■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

NEJMリニューアルビデオのスクリプト入手しました!
7月29日付け記事でNEJM新サイトの紹介ビデオの聞き取りに挑戦したことを書きました。

祝!NEJMサイトリニューアル。で聞き取りにチャレンジしました。

その際、Takaさんからいただいたコメントに
「NEJMに、「スクリプトこれでいいでしょうか?」って尋ねてみましょうか? 」
とお返事いたしました。
その後、NEJMにメールして問い合わせてみましたところ、担当の方がビデオのスクリプトを送ってくださいました。
しかも、ブログに掲載していいですよ、との許可(快諾でしたよ)もいただきました。
さらになんと、Youtubeでも公開されているという情報もいただいたので、動画を貼ってみますね。



では、NEJMからいただいた正規のスクリプトです。

It’s 6:00am, and most of us are already at work. We’re real working doctors trying to deliver the best patient care we can. And as doctors, we’re faced with a dilemma: We need to understand the latest information in order to find the right answer, and to deliver the best care; last week’s information may not be right.

As a clinician, what I value most about the New England Journal of Medicine is that you can trust the medical information that you find there. The research articles are carefully peer reviewed, they’re important, and they’re high quality.

All through your medical school training and your residency training, you know that the New England Journal of Medicine is that “gold standard.” But having it in the format of NEJM.org makes it so accessible that you’re bringing it into your clinical environment and really using it for hour-to-hour decision making.

The new NEJM.org has improved its search functions and improved its navigation. Stuff is easy to find and useful to you.

NEJM.org has a whole new suite of features that enable clinicians, like you or me, to interact with the material. You can personalize to your own needs and interests; you can interact by commenting on the material; you can even play with the material by making decisions in our interactive cases, for example.

The reader can interact with other readers, and a conversation can be started. We bring you together and allow you to take that conversation to a point where you can provide better care for your patients.

And now, you have this website where you’ll have, worldwide, all of these medical professionals giving their opinions and perspective. And it’s a much more global perspective, and you have more points to think about, and it’s not your limited medical community context.

There’s now opportunities to view videos and images: very useful to doctors to understand disease processes, new devices, new treatments.

As a teacher of medicine, I know that the lessons are best taught if they can be framed in understanding from the past, the present, and potentially the future. NEJM.org offers the Archive, so you can understand the past of any clinical problem.

NEJM.org is always pushing the boundaries of where medicine is going by publishing breakthroughs in science that are going to affect the way we take care of patients in the months, years, and decades to come.

NEJM.org helps you keep up with the best information, practice better medicine and improve your patient care.


いかがでしたか?
前回自分が書き取ったものと比べると、相当落ちているところや聞き間違いがあります。ゴメンナサイ。
やっぱり、弱く発音されるところは聞き取りづらいです。
精進精進!

担当の方からも「是非、みなさん、NEJMのビデオを観てくださいね」というメッセージをいただきました。
一見一聴の価値あり、ですよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Further listening | 07:14:50 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad