J Med 2010;363:2287-300.)

prompted 誘発する

いかがでしたか?語数は多いのですが、内容はすっきりとまとまっています。あと100語ここから削るのは難しいかもしれませんね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトのCurrent IssueまたはPast issuesから該当論文のものをご覧ください。1997年以降のNEJMアブストラクト和訳は発行年月と共にVol.番号とNo.番号によって並べられています。
当ブログでは発行年月はタイトルに含めていません。お手数ですが、タイトルに付記したVol.とNo.で見てくださいね。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:36:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。