■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

文学的な香りも感じる論文: N Engl J Med 2010;362:1173-80.
The New England Journal of Medicineの抄録は簡潔かつ客観的な表現を旨としています。でも、今回はいつもとはやや異なる香りを感じます。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Trajectories of Disability in the Last Year of Life (N Engl J Med 2010;362:1173-80.)

今回の論文のきっかけとなった「ハテナ起点」はこちら。
Despite the importance of functional status to older persons and their families, little is known about the course of disability at the end of life. (N Engl J Med 2010;362:1173-80.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Despite the importance of functional status to older persons and their families, little is known about the course of disability at the end of life. (N Engl J Med 2010;362:1173-80.)

ここに「ハテナ表現」があります。

METHODS

We evaluated data on 383 decedents from a longitudinal study involving 754 community-dwelling older persons. (N Engl J Med 2010;362:1173-80.)

decedents 死者、故人

None of the subjects had disability in essential activities of daily living at the beginning of the study, and the level of disability was ascertained during monthly interviews for more than 10 years. (N Engl J Med 2010;362:1173-80.)

essential activities of daily living 日常生活における基本的な動作
 こういうときにはessentialを使うのですね。チェック。ロングマン現代英英辞典4訂増補版の説明はこうなっています。
essential the essential part, quality, or feature of something is the most basic one

RESULTS

In the last year of life, five distinct trajectories were identified, from no disability to the most severe disability: 65 subjects had no disability (17.0%), 76 had catastrophic disability (19.8%), 67 had accelerated disability (17.5%), 91 had progressive disability (23.8%), and 84 had persistently severe disability (21.9%). (N Engl J Med 2010;362:1173-80.)

trajectories 軌道、コース
 「経過」に近い意味でしょうか。ロングマン現代英英辞典4訂増補版の説明は次の通りです。
trajectory the events that happen during a period of time, which often lead to a particular aim or result

さらに、この5つのコースの呼び方がおもしろいですね。
no disability 障害なし
catastrophic disability 突発的な障害
accelerated disability 加速度的に進行する障害
progressive disability じわじわと進行する障害
severe disability 重篤な障害
この語感の差は、容易にはまねしがたいものがあります。

CONCLUSIONS

In most of the decedents, the course of disability in the last year of life did not follow a predictable pattern based on the condition leading to death.(N Engl J Med 2010;362:1173-80.)

"a"がついています。notと組み合わさって、「全然そんなパターンはなかった」という感じでしょうか。

いかがでしたか。人の一生における終末期を子細に観察した内容でした。それ故の文学的香りだったのかもしれません。使われている単語の選択が大変勉強になりました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:11:55 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad