■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ADPKD治療に関する2つめの論文: N Engl J Med 2010;363:830-40.
Aug. 26号のNEJMにはOriginal articleが3編掲載されていますが、そのうちの2つまでもがADPKD(常染色体優性多発性囊胞腎)の治療に関する内容です。
ひとつめの論文ではsirolimusは腎肥大を止めなかった、という結果でした。
こちらはどうでしょうか?

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Everolimus in Patients with Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease (N Engl J Med 2010;363:830-40.)

今回は久々に「ハテナ起点」を発見しました。

Although the underlying gene mutations were identified several years ago, efficacious therapy to curtail cyst growth and prevent renal failure is not available. (N Engl J Med 2010;363:830-40.)

治療法なので"is not available"となっています。「ハテナ表現」としては応用型ですね。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Although the underlying gene mutations were identified several years ago, efficacious therapy to curtail cyst growth and prevent renal failure is not available. (N Engl J Med 2010;363:830-40.)

curtail 短縮する

Experimental and observational studies suggest that the mammalian target of rapamycin (mTOR) pathway plays a critical role in cyst growth. (N Engl J Med 2010;363:830-40.)

これと同様の内容は前回の論文にもありました。

In autosomal dominant polycystic kidney disease (ADPKD), aberrant activation of the mammalian target of rapamycin (mTOR) pathway is associated with progressive kidney enlargement. (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

今回の論文ではより詳しく"cyst growth"と特定していますね。

METHODS

The primary outcome was the change in total kidney volume, as measured on magnetic resonance imaging, at 12 and 24 months. (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

一次アウトカムは、12ヵ月目と24ヵ月目の総腎容積となっています。

RESULTS

Total kidney volume increased between baseline and 1 year by 102 ml in the everolimus group, versus 157 ml in the placebo group (P=0.02) and between baseline and 2 years by 230 ml and 301 ml, respectively (P=0.06). (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

between baseline and 1 year by 102 ml in the everolimus group ベースラインから1年目までにeverolimus群では102ml(増加した)

日本語で言っても少々混み合った内容です。英語にするとbetweenとbyを使うのですね。

Parenchymal volume increased by 26 ml in the everolimus group and 62 ml in the placebo group after 1 year (P=0.003) and by 56 ml and 93 ml, respectively, after 2 years (P=0.11). (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

ここはサブ解析の内容となります。1年目での腎実質容積の抑制が効いていることがわかります。

CONCLUSIONS

Within the 2-year study period, as compared with placebo, everolimus slowed the increase in total kidney volume of patients with ADPKD but did not slow the progression of renal impairment. (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

この「締め」は結果のまとめになっています。everolimusでは総腎容積の増加を緩徐にしたという内容です。

いかがでしたか?2つ並べて読むと病態もおぼろげながらつかめてきますね。有効な治療薬の行方はどうなるのでしょうか?

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:57:00 | Trackback(0) | Comments(0)
outcomeの設定を考える: N Engl J Med 2010;363:820-9.
記述的統計以外の研究においては、一次エンドポイント(アウトカム)が設定されています。
その設定の選択は著者らの判断によるのですが、それでよかったのかどうか、研究終了後には振り返ることも必要かなと思います。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Sirolimus and Kidney Growth in Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

In autosomal dominant polycystic kidney disease (ADPKD), aberrant activation of the mammalian target of rapamycin (mTOR) pathway is associated with progressive kidney enlargement. (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

kidney enlargement 腎肥大

renalではなくkidneyを使うのですね。

METHODS

The primary outcome was total kidney volume at 18 months on blinded assessment. (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

一次アウトカムを18ヵ月目の腎体積に置いています。

Secondary outcomes were the glomerular filtration rate and urinary albumin excretion rate at 18 months. (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

副次アウトカムはGFRと尿中アルブミン排出率としています。

RESULTS

At 18 months, the median total kidney volume in the sirolimus group was 102% of that in the control group (95% confidence interval, 99 to 105; P=0.26). (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

一次アウトカムでは有意差なしでした。

CONCLUSIONS

In adults with ADPKD and early chronic kidney disease, 18 months of treatment with sirolimus did not halt polycystic kidney growth. (N Engl J Med 2010;363:820-9.)

halt 止める

いかがでしたか?sirolimusがmTOR経路シグナルを抑制する薬剤であることからはここで設定された一次アウトカムは妥当だと思います。でも臨床的なアウトカムの意義を考えると、腎肥大と腎機能低下の間にあるステップについての言及がほしいところだと感じました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 10:20:38 | Trackback(0) | Comments(0)
phase 1 試験を発表する: N Engl J Med 2010;363:809-19.
新薬の治験ではその段階によってphase 1からphase 4まで臨床試験相があります。
メジャーな学術誌ではphase 3が掲載されることが多いと思っていましたが、今回はphase 1と2をNEJMが取り上げています。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Inhibition of Mutated, Activated BRAF in Metastatic Melanoma (N Engl J Med 2010;363:809-19.)

「ハテナ起点」の明記はありませんが、このあたりに見え隠れしています。

The identification of somatic mutations in the gene encoding the serine–threonine protein kinase B-RAF (BRAF) in the majority of melanomas offers an opportunity to test oncogene-targeted therapy for this disease. (N Engl J Med 2010;363:809-19.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The identification of somatic mutations in the gene encoding the serine–threonine protein kinase B-RAF (BRAF) in the majority of melanomas offers an opportunity to test oncogene-targeted therapy for this disease. (N Engl J Med 2010;363:809-19.)

offers an opportunity 機会を提供している→~が可能となっている

凜とした立ち位置からの書き出しになっています。口演でこんな風に話し始められたらかっこいいでしょうね。

METHODS

We conducted a multicenter, phase 1, dose-escalation trial of PLX4032 (also known as RG7204), an orally available inhibitor of mutated BRAF, followed by an extension phase involving the maximum dose that could be administered without adverse effects (the recommended phase 2 dose). (N Engl J Med 2010;363:809-19.)

phase 1とphase 2試験についてそれぞれ注釈を加えながら説明しています。日本ではこのphase 1の数字がローマ数字のⅠになることが多いですが、ここでは算用数字です。
臨床試験相についての説明が『わかりやすい医学統計学』 (森實敏夫、メディカルトリビューン)にあったので引用します。

Phase Ⅰa
健常ボランティアで行われる臨床薬理学、薬物動力学、安全性の研究
Phase Ⅰb
患者で行われる基本研究で、薬理学、薬物動力学、薬物胴体学的効果、生物学的マーカーによる証明
Phase Ⅱa
少数(10-15人程度)の患者で行われるパイロット有効性研究
用量・反応、対象患者の選択、投与回数、さまざまな安全性、有効性に重点が置かれるのが一般的
Phase Ⅱb
(通常、数百人の)患者で行われる有効性研究
効果、(安全性)を証明する対象のある管理された比較試験


RESULTS

A total of 55 patients (49 of whom had melanoma) were enrolled in the dose-escalation phase, and 32 additional patients with metastatic melanoma who had BRAF with the V600E mutation were enrolled in the extension phase. (N Engl J Med 2010;363:809-19.)

前のMETHODSで言及した語を使っています。

CONCLUSIONS

Treatment of metastatic melanoma with PLX4032 in patients with tumors that carry the V600E BRAF mutation resulted in complete or partial tumor regression in the majority of patients. (N Engl J Med 2010;363:809-19.)

in the majority of patients 大部分の患者で

いかがでしたか?このあとの進捗が期待されますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:45:23 | Trackback(0) | Comments(0)
NEJM Podcasting:Aug. 19, 2010.
The New England Journal of Medicine 8月19日号のオーディオサマリーを聞きましょう。
全体を聞くと20分少々かかりますが、冒頭のヘッドライン部分なら1分程度。
ヘッドライン部分はスクリプトも掲載されています。
ここだけでも集中して聞き取ってみましょう。

オーディオサマリーはpodcast配信もされていますし、NEJMのサイトからMP3でダウンロードすることもできます。

では、いつものようにヘッドライン部分を聞き取ってみます。
掲載スクリプトと異なる部分は赤字で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine Audio Summary for the week This summary covers the issue of August 19, 2010. I'm Dr Michael Bierrer. This week's issue features Featured are articles on improved survival with ipilimumab in patients with metastatic melanoma, racial variation in medical outcomes among living kidney donors, early palliative care for patients with metastatic cancer, a randomized trial of tai chi for fibromyalgia, and HPV vaccination mandates; a review article on the emergency treatment of asthma; a case report of a woman with abdominal pain and shock; and Perspective articles on new technology and health care costs – the case of robot-assisted surgery and health care costs, on new priorities for future biomedical innovations, and on facing the Wild West of health care reform – Donald Berwick, pioneer. and health care reform.

エムダッシュ"–"は聞き取れませんが、8月10日号のTable of Contentsを参考にしました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:55:06 | Trackback(0) | Comments(0)
太極拳を科学する: N Engl J Med 2010;363:743-54.
代替療法の功罪が世間を賑わせている昨今ですが、今回、太極拳Tai Chiを扱った論文がNEJMに掲載されています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Randomized Trial of Tai Chi for Fibromyalgia (N Engl J Med 2010;363:743-54.)

今回は「ハテナ起点」はこのあたりに見え隠れしています。

Previous research has suggested that tai chi offers a therapeutic benefit in patients with fibromyalgia. (N Engl J Med 2010;363:743-54.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Previous research has suggested that tai chi offers a therapeutic benefit in patients with fibromyalgia. (N Engl J Med 2010;363:743-54.)

tai chi 太極拳、中国語では太极
offers a therapeutic benefit 治療効果をもたらす

thatのなかが現在形です。著者らの自信を感じ取れます。

METHODS

We conducted a single-blind, randomized trial of classic Yang-style tai chi as compared with a control intervention consisting of wellness education and stretching for the treatment of fibromyalgia (defined by American College of Rheumatology 1990 criteria). (N Engl J Med 2010;363:743-54.)

classic Yang-style tai chi 楊式太極拳

どんな太極拳かというと、youtubeにありましたので、ご参照ください。



The primary end point was a change in the Fibromyalgia Impact Questionnaire (FIQ) score (ranging from 0 to 100, with higher scores indicating more severe symptoms) at the end of 12 weeks. (N Engl J Med 2010;363:743-54.)

一次エンドポイントはFIQスコアの変化です。

RESULTS

Mean (±SD) baseline and 12-week FIQ scores for the tai chi group were 62.9±15.5 and 35.1±18.8, respectively, versus 68.0±11 and 58.6±17.6, respectively, for the control group (change from baseline in the tai chi group vs. change from baseline in the control group, -18.4 points; P<0.001). (N Engl J Med 2010;363:743-54.)

下線部に一次エンドポイントの結果が書かれています。

CONCLUSIONS

Tai chi may be a useful treatment for fibromyalgia and merits long-term study in larger study populations. (N Engl J Med 2010;363:743-54.)

merits ~に値する

「締めフレーズ」は「将来発展型」です。大規模長期検討に値する、というわけです。ここも現在形となっています。著者らの「強気」を感じますね。


いかがでしたか?
以前、NHKで太極拳講座をやっていたので挑戦したことがあります。ゆったりした動きですが、なかなかどうして、結構な運動量でした。あれを一通りやるだけでも患者さんには大変かな、という気もします。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:45:55 | Trackback(0) | Comments(0)
エンドポイントを考える: N Engl J Med 2010;363:733-42.
「緩和ケア」で生存期間が延長した、と話題になっている論文ですが、エンドポイントはどうなっていたのでしょうか?
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。今回は全文無料閲覧できます。

Early Palliative Care for Patients with Metastatic Non–Small-Cell Lung Cancer (N Engl J Med 2010;363:733-42.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Patients with metastatic non–small-cell lung cancer have a substantial symptom burden and may receive aggressive care at the end of life. (N Engl J Med 2010;363:733-42.)

下線部をよーく見てみましょう。nonとsmallの間の横棒は「エヌダッシュ(半角ダッシュ)」、そしてsmallとcellの間は「ハイフン」です。エヌダッシュの使い方について、クライダー先生の『速引!医学語ブック』ではこのように説明しています。

半角ダッシュは、引用文献のページ範囲を示すとき(例pages 22–31)や、合成語の修飾句の中でハイフンの代わりに(例:drug–induced symptoms 〈薬が引き起こした症状〉)で使われる。

small-cellを修飾する、ということでnonの次はエヌダッシュになっているのでしょうか。私は今まで全部ハイフンでつないでいました。

We examined the effect of introducing palliative care early after diagnosis on patient-reported outcomes and end-of-life care among ambulatory patients with newly diagnosed disease. (N Engl J Med 2010;363:733-42.)

ambulatory patients 外来通院患者

歩いて通える、というところから「外来通院」という意味になります。

METHODS

The primary outcome was the change in the quality of life at 12 weeks. (N Engl J Med 2010;363:733-42.)

一次アウトカムは「12週時点でのQOLの変化」です。

RESULTS

Patients assigned to early palliative care had a better quality of life than did patients assigned to standard care (mean score on the FACT-L scale [in which scores range from 0 to 136, with higher scores indicating better quality of life], 98.0 vs. 91.5; P=0.03). (N Engl J Med 2010;363:733-42.)

ここに一次アウトカムの結果が書かれています。早期から緩和ケアを行った患者のほうが評価時点でのQOLが高かったとあります。

Despite the fact that fewer patients in the early palliative care group than in the standard care group received aggressive end-of-life care (33% vs. 54%, P=0.05), median survival was longer among patients receiving early palliative care (11.6 months vs. 8.9 months, P=0.02). (N Engl J Med 2010;363:733-42.)

「早期緩和ケアを行った患者のほうが生存期間の中央値が長かった」という内容です。受け止めようによっては衝撃的とも言える内容ですが、あくまでこれは副次アウトカムです。一次アウトカムと副次アウトカムについて山崎先生は『ドキドキワクワク論文☆吟味。医学統計ライブスタイル』で次のように説明しています。(アウトカムとエンドポイントは同じ意味と考えています。)

一次エンドポイント(主要評価項目)
・実施する大規模臨床試験の目的そのもの
・検証し、確認されたことは事実として認識される
・広く一般的事実と認識されるには同様の追試験での確認が必要

二次エンドポイント(副次評価項目)
・ついでに行う検証項目(探索項目)
・検証されたことは事実としての認識に至らない(示唆された程度)
・別の試験にて一次エンドポイントとして検証、確認が必要


同書では例えとして山崎先生は野球のスコアを出しています。1-0でA高校がB高校に勝った試合で、ヒット数はA高校が6、B高校が8だったとします。ここで一次エンドポイントにあたるのは「勝ち負け」、副次エンドポイントが「ヒット数」になります。ヒット数が多いB高校のほうが本当は強いのかもしれないけれど...というのは「示唆された程度」になります。

サッカーファンとしてはこう翻案しました。
つまり、勝敗が一次エンドポイント、内容が副次エンドポイント。
例:3-0で負けちゃったけど、試合内容、例えばシュート数やボールポゼッションでは圧倒していたんだから本当は相手より強かった「かも」しれないんだよね、という、ありがちな素人評において、結局は「負けは負け」というのが一次エンドポイントである。

こう考えてくると、緩和ケアの延命効果についても「そうかもね」程度でとらえておくのが統計学的にはいいのかな、と思います。

CONCLUSIONS

As compared with patients receiving standard care, patients receiving early palliative care had less aggressive care at the end of life but longer survival. (N Engl J Med 2010;363:733-42.)

そうはいっても著者らもこの延命効果は論文の「売り」になると思っているのでしょうか、結論においても言及しています。

いかがでしたか?公表以来、あちこちで取り上げられてる内容ですが、是非、抄録だけでも自分で一度目を通してみてくださいね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:18:07 | Trackback(0) | Comments(2)
締めのひと言にも注目する: N Engl J Med 2010;363:724-32.
抄録を読んでいく過程で、これまでリサーチ・クエスチョンともいうべき「ハテナ起点」を記述する表現を取り上げてきました。これらはだいたいパターンがあって、"remain unknown"とか"is not clear"とか(まだ他にもありますが)があります。
同様に、締めの表現についてもいくつか型が見えてきました。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Racial Variation in Medical Outcomes among Living Kidney Donors (N Engl J Med 2010;363:724-32.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

Data regarding health outcomes among living kidney donors are lacking, especially among nonwhite persons. (N Engl J Med 2010;363:724-32.)

ここは"be lacking"のパターンです。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Data regarding health outcomes among living kidney donors are lacking, especially among nonwhite persons. (N Engl J Med 2010;363:724-32.)

regarding ~に関する

METHODS

We linked identifiers from the Organ Procurement and Transplantation Network (OPTN) with administrative data of a private U.S. health insurer and performed a retrospective study of 4650 persons who had been living kidney donors from October 1987 through July 2007 and who had post-donation nephrectomy benefits with this insurer at some point from 2000 through 2007. (N Engl J Med 2010;363:724-32.)

研究デザインを説明しています。

RESULTS

Among the donors, 76.3% were white, 13.1% black, 8.2% Hispanic, and 2.4% another race or ethnic group. (N Engl J Med 2010;363:724-32.)

ここは"other race"ではなく"another race"であることに注意。ただし、本文中のTable 1では"Other"になっていました。がっさりひとまとめで考えました、ということでanotherが使われてるのでしょうか?

CONCLUSIONS

Increased attention to health outcomes among demographically diverse kidney donors is needed. (N Engl J Med 2010;363:724-32.)

「締めフレーズ」としては"... is needed"です。結果から導かれる「これからどうすべきか」という著者らの判断を打ち出しています。

いかがでしたか?「締めフレーズ」もこれからは注意して集めてみたいと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:08:21 | Trackback(0) | Comments(5)
目標を打ち出す: N Engl J Med 2010;363:711-23.
医療に限らず日常生活においても「目標はなんなのか」を明確に打ち出しておくことは大切です。
ともすれば、目標の代替物、たとえば検査数値とか日々の些末な事件とかに目を奪われてしまいがちだからです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Improved Survival with Ipilimumab in Patients with Metastatic Melanoma (N Engl J Med 2010;363:711-23.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

An improvement in overall survival among patients with metastatic melanoma has been an elusive goal. (N Engl J Med 2010;363:711-23.)

elusive 当てにならない

生存率の向上は「見果てぬ夢」というイメージでしょうか。

METHODS

The primary end point was overall survival. (N Engl J Med 2010;363:711-23.)

その"an elusive goal"を受けています。「だけど挑戦するぞ」というわけです。

RESULTS

The median overall survival was 10.0 months among patients receiving ipilimumab plus gp100, as compared with 6.4 months among patients receiving gp100 alone (hazard ratio for death, 0.68; P<0.001). (N Engl J Med 2010;363:711-23.)

amongを使うことをチェックしておきます。

CONCLUSIONS

Adverse events can be severe, long-lasting, or both, but most are reversible with appropriate treatment. (N Engl J Med 2010;363:711-23.)

canは「潜在」(『ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話』、大西泰斗/ポール・マクベイ著)でしたね。「重篤な副作用の可能性もある」といったところでしょうか。

いかがでしたか?結局はipilimumabは有効、というフェーズⅢの結果でしたね。ただし、シビアな副作用もあり得る、4ヵ月弱の生存期間延長の臨床的意義の検討は必要ですが。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:17:03 | Trackback(0) | Comments(0)
これを読んでおけば聞き取れた: N Engl J Med 2010;363:677-678.
videoやaudio summaryの聞き取りをやっていて最近思うことがあります。
それは、「聞き取る耳」以上に「予測変換力」が重要ではないか、ということです。
どういうことかというと、文章を聞く際、次は文脈からしてこうなるはずだ、という先読みする力がポイントなのではないかということです。
弱強勢の"s"や接続詞"that"が落ちてしまうのは、そのあたりの見通す力がまだまだ足りないのではないか、と。
その力を育てるには、「たくさん読む」ことしかない、と思っています。

昨日のaudio summaryについて、掲載スクリプトのあとに掲載されていない部分がありました。NEJM.orgのリニューアルの話です。昨日の記事は耳だけで聞き取ったものですが、下記のEditorialを読んでみたらと「これだ」という文がありました。久々の全文無料閲覧なので、読んでみてくださいね。

The New NEJM.org (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

では早速、読んでみましょう。
気になるところを抜粋で示します。

Each week, half a million readers access the Journal electronically, and our content is now seen online by about four times as many people as those who see the print edition. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

冒頭の文です。「4倍」でbyを使うことをチェック。

Hence, the design and function of NEJM.org have become central to the Journal's future. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

日本語で言えば「コアな部分」というイメージでしょうか。

An introductory video and Web tour on the new site explain the changes. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

例の紹介ビデオのことを指しています。まだの方は是非、視聴してみてくださいね。

NEJM.org now includes improved navigation and organization to make it faster and easier for readers to find the essential information that they want. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

ここを読んで「あれっ?」と思った方、audio summaryを聞き込んでます。昨日の赤字部分の正解はこれでした。
ちなみに、私が聞き落とした部分を下に赤字で出します。
NEJM.org now includes improved navigation and organization to make it faster and easier for readers to find the essential information that they want. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

In the section called My NEJM, users will find new options for tracking CME credits, saving articles, managing a personal account, and setting preferences, such as those for e-mail alerts. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

このMy NEJMはPubMedのMy NCBIに似てますね。自分仕様のデータベースとして使えるというわけです。

Our electronic archive now includes every issue back to the first one, published in 1812. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

これもaudio summaryにありました。Takaさん正解!archiveは単数でincludesにsがありました。
私の聞き落としはこちらでした。
Our electronic archive now includes every issue back to the first one, published in 1812. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

For all the articles in the archive, the PDF files show the original versions as they appeared in print, complete with ads, notices, and various curiosities from earlier eras. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

昔の広告まで閲覧できるというのはおもしろそうですね。医学史とまではいかなくても、医療を取り巻く環境の変遷を見ることができそうです。

We hope that users will find the new NEJM.org useful, attractive, and efficient. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

これもaudio summaryにありました。
聞き落としはこちらです。
We hope that users will find the new NEJM.org useful, attractive, and efficient. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

Continued improvements are planned, and comments and suggestions from users are always welcome at nejmredesign@nejm.org. (N Engl J Med 2010;363:677-678.)

下線部がaudio summaryにありましたね。

いかがでしたか?これを読んでおけばもうちょっとちゃんと聞き取れた(聞き取って訂正できた)かな、と思います。たくさん読んで予測変換力アップをはかります。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Further Reading | 06:24:58 | Trackback(0) | Comments(0)
"Hodgkin's lymphoma"の発音は?―NEJM Podcasting Aug.12, 2010
今週号のThe New England Journal of Medicineのオーディオサマリーを聞いてみましょう。
全部聞くと20分余りかかりますが、冒頭のヘッドラインなら1分少々です。
おまけに、この冒頭部分に限ってNEJMのサイトにスクリプトも掲載されていますから、聞き取りやすいでしょう。
サイトの真ん中あたりにバナーがあります。

スクリーンショット(2010-08-18 6.13.08)

ではいつものように聞き取ってみます。
掲載されているスクリプトと異なる部分は赤字で示します。
(8月19日追記:訂正入れました。)

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of August 12, 2010. I'm Dr Lisa Johonson. This week's issue features Featured are articles on early versus late initiation of dialysis, sildenafil for advanced idiopathic pulmonary fibrosis, bone marrow transplantation for recessive dystrophic epidermolysis bullosa, treatment intensity in Hodgkin’s lymphoma, accountability measures to promote quality, and vascular dissection and sepsis; a review article on early-stage Hodgkin’s lymphoma; a case report of a woman with a history of Hodgkin’s lymphoma and sudden onset of dyspnea and shock; and Perspective articles on health care reform and cost control, on disclosing industry relationships and improved federal research policy, and on quality measures and the individual physician. The new NEJM.org is here. NEJM.org now includes improved navigation and organization to make it faster and easier for readers to find the essential information that they want. Our electronic archives now includes every issues back to the first one published in 1820. We hope that users will find the new NEJM.org useful, attractive and efficient. Comments and suggestions from users are always welcome at nejmresign@nejm.org.

「ここ、こうじゃないの?」という部分がありましたら是非、お知らせくださいね。
Takaさん、ヨシダヒロコさん、ありがとうございました。

さて、ホジキンリンパ腫、聞き取れましたか?カタカナとは異なる発音でしたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:27:21 | Trackback(0) | Comments(4)
著者の裁量: N Engl J Med 2010;363:640-52.
The New England Journal of Medicineの抄録についてはBACKGROUND-METHODS-RESULTS-CONCLUSIONSとフォーマットが決まっています。ただ、どのパートにどんな内容を記述するかは、著者の裁量に任されているようです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Reduced Treatment Intensity in Patients with Early-Stage Hodgkin's Lymphoma (N Engl J Med 2010;363:640-52.)

今回は「ハテナ起点」がばっちりと書かれています。

Whether it is possible to reduce the intensity of treatment in early (stage I or II) Hodgkin's lymphoma with a favorable prognosis remains unclear. (N Engl J Med 2010;363:640-52.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Whether it is possible to reduce the intensity of treatment in early (stage I or II) Hodgkin's lymphoma with a favorable prognosis remains unclear. (N Engl J Med 2010;363:640-52.)

冒頭から"whether"ではじめるとは、なかなか文達者な書きぶりです。一気に引き込みますね。

We therefore conducted a multicenter, randomized trial comparing four treatment groups consisting of a combination chemotherapy regimen of two different intensities followed by involved-field radiation therapy at two different dose levels. (N Engl J Med 2010;363:640-52.)

検討内容を説明しています。このあたりはMETHODSに書いている著者もいます。

METHODS

The primary end point was freedom from treatment failure; secondary end points included efficacy and toxicity of treatment. (N Engl J Med 2010;363:640-52.)

こういうときに"freedom"を使うのは私には意外でした。イメージというか使う心理は感じられますね。なるほど。

RESULTS

The two chemotherapy regimens did not differ significantly with respect to freedom from treatment failure (P=0.39) or overall survival (P=0.61). (N Engl J Med 2010;363:640-52.)

この"regimen"、ネイティブでも"regime"と混同するようで、クライダー先生の『速引!医学語ブック』にはこんな解説と例文がありました。

regime(支配体制)は通常、政府の体制を示す。regimen(治療計画)は、治療目的に用いられる食事療法、運動、あるいは薬の服用の計画(プロトコル)を表す。
"For purposes of their health, patients follow drug regimens not regimes."


CONCLUSIONS

Long-term effects of these treatments have not yet been fully assessed. (N Engl J Med 2010;363:640-52.)

「更なる検討が必要である」という意味を含めて「まだ十分評価されていない」と結んでいます。

いかがでしたか?4群の比較という、ちょっと欲張った検討内容でした。パワーなど十分だったのかな、と気になりますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:40:34 | Trackback(0) | Comments(0)
分解してイメージする: N Engl J Med 2010;363:629-39
The New England Journal of Medicineを読んでいると自分が知っている疾患はほんのわずかで、まだまだ知らない方が多いのだなあ、と気づかされます。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Bone Marrow Transplantation for Recessive Dystrophic Epidermolysis Bullosa (N Engl J Med 2010;363:629-39.)

今回は「ハテナ起点」ではなく、仮説としてリサーチ・クエスチョンが提示されています。

On the basis of preclinical data showing biochemical correction and prolonged survival in col7 -/- mice, we hypothesized that allogeneic marrow contains stem cells capable of ameliorating the manifestations of recessive dystrophic epidermolysis bullosa in humans. (N Engl J Med 2010;363:629-39.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Recessive dystrophic epidermolysis bullosa is an incurable, often fatal mucocutaneous blistering disease caused by mutations in COL7A1, the gene encoding type VII collagen (C7). (N Engl J Med 2010;363:629-39.)

Recessive dystrophic epidermolysis bullosa 劣性栄養障害型表皮水泡症
blistering 水ぶくれを生じさせる


疾患の病態については"is"以下に説明があります。
"recessive dystrophic epidermolysis bullosa"は私には馴染みのない疾患だったので、単語を分解してイメージをつかむことにしました。
参考図書は『速引!医学語ブック』です。

dystrophic=dys + trophic
dys:困難、不良
trophic→trophy:成長や発達に関係するもの
epidermolysis=epi + dermo + lysis
epi:~の上(above)
dermo:皮膚を意味する
lysis:何かの破壊や乖離を示す

bullosaは水泡症です。なんとなくイメージが見えてきました。

On the basis of preclinical data showing biochemical correction and prolonged survival in col7 -/- mice, we hypothesized that allogeneic marrow contains stem cells capable of ameliorating the manifestations of recessive dystrophic epidermolysis bullosa in humans. (N Engl J Med 2010;363:629-39.)

ameliorating よくなる、改善する

METHODS

We measured chimerism by means of competitive polymerase-chain-reaction assay, and documented blister formation and wound healing with the use of digital photography. (N Engl J Med 2010;363:629-39.)

documented 証明した

RESULTS

We observed increased C7 deposition at the dermal–epidermal junction in five of the six recipients, albeit without normalization of anchoring fibrils. (N Engl J Med 2010;363:629-39.)

albeit ~とはいえ、~ではあるが

CONCLUSIONS

Further studies are needed to assess the long-term risks and benefits of such therapy in patients with this disorder. (N Engl J Med 2010;363:629-39.)

「更なる検討が必要である」をストレートに表現するとこうなります。

いかがでしたか?
実際にこうした患者さんに接する機会はないかもしれませんが、知識として持っておきたいと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:48:46 | Trackback(0) | Comments(0)
有意差がでなくても: N Engl J Med 2010;363:620-8.
The New England Journal of Medicineに掲載されている論文でもすべてが一次エンドポイントについて「有意差あり」という結果が出ているわけではありません。
有意差が出なかった場合、そこから何を引き出すか、というのも重要です。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Controlled Trial of Sildenafil in Advanced Idiopathic Pulmonary Fibrosis (N Engl J Med 2010;363:620-8.)

今回の「ハテナ起点」はこのmayに含有されています。

Sildenafil, a phosphodiesterase-5 inhibitor, may preferentially improve blood flow to well-ventilated regions of the lung in patients with advanced idiopathic pulmonary fibrosis, which could result in improvements in gas exchange. (N Engl J Med 2010;363:620-8.)

大西泰斗先生によれば「mayは可能性が五分五分」ということです。そのあたりのニュアンスがここに含まれています。(『ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話』、大西泰斗/ポール・マクベイ著)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Sildenafil, a phosphodiesterase-5 inhibitor, may preferentially improve blood flow to well-ventilated regions of the lung in patients with advanced idiopathic pulmonary fibrosis, which could result in improvements in gas exchange. (N Engl J Med 2010;363:620-8.)

preferentially 選択的に

We tested the hypothesis that treatment with sildenafil would improve walk distance, dyspnea, and quality of life in patients with advanced idiopathic pulmonary fibrosis, defined as a carbon monoxide diffusion capacity of less than 35% of the predicted value. (N Engl J Med 2010;363:620-8.)

advanced idiopathic pulmonary fibrosisについて下線部以下で説明しています。

METHODS

The primary outcome was the proportion of patients with an increase in the 6-minute walk distance of 20% or more. (N Engl J Med 2010;363:620-8.)

「6分間歩行の距離が20%以上伸びる」ということです。自分で書くときのために語順をチェックしておきます。特に、"of"以下の部分が最後にくっつくことに注意。

RESULTS

The difference in the primary outcome was not significant, with 9 of 89 patients (10%) in the sildenafil group and 6 of 91 (7%) in the placebo group having an improvement of 20% or more in the 6-minute walk distance (P=0.39). (N Engl J Med 2010;363:620-8.)

「有意差はなかった」という文例です。シンプルな構文ですが、意外に使用例は少ないように思います。

CONCLUSIONS

The presence of some positive secondary outcomes creates clinical equipoise for further research. (N Engl J Med 2010;363:620-8.)

equipoise つりあい

「更なる研究が必要である」という意味になります。少しばかり格調ある言い回しですね。いつか使えるようにチェックしておきます。


いかがでしたか?一次エンドポイントがダメでも副次エンドポイントで何らかの光明が認められれば次に続けていくことができますね。実際の研究は、あたかも「重ね塗り」のような進展をしていくのでしょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:01:37 | Trackback(0) | Comments(0)
NEJMリニューアルビデオのスクリプト入手しました!
7月29日付け記事でNEJM新サイトの紹介ビデオの聞き取りに挑戦したことを書きました。

祝!NEJMサイトリニューアル。で聞き取りにチャレンジしました。

その際、Takaさんからいただいたコメントに
「NEJMに、「スクリプトこれでいいでしょうか?」って尋ねてみましょうか? 」
とお返事いたしました。
その後、NEJMにメールして問い合わせてみましたところ、担当の方がビデオのスクリプトを送ってくださいました。
しかも、ブログに掲載していいですよ、との許可(快諾でしたよ)もいただきました。
さらになんと、Youtubeでも公開されているという情報もいただいたので、動画を貼ってみますね。



では、NEJMからいただいた正規のスクリプトです。

It’s 6:00am, and most of us are already at work. We’re real working doctors trying to deliver the best patient care we can. And as doctors, we’re faced with a dilemma: We need to understand the latest information in order to find the right answer, and to deliver the best care; last week’s information may not be right.

As a clinician, what I value most about the New England Journal of Medicine is that you can trust the medical information that you find there. The research articles are carefully peer reviewed, they’re important, and they’re high quality.

All through your medical school training and your residency training, you know that the New England Journal of Medicine is that “gold standard.” But having it in the format of NEJM.org makes it so accessible that you’re bringing it into your clinical environment and really using it for hour-to-hour decision making.

The new NEJM.org has improved its search functions and improved its navigation. Stuff is easy to find and useful to you.

NEJM.org has a whole new suite of features that enable clinicians, like you or me, to interact with the material. You can personalize to your own needs and interests; you can interact by commenting on the material; you can even play with the material by making decisions in our interactive cases, for example.

The reader can interact with other readers, and a conversation can be started. We bring you together and allow you to take that conversation to a point where you can provide better care for your patients.

And now, you have this website where you’ll have, worldwide, all of these medical professionals giving their opinions and perspective. And it’s a much more global perspective, and you have more points to think about, and it’s not your limited medical community context.

There’s now opportunities to view videos and images: very useful to doctors to understand disease processes, new devices, new treatments.

As a teacher of medicine, I know that the lessons are best taught if they can be framed in understanding from the past, the present, and potentially the future. NEJM.org offers the Archive, so you can understand the past of any clinical problem.

NEJM.org is always pushing the boundaries of where medicine is going by publishing breakthroughs in science that are going to affect the way we take care of patients in the months, years, and decades to come.

NEJM.org helps you keep up with the best information, practice better medicine and improve your patient care.


いかがでしたか?
前回自分が書き取ったものと比べると、相当落ちているところや聞き間違いがあります。ゴメンナサイ。
やっぱり、弱く発音されるところは聞き取りづらいです。
精進精進!

担当の方からも「是非、みなさん、NEJMのビデオを観てくださいね」というメッセージをいただきました。
一見一聴の価値あり、ですよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Further listening | 07:14:50 | Trackback(0) | Comments(0)
現場の悩みを解決する: N Engl J Med 2010;363:609-19.
昨今は次々と「診療ガイドライン」が公表され、診察室での悩みはいくらか軽減されてきました。
それでもまだ、医師の裁量に任される部分も少なからずあり、最良の結果を得るための選択にうなることもしばしばです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Randomized, Controlled Trial of Early versus Late Initiation of Dialysis (N Engl J Med 2010;363:609-19.)

今回はこのあたりに「ハテナ起点」の気配があります。

In this study, conducted at 32 centers in Australia and New Zealand, we examined whether the timing of the initiation of maintenance dialysis influenced survival among patients with chronic kidney disease. (N Engl J Med 2010;363:609-19.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

In clinical practice, there is considerable variation in the timing of the initiation of maintenance dialysis for patients with stage V chronic kidney disease, with a worldwide trend toward early initiation. (N Engl J Med 2010;363:609-19.)

In clinical practice, 実地臨床の場において

書き出しにこのフレーズが来ると臨床医としてはぐっと親近感を覚えます。

METHODS

The primary outcome was death from any cause. (N Engl J Med 2010;363:609-19.)

一次エンドポイントを提示しています。

RESULTS

Between July 2000 and November 2008, a total of 828 adults (mean age, 60.4 years; 542 men and 286 women; 355 with diabetes) underwent randomization, with a median time to the initiation of dialysis of 1.80 months (95% confidence interval [CI], 1.60 to 2.23) in the early-start group and 7.40 months (95% CI, 6.23 to 8.27) in the late-start group. (N Engl J Med 2010;363:609-19.)

透析開始までの時間差は約半年でした。

Between July 2000 and November 2008, a total of 828 adults (mean age, 60.4 years; 542 men and 286 women; 355 with diabetes) underwent randomization, with a median time to the initiation of dialysis of 1.80 months (95% confidence interval [CI], 1.60 to 2.23) in the early-start group and 7.40 months (95% CI, 6.23 to 8.27) in the late-start group. (N Engl J Med 2010;363:609-19.)

underwent randomization ランダム化を受けた

これまで何度も出てきた表現です。ランダム割り付け、が結果に含まれていることが多いですね。

During a median follow-up period of 3.59 years, 152 of 404 patients in the early-start group (37.6%) and 155 of 424 in the late-start group (36.6%) died (hazard ratio with early initiation, 1.04; 95% CI, 0.83 to 1.30; P=0.75). (N Engl J Med 2010;363:609-19.)

結果として得られた数値のみを提示しています。

CONCLUSIONS

In this study, planned early initiation of dialysis in patients with stage V chronic kidney disease was not associated with an improvement in survival or clinical outcomes. (N Engl J Med 2010;363:609-19.)

この"clinical outcome"が具体的に何を指しているのかは抄録中では明示されていません。「推して知るべし」なのかもしれませんが、読み手としては疑問が残ります。


いかがでしたか?有意差なし、という結果でしたが、統計内容はどんなだったのか気になりますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:58:34 | Trackback(0) | Comments(0)
画像所見を学ぶ: N Engl J Med 2010;363:552-63.
抄録 abstractはたかだか200-300語くらいの分量ですが、その中身から得られる知識はなかなかなものです。
その論文のエッセンス、はもちろんですが、専門用語の定義や画像所見の取り方まで学ぶことができます。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Myocardial Fibrosis as an Early Manifestation of Hypertrophic Cardiomyopathy (N Engl J Med 2010;363:552-63.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

Data showing early profibrotic responses to sarcomere-gene mutations in patients with hypertrophic cardiomyopathy are lacking. (N Engl J Med 2010;363:552-63.)

「データがない」ということです。

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Myocardial fibrosis is a hallmark of hypertrophic cardiomyopathy and a proposed substrate for arrhythmias and heart failure. (N Engl J Med 2010;363:552-63.)

hallmark 特徴
substrate 基質、基盤

"substrate"の使い方がおもしろいですね。arrhythmiaとつながっているので「電気回路」のイメージなので小雨か。

METHODS

We used echocardiography, cardiac magnetic resonance imaging (MRI), and serum biomarkers of collagen metabolism, hemodynamic stress, and myocardial injury to evaluate subjects with hypertrophic cardiomyopathy and a confirmed genotype. (N Engl J Med 2010;363:552-63.)

『速引!医学語ブック』の解説によれば、ここはむしろ、subjectsではなくpatientsの方が適切、となりますがどうなのでしょう?このふたつの使い分けは、NEJMの抄録で見る限り、クライダー先生の言うほど厳密ではないように思えます。

RESULTS

The study involved 38 subjects with pathogenic sarcomere mutations and overt hypertrophic cardiomyopathy, 39 subjects with mutations but no left ventricular hypertrophy, and 30 controls who did not have mutations. (N Engl J Med 2010;363:552-63.)

overt 顕在的、明らかな

Cardiac MRI studies showed late gadolinium enhancement, indicating myocardial fibrosis, in 71% of subjects with overt hypertrophic cardiomyopathy but in none of the mutation carriers without left ventricular hypertrophy. (N Engl J Med 2010;363:552-63.)

遅延相でのガドリニウム増強効果は「心筋線維化」である、ということが説明されています。ちょっとした知識としてチェック。

CONCLUSIONS

This profibrotic state preceded the development of left ventricular hypertrophy or fibrosis visible on MRI. (N Engl J Med 2010;363:552-63.)

preceded 先行する

いかがでしたか?心筋線維化を血液と画像からアプローチする、というのは興味深い試みだと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:58:11 | Trackback(0) | Comments(0)
用語をきちんと定義する: N Engl J Med 2010;363:542-51.
自分の分野ではごく普通に語られている用語であっても、それが他の場で同様に理解されているとは限りません。
同じ医学領域であっても、専門が違えば、使う言葉も違います。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Suicide-Related Events in Patients Treated with Antiepileptic Drugs (N Engl J Med 2010;363:542-51.)

今回も「ハテナ起点」はありません。

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

A previous meta-analysis of data from clinical trials showed an association between antiepileptic drugs and suicidality (suicidal ideation, behavior, or both). (N Engl J Med 2010;363:542-51.)

suicidality (suicidal ideation, behavior, or both) 自殺傾向(自殺念慮、自殺行動、あるいはその両方)

We used observational data to examine the association between the use or nonuse of antiepileptic drugs and suicide-related events (attempted suicides and completed suicides) in patients with epilepsy, depression, or bipolar disorder. (N Engl J Med 2010;363:542-51.)

observational data 観察データ
suicide-related events (attempted suicides and completed suicides) 自殺関連事象(自殺未遂、自殺既遂)

ふたつの定義を並べて提出しています。特に最初の"suicidality"はきちんと定義しておかないと後者の"sicide-related events"と混同してしまう可能性もあります。

METHODS

We estimated the incidence rate of suicide-related events and used logistic regression to compute odds ratios, controlling for confounding factors. (N Engl J Med 2010;363:542-51.)

compute (コンピューターで)算出する

RESULTS

In adjusted analyses, the use of antiepileptic drugs was not associated with an increased risk of suicide-related events among patients with epilepsy (odds ratio, 0.59; 95% CI, 0.35 to 0.98) or bipolar disorder (1.13; 95% CI, 0.35 to 3.61) but was significantly associated with an increased risk among patients with depression (1.65; 95% CI, 1.24 to 2.19) and those who did not have epilepsy, depression, or bipolar disorder (2.57; 95% CI, 1.78 to 3.71). (N Engl J Med 2010;363:542-51.)

検討項目が多岐にわたっているので長い文になりました。まずは骨組みがわかるよう、線を引いてみると読みやすくなります。

CONCLUSIONS

The current use of antiepileptic drugs was not associated with an increased risk of suicide-related events among patients with epilepsy, but it was associated with an increased risk of such events among patients with depression and among those who did not have epilepsy, depression, or bipolar disorder. (N Engl J Med 2010;363:542-51.)

こちらも長い一文です。この著者は長い文を書く傾向がありますね。


いかがでしたか?
今回は観察研究の報告でした。エンドポイントへの言及がないなど、論旨の展開がいつもの介入研究とは異なっていましたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:02:57 | Trackback(0) | Comments(0)
前置詞にひっかかってみる:N Engl J Med 2010;363:532-41.
受験生でなくとも、前置詞の使い方には頭を悩ませるものです。
文法書の例文を覚えるのもひとつの手ではありますが、実際に使われている文章からイメージとして取り込むのもお薦めです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Icatibant, a New Bradykinin-Receptor Antagonist, in Hereditary Angioedema (N Engl J Med 2010;363:532-41.)

今回も「ハテナ起点」はありません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Hereditary angioedema is characterized by recurrent attacks of angioedema of the skin, larynx, and gastrointestinal tract. (N Engl J Med 2010;363:532-41.)

遺伝性血管性浮腫の病態を説明しています。ここまで既に2つの論文を読んできました。それぞれ並べて眺めてみましょうか。

Hereditary angioedema due to C1 inhibitor deficiency is characterized by recurrent acute attacks of swelling that can be painful and sometimes life-threatening. (N Engl J Med 2010;363:513-22.)

Hereditary angioedema is a rare genetic disorder characterized by acute, intermittent, and potentially life-threatening attacks of edema of the skin and mucosa. (N Engl J Med 2010;363:523-31.)

それぞれパラフレーズ(言い換え表現)として使えます。この3つを適宜「つぎはぎ」して、自分で作ってみてもいいですね。
例えば、こんな風に作れます。

Hereditary angioedema is a rare genetic disorder characterized by recurrent acute attacks of the skin, larynx, and gastrointestinal tract

METHODS

The primary end point was the median time to clinically significant relief of symptoms. (N Engl J Med 2010;363:532-41.)

一次エンドポイントが提示されています。

RESULTS

The primary end point was reached in 2.5 hours with icatibant versus 4.6 hours with placebo in the FAST-1 trial (P=0.14) and in 2.0 hours with icatibant versus 12.0 hours with tranexamic acid in the FAST-2 trial (P<0.001). (N Engl J Med 2010;363:532-41.)

いわゆる「時間のin」と呼ばれるものです。大西泰斗先生は次のように説明しています。

inは(中略)「示された期間の最後の時点で」をあらわします。ちょうどagoの逆になります。 (『ネイティブスピーカーの前置詞―ネイティブスピーカーの英文法〈2〉』、大西泰斗・ポール・マクベイ著、研究社)

reachとの組み合わせでイメージするとつかみやすくなりますね。

CONCLUSIONS

In patients with hereditary angioedema having acute attacks, we found a significant benefit of icatibant as compared with tranexamic acid in one trial and a nonsignificant benefit of icatibant as compared with placebo in the other trial with regard to the primary end point. (N Engl J Med 2010;363:532-41.)

一次エンドポイントに言及する表現としてチェック。

いかがでしたか?
「自分でこれが書けるかな?」って思いながら読んでみると新たな気づきがありますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:50:59 | Trackback(0) | Comments(0)
疑問を見逃さない; N Engl J Med 2010;363:523-31.
鵜呑みにしないでいつも疑問を持ちながら読む、というのは科学者にとって忘れてはいけない視点です。
でも、こと「英語」に関しては自分が非ネイティブだとつい、弱気になってしまうこともあります。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Ecallantide for the Treatment of Acute Attacks in Hereditary Angioedema
(N Engl J Med 2010;363:523-31.)

今回も「ハテナ起点」はありません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Hereditary angioedema is a rare genetic disorder characterized by acute, intermittent, and potentially life-threatening attacks of edema of the skin and mucosa. (N Engl J Med 2010;363:523-31.)

遺伝性血管性浮腫についての説明です。前回の論文の説明と比べてみましょうか。

Hereditary angioedema due to C1 inhibitor deficiency is characterized by recurrent acute attacks of swelling that can be painful and sometimes life-threatening. (N Engl J Med 2010;363:513-22.)

似ている言い回しもあれば更に詳しく記述している部分もありますね。

METHODS

The primary end point was the treatment outcome score 4 hours after study-drug administration. (N Engl J Med 2010;363:523-31.)

この"outcome"と"4 hours"の間に"at"が落ちてるんじゃないか、という疑問が生まれます。なぜなら、次のRESULTSではこうなっているからです。

RESULTS

The median treatment outcome score at 4 hours was 50.0 in the ecallantide group and 0.0 in the placebo group (interquartile range [IQR], 0.0 to 100.0 in both groups; P=0.004). (N Engl J Med 2010;363:523-31.)

本文のMETHODSを見てみるとこうなっていました。

The primary end point was the treatment outcome score at 4 hours after study-drug administration. (N Engl J Med 2010;363:523-31.)

どうもやっぱり、atが落ちたようです。落ちていても意味はわかりますが...ある方が文としては正しいように思います。脱字の可能性が高いかな、と推測してます。

CONCLUSIONS

Four hours after administration of ecallantide or placebo for acute attacks of angioedema in patients with hereditary angioedema, patient-reported treatment outcome scores and mean symptom complex severity scores were significantly better with ecallantide than with placebo. (N Engl J Med 2010;363:523-31.)

ここでは前回の論文とは違って、"subject"ではなく"patient"を使っていますね。

いかがでしたか?"at"については本誌でもウェブでも落ちています。本来はあるべきものなのかどうかは本職じゃないのでわかりませんが、自分が書くとしたらatは落とさないだろうなあ、と思っています。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:23:04 | Trackback(0) | Comments(0)
2つの研究を並べて書く: N Engl J Med 2010;363:513-22.
多くの研究論文では、あるひとつの研究について一次エンドポイントと副次エンドポイントを設定し、それぞれの結果を述べています。今回は、研究そのものが2つある、というものです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Nanofiltered C1 Inhibitor Concentrate for Treatment of Hereditary Angioedema (N Engl J Med 2010;363:513-22.)

