■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
非医療者のCPRに人工呼吸は必要か?:N Engl J Med 2010;363:423-33.
夏場のプールシーズン前には、あちこちで救急蘇生講習会が開かれます。
そこでは、医療者ではない一般の方がCPRを学び、実技を練習して帰って行きます。
今回の論文は、そうしたCPRにおいて人工呼吸は必要なのか、という内容です。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

CPR with Chest Compression Alone or with Rescue Breathing (N Engl J Med 2010;363:423-33.)

「ハテナ起点」はこちら。

The role of rescue breathing in cardiopulmonary resuscitation (CPR) performed by a layperson is uncertain. (N Engl J Med 2010;363:423-33.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The role of rescue breathing in cardiopulmonary resuscitation (CPR) performed by a layperson is uncertain. (N Engl J Med 2010;363:423-33.)

layperson 素人、トレーニングを受けていない人

このlayについて、ロングマン現代英英辞典4訂増補版では次のように説明しています。

lay adj [only before noun] not trained or not knowing much about a particular profession or subject

We hypothesized that the dispatcher instructions to bystanders to provide chest compression alone would result in improved survival as compared with instructions to provide chest compression plus rescue breathing. (N Engl J Med 2010;363:423-33.)

dispatcher 指令係、指令者
bystanders 居合わせた人

METHODS

The primary outcome was survival to hospital discharge. (N Engl J Med 2010;363:423-33.)

survival to hospital discharge 生きて退院した人
"to"を使っているところに注意。

RESULTS

We observed no significant difference between the two groups in the proportion of patients who survived to hospital discharge (12.5% with chest compression alone and 11.0% with chest compression plus rescue breathing, P=0.31) or in the proportion who survived with a favorable neurologic outcome in the two sites that assessed this secondary outcome (14.4% and 11.5%, respectively; P=0.13). (N Engl J Med 2010;363:423-33.)

否定語noがはいっているので、orが使われています。

CONCLUSIONS

The results support a strategy for CPR performed by laypersons that emphasizes chest compression and minimizes the role of rescue breathing. (N Engl J Med 2010;363:423-33.)

a strategy 戦略
CPRの一連の過程は「戦略」というイメージなんですね。

いかがでしたか?以前から、CPR、特に非医療者が実施する場合において、胸骨圧迫と人工呼吸の両方が必須なのかという論議は続けられてきました。今回の論文では、人工呼吸があってもなくても、生存退院率は10%強で変わらない、という結論でした。エンドポイントの設定で結論が変わる可能性はあります。この論文についていえば、妥当なエンドポイントだったと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:16:34 | Trackback(0) | Comments(0)
英単語をニュアンスで使い分ける: N Engl J Med 2010;363:411-22.
英語でも日本語でも、「同じような意味だけれど、若干ニュアンスが異なる」という、いわゆる同義語があります。
特に英語の場合、そのあたりの匂いを嗅ぎ分けるためには、英英辞典を引いたりネイティブの書いた本を読んだり、と少なからず「お勉強」が必要になってきます。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Sipuleucel-T Immunotherapy for Castration-Resistant Prostate Cancer (N Engl J Med 2010;363:411-22.)

今回は「ハテナ起点」は明示されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Sipuleucel-T, an autologous active cellular immunotherapy, has shown evidence of efficacy in reducing the risk of death among men with metastatic castration-resistant prostate cancer. (N Engl J Med 2010;363:411-22.)

このefficacyと似た意味をもつ単語にeffectivenessがあります。
ロングマン現代英英辞典4訂増補版では次のように書かれています。

efficacy the ability of something to produce the right result. =effectiveness

でも、アメリカでメディカルライターを生業としているCynthia L. Kriderは、この2語のニュアンスの違いを次のように説明しています。

efficacy(効力)は、期待されている結果を出す力を意味する。(中略)
一方、effectiveness(有効性)は一般的には、精度の目安や、装置や治療のできを表す。(
『速引!医学語ブック』、シンシア・L・クライダー著、東京図書)

さらに、その使い分けとして

「ある新薬が血圧を30%下げると期待されていて、実際、治験ではそれを達成した。この場合、この新薬はefficacyがあった、という。しかし、実際の臨床で使用した結果、15%しか下げなかったという場合、目標値は達成されていないが血圧自体は下げていることから、efficacyはないがeffectivenessはある、といえる」

という内容の例をあげています。
ただし、このあたりのニュアンスはネイティブでも分かれるようで、同書でも「同業者(メディカルライター)の9割は同じ意見だった」と書いてありました。
シソーラス辞典を使うときにも、こうした知識がどこか頭の隅にでもあると、より正確に記述できますね。

METHODS

In this double-blind, placebo-controlled, multicenter phase 3 trial, we randomly assigned 512 patients in a 2:1 ratio to receive either sipuleucel-T (341 patients) or placebo (171 patients) administered intravenously every 2 weeks, for a total of three infusions. (N Engl J Med 2010;363:411-22.)

for a total of three infusions 全部で3回点滴投与した

RESULTS

The 36-month survival probability was 31.7% in the sipuleucel-T group versus 23.0% in the placebo group. (N Engl J Med 2010;363:411-22.)

The 36-month survival probability 3年生存率

"probability"を使っていることをチェック。

CONCLUSIONS

The use of sipuleucel-T prolonged overall survival among men with metastatic castration-resistant prostate cancer. (N Engl J Med 2010;363:411-22.)

"among"を使っています。これは「ひとつひとつ個々を明確に分けて意識しない」感覚です。(『ネイティブスピーカーの前置詞―ネイティブスピーカーの英文法〈2〉』、大西泰斗、ポール・マクベイ著、研究社)

いかがでしたか?
ことばの微細なニュアンス、いろいろな資料を読んだり聞いたり見たりしていくうちにつかめればいいな、と思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:55:48 | Trackback(0) | Comments(0)
祝!NEJMサイトリニューアル。で聞き取りにチャレンジしました。
今週からThe New England Journal of Medicineのサイトが刷新されました。
その紹介ビデオがとても素敵なので、聞き取ってみました。
ビデオへの入り口はサイト上部にあります。
(下記画像にリンクは張ってないので、NEJMサイトへ行ってみてくださいね。)

tour

NEJMのEditor陣が出演するこのビデオ、見どころ、聞きどころ満載です。
個人的にツボだったのは、このあたり。

「朝6時から始まる!」
「チーフエディターが赤い蝶ネクタイをしている!」
「講義ってこんな風なの!」

などなど、ちょっとした発見が詰まっていました。
かっこいい決めぜりふもありますよ。

8月15日追記:
NEJMよりビデオのスクリプトを送っていただきました。
掲載許可もいただきましたので、下記ブログ記事をご参照ください。

NEJMリニューアルビデオのスクリプト入手しました!

3分弱のビデオ、聞き取ってみましたが、一部、よくわからないところがあります。
そこについては赤字にしておきました。
「ここは、こうじゃないの?」というご指摘、お待ちしています。
では、早速、聞いてみましょう。
画面上の出演者名はイタリックで書きました。

正規スクリプトと比較し、訂正を赤字で入れました。

Takaさんの聞き取り情報により、訂正を入れました。Takaさん、どうもありがとうございます。

It's 6am, and most of us are already ready at work. We're real working doctors, trying to deliver alleviate the best patients care that we can. And as doctors, In the stack we're faced with a dilemma. We need to understand the latest information in order to find all that are defined as the right answer, and to deliver the best care; last week's information may not be right.

Mary Beth Hamel, M.D., M.P.H.
Deputy Editor

As a clinician coronation what I value idea you most about the New England Journal of Medicine is that you can trust the medical information that you find there. The research articles are carefully peer reviewed, they're the important and they're high quality.

Dominique Bayard, M.D.
NEJM Editorial Fellow

Although Also your you're medical school training and your in residency training, you know that the New England Journal of Medicine is that "gold standard" goes standard. But having it in the format of NEJM.org makes it so
accessible that then you're bringing it into to your clinical environment and really using it for as far, hour-to-hour decision making.

Jeffrey M. Drazen, M.D.
Editor-in-Chief

The new NEJM.org has improved its search functions, and improved its navigation. Stuff is with, easy to find and useful to new sort of you.

Graham T. McMahon, M.D.. M.M.Sc.
Medical Education Editor

Nejm.org has a whole new sweet features that enable clinicians, possession like you or me, 're meet to interact with materials, you can personalize with your own needs and interests. You can interact by commenting on the and materials. You can even play with the materials by making decisions in our interactive cases, with cases for example.

Jeffrey M. Drazen, M.D.
Editor-in-Chief

The readers interact with other readers, and a conversation can be started. We You bring you it together and allow you take that conversation to a the point, where you can provide better care for your patients.

Dominique Bayard, M.D.
NEJM Editorial Fellow

And now you have this website where you'll have worldwide, all of these medical professionals giving their opinions and on prospective, and it's a much more global prospective, and you have more points to think about, and it's not your limited medical community context contact.

There's It is now the opportunities opportunity to view videos and images: very useful to doctors to understand disease processes, new devices new and treatment.

Jeffrey M. Drazen, M.D.
Editor-in-Chief

As a teacher of medicine, I know that the lessons are best taught,. if they can be framed refrained in understanding from the past, the present and potentially in the future.

Nejm.org offers the archives. So you can understand the past of any clinical problems.

Graham T. McMahon, M.D.. M.M.Sc.
Medical Education Editor

Nejm.org is always pushing the boundaries, where medicine is going by publishing breakthroughs in the science that are and they're going to affect effect the way we take care of to secure patients care in the months, years and decades to come.

Nejm.org helps you keep up with the best information, practice for medicine, and improve your patient care.


私が気に入った決めぜりふはこちら。

Last week's information may not be right.

あなたはどのあたり、チェックがはいりましたか?

いつまで、このビデオが見られるかは不明ですが、是非、機会をつかまえて、見てみてくださいね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Further listening | 06:48:53 | Trackback(1) | Comments(2)
NEJM Podcasting: July 22, 2010.
今週号のNEJMオーディオサマリーを聞いてみましょう。
サイトリニューアルで、リンクがフロントページの真ん中あたりに移動しています。

audio summary



構成はこれまでと変わりません。冒頭にヘッドラインが1分前後、残りでそれぞれの詳細が話されています。

では、オーディオサマリーを聞いてみましょう。
いつものようにスクリプトと異なる部分は赤字で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of July 22, 2010. I'm Dr Lisa Johnson. This week's issue features Featured are articles on sensor-augmented insulin-pump therapy in type 1 diabetes, prediction of lung function cancer, treatment for acute ACL tears, molecular architecture of the Goodpasture autoantigen in anti-GBM nephritis, and efficacy of gene therapy for X-linked severe combined immunodeficiency; a review article on functional hypothalamic amenorrhea; a case report of a woman with dementia and a seizure; and Perspective articles on the path to personalized medicine, on the ACA’s new weapons against health care fraud, and on cancer clinical trials, a chronic but curable approaching a state of crisis. This issue features a new video in clinical medicine, demonstrrating clinical evaluation of the knee. Knee problems are one of the most priminet muscular-skeltal symptoms evaluated by the primary care position. This video shows how to perform comprehensive examination of the knee.

いかがでしたか?
リニューアルによって、過去のオーディオサマリーも見つけやすくなりました。
もちろん、従来通りpodcastingで配信されていますよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:33:29 | Trackback(0) | Comments(0)
数字を丸める: N Engl J Med 2010;363:355-64.
細かい数値よりも、大雑把な数字をつかむ方が記憶に残りやすいし、人に話すときに出てきやすいように思いますが、どうでしょうか?
今回は、論文において、「どのへんで丸めるか」に注目してみました。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Efficacy of Gene Therapy for X-Linked Severe Combined Immunodeficiency (N Engl J Med 2010;363:355-64.)

「ハテナ起点」はこちら。

The outcomes of gene therapy to correct congenital immunodeficiencies are unknown. (N Engl J Med 2010;363:355-64.)

定番の文型ですね。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We reviewed long-term outcomes after gene therapy in nine patients with X-linked severe combined immunodeficiency (SCID-X1), which is characterized by the absence of the cytokine receptor common γ chain. (N Engl J Med 2010;363:355-64.)

9例の経過を振り返った、ということで、記述的研究 descripitive studyと考えていいでしょう。

METHODS

The nine patients, who lacked an HLA-identical donor, underwent ex vivo retrovirus-mediated transfer of γ chain to autologous CD34+ bone marrow cells between 1999 and 2002. (N Engl J Med 2010;363:355-64.)

「ドナーがいない」というのは動詞 lackを使うのですね。

RESULTS

Eight patients were alive after a median follow-up period of 9 years (range, 8 to 11). (N Engl J Med 2010;363:355-64.)

経過観察期間の中央値は9年、ということで、これが「細かい数値」になります。

CONCLUSIONS

After nearly 10 years of follow-up, gene therapy was shown to have corrected the immunodeficiency associated with SCID-X1. (N Engl J Med 2010;363:355-64.)

「ざくっと」つかむと、「約10年」となるのですね。感覚的にはうなずける線ですが、果たしてアブストラクトでここまで丸めていいのかな、という気もしますね。

いかがでしたか?「科学論文」というと正確無比、というイメージがありますが、意外にも「人間味のある」つかみ方でしたね。これくらいは、NEJMでは「許容範囲」なのかな、っと思いました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 17:50:39 | Trackback(0) | Comments(0)
洒落た表現を拾う: N Engl J Med 2010;363:343-54.
論文は文学作品ではないので、どちらかというと「質実剛健」といった趣の記載が多いように思います。
でも、時には小洒落た表現もあり、そういうものを拾ってみるのも「読む楽しみ」のひとつになります。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Molecular Architecture of the Goodpasture Autoantigen in Anti-GBM Nephritis (N Engl J Med 2010;363:343-54.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

The specificity and molecular architecture of epitopes of tissue-bound autoantibodies are unknown. (N Engl J Med 2010;363:343-54.)

いつもの"unknown"表現です。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We compared the conformations of the antibody epitopes in Goodpasture's disease and Alport's post-transplantation nephritis with the intention of finding clues to the pathogenesis of anti-GBM glomerulonephritis. (N Engl J Med 2010;363:343-54.)

with the intention of finding clues to ~の糸口を見つけるつもりで

"with the intention of ~ing"で「~するつもりで」となります。cluesをもってくるとは、なんだか推理小説みたいですね。

METHODS

The molecular architecture of key epitope regions was deduced with the use of chimeric molecules and a three-dimensional model of the α345NC1 hexamer. (N Engl J Med 2010;363:343-54.)

deduced 推定する

RESULTS

The antibodies bound to distinct epitopes encompassing region EA in the α5NC1 monomer and regions EA and EB in the α3NC1 monomer, but they did not bind to the native cross-linked α345NC1 hexamer. (N Engl J Med 2010;363:343-54.)

encompassing 丸く取り囲む

抗体が結合している様子をイメージすると、この動詞がつかめるかもしれませんね。

RESULTS

The development of Goodpasture's disease may be considered an autoimmune “conformeropathy” that involves perturbation of the quaternary structure of the α345NC1 hexamer, inducing a pathogenic conformational change in the α3NC1 and α5NC1 subunits, which in turn elicits an autoimmune response. (N Engl J Med 2010;363:343-54.)

perturbation 乱れ
elicits 誘導する

いかがでしたか?いつもの平易な文と比べて、いくらかクラス感が漂っているように思いました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:06:47 | Trackback(0) | Comments(0)
有意差なし、を記載するとき: N Engl J Med 2010;363:331-42.
今朝、The New England Journal of Medicineのウェブサイトを見たら、予告通り、すっかり新しくなっていました。ところどころ、「調整中」のところもあるようですが、全体としてすっきりとしました。

さて、今回は膝十字靱帯損傷についての論文です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Randomized Trial of Treatment for Acute Anterior Cruciate Ligament Tears (N Engl J Med 2010;363:331-42.)

「ハテナ起点」は定番表現で出ています。

The optimal management of a torn anterior cruciate ligament (ACL) of the knee is unknown. (N Engl J Med 2010;363:331-42.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The optimal management of a torn anterior cruciate ligament (ACL) of the knee is unknown. (N Engl J Med 2010;363:331-42.)

anterior cruciate ligament 前十字靱帯

METHODS

The primary outcome was the change from baseline to 2 years in the average score on four subscales of the Knee Injury and Osteoarthritis Outcome Score (KOOS) pain, symptoms, function in sports and recreation, and knee-related quality of life (KOOS4; range of scores, 0 [worst] to 100 [best]). (N Engl J Med 2010;363:331-42.)

また出てきましたね。この横棒が「エムダッシュ(全角ダッシュ)」です。

説明を加えてもっと内容をはっきりさせたり、内容を強調させたりしたい場合につける、文章中の注釈みたいなものと考えるとよい。『速引!医学語ブック』、シンシア・L・クライダー著、東京図書)

ここの使い方は、まさに「説明を加える」というものになっていますね。
ちなみに、この横棒の長さが半分になると「エヌダッシュ(半角ダッシュ)」と呼ばれます。

RESULTS

Adverse events were common in both groups. (N Engl J Med 2010;363:331-42.)

ここで"common"を使う例は初出のような気がします。similarという意味で使われています。

CONCLUSIONS

In young, active adults with acute ACL tears, a strategy of rehabilitation plus early ACL reconstruction was not superior to a strategy of rehabilitation plus optional delayed ACL reconstruction. (N Engl J Med 2010;363:331-42.)

単に「有意な差がなかった」ではなく、「優れていなかった」と書いています。著者らは「優れているんじゃないかな」という期待があったので、このような表現になったのかもしれませんね。

いかがでしたか?
本文とは離れますが、新しいウェブサイトはなかなかおもしろそうです。
アクセスすると最初に再生されるムービーで、NEJMのエディター陣が登場します。この方がチーフエディターかあ、などとお顔を拝見するのも、楽しいですよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:05:44 | Trackback(0) | Comments(0)
ヒトを遺伝子多様性から見る: N Engl J Med 2010;363:321-30.
昨今の環境問題でよく耳にする言葉に「生物多様性」があります。
ヒトという単一の生物についても、遺伝子レベルで解析すればやはり「多様性」が認められます。
今回の研究は、遺伝子レベルでの多様性から見たものです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Genetic Ancestry in Lung-Function Predictions (N Engl J Med 2010;363:321-30.)

今回は「ハテナ起点」ははっきりしません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Self-identified race or ethnic group is used to determine normal reference standards in the prediction of pulmonary function. (N Engl J Med 2010;363:321-30.)

"Self-identified race or ethnic group"に呼応するものが、次の下線部になります。

We conducted a study to determine whether the genetically determined percentage of African ancestry is associated with lung function and whether its use could improve predictions of lung function among persons who identified themselves as African American. (N Engl J Med 2010;363:321-30.)

これまでひとくくりにしてきた「アフリカ系アメリカ人」には「自己申告」と「遺伝子確定」が混在しているという視点です。

METHODS

We assessed the ancestry of 777 participants self-identified as African American in the Coronary Artery Risk Development in Young Adults (CARDIA) study and evaluated the relation between pulmonary function and ancestry by means of linear regression. (N Engl J Med 2010;363:321-30.)

self-identified as African American 自己申告アフリカ系アメリカ人

この言い換え表現は次の下線部です。

We performed similar analyses of data for two independent cohorts of subjects identifying themselves as African American: 813 participants in the Health, Aging, and Body Composition (HABC) study and 579 participants in the Cardiovascular Health Study (CHS). (N Engl J Med 2010;363:321-30.)

RESULTS

African ancestry was inversely related to forced expiratory volume in 1 second (FEV1) and forced vital capacity in the CARDIA cohort. (N Engl J Med 2010;363:321-30.)

inversely 逆の

CONCLUSIONS

Current predictive equations, which rely on self-identified race alone, may misestimate lung function among subjects who identify themselves as African American. (N Engl J Med 2010;363:321-30.)

"may"を使っているので、五分五分という感触なのでしょうか。

いかがでしたか?「人種のるつぼ」ならではの検討でした。遺伝子レベルからヒトという生物を分類し直してみると、また新たな事実が発見されるかもしれませんね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:47:03 | Trackback(0) | Comments(0)
すっきりと書く: N Engl J Med 2010;363:311-320.
The New England Journal of Medicineの抄録 abstract部分をずっと読んでいると、
同じ字数制限なのに、著者によってその使い方がさまざまであることに気がつきます。
ぎりぎりまで情報を詰め込んでくる人がいれば、意見をにじませるような表現を置きにくる人もいます。
今回は、ごくシンプルに、「骨組み」を提示した内容になっています。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Effectiveness of Sensor-Augmented Insulin-Pump Therapy in Type 1 Diabetes (N Engl J Med 2010;363;311-320.)

今回のハテナ起点ははっきりしません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Recently developed technologies for the treatment of type 1 diabetes mellitus include a variety of pumps and pumps with glucose sensors. (N Engl J Med 2010;363;311-320.)

