■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
これを読んでおけば聞き取れた: N Engl J Med 2010;363:677-678.
videoやaudio summaryの聞き取りをやっていて最近思うことがあります。
それは、「聞き取る耳」以上に「予測変換力」が重要ではないか、ということです。
どういうことかというと、文章を聞く際、次は文脈からしてこうなるはずだ、という先読みする力がポイントなのではないかということです。
弱強勢の"s"や接続詞"that"が落ちてしまうのは、そのあたりの見通す力がまだまだ足りないのではないか、と。
その力を育てるには、「たくさん読む」ことしかない、と思っています。

昨日のaudio summaryについて、掲載スクリプトのあとに掲載されていない部分がありました。NEJM.orgのリニューアルの話です。昨日の記事は耳だけで聞き取ったものですが、下記のEditorialを読んでみたらと「これだ」という文がありました。久々の全文無料閲覧なので、読んでみてくださいね。

The New NEJM.org (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

では早速、読んでみましょう。
気になるところを抜粋で示します。

Each week, half a million readers access the Journal electronically, and our content is now seen online by about four times as many people as those who see the print edition. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

冒頭の文です。「4倍」でbyを使うことをチェック。

Hence, the design and function of NEJM.org have become central to the Journal's future. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

日本語で言えば「コアな部分」というイメージでしょうか。

An introductory video and Web tour on the new site explain the changes. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

例の紹介ビデオのことを指しています。まだの方は是非、視聴してみてくださいね。

NEJM.org now includes improved navigation and organization to make it faster and easier for readers to find the essential information that they want. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

ここを読んで「あれっ?」と思った方、audio summaryを聞き込んでます。昨日の赤字部分の正解はこれでした。
ちなみに、私が聞き落とした部分を下に赤字で出します。
NEJM.org now includes improved navigation and organization to make it faster and easier for readers to find the essential information that they want. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

In the section called My NEJM, users will find new options for tracking CME credits, saving articles, managing a personal account, and setting preferences, such as those for e-mail alerts. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

このMy NEJMはPubMedのMy NCBIに似てますね。自分仕様のデータベースとして使えるというわけです。

Our electronic archive now includes every issue back to the first one, published in 1812. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

これもaudio summaryにありました。Takaさん正解!archiveは単数でincludesにsがありました。
私の聞き落としはこちらでした。
Our electronic archive now includes every issue back to the first one, published in 1812. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

For all the articles in the archive, the PDF files show the original versions as they appeared in print, complete with ads, notices, and various curiosities from earlier eras. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

昔の広告まで閲覧できるというのはおもしろそうですね。医学史とまではいかなくても、医療を取り巻く環境の変遷を見ることができそうです。

We hope that users will find the new NEJM.org useful, attractive, and efficient. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

これもaudio summaryにありました。
聞き落としはこちらです。
We hope that users will find the new NEJM.org useful, attractive, and efficient. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

Continued improvements are planned, and comments and suggestions from users are always welcome at nejmredesign@nejm.org. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

下線部がaudio summaryにありましたね。

いかがでしたか?これを読んでおけばもうちょっとちゃんと聞き取れた(聞き取って訂正できた)かな、と思います。たくさん読んで予測変換力アップをはかります。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Further Reading | 06:24:58 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。