今回は「ハテナ起点」は書かれていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Hereditary angioedema due to C1 inhibitor deficiency is characterized by recurrent acute attacks of swelling that can be painful and sometimes life-threatening. (N Engl J Med 2010;363:513-22.)

Hereditary angioedema 遺伝性血管性浮腫

疾患の特徴を説明しています。

METHODS

We conducted two randomized trials to evaluate nanofiltered C1 inhibitor concentrate in the management of hereditary angioedema. (N Engl J Med 2010;363:513-22.)

2つのランダム化試験を行ったとしています。つるっと読み落としそうな"two"ですが、次への伏線となっています。

The first study compared nanofiltered C1 inhibitor concentrate with placebo for treatment of an acute attack of angioedema. (N Engl J Med 2010;363:513-22.)

1番目の試験で行った内容を説明しています。

The primary end point was the time to the onset of unequivocal relief. (N Engl J Med 2010;363:513-22.)

unequivocal 明らかな

こちらは1番目の試験の一次エンドポイントを示しています。

The second study was a crossover trial involving 22 subjects with hereditary angioedema that compared prophylactic twice-weekly injections of nanofiltered C1 inhibitor concentrate (1000 units) with placebo during two 12-week periods. (N Engl J Med 2010;363:513-22.)

1番目の試験については、「内容」「対象」「一次エンドポイント」をそれぞれ1文ずつ使って説明していました。2番目の試験では、「内容」「対象」を1文にまとめていますね。このあたり、言い回しストックとしてチェックしておきましょう。

The primary end point was the number of attacks of angioedema per period, with each subject acting as his or her own control. (N Engl J Med 2010;363:513-22.)

with each subject acting as his or her own control(クロスオーバー試験なので)自分自身を対照として

2番目の試験の一次エンドポイントとなります。

RESULTS

In the second study, the number of attacks per 12-week period was 6.26 with C1 inhibitor concentrate given as prophylaxis, as compared with 12.73 with placebo (P<0.001); the subjects who received the C1 inhibitor concentrate also had significant reductions in both the severity and the duration of attacks, in the need for open-label rescue therapy, and in the total number of days with swelling. (N Engl J Med 2010;363:513-22.)

in the need for open-label rescue therapy 非盲検のレスキュー治療の必要性において

CONCLUSIONS

In subjects with hereditary angioedema, nanofiltered C1 inhibitor concentrate shortened the duration of acute attacks. (N Engl J Med 2010;363:513-22.)

subjects 対象者

これと紛らわしい単語にpatientがあります。
メディカルライターのC.L.クライダーは著書『速引!医学語ブック』(シンシア・L・クライダー著、東京図書)で、このふたつの差異について次のように説明しています。

subject/patient
これには、あまり大きい区別はないような感じがするが、治験に参加する人々をいう場合には、この区別は重要になる。subject(被験者)は治療研究に参加する志願者のことである。この人々は特定の病気や状態にあるわけではない。
これに対し、patient(患者)は特定の病気や状態のために治療を受けている人々を表す。血圧の高い人が、高血圧を抑制する新しい治療法を評価するための治験にエントリーする場合は、その人々のことはsubjectとするよりも、patientとすべきである。


この説明からすると、ここではsubjectよりもむしろpatientのほうが適切であるとなりますね。

いかがでしたか?2つの試験を並べて書く、ということはなかなかないかもしれません。でも今回のような論文を読んでおくと、どこかできっと役に立つはずです。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:40:22 | Trackback(0) | Comments(0)
NEJMで気胸画像を読む: N Engl J Med 2010; 363:462
The New England Journal of Medicineのサイトでは電子媒体のメリットを生かした記事がいくつかあります。
今回取り上げる "Images in Clinical Medicine"もそのひとつです。
紙媒体の誌面にも掲載されていますが、電子版では画像の拡大が自由にできるという特徴があります。
下記のタイトルをクリックすると、今週の画像が開きます。

Pneumothorax ― An Uncommon Complication of a Common Procedure (N Engl J Med 2010; 363:462)

では、画像の解説文を読んでみましょう。

A 92-year-old woman was admitted to the hospital with a severe left-sided ischemic stroke causing altered mental status (i.e., a score of 9 on the Glasgow Coma Scale, on which scores range from 3 to 15, with higher scores indicating increased consciousness), weakness on the right side, and dysphagia. (N Engl J Med 2010; 363:462)

グラスゴー・コーマ・スケールについて解説を加えています。

An initial attempt to insert a small-caliber nasogastric tube for feeding was unsuccessful, with coiling of the tube in the mouth. (N Engl J Med 2010; 363:462)

「口の中でとぐろを巻いちゃう」というシーンです。

A subsequent attempt with a stiff stylet resulted in easy insertion, without cough or respiratory distress. (N Engl J Med 2010; 363:462)

A subsequent attempt 次の試みとして

硬いスタイレットを入れて挿入した、とあります。ガイドワイヤかなにかを入れてえいやっと挿入したのでしょうか。なんとなく、いやな予感が...

While awaiting radiography to confirm positioning of the tube, the patient had shortness of breath and was found to have decreased air movement in the right lung. (N Engl J Med 2010; 363:462)

While awaiting radiography to confirm positioning of the tube レントゲンでチューブの位置を確認するのを待つ間

Chest radiography revealed the tip of the nasogastric tube lying in the pleural space in the presence of a large pneumothorax on the right side (arrow). (N Engl J Med 2010; 363:462)

revealed 明らかにした

状況にぴったりの動詞ですね。ロングマン現代英英辞典4訂増補版では次のように書かれています。

reveal to make known something that was previously secret or unknown


The nasogastric tube was removed immediately, but the patient died before further intervention. (N Engl J Med 2010; 363:462)

before further intervention さらに処置をする前に

Though nasogastric tubes are generally considered safe, there is a risk of substantial pulmonary complications from blind insertion of small-caliber nasogastric tubes with a stiff stylet, particularly in patients with a reduced Glasgow Coma Scale score. (N Engl J Med 2010; 363:462)

GCSの低い患者ではNGチューブの挿入は要注意だ、という結語になっています。
GCSというよりは、嚥下反射が落ちている場合には要注意、という教訓を私は得ましたが、どうでしょう?

いかがでしたか?
定番の論文を読むだけでなく、こうした画像記事を見てみるのもおもしろいですよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE | 06:33:21 | Trackback(0) | Comments(0)
週イチ統計を読む: N Engl J Med 2010;363:423-33.
The New England Journal of Medicine July 29号掲載の論文で統計の勉強をしましょう。
今回取り上げる論文はこちら。

CPR with Chest Compression Alone or with Rescue Breathing (N Engl J Med 2010;363:423-33.)

残念ながら、全文無料閲覧の論文ではありません。
「図書館で見るしかないか」という前に、もし、iPhone/iPod Touch、iPadをお持ちなら、App Storeをチェック。
NEJM This Weekという無料アプリをダウンロードすれば、今週号掲載論文の全文をタダで読むことができます。
便利ですよね。"NEJM太っ腹”と言いたくなります。

では、そろそろ、論文を読んでみましょうか。
統計の視点から読むときのチェックポイントは、DPePSでしたね。

D:Design (デザイン)
Pe:Primary endpoint (一次エンドポイント)
P:Power (パワー計算)
S:Statistics (統計手法)


これを略して
 DPePS (ディーペップス)ですね。

論文でまず読むのはアブストラクト(抄録)部分ですから、ここからDPePSに該当する部分はできるだけ集めておきましょう。

【抄録から】

Design デザイン

We conducted a multicenter, randomized trial of dispatcher instructions to bystanders for performing CPR. (N Engl J Med 2010;363:423-33.)

多施設ランダム化試験を実施したとあります。

Primary Endpoint 一次エンドポイント

The primary outcome was survival to hospital discharge. (N Engl J Med 2010;363:423-33.)

生存退院できるかどうかを一次アウトカムにしています。

このあと2つについては、本文を見ていきます。

Power 統計的パワー

The trial was designed to detect an absolute difference of 3.5 percentage points in the survival rates between the two study groups, with the use of a two-sided alpha level of 0.05 and a power of 80%. (N Engl J Med 2010;363:423-33.)

生存率の絶対差(臨床的有意と考える差)が3.5%となるよう、αエラーを5%、βエラーを20%に設定しています。

Statistics 統計手法

To compare the distribution of characteristics and outcomes for the two types of CPR instruction, we used the chi-square statistic for categorical variables and the independent-samples t-test or the nonparametric Mann–Whitney U test for continuous variables. (N Engl J Med 2010;363:423-33.)

「カテゴリー変数にはカイ二乗検定」で「連続変数にはt検定かノンパラメトリックMann–Whitney U検定」を実施したとあります。

ここまで見たら、結果を読みます。

Results 結果

アブストラクトを見てみます。

We observed no significant difference between the two groups in the proportion of patients who survived to hospital discharge (12.5% with chest compression alone and 11.0% with chest compression plus rescue breathing, P=0.31) (N Engl J Med 2010;363:423-33.)

パワー計算で使った「3.5%の差」は出ませんでした。2群の有意差なし、という結果となりましたね。

いかがでしたか?
結果を評価するには、統計視点のほかに、対象の吟味も必要となってきますね。
そのあたりも書きたいところですが、本日はここまで。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Statistics | 07:05:29 | Trackback(0) | Comments(0)
"dengue"の発音は?―NEJM Podcasting: July 29, 2010.
今週のThe New England Journal of Medicineのオーディオサマリーを聞いてみましょう。
全部聞くと20分余りかかりますが、冒頭のヘッドラインなら1分少々です。
おまけに、この冒頭部分に限ってNEJMのサイトにスクリプトも掲載されていますから、聞き取りやすいでしょう。
サイトの真ん中あたりにバナーがあります。
(下記バナーにリンクを張ってみました。クリックで飛べるはず。)

audio summary


では、いつものように冒頭部分を聞き取ってみます。
掲載されたスクリプトと異なる部分は赤字で記します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of July 29, 2010. I'm Dr Michael Bierrer. This week's issue features Featured are articles on sipuleucel-T immunotherapy for castration-resistant prostate cancer, a randomized trial of CPR with chest compression alone or with rescue breathing, compression-only CPR or standard CPR in out-of-hospital cardiac arrest, a school-based intervention for diabetes risk reduction, and understanding severe dengue; a review article on acupuncture for chronic low back pain; a case report of a man with perinephric fluid collections and renal failure; and Perspective articles on buying health care, the individual mandate, and the U.S. Constitution; on the SGR for physician payment; and on geographic variation in Medicare drug spending.

"dengue"が「デング」じゃないところ、聞き取れましたか?
1分弱なので、一緒に読んでみたり、シャドウイングしてみたりするのも英語力アップに役立つかもしれません。


NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:15:21 | Trackback(0) | Comments(0)
網羅しなくても大丈夫: N Engl J Med 2010;363:443-53.
ものごとの内訳をあげるときには、つい、全部を並べたくなるものです。
語り手はそれですっきりしますが、聞き手はかえって混乱することも少なからずあります。
アブストラクトという限られた語数で内訳を記載するときには、どの程度絞り込めばいいでしょうか?

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A School-Based Intervention for Diabetes Risk Reduction (N Engl J Med 2010;363:443-53.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We examined the effects of a multicomponent, school-based program addressing risk factors for diabetes among children whose race or ethnic group and socioeconomic status placed them at high risk for obesity and type 2 diabetes. (N Engl J Med 2010;363:443-53.)

addressing (問題などに)対応する

ロングマン現代英英辞典4訂増補版には次の解説があります。

address if you address a problem, you start trying to solve it.

METHODS

A total of 4603 students participated (mean [±SD] age, 11.3±0.6 years; 54.2% Hispanic and 18.0% black; 52.7% girls). (N Engl J Med 2010;363:443-53.)

カッコ内で内訳を説明しています。ここではすべてについて記載されていません。関心の高い項目を前面に出し、省略してもわかるもの、例えば女子の割合だけ出せば男子はわかるなど、は省略しています。こういう記載術もあるんですね。

RESULTS

There was a decrease in the primary outcome the combined prevalence of overweight and obesity in both the intervention and control schools, with no significant difference between the school groups. (N Engl J Med 2010;363:443-53.)

目につき始めると目につく、エムダッシュです。「文章中の注釈」(『速引!医学語ブック』より引用)として使われています。the primary outcomeを説明するという重要な任務を担っていますね。使い慣れると使いやすい記号かもしれません。

The intervention schools had greater reductions in the secondary outcomes of BMI z score, percentage of students with waist circumference at or above the 90th percentile, fasting insulin levels (P=0.04 for all comparisons), and prevalence of obesity (P=0.05). (N Engl J Med 2010;363:443-53.)

at or above ~以上

CONCLUSIONS

However, the intervention did result in significantly greater reductions in various indexes of adiposity. (N Engl J Med 2010;363:443-53.)

強調していますね。一次エンドポイントでは有意差なしだったものの、二次エンドポイントで結果が得られたので力を得て,という感じでしょうか。

いかがでしたか?糖尿病対策として生徒への介入というアイデアはとても興味深いです。学校にいるうちから健康教育は必要ですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:18:59 | Trackback(0) | Comments(0)
同一テーマで読み比べる: N Engl J Med 2010;363:434-42.
The New England Journal of Medicineでは、しばしば、同一テーマの論文を並べて掲載します。
昨日読んだ、CPR with Chest Compression Alone or with Rescue Breathingに引き続き、今回もCPRに人工呼吸は必須なのかという命題です。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Compression-Only CPR or Standard CPR in Out-of-Hospital Cardiac Arrest (N Engl J Med 2010;363:434-42.)

タイトルを見比べても、おもしろいですよ。

CPR with Chest Compression Alone or with Rescue Breathing (N Engl J Med 2010;363423-33.)
Compression-Only CPR or Standard CPR in Out-of-Hospital Cardiac Arrest (N Engl J Med 2010;363:434-42.)

CPR with Chest Compression AloneがCompression-Only CPRとなっていますね。
語彙を広げるチャンス!

今回の「ハテナ起点」はこのあたりに潜んでいそうです。

That study, however, was not powered to assess a possible difference in survival. (N Engl J Med 2010;363:434-42.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Emergency medical dispatchers give instructions on how to perform cardiopulmonary resuscitation (CPR) over the telephone to callers requesting help for a patient with suspected cardiac arrest, before the arrival of emergency medical services (EMS) personnel. (N Engl J Med 2010;363:434-42.)

CPR with Chest Compression Alone or with Rescue Breathingに"dispatchers"というのが出てきましたね。具体的にどんな仕事をするのか、そのときにはよくわかりませんでした。この文を読むと、そういう仕事を担当する人がいるのだ、ということがわかります。

That study, however, was not powered to assess a possible difference in survival. (N Engl J Med 2010;363:434-42.)

統計学的パワーが足りなかった、ということでしょうか。その既報を読んでみたくなりますね。

METHODS

Patients with suspected, witnessed, out-of-hospital cardiac arrest were randomly assigned to undergo either compression-only CPR or standard CPR. (N Engl J Med 2010;363:434-42.)

witnessed 目撃された

RESULTS

The primary end point was 30-day survival. (N Engl J Med 2010;363:434-42.)

この論文の一次エンドポイントは「30日目の生存」となっています。

RESULTS

The rate of 30-day survival was similar in the two groups: 8.7% (54 of 620 patients) in the group receiving compression-only CPR and 7.0% (46 of 656 patients) in the group receiving standard CPR (absolute difference for compression-only vs. standard CPR, 1.7 percentage points; 95% confidence interval, -1.2 to 4.6; P=0.29). (N Engl J Med 2010;363:434-42.)

was similar in the two groups 2群で同じであった

"in"を使うことに注意。

CONCLUSIONS

This prospective, randomized study showed no significant difference with respect to survival at 30 days between instructions given by an emergency medical dispatcher, before the arrival of EMS personnel, for compression-only CPR and instructions for standard CPR in patients with suspected, witnessed, out-of-hospital cardiac arrest. (N Engl J Med 2010;363:434-42.)

1文で、この研究の内容をすべて網羅しています。ここまで詰め込むとは、ワザを感じますね。

いかがでしたか?
一次エンドポイントは違いますが、結論としては同じになりました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:05:36 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。