■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
非盲検化試験での検討: N Engl J Med 2010;257-65.
臨床試験は盲検化で行うことが多いのですが、中には非盲検化で実施するものもあります。
今回はそのひとつです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Early versus Standard Antiretroviral Therapy for HIV-Infected Adults in Haiti (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

For adults with human immunodeficiency virus (HIV) infection who have CD4+ T-cell counts that are greater than 200 and less than 350 per cubic millimeter and who live in areas with limited resources, the optimal time to initiate antiretroviral therapy remains uncertain. (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

定番表現のremains uncertainが出てきました。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

For adults with human immunodeficiency virus (HIV) infection who have CD4+ T-cell counts that are greater than 200 and less than 350 per cubic millimeter and who live in areas with limited resources, the optimal time to initiate antiretroviral therapy remains uncertain. (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

関係代名詞で次々と修飾して進む文です。頭から順番に読んで、出てくる順にイメージを鮮明化していくとわかりやすいでしょう。

METHODS

We conducted a randomized, open-label trial of early initiation of antiretroviral therapy, as compared with the standard timing for initiation of therapy, among HIV-infected adults in Haiti who had a confirmed CD4+ T-cell count that was greater than 200 and less than 350 per cubic millimeter at baseline and no history of an acquired immunodeficiency syndrome (AIDS) illness. (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

a randomized, open-label trial ランダム化非盲検試験

非盲検試験は open-label trialまたはopen trialと呼ばれます。
盲検化の方法は3つに大別されます。
医薬研究者のための研究デザインに合わせた統計手法の選び方 (奥田千恵子著、金芳堂)では次のように説明されています。

二重盲検化試験 (double-bliinded trial) 被験者および試験治療または臨床評価を行う担当者の両方が、処置の内容をを知ることができない試験

単盲検化試験 (single-blinded trial) 被験者、あるいはデータ解析者のいずれか一方のみに対して盲検化がなされている試験

非盲検化試験 (open trial) 被験者および試験治療または臨床評価を行う担当者の両方が、処置の内容をあらかじめ知らされている試験


この検討では治療開始時期が違うという内容なので、open trialにならざるを得ないのですね。

RESULTS

Between 2005 and 2008, a total of 816 participants ― 408 per group ― were enrolled and were followed for a median of 21 months. (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

この横棒は「em dash エムダッシュ」ですね。
使っている意味としては、次のようになります。

6.91 Used in place of , or with, a comma. (The Chicago Manual of Style)

ざっくり言えば、コンマ相当、ということですね。

CONCLUSIONS

Access to antiretroviral therapy should be expanded to include all HIV-infected adults who have CD4+ T-cell counts of less than 350 per cubic millimeter, including those who live in areas with limited resources. (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

Access 利用する権利・自由

このaccessの使い方は勉強になりますね。

いかがでしたか?抄録を読んだ限りですが、なかなかしっかりしたスタディになっているように思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:21:31 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。