■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
締めのひと言にも注目する: N Engl J Med 2010;363:724-32.
抄録を読んでいく過程で、これまでリサーチ・クエスチョンともいうべき「ハテナ起点」を記述する表現を取り上げてきました。これらはだいたいパターンがあって、"remain unknown"とか"is not clear"とか(まだ他にもありますが)があります。
同様に、締めの表現についてもいくつか型が見えてきました。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Racial Variation in Medical Outcomes among Living Kidney Donors (N Engl J Med 2010;363:724-32.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

Data regarding health outcomes among living kidney donors are lacking, especially among nonwhite persons. (N Engl J Med 2010;363:724-32.)

ここは"be lacking"のパターンです。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Data regarding health outcomes among living kidney donors are lacking, especially among nonwhite persons. (N Engl J Med 2010;363:724-32.)

regarding ~に関する

METHODS

We linked identifiers from the Organ Procurement and Transplantation Network (OPTN) with administrative data of a private U.S. health insurer and performed a retrospective study of 4650 persons who had been living kidney donors from October 1987 through July 2007 and who had post-donation nephrectomy benefits with this insurer at some point from 2000 through 2007. (N Engl J Med 2010;363:724-32.)

研究デザインを説明しています。

RESULTS

Among the donors, 76.3% were white, 13.1% black, 8.2% Hispanic, and 2.4% another race or ethnic group. (N Engl J Med 2010;363:724-32.)

ここは"other race"ではなく"another race"であることに注意。ただし、本文中のTable 1では"Other"になっていました。がっさりひとまとめで考えました、ということでanotherが使われてるのでしょうか?

CONCLUSIONS

Increased attention to health outcomes among demographically diverse kidney donors is needed. (N Engl J Med 2010;363:724-32.)

「締めフレーズ」としては"... is needed"です。結果から導かれる「これからどうすべきか」という著者らの判断を打ち出しています。

いかがでしたか?「締めフレーズ」もこれからは注意して集めてみたいと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:08:21 | Trackback(0) | Comments(5)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。