下線部が主語です。一文で状況説明をしようとして、文がちょっと「頭でっかち」になっていますね。

METHODS

In this 1-year, multicenter, randomized, controlled trial, we compared the efficacy of sensor-augmented pump therapy (pump therapy) with that of a regimen of multiple daily insulin injections (injection therapy) in 485 patients (329 adults and 156 children) with inadequately controlled type 1 diabetes. (N Engl J Med 2010;363;311-320.)

withが2回出てきます。下線部のwithはcompare A with Bのwithです。

RESULTS

The rate of severe hypoglycemia in the pump-therapy group (13.31 cases per 100 person-years) did not differ significantly from that in the injection-therapy group (13.48 per 100 person-years, P=0.58). (N Engl J Med 2010;363;311-320.)

「有意差はなかった」という表現のひとつです。チェック!

CONCLUSIONS

In both adults and children with inadequately controlled type 1 diabetes, sensor-augmented pump therapy resulted in significant improvement in glycated hemoglobin levels, as compared with injection therapy. (N Engl J Med 2010;363;311-320.)

"in"を使っていますね。INの基本イメージは「~の中」なので、そこから「ある範囲の中」というイメージにつながります。(『ネイティブスピーカーの前置詞―ネイティブスピーカーの英文法〈2〉』 (大西泰斗/ポール・マクベイ著、研究社)

いかがでしたか?テクノロジーの進歩でこうした福音がもたらされることは本当に喜ばしいことです。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:13:47 | Trackback(0) | Comments(0)
週イチ統計を読む: N Engl J Med 2010;363:257-65.
今週号の原著論文を使って、統計の勉強をしましょう。
幸い、全文無料閲覧できる論文があります。下記のタイトルをクリックすると全文を閲覧できます。

Early versus Standard Antiretroviral Therapy for HIV-Infected Adults in Haiti (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

統計のチェックポイントは今回からは次のようにします。
D:Design (デザイン)
Pe:Primary endpoint (一次エンドポイント)
P:Power (パワー計算)
S:Statistics (統計手法)
論文記述の流れもだいたいこれに沿っているので、変更してみました。
略すと、
 DPePS (ディーペップス)ですね。

では、この順に見ていきます。
論文の最初に読むところは抄録 abstractなので、そこから拾える情報は拾っておきましょう。
抄録から拾えるところは次の通り。

Design

We conducted a randomized, open-label trial of early initiation of antiretroviral therapy, as compared with the standard timing for initiation of therapy, among HIV-infected adults in Haiti who had a confirmed CD4+ T-cell count that was greater than 200 and less than 350 per cubic millimeter at baseline and no history of an acquired immunodeficiency syndrome (AIDS) illness. (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

ランダム化非盲検化試験で実施したとあります。

Primary endpoint

The primary study end point was survival. (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

一次エンドポイントは生存です。

抄録からはここまで拾うことができました。残りは本文のMethods部分を読むことになります。

Power

We estimated that with a sample of 794 participants (397 per group), the study would have 80% power to show a hazard ratio for survival with early treatment of 2.0 after 65 deaths had occurred, with a two-sided type I error rate of 5%. (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

αエラーを5%、βエラーを20%とし、有意と考える差の大きさを「ハザード比2.0」と設定しています。そこから、必要な対象数 794を出しています。

Statistics

All analyses were based on the intention-to-treat principle. (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

ITTで分析したというのはキーフレーズになります。

The primary study end point, survival, was analyzed with the use of standard Kaplan–Meier methods, and differences between the two survival curves were evaluated with the use of the log-rank test, as specified in the protocol. (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

統計手法が明示されていますね。

いかがでしたか?チェックポイントがきちんと書かれていて、内容を押さえやすくなっていました。
パワー計算において、研究の設定した「臨床的に有意と考える差」について納得できる線かどうか、というのもその論文の価値を決めるひとつの評価項目になりますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Statistics | 06:01:13 | Trackback(0) | Comments(0)
NEJM Podcasting: July 15, 2010.
今週号のNEJMオーディオサマリーを聞いてみましょう。
全部聞くと20分余りかかりますが、冒頭のヘッドラインなら今週は45秒です。
おまけに、この冒頭部分に限ってNEJMのサイトにスクリプトも掲載されていますから、聞き取りやすいでしょう。

オーディオサマリーは、NEJMのサイトのトップにあるバナーから聞くことができます。

audio summary

iTunes Storeからpodcastingでも配信されています。

では、早速今週号のヘッドラインを聞き取ってみましょう。
いつものように、スクリプトと異なる部分は赤字で示します。


Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of July 15, 2010. I'm Dr Lisa Johnson. This week's issue features Featured are articles on rituximab versus cyclophosphamide for ANCA-associated vasculitis, retinopathy progression in type 2 diabetes, lorcaserin for weight management, early versus standard antiretroviral therapy for HIV-infected adults in Haiti, and metabolic disorders and fat transport; a review article on acute pulmonary embolism; a case report of a request for oocyte retrieval from a woman with anoxic brain injury; and Perspective articles on tobacco use control, on the Havasupai Indian tribe case, and on a case for primary care, a medical student’s perspective on primary care.

いかがでしたか?
一番最後は、今週号の目次にある "The Case for Primary Care ― A Medical Student’s Perspective"と同じです。だから、on a case for primary care, a medical student’s perspective on primary careの部分は、もしかしたら、"カンマ,"ではなくて"エムダッシュ ―"が正しいのかもしれません。ただ、耳でその違いは聞き取れません。(わずかな間の違いがあるとは思いますが...)

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 05:55:22 | Trackback(1) | Comments(0)
非盲検化試験での検討: N Engl J Med 2010;257-65.
臨床試験は盲検化で行うことが多いのですが、中には非盲検化で実施するものもあります。
今回はそのひとつです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Early versus Standard Antiretroviral Therapy for HIV-Infected Adults in Haiti (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

For adults with human immunodeficiency virus (HIV) infection who have CD4+ T-cell counts that are greater than 200 and less than 350 per cubic millimeter and who live in areas with limited resources, the optimal time to initiate antiretroviral therapy remains uncertain. (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

定番表現のremains uncertainが出てきました。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

For adults with human immunodeficiency virus (HIV) infection who have CD4+ T-cell counts that are greater than 200 and less than 350 per cubic millimeter and who live in areas with limited resources, the optimal time to initiate antiretroviral therapy remains uncertain. (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

関係代名詞で次々と修飾して進む文です。頭から順番に読んで、出てくる順にイメージを鮮明化していくとわかりやすいでしょう。

METHODS

We conducted a randomized, open-label trial of early initiation of antiretroviral therapy, as compared with the standard timing for initiation of therapy, among HIV-infected adults in Haiti who had a confirmed CD4+ T-cell count that was greater than 200 and less than 350 per cubic millimeter at baseline and no history of an acquired immunodeficiency syndrome (AIDS) illness. (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

a randomized, open-label trial ランダム化非盲検試験

非盲検試験は open-label trialまたはopen trialと呼ばれます。
盲検化の方法は3つに大別されます。
医薬研究者のための研究デザインに合わせた統計手法の選び方 (奥田千恵子著、金芳堂)では次のように説明されています。

二重盲検化試験 (double-bliinded trial) 被験者および試験治療または臨床評価を行う担当者の両方が、処置の内容をを知ることができない試験

単盲検化試験 (single-blinded trial) 被験者、あるいはデータ解析者のいずれか一方のみに対して盲検化がなされている試験

非盲検化試験 (open trial) 被験者および試験治療または臨床評価を行う担当者の両方が、処置の内容をあらかじめ知らされている試験


この検討では治療開始時期が違うという内容なので、open trialにならざるを得ないのですね。

RESULTS

Between 2005 and 2008, a total of 816 participants ― 408 per group ― were enrolled and were followed for a median of 21 months. (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

この横棒は「em dash エムダッシュ」ですね。
使っている意味としては、次のようになります。

6.91 Used in place of , or with, a comma. (The Chicago Manual of Style)

ざっくり言えば、コンマ相当、ということですね。

CONCLUSIONS

Access to antiretroviral therapy should be expanded to include all HIV-infected adults who have CD4+ T-cell counts of less than 350 per cubic millimeter, including those who live in areas with limited resources. (N Engl J Med 2010;363:257-65.)

Access 利用する権利・自由

このaccessの使い方は勉強になりますね。

いかがでしたか?抄録を読んだ限りですが、なかなかしっかりしたスタディになっているように思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:21:31 | Trackback(0) | Comments(0)
体重コントロール薬の検証: N Engl J Med 2010;363:245-56.
メタボリック症候群が周知されるずっと前から、体重コントロールは健康管理の上でも重要な課題でした。
今回は、その解決策となり得るかもしれない治療薬についての検証です。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Multicenter, Placebo-Controlled Trial of Lorcaserin for Weight Management (N Engl J Med 2010;363:245-56.)

今回の「ハテナ起点」はこのあたりに見え隠れしています。

Lorcaserin is a selective serotonin 2C receptor agonist that could be useful in reducing body weight. (N Engl J Med 2010;363:245-56.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Lorcaserin is a selective serotonin 2C receptor agonist that could be useful in reducing body weight. (N Engl J Med 2010;363:245-56.)

ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 によれば、「canは潜在」ということなので、「そういう効果をもっているかもしれないなあ」という感触でしょうか。

METHODS

All patients also underwent diet and exercise counseling. (N Engl J Med 2010;363:245-56.)

いわゆる「行動療法」も同時に実施した、ということですが、動詞はundergoを使うんですね。

Primary outcomes were weight loss at 1 year and maintenance of weight loss at 2 years. (N Engl J Med 2010;363:245-56.)

「1年目」は単数形の "year"、「2年目」は複数形の"2 years"となっています。

RESULTS

At 1 year, 47.5% of patients in the lorcaserin group and 20.3% in the placebo group had lost 5% or more of their body weight (P<0.001), corresponding to an average loss of 5.8±0.2 kg with lorcaserin and 2.2±0.1 kg with placebo during year 1 (P<0.001). (N Engl J Med 2010;363:245-56.)

corresponding to ~に相当する

1年で6kg弱の減量効果、というのは、世の中の怪しいダイエット広告に慣れた目には、ちょっとインパクトが弱く感じられますね。プラセボでは2kg強なので、有意に減少しているのですが。

CONCLUSIONS

In conjunction with behavioral modification, lorcaserin was associated with significant weight loss and improved maintenance of weight loss, as compared with placebo. (N Engl J Med 2010;363:245-56.)

In conjunction with ~とともに

いかがでしたか。この減量効果を是とするか非とするかは、各々のバックグラウンドに依るかな、と思います。
行動療法で「1年に2kg減量」とは... プロがやっても、「意外と減らない」のですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:14:43 | Trackback(0) | Comments(0)
ACCORD Eye Studyの報告: N Engl J Med 2010;363:233-44.
大規模な臨床研究の場合、一次エンドポイントだけでなく、副次エンドポイントも多数設定され、それぞれ検討が行われます。しかし、サンプルサイズは一次エンドポイントで有意差が出るように決定されたものです。したがって、副次エンドポイントはあくまで「参考」という位置にとどまります。

今回の論文は、大規模研究のひとつ、ACCORD試験に付随したACCORD Eye試験を取り扱っています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Effects of Medical Therapies on Retinopathy Progression in Type 2 Diabetes (N Engl J Med 2010;363:233-44.)

「ハテナ起点」はこのあたりに見え隠れしています。

Previous data suggest that these systemic factors may be important in the development and progression of diabetic retinopathy. (N Engl J Med 2010;363:233-44.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We investigated whether intensive glycemic control, combination therapy for dyslipidemia, and intensive blood-pressure control would limit the progression of diabetic retinopathy in persons with type 2 diabetes. (N Engl J Med 2010;363:233-44.)

「3つの比較」を行ったという内容です。

METHODS

A subgroup of 2856 participants was evaluated for the effects of these interventions at 4 years on the progression of diabetic retinopathy by 3 or more steps on the Early Treatment Diabetic Retinopathy Study Severity Scale (as assessed from seven-field stereoscopic fundus photographs, with 17 possible steps and a higher number of steps indicating greater severity) or the development of diabetic retinopathy necessitating laser photocoagulation or vitrectomy. (N Engl J Med 2010;363:233-44.)

vitrectomy 硝子体切除術

眼科以外ではなかなか遭遇しない単語です。こういうときには分解してみると意味がわかる、と「速引!医学語ブック」の著者シンシア・L・クライダーは勧めています。
それにしたがって、「vitreum (硝子体)」と「ectomy」とに分けてみます。
同書によれば、

-ectomy 臓器や腺、あついは体内にある他の要素を外科的に取り除くことを意味する。

ということなので、「硝子体切除術」という訳になります。
「硝子体」がわからなくても「ectomy」で「なんか切除するんだなー」というイメージは浮かびますね。

RESULTS

At 4 years, the rates of progression of diabetic retinopathy were 7.3% with intensive glycemia treatment, versus 10.4% with standard therapy (adjusted odds ratio, 0.67; 95% confidence interval [CI], 0.51 to 0.87; P=0.003); 6.5% with fenofibrate for intensive dyslipidemia therapy, versus 10.2% with placebo (adjusted odds ratio, 0.60; 95% CI, 0.42 to 0.87; P=0.006); and 10.4% with intensive blood-pressure therapy, versus 8.8% with standard therapy (adjusted odds ratio, 1.23; 95% CI, 0.84 to 1.79; P=0.29). (N Engl J Med 2010;363:233-44.)

いっぱいセミコロンが出てきましたね。内容を読みつつ、このあたりの使い方もチェックしておきます。
「区切り」や「丸括弧にくっついて」という使い方が見られます。

CONCLUSIONS

Intensive glycemic control and intensive combination treatment of dyslipidemia, but not intensive blood-pressure control, reduced the rate of progression of diabetic retinopathy. (N Engl J Med 2010;363:233-44.)

冒頭の3つの検討のうち、厳格な血圧コントロール以外は有効であったということです。

(Funded by the National Heart, Lung, and Blood Institute and others; ClinicalTrials.gov numbers, NCT00000620 [ClinicalTrials.gov] for the ACCORD study and NCT00542178 [ClinicalTrials.gov] for the ACCORD Eye study.) (N Engl J Med 2010;363:233-44.)

ACCORD Eye studyがACCORD studyとどのような関係で実施されたのか興味があります。そのあたりは本文へ、ということになりますが。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:36:39 | Trackback(0) | Comments(0)
セミコロン (;)を勉強する: N Engl J Med 2010;363:221-32.
特殊記号である「エムダッシュ―」は言うに及ばず、キーボード上にある「セミコロン;」だって、その使い方を学校で教わった記憶がありません。
OJT (on the job training)ではありませんが、参考書を見ながら、勉強してみます。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Rituximab versus Cyclophosphamide for ANCA-Associated Vasculitis (N Engl J Med 2010;363:221-32.)

今回の「ハテナ起点」は、このあたりに含有されています。

Uncontrolled studies suggest that rituximab is effective and may be safer than a cyclophosphamide-based regimen. (N Engl J Med 2010;363:221-32.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Cyclophosphamide and glucocorticoids have been the cornerstone of remission-induction therapy for severe antineutrophil cytoplasmic antibody (ANCA)–associated vasculitis for 40 years. (N Engl J Med 2010;363:221-32.)

cornerstone 要石

抄録ではあまり見かけない単語です。他の表現としては、gold standardなどが近いところでしょうか。

METHODS

We conducted a multicenter, randomized, double-blind, double-dummy, noninferiority trial of rituximab (375 mg per square meter of body-surface area per week for 4 weeks) as compared with cyclophosphamide (2 mg per kilogram of body weight per day) for remission induction. (N Engl J Med 2010;363:221-32.)

非劣性試験であると明記しています。

Glucocorticoids were tapered off; the primary end point was remission of disease without the use of prednisone at 6 months. (N Engl J Med 2010;363:221-32.)

この記号、「;」がセミコロンです。紛らわしいのは「:」で、こちらはコロンです。
セミコロンの使い方を、The Chicago Manual of Styleで、見てみます。
記号の説明は、6.57にありました。

6.57 Use of the semicolon. The semicolon, stronger than a comma but weaker than a period, can assume either role, though its function is usually closer to that of a period. Its most common use is between two independent clauses not joined by a conjunction. (The Chicago Manual of Style 15ed., The University of Chicago Pressより引用)

コンマよりは強く、ピリオドよりは弱いが、どちらかというとピリオドよりの機能、ということです。
さらに、同書では、使い方を5つに分類しています。

6.58 Before an adverb. 副詞の前
6.59 Before a conjunction. 接続詞の前
6.60 In a series. ひと続きのものの中での区切り
6.61 With "that is" and the like. 「つまり」や、それに類する表現に付帯して
6.62 With parentheses or branckets. 丸カッコ( )や角カッコ[ ]と一緒に
(The Chicago Manual of Style 15edより抜粋)

また、速習!医療系のための英語論文作成術 (ティム・アルバート著、東京図書)では、次のように解説されています。

セミコロン
(;) :一番ストレートなセミコロンの使い方というのは、単語がいっぱいあるリストの中に挿入し、それぞれの項目を区別するというものである。2つの節の間で使われる場合は、コンマ(,)よりも長いがピリオド(.)よりは短い休止、を意味することもある。この場合には、書き手は二つの節のアイデアが密接に相関していることを示したいのである。


この抄録での使い方を考えてみます。副詞、接続詞、that is、カッコは見あたりませんね。内容的をみると「区切り」に近いでしょうか。あるいは「二つの節のアイデアが相関している」という解釈がいいかもしれません。

ティム・アルバート氏は本の中でさらに続けてこう書いています。

セミコロンの使用には難しいところもあり、必ずしも必要というわけでもない。 (『速習!医療系のための英語論文作成術』より引用)

ネイティブにしても「難しい」セミコロンのようです。

RESULTS

Sixty-three patients in the rituximab group (64%) reached the primary end point, as compared with 52 patients in the control group (53%), a result that met the criterion for noninferiority (P<0.001). (N Engl J Med 2010;363:221-32.)

ここでいう一次エンドポイントは、

... the primary end point was remission of disease without the use of prednisone at 6 months. (N Engl J Med 2010;363:221-32.)

となります。

CONCLUSIONS

Rituximab therapy was not inferior to daily cyclophosphamide treatment for induction of remission in severe ANCA-associated vasculitis and may be superior in relapsing disease. (N Engl J Med 2010;363:221-32.)

非劣性試験なので、記載が "not inferior to"となっています。前回の論文(非劣性試験ではなかった)では "not superior to"でしたね。

いかがでしたか?セミコロン、なかなか手強しですね。顔文字ではお世話になる機会も多い記号ですが、使い方を身につけるのは甘くなさそうです。ちゃんとした「セミコロン使い」になるには修行が必要かもしれません。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:42:51 | Trackback(0) | Comments(2)
僅差を検討する: N Engl J Med 2010;363:211-20.
画期的に効果のある治療法が見つかることは理想的ですが、現実にはなかなかそうもいきません。
でも、わずかでも有意に効く可能性があれば、そこを丹念にかぎ分けて、よりよい治療を探索することが全体の底上げにつながります。

今回の論文はそうした試みを取り扱った内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Rituximab versus Cyclophosphamide in ANCA-Associated Renal Vasculitis (N Engl J Med 2010;363:211-20.)

今回は、はっきりとした「はてな表現」はありません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Treatment with rituximab has led to remission rates of 80 to 90% among patients with refractory ANCA-associated vasculitis and may be safer than cyclophosphamide regimens. (N Engl J Med 2010;363:211-20.)

このmay一語に「はてな起点」の含みを持たせています。いつもながら大西先生の解説によれば、
 mayは「閉ざされていない」
というイメージで、可能性は五分五分、というところになります。(参考:『ハートで感じる英文法』大西泰斗/ポール・マクベイ著、NHK出版)
この際どいところに有意差があるかどうかを調べた研究です。

METHODS

Primary end points were sustained remission rates at 12 months and severe adverse events. (N Engl J Med 2010;363:211-20.)

sustained remission rates 寛解維持率

sustainは「維持する、持続する」です。サステイナビリティ、などとカタカナで日本語にも入りつつあります。

RESULTS

A total of 25 patients in the rituximab group (76%) and 9 patients in the control group (82%) had a sustained remission (P=0.68). (N Engl J Med 2010;363:211-20.)

ここではa sustained remissionの冠詞が"a"になっています。イメージは「ひとつに決まらない」です。(『ハートで感じる英文法』より)カテゴリーとしてある程度、幅を持っている、ということからの冠詞でしょうか?

CONCLUSIONS

A rituximab-based regimen was not superior to standard intravenous cyclophosphamide for severe ANCA-associated vasculitis. Sustained-remission rates were high in both groups, and the rituximab-based regimen was not associated with reductions in early severe adverse events. (N Engl J Med 2010;363:211-20.)

「優れてはいなかった」という結論に、inferiorを使っていないところが、統計結果を踏まえた表現なのでしょうか。

いかがでしたか。この結果を著者らがどのように解釈しているのか、気になりますね。アブストラクトではそこまで記載されていませんから、本文で、ということなのでしょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:11:48 | Trackback(0) | Comments(0)
アメリカのタバコ問題: 10.1056/NEJMp1003883
日本でもタバコ値上がりに向け、禁煙する人が増えつつありますが、アメリカのタバコ事情はどうなのでしょう。
Online Firstですが、興味深い記事なので読んでみます。

Don't Forget Tobacco (10.1056/NEJMp1003883)

全文無料閲覧ができます。

では、順次読んでいきます。
気になる文を取り上げて進みますので、逐文訳ではありません。

At a time when all eyes are focused on health care reform, escalating medical costs, and childhood obesity, cigarette smoking remains by far the most common cause of preventable death and disability in the United States. (10.1056/NEJMp1003883)

書き出しの文です。by farで強調していますね。

Because important strides have been made in tobacco control, in terms of both interventions (tax hikes and laws creating smoke-free workplaces) and outcomes (smoking prevalence that has more than halved since the early 1960s [see graph]), it is tempting to believe that the battle is largely won and that we should move on to other pressing public health issues. (10.1056/NEJMp1003883)

介入方法としてたばこ税の増税と職場を無煙化する法律を挙げています。

We need to understand the epidemiology of smoking, look at the current state of tobacco control, and determine what more can be done; then we need to do it. (10.1056/NEJMp1003883)

文末はなかなか語調の良いフレーズですね。セミコロン(;)は、「カンマ(,)より強く、ピリオド(.)より弱い」(The Chicago Style of Manual, 6.57より)です。接続詞の前に使うことがあるということですが、ここでもセミコロンのあとにthenがあります。

Thanks to restrictions on places in which people can smoke and increasing cigarette prices, smokers smoke fewer cigarettes per day than they used to. (10.1056/NEJMp1003883)

喫煙場所を制限し、タバコの値段を上げる施策の効果はいずこも同じようですね。

The main advantage of reduced daily consumption is that it makes quitting easier. (10.1056/NEJMp1003883)

一日の喫煙数が減るメリットは止めやすくなること、としています。

Four policies have had documented success: raising tobacco taxes, extending laws regarding clean indoor air to additional sites, running countermarketing campaigns, and banning cigarette advertising and promotion. (10.1056/NEJMp1003883)

喫煙率低減に有効な4つの方策が挙げられています。たばこ増税、禁煙空間を拡大する法律、たばこ不買運動、たばこ宣伝の禁止です。

However, smoke-free laws may be extended to new venues ― automobiles in which children are present, apartments and condominiums, and public parks and beaches. (10.1056/NEJMp1003883)

子供のいる場所(車、住居)の禁煙化は必要ですね。

In contrast, interventions requiring funding have taken a beating. (10.1056/NEJMp1003883)

taken a beating 痛手を受けている

Many states have cut support of smoking-cessation programs, and funding for toll-free telephone quit lines has declined. (10.1056/NEJMp1003883)

公的支援として、無料電話相談もあったんですね。日本ではまだないかもしれません。

Five other developments merit mention. (10.1056/NEJMp1003883)

merit mention 注目に値する

さてその5つとは...

1)the ability of smoking-cessation programs to stimulate population-wide cessation
2)stigmatization of smoking continues
3)some attention is being paid to "third-hand smoke"
4)a nicotine vaccine and other the pharmaceutical innovations
5)Obama administration has supported increased funding for tobacco control.

ニコチンワクチンは初耳でした。完成して有効であればいいですね。

More radical solutions, such as requiring the tapering of nicotine content in tobacco products down to nonaddicting levels or banning sales outright, have been proposed. (10.1056/NEJMp1003883)

ニコチンなしタバコとか、販売禁止とか、かなり過激な方策もあるけれど...と続けています。

By assuming that the tobacco war has been won, we risk consigning millions of Americans to premature death. (10.1056/NEJMp1003883)

タバコ問題は終結していない、と警告を発して結んでいます。

日本よりは国として積極的に介入している感触がありますね。著者は「まだまだ手ぬるい」と感じているようですが。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Perspective | 06:37:01 | Trackback(0) | Comments(0)
NEJM Podcasting: July 8, 2010.
今週号のNEJMオーディオサマリーを聞いてみましょう。
全部聞くと20分余りかかりますが、冒頭のヘッドラインなら1分少々です。
おまけに、この冒頭部分に限ってNEJMのサイトにスクリプトも掲載されていますから、聞き取りやすいでしょう。

オーディオサマリーは、NEJMのサイトのトップにあるバナーから聞くことができます。

AUDIO SUMMARY

iTunes Storeからpodcastingでも配信されています。

では、ヘッドラインを聞いてみましょう。
いつものように、スクリプトと異なって話されている部分を赤字で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of July 8, 2010. I'm Dr Lisa Johnson. This week's issue features Featured are articles on adverse events with testosterone administration, late-onset hypogonadism in middle-aged and elderly men, zotarolimus-eluting vs. everolimus-eluting stents, restoring vision after corneal damage, and new recommendations on duty hours from the ACGME task force; review articles on mitral regurgitation due to degenerative mitral-valve disease and on genomewide association studies and assessment of the risk of disease; a case report of a woman with oligomenorrhea and infertility; and Perspective articles on implementing health care reform and why Medicare matters, on the Independent Payment Advisory Board, and on identifying and eliminating the roadblocks to comparative-effectiveness research. In an editorial, the International Commitee of Medical Journal Editors, ICMJE, describes recent modifications to the electronic uniform disclusure form. This editorial is available at nejm.org.

しばらく聞いてなかったのですが、いつの間にかMedtronicの広告フレーズが消えていました。
スポンサー募集中なのか、サイトリニューアルに向けた変更なのかは、わかりません。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:07:01 | Trackback(0) | Comments(0)
エムダッシュ em dashの使い方: N Engl J Med 2010;363:147-55.
学校英語では文法や読解、会話などはやりますが、コロンやセミコロンの使い方、ましてやカッコや記号のことまでは教えてもらえません。
たとえば "―"なんて、「横棒」とでも読みそうですが、実は「エムダッシュ em dash」という名前もあるのです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Limbal Stem-Cell Therapy and Long-Term Corneal Regeneration (N Engl J Med 2010;363:147-55.)

今回ははっきりした「ハテナ起点」の記載は見あたりません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Corneal renewal and repair are mediated by stem cells of the limbus, the narrow zone between the cornea and the bulbar conjunctiva. (N Engl J Med 2010;363:147-55.)

"limbus"という単語に馴染みがなくても大丈夫。","のあとに説明が加えられています。

METHODS

Clinical results were assessed by means of Kaplan–Meier, Kruskal–Wallis, and univariate and multivariate logistic-regression analyses. (N Engl J Med 2010;363:147-55.)

下線部はいずれも統計手法の名前ですが、よーくみると、ここの横棒は「ハイフン」ではなく「エヌダッシュ(エムダッシュの小文字)」になっています。今まで気がつかず、ハイフンをつかってました...

ちなみに ハイフンは -
そしてエヌダッシュは – となります。微妙な長さの差、わかりますか?
わかりにくい場合は、この抄録のなかにある "stem-cell"のハイフンと比較してみてくださいね。

RESULTS

In post hoc analyses, success that is, the generation of normal epithelium on donor stroma was associated with the percentage of p63-bright holoclone-forming stem cells in culture. (N Engl J Med 2010;363:147-55.)

ここに出てくる横棒が「エムダッシュ em dash」です。
速引!医学語ブック (シンシア・L・クライダー著、東京図書)では次のように解説されています。

em dash (全角ダッシュ、エムダッシュ)というのは句読点の一種である。思考がちょっと停止したことを示すために、文章中に入れて使う。説明を加えてもっと内容をはっきりさせたり、内容を強調させたりしたい場合につける、文章中の注釈みたいなものと考えるとよい。

The Chicago Manual of Styleでのエムダッシュについての説明を抜粋します。

6.88 Amplifying or explaining.
6.89 Separating subject from pronoun.
6.90 Indicating sudden breaks.
6.91 Used in place of, or with, a comma.
6.92 With other punctuation.
6.93 Used instead of quotation marks.
6.94 In an index.


この抄録での使い方は、上記の6.88に該当しますね。
なお入力するときには、「特殊文字」で検索してきます。キーボードの上にはありません。

CONCLUSIONS

Cultures of limbal stem cells represent a source of cells for transplantation in the treatment of destruction of the human cornea due to burns. (N Engl J Med 2010;363:147-55.)

represent 相応する

いかがでしたか?小学校で句読点の使い方をやるように、英語の授業でも記号の使い方を教えてはどうかな、と思います。卒業してしまった私は、実地に論文を読んで勉強するほかないのですが。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:11:43 | Trackback(0) | Comments(3)
薬剤溶出ステントの非劣性試験: N Engl J Med 2010;363:136-46.
統計の本を読んでいると出てくる「非劣性試験」ですが、なかなか実際に扱った論文に遭遇しませんでした。
今回は、その「非劣性試験」を実施した検討です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Comparison of Zotarolimus-Eluting and Everolimus-Eluting Coronary Stents (N Engl J Med 2010;363:136-46.)

今回の「はてな起点」はこちら。

However, it is unclear whether there are differences in efficacy and safety between the two types of stents on the basis of prospectively adjudicated end points endorsed by the Food and Drug Administration. (N Engl J Med 2010;363:136-46.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

However, it is unclear whether there are differences in efficacy and safety between the two types of stents on the basis of prospectively adjudicated end points endorsed by the Food and Drug Administration. (N Engl J Med 2010;363:136-46.)

prospectively adjudicated end points 前向きに判定するエンドポイント

文としてはいつもの "However, it is unclear ... "パターンですね。

METHODS

In this multicenter, noninferiority trial with minimal exclusion criteria, we randomly assigned 2292 patients to undergo treatment with coronary stents releasing either zotarolimus or everolimus. (N Engl J Med 2010;363:136-46.)

multicenter, noninferiority trial 多施設非劣性試験

ドキドキワクワク論文☆吟味。医学統計ライブスタイル (山崎力著、SCICUS)にはこう説明されています。

非劣性は、負けないということを証明したということですね。


RESULTS

There were no significant between-group differences in the rate of death from cardiac causes, any myocardial infarction, or revascularization. (N Engl J Med 2010;363:136-46.)

There were no significant between-group differences 群間に有意差はなかった。

"between-group"という語がおもしろいですね。他の論文でも見かけました。

CONCLUSIONS

At 13 months, the new-generation zotarolimus-eluting stent was found to be noninferior to the everolimus-eluting stent in a population of patients who had minimal exclusion criteria. (N Engl J Med 2010;363:136-46.)

was found to be noninferior 非劣性を示した

いかがでしたか?『ドキワク』によれば「非劣性のほうが優性より証明しやすい」ということでした。新世代ステントも「悪くない」という解釈になるのでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:59:29 | Trackback(0) | Comments(0)
診断基準の求め方: N Engl J Med 2010;363 123-35.
常日頃、診断の目安として検査データの基準値にはお世話になっています。
漠然と、「たくさんの人のデータを集積して算出してるんだろうなあ」と思っていました。
今回の論文は、その「決め方」を垣間見せてくれます。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Identification of Late-Onset Hypogonadism in Middle-Aged and Elderly Men (N Engl J Med 2010;363:123-35.)

今回の「はてな起点」はこちら。

The association between aging-related testosterone deficiency and late-onset hypogonadism in men remains a controversial concept. (N Engl J Med 2010;363:123-35.)

では抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The association between aging-related testosterone deficiency and late-onset hypogonadism in men remains a controversial concept. (N Engl J Med 2010;363:123-35.)

いつもの"remain unknown"パターンですね。

METHODS

Using questionnaires, we collected data with regard to the subjects' general, sexual, physical, and psychological health. (N Engl J Med 2010;363:123-35.)

「患者」ではないので、subjects 対象者、となっていますね。

RESULTS

Increased probabilities of the three sexual symptoms and limited physical vigor were discernible with decreased testosterone levels (ranges, 8.0 to 13.0 nmol per liter [2.3 to 3.7 ng per milliliter] for total testosterone and 160 to 280 pmol per liter [46 to 81 pg per milliliter] for free testosterone). (N Engl J Med 2010;363:123-35.)

discernible 識別できる

CONCLUSIONS

Late-onset hypogonadism can be defined by the presence of at least three sexual symptoms associated with a total testosterone level of less than 11 nmol per liter (3.2 ng per milliliter) and a free testosterone level of less than 220 pmol per liter (64 pg per milliliter).> (N Engl J Med 2010;363:123-35.)

疾患定義に使える文例です。

いかがでしたか?
"Vermeulen's formula"については知識がありません。
Googleで調べた限りでは、teststerone計測関連の論文で多用されているようでした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:24:21 | Trackback(0) | Comments(0)
残念な結果に終わったとき: N Engl J Med 2010;363:109-22.
研究が「残念な結果」に終わるのは、想定した差がでなかったり、想定外の有害事象が現れて中止になったりという場合などがあります。
今回の検討は、後者により中断となった例です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Adverse Events Associated with Testosterone Administration (N Engl J Med 2010;363:109-22.)

リサーチ・クエスチョンたる「はてな起点」はこちら。

The safety and efficacy of testosterone treatment in older men who have limitations in mobility have not been studied. (N Engl J Med 2010;363:109-22.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Testosterone supplementation has been shown to increase muscle mass and strength in healthy older men (N Engl J Med 2010;363:109-22.)

has been shown to 示されている

これまであまり見かけなかった言い回しです。こんなshowの使い方もおもしろいですね。

METHODS

Community-dwelling men, 65 years of age or older, with limitations in mobility and a total serum testosterone level of 100 to 350 ng per deciliter (3.5 to 12.1 nmol per liter) or a free serum testosterone level of less than 50 pg per milliliter (173 pmol per liter) were randomly assigned to receive placebo gel or testosterone gel, to be applied daily for 6 months. (N Engl J Med 2010;363:109-22.)

to be applied daily for 6 months 6か月間毎日塗布された

applyは「塗る」という意味で使われています。塗り薬はapplyを使うのですね。チェック!

RESULTS

A total of 209 men (mean age, 74 years) were enrolled at the time the trial was terminated. (N Engl J Med 2010;363:109-22.)

at the time the trial was terminated 試験終了時点で

"at"によって、「ここ!」とピンポイントで指している感じがしますね。

CONCLUSIONS

The small size of the trial and the unique population prevent broader inferences from being made about the safety of testosterone therapy. (N Engl J Med 2010;363:109-22.)

make an inference 結論を下す

「試験数が小さいこと、対象集団が特異であることにより、テストステロン治療の安全性については、結論を拡大解釈して下すことはできない」という意味になります。

いかがでしたか?本文には元々の一次エンドポイントも記載されていますが、抄録では割愛され、問題となった安全性に焦点を当てたものとなっています。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:19:45 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。