■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

NEJM Podcasting: July 8, 2010.
今週号のNEJMオーディオサマリーを聞いてみましょう。
全部聞くと20分余りかかりますが、冒頭のヘッドラインなら1分少々です。
おまけに、この冒頭部分に限ってNEJMのサイトにスクリプトも掲載されていますから、聞き取りやすいでしょう。

オーディオサマリーは、NEJMのサイトのトップにあるバナーから聞くことができます。

AUDIO SUMMARY

iTunes Storeからpodcastingでも配信されています。

では、ヘッドラインを聞いてみましょう。
いつものように、スクリプトと異なって話されている部分を赤字で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of July 8, 2010. I'm Dr Lisa Johnson. This week's issue features Featured are articles on adverse events with testosterone administration, late-onset hypogonadism in middle-aged and elderly men, zotarolimus-eluting vs. everolimus-eluting stents, restoring vision after corneal damage, and new recommendations on duty hours from the ACGME task force; review articles on mitral regurgitation due to degenerative mitral-valve disease and on genomewide association studies and assessment of the risk of disease; a case report of a woman with oligomenorrhea and infertility; and Perspective articles on implementing health care reform and why Medicare matters, on the Independent Payment Advisory Board, and on identifying and eliminating the roadblocks to comparative-effectiveness research. In an editorial, the International Commitee of Medical Journal Editors, ICMJE, describes recent modifications to the electronic uniform disclusure form. This editorial is available at nejm.org.

しばらく聞いてなかったのですが、いつの間にかMedtronicの広告フレーズが消えていました。
スポンサー募集中なのか、サイトリニューアルに向けた変更なのかは、わかりません。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:07:01 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad