■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
対語をとらえる: N Engl J Med 2010;363:1704-14.
ケース群とコントロール群、というように、いくつかの群を対立させて研究を進めることがよくあります。
論文を読むときにもその流れについていくと、理解しやすくなります。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Effects of CYP2C19 Genotype on Outcomes of Clopidogrel Treatment (N Engl J Med 2010;363:1704-14.)

今回は「ハテナ起点」ははっきりしません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

It has been suggested that clopidogrel may be less effective in reducing the rate of cardiovascular events among persons who are carriers of loss-of-function CYP2C19 alleles that are associated with reduced conversion of clopidogrel to its active metabolite. (N Engl J Med 2010;363:1704-14.)

"may"が使われています。これはどういう意図を持っていますか?
「五分五分の可能性」(『ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)』、大西泰斗・ポール・マクベイ著)でしたね。

METHODS

We genotyped patients from two large, randomized trials that showed that clopidogrel, as compared with placebo, reduced the rate of cardiovascular events (the primary efficacy outcome) among patients with acute coronary syndromes and among patients with atrial fibrillation. (N Engl J Med 2010;363:1704-14.)

入れ子構造で一次エンドポイントを提示しています。一文が長いのでくらっときますが、一次エンドポイントだけとりあえず見つけられればOKです。

RESULTS

The effect of clopidogrel in reducing the rate of the primary efficacy outcome was similar in patients who were heterozygous or homozygous for loss-of-function alleles and in those who were not carriers of the alleles (rate among carriers, 8.0% with clopidogrel vs. 11.6% with placebo; hazard ratio with clopidogrel, 0.69; 95% confidence interval [CI], 0.49 to 0.98; rate among noncarriers, 9.5% vs. 13.0%; hazard ratio, 0.72; 95% CI, 0.59 to 0.87). (N Engl J Med 2010;363:1704-14.)

ここでは、2つの下線部で示した群の対比を記述しています。

In contrast, gain-of-function carriers derived more benefit from clopidogrel treatment as compared with placebo than did noncarriers (rate of primary outcome among carriers, 7.7% vs. 13.0%; hazard ratio, 0.55; 95% CI, 0.42 to 0.73; rate among noncarriers, 10.0% vs. 12.2%; hazard ratio, 0.85; 95% CI, 0.68 to 1.05; P=0.02 for interaction). (N Engl J Med 2010;363:1704-14.)

プラセボ群との比較も出てくるのでややこしいですが、メインは下線部2つの比較です。

CONCLUSIONS

Among patients with acute coronary syndromes or atrial fibrillation, the effect of clopidogrel as compared with placebo is consistent, irrespective of CYP2C19 loss-of-function carrier status. (N Engl J Med 2010;363:1704-14.)

irrespective 関係ない

いかがでしたか?結果部分に数字が入り乱れていて、頭がごちゃごちゃになりそうだったら、先に結論を読んでおくと「後追い効果」でわかりやすくなります。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:47:16 | Trackback(0) | Comments(2)
「方法」での頻出表現を拾う: N Engl J Med 2010;363:1693-703.
原著論文としてしばしば取り上げられる内容に「新薬の評価」があります。
評価の流れはだいたい一定なので、表記にも同じパターンがあります。
今回は、そのあたりに目を向けてみます。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Anaplastic Lymphoma Kinase Inhibition in Non–Small-Cell Lung Cancer (N Engl J Med 2010;363:1693-703.)

今回は「ハテナ起点」ははっきりしません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We explored the therapeutic efficacy of inhibiting ALK in such tumors in an early-phase clinical trial of crizotinib (PF-02341066), an orally available small-molecule inhibitor of the ALK tyrosine kinase. (N Engl J Med 2010;363:1693-703.)

explored 調査する、探求する

和英辞書を引いて書こうとするとよく出てくる"explore"ですが、実際の論文ではあまり見かけません。あまりに壮大なイメージを持つ語だからでしょうか?

METHODS

After screening tumor samples from approximately 1500 patients with non–small-cell lung cancer for the presence of ALK rearrangements, we identified 82 patients with advanced ALK-positive disease who were eligible for the clinical trial. (N Engl J Med 2010;363:1693-703.)

non–small-cell lung cancer 前の横棒は「– エヌダッシュ」、うしろのは「- ハイフン」ですよ。

eligible for 適当な、資格のある

この"eligible for"は頻出表現です。チェック。

These patients were enrolled in an expanded cohort study instituted after phase 1 dose escalation had established a recommended crizotinib dose of 250 mg twice daily in 28-day cycles. (N Engl J Med 2010;363:1693-703.)

were enrolled in 登録した

日本語では「(治験に)エントリーした」と言いますが、英語で書くときには"enroll"を使います。

Patients were assessed for adverse events and response to therapy. (N Engl J Med 2010;363:1693-703.)

were assessed for 評価した

これもよく出てきますね。

METHODS

A total of 63 of 82 patients (77%) were continuing to receive crizotinib at the time of data cutoff, and the estimated probability of 6-month progression-free survival was 72%, with no median for the study reached. (N Engl J Med 2010;363:1693-703.)

A total of 63 of 82 patients 82名の患者中全63名が

ofが重なっていて面白い使い方です。

CONCLUSIONS

The inhibition of ALK in lung tumors with the ALK rearrangement resulted in tumor shrinkage or stable disease in most patients. (N Engl J Med 2010;363:1693-703.)

tumor shrinkage 腫瘍の縮小

いかがでしたか?頻出表現をストックしておくと、いざというときに、書きやすくなりますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:36:03 | Trackback(0) | Comments(0)
書けるかな?と思いながら読む: N Engl J Med 2010;363:1621-30.
スキーでもテニスでも、上達する方法のひとつにイメージ・トレーニングがあります。
それと同じように、論文を読むときにも「自分でこれは書けるかな?」と思いながら文字を追ってみましょう。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Expression of Follicle-Stimulating Hormone Receptor in Tumor Blood Vessels (N Engl J Med 2010;363:1621-30.)

今回は「ハテナ起点」は明記されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

In adult humans, the follicle-stimulating hormone (FSH) receptor is expressed only in the granulosa cells of the ovary and the Sertoli cells of the testis. (N Engl J Med 2010;363:1621-30.)

In adult humans ヒト成人において

何でもない表現ですが、この語順でぱっと出てきますか?

METHODS

We used immunohistochemical and immunoblotting techniques involving four separate FSH-receptor-specific monoclonal antibodies that recognize different FSH receptor epitopes and in situ hybridization to detect FSH receptor in tissue samples from patients with a wide range of tumors. (N Engl J Med 2010;363:1621-30.)

with a wide range of tumors さまざまな腫瘍の

こういう時に"a wide range"を使うことをチェック。

RESULTS

In all 1336 patients examined, FSH receptor was expressed by endothelial cells in tumors of all grades, including early T1 tumors. The tumors were located in the prostate, breast, colon, pancreas, urinary bladder, kidney, lung, liver, stomach, testis, and ovary. (N Engl J Med 2010;363:1621-30.)

In all 1336 patients examined 検討した全1336名の患者において

"patients examined"という言い回しはあまりこれまで見かけなかった気がします。シンプルですが必要十分ですね。

CONCLUSIONS

FSH receptor is selectively expressed on the surface of the blood vessels of a wide range of tumors. (N Engl J Med 2010;363:1621-30.)

もう一回出てきました。ここでも不定冠詞"a"がついていますね。「ひとつに定まらないイメージ」(『ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)』、大西泰斗、ポール・マクベイ著)でしたね。

いかがでしたか?抄録などの短い文章でイメトレすると、読むときの視点が変わって、英語力アップになりますよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:15:55 | Trackback(0) | Comments(2)
自己測定を評価する: N Engl J Med 2010;363:1608-20.
糖尿病コントロールにおいては、血糖自己測定器が広く使用され、評価を得ています。
他の疾患(抗凝固療法が必要な疾患)ではどうでしょう?

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Effect of Home Testing of International Normalized Ratio on Clinical Events (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

今回の「ハテナ起点」はこのあたりに見え隠れしています。

As compared with venous plasma testing, point-of-care INR measuring devices allow greater testing frequency and patient involvement and may improve clinical outcomes. (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

「五分五分のmay」ですね(大西泰斗・ポールマクベイ著、『ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)』)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

As compared with venous plasma testing, point-of-care INR measuring devices allow greater testing frequency and patient involvement and may improve clinical outcomes. (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

point-of-care ベッドサイドで行う(検査)、自己測定

患者のすぐわきで行う、といったニュアンスから、「自己測定」と訳されることが多いようです。ちなみに、point-of-saleは店頭という意味で、POSと略されています。

METHODS

We randomly assigned 2922 patients who were taking warfarin because of mechanical heart valves or atrial fibrillation and who were competent in the use of point-of-care INR devices to either weekly self-testing at home or monthly high-quality testing in a clinic. (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

competent 十分な、適当な

ロングマン現代英英辞典4訂増補版では次の解説があります。

competent having enough skill or knowledge to do something to a satisfactory standard

The primary end point was the time to a first major event (stroke, major bleeding episode, or death). (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

一次エンドポイントを示しています。複合エンドポイントになっているようですね。

RESULTS

The time to the first primary event was not significantly longer in the self-testing group than in the clinic-testing group (hazard ratio, 0.88; 95% confidence interval, 0.75 to 1.04; P=0.14). (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

自己測定群とクリニック測定群では有意差はありませんでした。

At 2 years of follow-up, the self-testing group also had a small but significant improvement in patient satisfaction with anticoagulation therapy (P=0.002) and quality of life (P<0.001). (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

一次エンドポイントではないので参考情報ではありますが、「患者満足度」というのは臨床上重要な点だと思います。

CONCLUSIONS

These results do not support the superiority of self-testing over clinic testing in reducing the risk of stroke, major bleeding episode, and death among patients taking warfarin therapy. (N Engl J Med 2010;363:1608-20.)

結果の解釈を示しています。「有意差がない」ことは「優位性をしめすものではない」と言っています。「同等である」とも言っていないので、そのあたりの意義をどうとらえるかが問題となってきますね。

いかがでしたか?どのような研究デザインであったのか気になるところです。本文をちらっと読みたくなりますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:35:58 | Trackback(0) | Comments(2)
同一表現を追いかける: N Engl J Med 2010;363:1597-1607.
まとまった文章の中で、何度か同じことに言及するとき、日本語でも言い回しをいくらか変化させていきます。
同じように、英文でも表現をちょっとずつ変えていく場合があります。
今回はそんな表現を拾ってみましょう。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Transcatheter Aortic-Valve Implantation for Aortic Stenosis in Patients Who Cannot Undergo Surgery (N Engl J Med 2010;363:1597-1607.)

今回は「ハテナ表現」は明記されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Many patients with severe aortic stenosis and coexisting conditions are not candidates for surgical replacement of the aortic valve. (N Engl J Med 2010;363:1597-1607.)

この下線部の内容が次から何回か出てきます。見ていきましょう。

METHODS

We randomly assigned patients with severe aortic stenosis, whom surgeons considered not to be suitable candidates for surgery, to standard therapy (including balloon aortic valvuloplasty) or transfemoral transcatheter implantation of a balloon-expandable bovine pericardial valve. (N Engl J Med 2010;363:1597-1607.)

ここでは「外科医が判断した」と、主語が明確に記載されています。方法を述べているので「誰が」というのは必要な情報だからです。

RESULTS

A total of 358 patients with aortic stenosis who were not considered to be suitable candidates for surgery underwent randomization at 21 centers (17 in the United States). (N Engl J Med 2010;363:1597-1607.)

ここでは再び、主語が隠れていますね。ただ、"were not considered to"があるので、背後に誰かがそのように判断したのだ、というニュアンスは残っています。

CONCLUSIONS

In patients with severe aortic stenosis who were not suitable candidates for surgery, TAVI, as compared with standard therapy, significantly reduced the rates of death from any cause, the composite end point of death from any cause or repeat hospitalization, and cardiac symptoms, despite the higher incidence of major strokes and major vascular events. (N Engl J Med 2010;363:1597-1607.)

ここでは"were not considered to"が消失しています。書き出しの"not candidates for surgical replacement of the aortic valve"を受けた形だからでしょうか?あるいは、もう「判断者」を省略してもいい結果である、と考えたからでしょうか?

いかがでしたか?表現の変化を見て、あれこれ想像してみるとおもしろいですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:01:56 | Trackback(0) | Comments(6)
nevirapine論文、今度は小児の側から: N Engl J Med 2010;363:1510-20.
The New England Journal of Medicine Oct.14号最初の論文は、nevirapine投与について母体側から検討していました。次の論文は、逆サイド、つまり小児側からの検討です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Antiretroviral Treatment for Children with Peripartum Nevirapine Exposure (N Engl J Med 2010;363:1510-20.)

今回は、「ハテナ起点」が明記されていますよ。

The optimal antiretroviral treatment strategy for children who have had prior exposure to single-dose nevirapine is unknown. (N Engl J Med 2010;363:1510-20.)

いつもの"is unknown"型です。

では、早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Single-dose nevirapine is the cornerstone of the regimen for prevention of mother-to-child transmission of human immunodeficiency virus (HIV) in resource-limited settings, but nevirapine frequently selects for resistant virus in mothers and children who become infected despite prophylaxis. (N Engl J Med 2010;363:1510-20.)

cornerstone 基礎、柱石

こういう「決め言葉」を使った書き出しには憧れを覚えます。かっこいいなあ、といつも思います。

METHODS

Enrollment in this cohort was terminated early on the recommendation of the data and safety monitoring board. (N Engl J Med 2010;363:1510-20.)

検討が早期に終了した、というときに使える文です。チェック!

RESULTS

More children in the nevirapine group than in the ritonavir-boosted lopinavir group reached a primary end point (39.6% vs. 21.7%; weighted difference, 18.6 percentage-points; 95% confidence interval, 3.7 to 33.6; nominal P=0.02). (N Engl J Med 2010;363:1510-20.)

主語で既に比較するふたつを出してきています。読む側としてはすっきりと頭に入ってきますね。その分、文そのものは「頭でっかち」になってしまいますが。

CONCLUSIONS

Since nevirapine is used for both treatment and perinatal prevention of HIV infection in resource-limited settings, alternative strategies for the prevention of HIV transmission from mother to child, as well as for the treatment of HIV infection, are urgently required. (N Engl J Med 2010;363:1510-20.)

明日への提言で締めくくっています。書き出しといい締めといい、非常に整った、そして洗練された抄録でした。こんな風にいつか書きたいなあ、と思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:04:58 | Trackback(0) | Comments(0)
たまには時制に目をつける: N Engl J Med 2010;363:1499-509.
英語文法書には必ずといっていいくらい「時制」の話が出てきます。
たまには論文ではどうなっているか、見てみましょう。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Antiretroviral Therapies in Women after Single-Dose Nevirapine Exposure (N Engl J Med 2010;363:1499-509.)

今回の「ハテナ起点」ははっきりしません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Peripartum administration of single-dose nevirapine reduces mother-to-child transmission of human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) but selects for nevirapine-resistant virus. (N Engl J Med 2010;363:1499-509.)

ここでは現在形が使われています。大西&マクベイ先生によると、

「現在時制は現在の事実をあらわす」 (『みるみる身につく! イメージ英語革命 (講談社プラスアルファ文庫)』、大西泰斗、ポール・マクベイ著、講談社+α文庫)

です。元の文を読むと、この解説が「なるほど」とわかります。

METHODS

In seven African countries, women infected with HIV-1 whose CD4+ T-cell counts were below 200 per cubic millimeter and who either had or had not taken single-dose nevirapine at least 6 months before enrollment were randomly assigned to receive antiretroviral therapy with tenofovir–emtricitabine plus nevirapine or tenofovir-emtricitabine plus lopinavir boosted by a low dose of ritonavir. (N Engl J Med 2010;363:1499-509.)

ここは過去完了が使われています。今回の検討が行われた「過去」よりもっと「昔」だからですね。

RESULTS

Significantly more women in the nevirapine group reached the primary end point than in the ritonavir-boosted lopinavir group (26% vs. 8%) (adjusted P=0.001). (N Engl J Med 2010;363:1499-509.)

「有意差表現」のひとつとしてチェックしておきます。

CONCLUSIONS

In women with prior exposure to peripartum single-dose nevirapine (but not in those without prior exposure), ritonavir-boosted lopinavir plus tenofovir–emtricitabine was superior to nevirapine plus tenofovir–emtricitabine for initial antiretroviral therapy. (N Engl J Med 2010;363:1499-509.)

ここは過去完了で書かれた部分を一語にするとこうなる、という表現です。おもしろいですね。

いかがでしたか?着眼点を変えて論文を読んでみると新たな気づきがありますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:20:16 | Trackback(0) | Comments(0)
なんでもないところに目をとめる: N Engl J Med 2010;363:1429-37.
長い文章を読むときには全体の意味をとるほうに意識が向きます。
一方、短い文章ではどうでしょう?意味をとりつつ、細部に目を向けてみる余裕もあるのでは?

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Dystrophin Immunity in Duchenne's Muscular Dystrophy (N Engl J Med 2010;363:1429-37.)

今回はBrief Reportのサマリーとなっています。
短いので、順に見ていきましょう。

We report on delivery of a functional dystrophin transgene to skeletal muscle in six patients with Duchenne's muscular dystrophy. (N Engl J Med 2010;363:1429-37.)

「reportってonが要るんだっけ?」と思った方、私と同じですね。辞書を見ると、自動詞として用いるときにはonを使います。他動詞と自動詞の使い分けについては、目下、勉強中なので、解説はまたわかってから、ということにします。

Dystrophin-specific T cells were detected after treatment, providing evidence of transgene expression even when the functional protein was not visualized in skeletal muscle. (N Engl J Med 2010;363:1429-37.)

provideとevidenceの相性はいいように思います。よく一緒に出てきますね。

Circulating dystrophin-specific T cells were unexpectedly detected in two patients before vector treatment. (N Engl J Med 2010;363:1429-37.)

この一語に著者らが「うーむ」とうなってる様子が目に浮かんできます。

Revertant dystrophin fibers, which expressed functional, truncated dystrophin from the deleted endogenous gene after spontaneous in-frame splicing, contained epitopes targeted by the autoreactive T cells. (N Engl J Med 2010;363:1429-37.)

Revertant 復帰突然変異

The potential for T-cell immunity to self and nonself dystrophin epitopes should be considered in designing and monitoring experimental therapies for this disease. (N Engl J Med 2010;363:1429-37.)

和文ではよく出てくる「べきである」です。英文でのshouldのイメージはどうでしょうか?
いつもの大西先生・マクベイ先生に訊いてみましょう。

基本イメージ 弱い圧力
(『英単語イメージハンドブック』、大西泰斗・ポール・マクベイ著、青灯社)

「助言・アドバイスのイメージ」(同書より)となります。日本語の「べきである」というより、もっとソフトですね。

いかがでしたか?
ひとつひとつ眺めて、その後の背景に思いを巡らすのもおもしろいですよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:17:41 | Trackback(0) | Comments(0)
仮説を立てて検証していく: N Engl J Med 2010;363:1419-28.
最近のNEJM掲載論文では「仮説を立てて検証する」形の記載が多くなってきたように思います。
文章術に「起承転結」があるように、「仮説検証型」は基本中の基本型です。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Rolofylline, an Adenosine A1-Receptor Antagonist, in Acute Heart Failure (N Engl J Med 2010;363:1419-28.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていませんが、このあたりにそのにおいがありますね。

Experimental and clinical studies suggest that counterregulatory responses mediated by adenosine may be involved. (N Engl J Med 2010;363:1419-28.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We tested the hypothesis that the use of rolofylline, an adenosine A1-receptor antagonist, would improve dyspnea, reduce the risk of worsening renal function, and lead to a more favorable clinical course in patients with acute heart failure. (N Engl J Med 2010;363:1419-28.)

仮説検証型の定番表現です。
助動詞"would"が使われていますね。大西先生・マクベイ先生の『ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)』では次の解説があります。

will(~だろう)はかなり確信に満ちた表現。それに対し、wouldは、willの強い主張から距離を取っています。「~じゃないかなぁ」程度の自信のない表現になっています。

仮説ですからね、「~じゃないかなぁ」になりますね。

METHODS

The primary end point was treatment success, treatment failure, or no change in the patient's clinical condition; this end point was defined according to survival, heart-failure status, and changes in renal function. (N Engl J Med 2010;363:1419-28.)

一次エンドポイントの説明です。セミコロン以下で、詳しく定義を解説しています。

RESULTS

Rolofylline, as compared with placebo, did not provide a benefit with respect to the primary end point (odds ratio, 0.92; 95% confidence interval, 0.78 to 1.09; P=0.35). (N Engl J Med 2010;363:1419-28.)

結果の一行目です。ここに、どんと一次エンドポイントの結果を出してきています。

CONCLUSIONS

Rolofylline did not have a favorable effect with respect to the primary clinical composite end point, nor did it improve renal function or 60-day outcomes. (N Engl J Med 2010;363:1419-28.)

一次・副次エンドポイントともに否定的な結果でした。

It does not show promise in the treatment of acute heart failure with renal dysfunction. (N Engl J Med 2010;363:1419-28.)

promise 見込み、有望であること

いかがでしたか?今回の抄録は「仮説検証型」として非常にオーソドックスな書き方でした。参考にします。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:31:55 | Trackback(0) | Comments(0)
四分位範囲を使うとき: N Engl J Med 2010;363:1410-8.
医学論文では統計量が頻繁に出てきます。よく出くわすのは、95%信頼区間(95% confidence interval [CI])です。
今回の論文には、四分位範囲(interquartile range)というのが出てきます。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Severe Hypoglycemia and Risks of Vascular Events and Death (N Engl J Med 2010;363:1410-8.)

今回は「ハテナ起点」の明記はありません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Severe hypoglycemia may increase the risk of a poor outcome in patients with type 2 diabetes assigned to an intensive glucose-lowering intervention. (N Engl J Med 2010;363:1410-8.)

不定冠詞"a"がついているところをチェック。

METHODS

We examined the associations between severe hypoglycemia and the risks of macrovascular or microvascular events and death among 11,140 patients with type 2 diabetes, using Cox proportional-hazards models with adjustment for covariates measured at baseline and after randomization. (N Engl J Med 2010;363:1410-8.)

なんと1文ですべてを語っています。こんな風にまとめきることもできるんですね。

RESULTS

The median times from the onset of severe hypoglycemia to the first major macrovascular event, the first major microvascular event, and death were 1.56 years (interquartile range, 0.84 to 2.41), 0.99 years (interquartile range, 0.40 to 2.17), and 1.05 years (interquartile range, 0.34 to 2.41), respectively. (N Engl J Med 2010;363:1410-8.)

interquartile range 四分位範囲

これはどういうときに用いるのでしょうか。
奥田千恵子先生の『道具としての統計学―医薬研究者の視点からみた』(金芳堂)では次のように説明しています。

正規分布に従わない場合、データの中心性を表す指標として平均値が不適切である以上、ばらつきの指標として標準偏差を用いることはできません。通常は、最小値(minimum)と最大値(maximum)、あるいは、データを大きさの順に並べて100等分し、75%パーセンタイル値から25%パーセンタイル値を引いた四分位範囲(interquartile range)などを用います。

簡単に説明すると、こうなります。

四分位範囲はデータの中央部50%の範囲を示す。(『いまさら誰にも聞けない医学統計の基礎のキソ 第1巻 まずは統計アレルギーを克服しよう! (Dr.あさいのこっそりマスターシリーズ)』浅井隆、アトムス)

つまり、この論文でいうと、それぞれのイベント発生までの時間は正規分布していないので、四分位範囲を用いてまん中50%の範囲を表示した、ということですね。

CONCLUSIONS

It is possible that severe hypoglycemia contributes to adverse outcomes, but these analyses indicate that hypoglycemia is just as likely to be a marker of vulnerability to such events. (N Engl J Med 2010;363:1410-8.)

"may"よりもっとはっきりと"it is possible that ... "で、考察を提示しています。結果よりもう一歩踏み込んだ内容です。

いかがでしたか?重篤な低血糖のリスクについて検討した内容でした。急激な変動は生命の平衡にダメージを与えるということでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ





テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:03:30 | Trackback(0) | Comments(0)
馴染みのない語が多いとき: N Engl J Med 2010;363:1397-1409.
医学領域の知識は日々蓄積されていき、とてもすべてを把握することは困難な様相を呈しています。
NEJMの論文を読んでいても、知らない領域の話題に遭遇することは頻回にあります。
そんなときには、どうしたらいいでしょう?こんなの知らないから、と投げちゃいますか?
とりあえず、わかる範囲で読んでみましょうか。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Patient-Specific Induced Pluripotent Stem-Cell Models for Long-QT Syndrome (N Engl J Med 2010;363:1397-1409.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

In long-QT syndrome type 1, mutations occur in the KCNQ1 gene, which encodes the repolarizing potassium channel mediating the delayed rectifier IKs current. (N Engl J Med 2010;363:1397-1409.)

rectifier 整流された

METHODS

We obtained dermal fibroblasts from two family members and two healthy controls and infected them with retroviral vectors encoding the human transcription factors OCT3/4, SOX2, KLF4, and c-MYC to generate pluripotent stem cells. (N Engl J Med 2010;363:1397-1409.)

generate 発生する

RESULTS

Further characterization of the role of the R190Q–KCNQ1 mutation in the pathogenesis of long-QT syndrome type 1 revealed a dominant negative trafficking defect associated with a 70 to 80% reduction in IKs current and altered channel activation and deactivation properties. (N Engl J Med 2010;363:1397-1409.)

trafficking 輸送

CONCLUSIONS

The patient-derived cells recapitulated the electrophysiological features of the disorder. (N Engl J Med 2010;363:1397-1409.)

recapitulated 再現する

いかがでしたか?電気生理学と遺伝子学の両方の用語が頻出で、読むのが大変でした。こういう読むのが「骨な」論文については、私は深く追求せず、「そうなんだ~」くらいで浅く流しております。「完全には理解できないけど、そんな話が載ってた」くらいでとどめておく、これが「読むのが嫌にならない」心のコツでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:21:26 | Trackback(0) | Comments(2)
NEJM Podcasting:Sep. 30, 2010.
The New England Journal of Medicine Sep.30号のオーディオサマリーを聞いてみましょう。

下記のタイトルをクリックしてみてください。ポッドキャストのRSSフィードのサイトに飛びます。
そこから聴きたい号をクリックしてくださいね。

Current Issue: September 30, 2010 Weekly Audio Summary

では、いつものように冒頭のヘッドライン部分を聞いてみます。
この部分のスクリプトがNEJMのサイトに掲載されていますが、実際に読まれる文と一部違う場合があります。
掲載スクリプトと異なる部分は赤字で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of September 30, 2010. I'm Dr Lisa Johnson. This week's issue features Featured are articles on a Syk inhibitor for rheumatoid arthritis, outcome after reduced chemotherapy for neuroblastoma, immunotherapy for neuroblastoma, timing of de novo mutagenesis, and placebo-controlled trials of fracture in osteoporosis; a review article on the risk of cardiovascular disease in patients with nonalcoholic fatty liver disease; a case report of a boy with a recurrent skin lesion; and Perspective articles on traumatic brain injury―football, warfare and long-time effects, on promoting prevention through the Affordable Care Act, and on health insurance politics in federal court. With this issue we feature a new video in clinical medicine on catheterization of the urithra in male children. Urithral catheterization may be needed in a child for diagnostic purposes: all for performing voiding cystourethrography or monitoring urine output in very ill or post-operative patients. This video demonstrates diagnostic urethral catheterization in a male infant.

今回はビデオの説明部分が難所でした。下線部のところは自信がないです。聞き取って「こうじゃないの?」というコメント、お待ちしてます。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:15:54 | Trackback(0) | Comments(0)
サマリーで「要約力」を学ぶ: N Engl J Med 2010;363:1335-40.
The New England Journal of Medicineに掲載される原著論文にはOriginal articleとBrief report、ほかにSpecial articleがあります。
今回は、そのうちのBrief reportです。この場合にはいつものabstractではなく、更に短いsummaryが付きます。

下記のタイトルをクリックするとサマリーが開きます。

Timing of De Novo Mutagenesis ― A Twin Study of Sodium-Channel Mutations (N Engl J Med 2010;363:1335-40.)

わずか3文で構成されていますから、順に読んでいきましょう。

De novo mutations are a cause of sporadic disease, but little is known about the developmental timing of such mutations. (N Engl J Med 2010;363:1335-40.)

こんなに短いサマリーでも、ここに「ハテナ起点」が記載されています。研究の動機を冒頭で宣言していますね。

We studied concordant and discordant monozygous twins with de novo mutations in the sodium channel α1 subunit gene (SCN1A) causing Dravet's syndrome, a severe epileptic encephalopathy. (N Engl J Med 2010;363:1335-40.)

concordant 一致した
discordant 不一致の

ここで研究方法の概略を述べています。耳慣れない疾患の説明も同時に行っています。

On the basis of our findings and the literature on mosaic cases, we conclude that de novo mutations in SCN1A may occur at any time, from the premorula stage of the embryo (causing disease in the subject) to adulthood (with mutations in the germ-line cells of parents causing disease in offspring). (N Engl J Med 2010;363:1335-40.)

On the basis of ~を基に

最後の文は結論です。助動詞"may"が使われていますね。五分五分の確率、という意識が感じられます。

いかがでしたか?長いレポートをたった3文に縮めるという要約力を、今回のサマリーから学びたいと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:26:38 | Trackback(0) | Comments(0)
ハイフンの使い方: N Engl J Med 2010;363:1324-34.
英文を読んでいると、和文ではあまり使わないような記号にしばしば出くわします。
以前にも"–" (エヌダッシュ)を取り上げました。今回は、もっと頻度の高い"-" (ハイフン)を見てみます。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Anti-GD2 Antibody with GM-CSF, Interleukin-2, and Isotretinoin for Neuroblastoma (N Engl J Med 2010;363:1324-34.)

タイトルで使われている記号は、じーっと見ると、どちらもハイフンですね。

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Preclinical and preliminary clinical data indicate that ch14.18, a monoclonal antibody against the tumor-associated disialoganglioside GD2, has activity against neuroblastoma and that such activity is enhanced when ch14.18 is combined with granulocyte–macrophage colony-stimulating factor (GM-CSF) or interleukin-2. (N Engl J Med 2010;363:1324-34.)

"tumor-associated"と"colony-stimulating"はハイフン、"granulocyte–macrophage"はエヌダッシュです。
ハイフンの使い方については、ティム・アルバート先生は著書で次のように説明しています。

ハイフン(-):特にその2つの単語が関連していることを示すのに使う。More-qualified doctors (より優れた資格を持つ医師たち)とmore qualified doctors (より多くの有資格医師たち)といった具合に、ハイフンは混乱を防ぐのに役に立つ。 (速習!医療系のための英語論文作成術、ティム・アルバート著、東京図書)

ハイフンとエヌダッシュやエムダッシュの使い分けはどうなってるのでしょうか?
これについては、The Chicago Manual of style (15ed.)[註:最新は16ed.です。]に次のように説明されています。

6.85 (前略)As illustrated by the first four examples below, en dashes separate the main elements of the new compounds more clearly than hyphens would ("hospital" versus "nursing home," "post" versus "World War II," etc.), thus preventing ambiguity. In the last two examples, however, to have used en dashes between "non" and "English" and between "user" and "designed" would merely have created an awkward asymmetry: the meaning is clear with hyphens.

the post–World War II years
a hospital–nursing home connection
a nursing home–home care policy
a quasi-public–quasi-judicial body (or, better, a judicial body that is quasi-public and quasi-judicial)
but
non-English-speaking peoples
a wheelchair-user-designed environment (or, better, an environment designed for wheel-chair users)
(The Chicago Style of Manual 15ed.より抜粋)

ハイフンでつなぐのは、つないだ語全体としての意味をはっきりさせたいときであり、エヌダッシュでは合成語を構成しているそれぞれの語を対立(対応)させて表記したいとき、ということになるのでしょうか。
元文に戻って考えると、確かに"granulocyte–macrophage"ではエヌダッシュらしく、前後の語は対応していますね。

METHODS

Patients with high-risk neuroblastoma who had a response to induction therapy and stem-cell transplantation were randomly assigned, in a 1:1 ratio, to receive standard therapy (six cycles of isotretinoin) or immunotherapy (six cycles of isotretinoin and five concomitant cycles of ch14.18 in combination with alternating GM-CSF and interleukin-2). (N Engl J Med 2010;363:1324-34.)

ここは全部、ハイフンです。

Event-free survival and overall survival were compared between the immunotherapy group and the standard-therapy group, on an intention-to-treat basis. (N Engl J Med 2010;363:1324-34.)

ここも全部ハイフンですね。"standard-therapy"のハイフンはなくてもよさそうですが、ひとかたまりにしておきたかったのでしょうか。

RESULTS

The median duration of follow-up was 2.1 years. (N Engl J Med 2010;363:1324-34.)

ここもハイフンです。

CONCLUSIONS

Immunotherapy with ch14.18, GM-CSF, and interleukin-2 was associated with a significantly improved outcome as compared with standard therapy in patients with high-risk neuroblastoma. (N Engl J Med 2010;363:1324-34.)

全部ハイフンでしたね。

いかがでしたか?こうしてハイフンばかり抜き出して眺めてみると、なんとなくではありますが、使い方の感触がつかめる気がします。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:43:10 | Trackback(0) | Comments(4)
次のステップも書いておく: N Engl J Med 2010;363:1313-23.
文章構成の基本は「起承転結」といいます。抄録の場合は「背景」「方法」「結果」「結論」となります。
これまでのNEJMの抄録を読む限り、「結果」と「結論」をどう書き分けるか、というのはなかなか難しいようです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Outcome after Reduced Chemotherapy for Intermediate-Risk Neuroblastoma (N Engl J Med 2010;363:1313-23.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

The survival rate among patients with intermediate-risk neuroblastoma who receive dose-intensive chemotherapy is excellent, but the survival rate among patients who receive reduced doses of chemotherapy for shorter periods of time is not known. (N Engl J Med 2010;363:1313-23.)

「既知の事実, but ~ is not known.」型です。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The survival rate among patients with intermediate-risk neuroblastoma who receive dose-intensive chemotherapy is excellent, but the survival rate among patients who receive reduced doses of chemotherapy for shorter periods of time is not known. (N Engl J Med 2010;363:1313-23.)

for shorter periods of time より短期間で

"of time"がくっついているところに注目。入れた方が正確になりますね。

METHODS

We conducted a prospective, phase 3, nonrandomized trial to determine whether a 3-year estimated overall survival of more than 90% could be maintained with reductions in the duration of therapy and drug doses, using a tumor biology-based therapy assignment. (N Engl J Med 2010;363:1313-23.)

研究デザインの記載です。

RESULTS

The 3-year estimate (±SE) of overall survival for the entire group was 96±1%, with an overall survival rate of 98±1% among patients who had tumors with favorable biologic features and 93±2% among patients who had tumors with unfavorable biologic features. (N Engl J Med 2010;363:1313-23.)

今回のデータは「標準誤差 SE」で表記されています。統計量の表記はなかなかわかりにくいのですが、奥田千恵子先生の本から引用してみます。

標準誤差とは、データのばらつきと標本数の両者を考慮して、この標本平均値の信頼度、すなわち、この標本平均値からどの程度正確に簿平均を推定できるかを表示するためのものです。(医薬研究者のためのケース別統計手法の学び方、奥田千恵子著、金芳堂)

CONCLUSIONS

These data provide support for further reduction in chemotherapy with more refined risk stratification. (N Engl J Med 2010;363:1313-23.)

今回の第3相試験の結果を元に、次にどんな検討を行っていくのかを述べています。「発展型」結語といえます。

いかがでしたか?結果の文章化で締めくくる抄録が多いなか、今回のように、次のステップをきちんと記載するのは非常に好感が持てました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:20:36 | Trackback(0) | Comments(0)
Phase 2 試験の書き方: N Engl J Med 2010;363:1303-12.
少し大きな医療機関に従事していると、臨床試験(治験)に関わる業務に携わることがあります。
だいたいにおいて、自分がその報告を発表するというような展開にはならないのですが、もしそうなったら、を想定してみるのも実力アップにはつながりそうです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

An Oral Spleen Tyrosine Kinase (Syk) Inhibitor for Rheumatoid Arthritis (N Engl J Med 2010;363:1303-12.)

今回は「ハテナ起点」はありません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The objective of this phase 2 study was to evaluate the efficacy and safety of R788, an oral inhibitor of Syk, in patients with active rheumatoid arthritis despite methotrexate therapy. (N Engl J Med 2010;363:1303-12.)

この報告は第2相試験 phase 2 studyであるとわかります。
"the efficacy and safety"、また出てきましたね。やっぱりセットになっています。

METHODS

We enrolled 457 patients who had active rheumatoid arthritis despite long-term methotrexate therapy in a 6-month, double-blind, placebo-controlled trial. (N Engl J Med 2010;363:1303-12.)

下線部が研究デザインです。不定冠詞の"a"がついていますよ。

The primary outcome was the American College of Rheumatology (ACR) 20 response (which indicates at least a 20% reduction in the number of both tender and swollen joints and improvement in at least three of five other criteria) at month 6. (N Engl J Med 2010;363:1303-12.)

at month 6 第6ヵ月目

おもしろい言い方です。よくある表現は"at 6 months"ですね。

RESULTS

A clinically significant effect was noted by the end of the first week of treatment. (N Engl J Med 2010;363:1303-12.)

by the end of the first week of treatment 治療第1週の終わりまでに

"by"の基本イメージは「そばに」です。(『ネイティブスピーカーの前置詞―ネイティブスピーカーの英文法〈2〉』、大西泰斗/ポール・マクベイ著、研究社)

 ある出来事が基準となる時刻の「そば」で起こる、といった感覚です。(同書より抜粋)

CONCLUSIONS

Additional studies will be needed to further assess the safety and efficacy of Syk-inhibition therapy in patients with rheumatoid arthritis. (N Engl J Med 2010;363:1303-12.)

この部分は次なる第3相試験 phase 3 studyに向けての展望を述べています。

いかがでしたか?オーソドックスですが、要所を押さえた展開でした。治験の報告書にテンプレートとして使えそうですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:32:15 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。