■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

ADPKD治療に関する2つめの論文: N Engl J Med 2010;363:830-40.
Aug. 26号のNEJMにはOriginal articleが3編掲載されていますが、そのうちの2つまでもがADPKD(常染色体優性多発性囊胞腎)の治療に関する内容です。
ひとつめの論文ではsirolimusは腎肥大を止めなかった、という結果でした。
こちらはどうでしょうか?

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Everolimus in Patients with Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease (N Engl J Med 2010;363:830-40.)

今回は久々に「ハテナ起点」を発見しました。

Although the underlying gene mutations were identified several years ago, efficacious therapy to curtail cyst growth and prevent renal failure is not available. (N Engl J Med 2010;363:830-40.)

治療法なので"is not available"となっています。「ハテナ表現」としては応用型ですね。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Although the underlying gene mutations were identified several years ago, efficacious therapy to curtail cyst growth and prevent renal failure is not available. (N Engl J Med 2010;363:830-40.)

curtail 短縮する

Experimental and observational studies suggest that the mammalian target of rapamycin (mTOR) pathway plays a critical role in cyst growth. (N Engl J Med 2010;363:830-40.)

これと同様の内容は前回の論文にもありました。

In autosomal dominant polycystic kidney disease (ADPKD), aberrant activation of the mammalian target of rapamycin (mTOR) pathway is associated with progressive kidney enlargement. (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

今回の論文ではより詳しく"cyst growth"と特定していますね。

METHODS

The primary outcome was the change in total kidney volume, as measured on magnetic resonance imaging, at 12 and 24 months. (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

一次アウトカムは、12ヵ月目と24ヵ月目の総腎容積となっています。

RESULTS

Total kidney volume increased between baseline and 1 year by 102 ml in the everolimus group, versus 157 ml in the placebo group (P=0.02) and between baseline and 2 years by 230 ml and 301 ml, respectively (P=0.06). (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

between baseline and 1 year by 102 ml in the everolimus group ベースラインから1年目までにeverolimus群では102ml(増加した)

日本語で言っても少々混み合った内容です。英語にするとbetweenとbyを使うのですね。

Parenchymal volume increased by 26 ml in the everolimus group and 62 ml in the placebo group after 1 year (P=0.003) and by 56 ml and 93 ml, respectively, after 2 years (P=0.11). (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

ここはサブ解析の内容となります。1年目での腎実質容積の抑制が効いていることがわかります。

CONCLUSIONS

Within the 2-year study period, as compared with placebo, everolimus slowed the increase in total kidney volume of patients with ADPKD but did not slow the progression of renal impairment. (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

この「締め」は結果のまとめになっています。everolimusでは総腎容積の増加を緩徐にしたという内容です。

いかがでしたか?2つ並べて読むと病態もおぼろげながらつかめてきますね。有効な治療薬の行方はどうなるのでしょうか?

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:57:00 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad