■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ナテグリニドからの反論はあるか?: N Engl J Med 2010;362:1463-76.
糖尿病治療薬として承認されているナテグリニドに関する、センセーショナルなレポートがNEJMに掲載されています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Effect of Nateglinide on the Incidence of Diabetes and Cardiovascular Events (N Engl J Med 2010;362:1463-76.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

The ability of short-acting insulin secretagogues to reduce the risk of diabetes or cardiovascular events in people with impaired glucose tolerance is unknown. (N Engl J Med 2010;362:1463-76.)

では、早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The ability of short-acting insulin secretagogues to reduce the risk of diabetes or cardiovascular events in people with impaired glucose tolerance is unknown. (N Engl J Med 2010;362:1463-76.)

impaired glucose tolerance 耐糖能異常
この研究においては、本文中で次のように定義されています。
a fasting plasma glucose concentration of at least 95 mg per deciliter (5.3 mmol per liter) but less than 126 mg per deciliter (7.0 mmol per liter) (N Engl J Med 2010;362:1463-76.)

METHODS

In a double-blind, randomized clinical trial, we assigned 9306 participants with impaired glucose tolerance and either cardiovascular disease or cardiovascular risk factors to receive nateglinide (up to 60 mg three times daily) or placebo, in a 2-by-2 factorial design with valsartan or placebo, in addition to participation in a lifestyle modification program. (N Engl J Med 2010;362:1463-76.)

a lifestyle modification program 生活習慣の変容を促すプログラム

「生活習慣改善」などとよく言うのですが、英語にすると「改善」というのは入らないのですね。

RESULTS

Nateglinide did, however, increase the risk of hypoglycemia. (N Engl J Med 2010;362:1463-76.)

この一語に力が入ってます。

CONCLUSIONS

Among persons with impaired glucose tolerance and established cardiovascular disease or cardiovascular risk factors, assignment to nateglinide for 5 years did not reduce the incidence of diabetes or the coprimary composite cardiovascular outcomes. (N Engl J Med 2010;362:1463-76.)

assignment 投与

「完膚無きまでに否定された」という感の否めない結論ですが、果たして、ナテグリニド側からの反論研究は出てくるでしょうか。ちょっと楽しみです。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。




スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 18:00:00 | Trackback(0) | Comments(2)
9.11の肺機能への影響: N Engl J Med 2010;362:1263-72.
9.11同時多発テロにおいて世界貿易センターで救助活動にあたったレスキュー隊員の肺機能について7年にわたる追跡調査を行って結果が発表されました。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Lung Function in Rescue Workers at the World Trade Center after 7 Years (N Engl J Med 2010;362:1263-72.)

今回、「ハテナ起点」は明示されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The terrorist attacks on the World Trade Center on September 11, 2001, exposed thousands of Fire Department of New York City (FDNY) rescue workers to dust, leading to substantial declines in lung function in the first year. (N Engl J Med 2010;362:1263-72.)
 医学論文の抄録において、最初の文の主語としては非常に希なものだと思います。だからこそ、著者らの強い怒りを感じます。

METHODS

Using linear mixed models, we analyzed the forced expiratory volume in 1 second (FEV1) of both active and retired FDNY rescue workers on the basis of spirometry routinely performed at intervals of 12 to 18 months from March 12, 2000, to September 11, 2008. (N Engl J Med 2010;362:1263-72.)

both active and retired 現職者も退職者も

"active"を使うのがおもしろいですね。

RESULTS

There was little or no recovery in FEV1 during the subsequent 6 years, with a mean annualized reduction in FEV1 of 25 ml per year for firefighters and 40 ml per year for EMS workers. (N Engl J Med 2010;362:1263-72.)

There was little or no recovery 回復は皆無ないしほとんどなかった

CONCLUSIONS

Overall, these declines were persistent, without recovery over the next 6 years, leaving a substantial proportion of workers with abnormal lung function. (N Engl J Med 2010;362:1263-72.)

over the next 6 years 6年が経過しても

いかがでしたか。日本でいう「労災」に該当すると思われる肺機能障害ですが、そのあたり、国として手厚く対応しているのか気になります。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:15:25 | Trackback(0) | Comments(0)
biopsyに関する表現を拾う: N Engl J Med 2010;362:1192-202.
日常臨床で頻用する言葉でも英語表現にするときには迷うことがあります。今回は、そんなひとつ、"biopsy"に関する表現を拾ってみました。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Effect of Dutasteride on the Risk of Prostate Cancer (N Engl J Med 2010;362:1192-202.)

今回は「ハテナ表現」ははっきりしません。

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We conducted a study to determine whether dutasteride reduces the risk of incident prostate cancer, as detected on biopsy, among men who are at increased risk for the disease. (N Engl J Med 2010;362:1192-202.)

as detected on biopsy 生検で見つかった

biopsyにつくのが"on"であることをチェック。つい、byにしそうですが...

METHODS

Men were eligible for inclusion in the study if they were 50 to 75 years of age, had a prostate-specific antigen (PSA) level of 2.5 to 10.0 ng per milliliter, and had had one negative prostate biopsy (6 to 12 cores) within 6 months before enrollment. (N Engl J Med 2010;362:1192-202.)

Men were eligible for inclusion in the study if "if"以下の条件が対象となった

 研究対象者の条件を書くときに使えるスマートな表現ですね。

had had one negative prostate biopsy ひとつは生検が陰性であった

biopsyはhaveと組むことをチェック。

Subjects underwent a 10-core transrectal ultrasound-guided biopsy at 2 and 4 years. (N Engl J Med 2010;362:1192-202.)

underwent a 10-core transrectal ultrasound-guided biopsy

ここではundergoと組んでいます。

Overall, in years 1 through 4, among the 6706 men who underwent a needle biopsy, there were 220 tumors with a Gleason score of 7 to 10 among 3299 men in the dutasteride group and 233 among 3407 men in the placebo group (P=0.81). (N Engl J Med 2010;362:1192-202.)

Overall 全体的にいって

CONCLUSIONS

Over the course of the 4-year study period, dutasteride reduced the risk of incident prostate cancer detected on biopsy and improved the outcomes related to benign prostatic hyperplasia. (N Engl J Med 2010;362:1192-202.)

Over the course of the 4-year study period, 4年間の研究期間において

いかがでしたか。biopsyに着目して表現を見てみました。これでもう、迷わないかも。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:21:31 | Trackback(0) | Comments(0)
全ゲノム解明は新たな診断技術となるか:N Engl J Med 2010;362:1181-91.
The New England Journal of Medicineには疾患の遺伝子解析に関する論文がよく載っています。今回は、Charot-Marie-Toothニューロパチーの全ゲノム解析の内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Whole-Genome Sequencing in a Patient with Charcot–Marie–Tooth Neuropathy (N Engl J Med 2010;362:1181-91.)

今回の「ハテナ起点」はこのあたり。
Thus, the identification of the molecular basis of a genetic disease by means of whole-genome sequencing has remained elusive. (N Engl J Med 2010;362:1181-91.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Whole-genome sequencing may revolutionize medical diagnostics through rapid identification of alleles that cause disease. (N Engl J Med 2010;362:1181-91.)

revolutionize 大変革を起こす

"may"がついていますから、可能性は五分五分です。でも、抄録最初の文として非常に気合いに満ちたものを感じます。

Thus, the identification of the molecular basis of a genetic disease by means of whole-genome sequencing has remained elusive. (N Engl J Med 2010;362:1181-91.)

elusive はっきりしない、不明である
"remain elusive"は初出です。

METHODS

We identified a family with a recessive form of Charcot–Marie–Tooth disease for which the genetic basis had not been identified. (N Engl J Med 2010;362:1181-91.)

recessive 劣性の

RESULTS

Separate subclinical phenotypes segregated independently with each of the two mutations; heterozygous mutations confer susceptibility to neuropathy, including the carpal tunnel syndrome. (N Engl J Med 2010;362:1181-91.)

segregated 分離する
confer 賦与する

CONCLUSIONS

As shown in this study of a family with Charcot–Marie–Tooth disease, whole-genome sequencing can identify clinically relevant variants and provide diagnostic information to inform the care of patients. (N Engl J Med 2010;362:1181-91.)

As shown in this study of 今回の検討から示されるように
 これは使い回しのきく表現ですね。チェック。

いかがでしたか。珍しく"BACKGROUND"が抄録の大半を占めていました。分量からも内容からも、この部分に著者らの熱い思いがこもっているように感じました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ







テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:24:50 | Trackback(0) | Comments(0)
文学的な香りも感じる論文: N Engl J Med 2010;362:1173-80.
The New England Journal of Medicineの抄録は簡潔かつ客観的な表現を旨としています。でも、今回はいつもとはやや異なる香りを感じます。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Trajectories of Disability in the Last Year of Life (N Engl J Med 2010;362:1173-80.)

今回の論文のきっかけとなった「ハテナ起点」はこちら。
Despite the importance of functional status to older persons and their families, little is known about the course of disability at the end of life. (N Engl J Med 2010;362:1173-80.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Despite the importance of functional status to older persons and their families, little is known about the course of disability at the end of life. (N Engl J Med 2010;362:1173-80.)

ここに「ハテナ表現」があります。

METHODS

We evaluated data on 383 decedents from a longitudinal study involving 754 community-dwelling older persons. (N Engl J Med 2010;362:1173-80.)

decedents 死者、故人

None of the subjects had disability in essential activities of daily living at the beginning of the study, and the level of disability was ascertained during monthly interviews for more than 10 years. (N Engl J Med 2010;362:1173-80.)

essential activities of daily living 日常生活における基本的な動作
 こういうときにはessentialを使うのですね。チェック。ロングマン現代英英辞典4訂増補版の説明はこうなっています。
essential the essential part, quality, or feature of something is the most basic one

RESULTS

In the last year of life, five distinct trajectories were identified, from no disability to the most severe disability: 65 subjects had no disability (17.0%), 76 had catastrophic disability (19.8%), 67 had accelerated disability (17.5%), 91 had progressive disability (23.8%), and 84 had persistently severe disability (21.9%). (N Engl J Med 2010;362:1173-80.)

trajectories 軌道、コース
 「経過」に近い意味でしょうか。ロングマン現代英英辞典4訂増補版の説明は次の通りです。
trajectory the events that happen during a period of time, which often lead to a particular aim or result

さらに、この5つのコースの呼び方がおもしろいですね。
no disability 障害なし
catastrophic disability 突発的な障害
accelerated disability 加速度的に進行する障害
progressive disability じわじわと進行する障害
severe disability 重篤な障害
この語感の差は、容易にはまねしがたいものがあります。

CONCLUSIONS

In most of the decedents, the course of disability in the last year of life did not follow a predictable pattern based on the condition leading to death.(N Engl J Med 2010;362:1173-80.)

"a"がついています。notと組み合わさって、「全然そんなパターンはなかった」という感じでしょうか。

いかがでしたか。人の一生における終末期を子細に観察した内容でした。それ故の文学的香りだったのかもしれません。使われている単語の選択が大変勉強になりました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:11:55 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。