■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

薬剤溶出ステントの非劣性試験: N Engl J Med 2010;363:136-46.
統計の本を読んでいると出てくる「非劣性試験」ですが、なかなか実際に扱った論文に遭遇しませんでした。
今回は、その「非劣性試験」を実施した検討です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Comparison of Zotarolimus-Eluting and Everolimus-Eluting Coronary Stents (N Engl J Med 2010;363:136-46.)

今回の「はてな起点」はこちら。

However, it is unclear whether there are differences in efficacy and safety between the two types of stents on the basis of prospectively adjudicated end points endorsed by the Food and Drug Administration. (N Engl J Med 2010;363:136-46.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

However, it is unclear whether there are differences in efficacy and safety between the two types of stents on the basis of prospectively adjudicated end points endorsed by the Food and Drug Administration. (N Engl J Med 2010;363:136-46.)

prospectively adjudicated end points 前向きに判定するエンドポイント

文としてはいつもの "However, it is unclear ... "パターンですね。

METHODS

In this multicenter, noninferiority trial with minimal exclusion criteria, we randomly assigned 2292 patients to undergo treatment with coronary stents releasing either zotarolimus or everolimus. (N Engl J Med 2010;363:136-46.)

multicenter, noninferiority trial 多施設非劣性試験

ドキドキワクワク論文☆吟味。医学統計ライブスタイル (山崎力著、SCICUS)にはこう説明されています。

非劣性は、負けないということを証明したということですね。


RESULTS

There were no significant between-group differences in the rate of death from cardiac causes, any myocardial infarction, or revascularization. (N Engl J Med 2010;363:136-46.)

There were no significant between-group differences 群間に有意差はなかった。

"between-group"という語がおもしろいですね。他の論文でも見かけました。

CONCLUSIONS

At 13 months, the new-generation zotarolimus-eluting stent was found to be noninferior to the everolimus-eluting stent in a population of patients who had minimal exclusion criteria. (N Engl J Med 2010;363:136-46.)

was found to be noninferior 非劣性を示した

いかがでしたか?『ドキワク』によれば「非劣性のほうが優性より証明しやすい」ということでした。新世代ステントも「悪くない」という解釈になるのでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:59:29 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad