■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大腸内視鏡検査の質的評価指標を検討: N Engl J Med 2010;362:1795-803.
現在においては大腸内視鏡検査で盲腸まで観るのがルーチンですが、その臨床的意義について検討した論文です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Quality Indicators for Colonoscopy and the Risk of Interval Cancer

今回の「ハテナ起点」はこちら。

Although rates of detection of adenomatous lesions (tumors or polyps) and cecal intubation are recommended for use as quality indicators for screening colonoscopy, these measurements have not been validated, and their importance remains uncertain. (N Engl J Med 2010;362:1795-801.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Although rates of detection of adenomatous lesions (tumors or polyps) and cecal intubation are recommended for use as quality indicators for screening colonoscopy, these measurements have not been validated, and their importance remains uncertain. (N Engl J Med 2010;362:1795-801.)

validated 有効性を確認する

腺腫様病変の発見率と盲腸到達率は評価指標になり得るか、という問題提起です。

METHODS

We used a multivariate Cox proportional-hazards regression model to evaluate the influence of quality indicators for colonoscopy on the risk of interval cancer. (N Engl J Med 2010;362:1795-801.)

"interval cancer"って?と思っていると、定義が記載されていました。

Interval cancer was defined as colorectal adenocarcinoma that was diagnosed between the time of screening colonoscopy and the scheduled time of surveillance colonoscopy. (N Engl J Med 2010;362:1795-801.)

Interval cancer was defined as以下に定義内容が記載されています。スクリーニング検査と次回の予定検査との間に見つかった腺癌と定義しています。

RESULTS

The endoscopist's rate of detection of adenomas was significantly associated with the risk of interval colorectal cancer (P=0.008), whereas the rate of cecal intubation was not significantly associated with this risk (P=0.50). (N Engl J Med 2010;362:1795-801.)

盲腸まで到達するかどうかより、内視鏡施行医が「目利き」かどうかが分かれ目、ということでしょうか。「目利き」度によるハザード比は後述されています。

The hazard ratios for adenoma detection rates of less than 11.0%, 11.0 to 14.9%, and 15.0 to 19.9%, as compared with a rate of 20.0% or higher, were 10.94 (95% confidence interval [CI], 1.37 to 87.01), 10.75 (95% CI, 1.36 to 85.06), and 12.50 (95% CI, 1.51 to 103.43), respectively (P=0.02 for all comparisons). (N Engl J Med 2010;362:1795-801.)

CONCLUSIONS

The adenoma detection rate is an independent predictor of the risk of interval colorectal cancer after screening colonoscopy. (N Engl J Med 2010;362:1795-801.)

an independent predictor 独立した予測因子

なかなか興味をそそられる内容です。「眼を鍛えなくては」と肝に銘じます。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:43:34 | Trackback(0) | Comments(0)
ビタミンAの肺への効果: N Engl J Med 2010;362:1784-94.
The New England Journal of Medicine 5月13日号3本目掲載の原著論文はビタミンAの話題です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Maternal Vitamin A Supplementation and Lung Function in Offspring

今回のハテナ起点はこちら。

Maternal vitamin A status may be an important determinant of embryonic alveolar formation, and vitamin A deficiency in a mother during pregnancy could have lasting adverse effects on the lung health of her offspring. (N Engl J MED 2010;362:1784-94.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Maternal vitamin A status may be an important determinant of embryonic alveolar formation, and vitamin A deficiency in a mother during pregnancy could have lasting adverse effects on the lung health of her offspring. (N Engl J MED 2010;362:1784-94.)

助動詞に注目します。仮説なので、五分五分の確率"may"を使っています。"could"は更に控えめな感じです。「胎児の肺胞機能に関係しているかも。もしかしたら、子供になってからも??」という感じでしょうか。

METHODS

We examined a cohort of rural Nepali children 9 to 13 years of age whose mothers had participated in a placebo-controlled, double-blind, cluster-randomized trial of vitamin A or beta-carotene supplementation between 1994 and 1997. (N Engl J MED 2010;362:1784-94.)

今は2010年ですから、かなり息の長い調査だとわかります。小児期まで見ているからですね。

RESULTS

Of 1894 children who were alive at the end of the original trial, 1658 (88%) were eligible to participate in the follow-up trial. (N Engl J MED 2010;362:1784-94.)

さらりと書かれていますが、ネパールの厳しい状況をうかがえます。

CONCLUSIONS

In a chronically undernourished population, maternal repletion with vitamin A at recommended dietary levels before, during, and after pregnancy improved lung function in offspring. (N Engl J MED 2010;362:1784-94.)

maternal repletion with vitamin A 母体へのビタミンA補給

いかがでしたか。慢性的な栄養失調にある妊娠母体へのビタミンA補給が、出生時だけでなくその後小児期にわたる児の肺機能に好影響を与えるという内容でした。ビタミンAといえば、肝油を思い出します。この肺への効果は成人にはないのでしょうか?あるのならば、喫煙でダメージを受けた肺に投与してみたいですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:59:17 | Trackback(0) | Comments(0)
タイトルにrobot出現: N Engl J Med 2010;362:1772-83.
新聞や雑誌の記事、あるいは通常の会話ならともかく、NEJMのタイトルに「ロボット」が出てくるとは意外でした。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Robot-Assisted Therapy for Long-Term Upper-Limb Impairment after Stroke

今回のハテナ起点はこちら。

Effective rehabilitative therapies are needed for patients with long-term deficits after stroke. (N Engl J Med 2010;362:1772-83.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Effective rehabilitative therapies are needed for patients with long-term deficits after stroke. (N Engl J Med 2010;362:1772-83.)

下線部あたりに「きっかけ」が見え隠れしています。

METHODS

Therapy consisted of 36 1-hour sessions over a period of 12 weeks. (N Engl J Med 2010;362:1772-83.)

over a period of 12 weeks 12週にわたって

RESULTS

No other treatment comparisons were significant at 12 weeks. (N Engl J Med 2010;362:1772-83.)

「有意差がなかった」という表現例としてチェック。

CONCLUSIONS

In patients with long-term upper-limb deficits after stroke, robot-assisted therapy did not significantly improve motor function at 12 weeks, as compared with usual care or intensive therapy. (N Engl J Med 2010;362:1772-83.)

否定文なので、"or"になっています。細かいところにも注意。

いかがでしたか?
"robot-assisted therapy"がどんなものなのか気になりますね。動画をNEJMのサイトで観ることができます。
ロボット、というのでもうちょっと違った装置を想像していたのですが...

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 18:07:21 | Trackback(0) | Comments(0)
素直に書く: N Engl J Med 2010;362:1761-71.
これまで「ハテナ起点(研究のきっかけ)」表現をいろいろ見てきましたが、別にそのまま素直に書くのも「あり」です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Bisphosphonates and Fractures of the Subtrochanteric or Diaphyseal Femur (N Engl J Med 2010;362:1761-71.)

その「ハテナ表現」はこちら。

A population-based study did not support this association. Such a relationship has not been examined in randomized trials. (N Engl J Med 2010;362:1761-71.)

では、抄録を見ていきましょう。

BACKGROUND

A population-based study did not support this association. Such a relationship has not been examined in randomized trials. (N Engl J Med 2010;362:1761-71.)

さしずめ、いつもの表現だとこうなるでしょうか。
Such a relationship remains unknown.

METHODS

We reviewed fracture records and radiographs (when available) from all hip and femur fractures to identify those below the lesser trochanter and above the distal metaphyseal flare (subtrochanteric and diaphyseal femur fractures) and to assess atypical features. (N Engl J Med 2010;362:1761-71.)

(when available) 利用可能な場合は

こういう付記がさらっとできるといいですね。

RESULTS

Although increases in risk were not significant, confidence intervals were wide. (N Engl J Med 2010;362:1761-71.)

統計的内容に抄録で言及するのは珍しいのですが、これが次のCONCLUSIONSにつながっています。

CONCLUSIONS

There was no significant increase in risk associated with bisphosphonate use, but the study was underpowered for definitive conclusions. (N Engl J Med 2010;362:1761-71.)

この検討の限界を述べています。これを礎に次の研究へステップアップしていく予感がありますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 12:10:07 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。