■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
breakthroughに注目: N Engl J Med 2010;362:1071-81.
日本語の中でカタカナとして「わかった風に」使われている英単語も、本来の英語文脈の中では未知の一面を見せることがあります。
The New England Journal of Medicine March 25号最初の論文は肝性脳症予防に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Rifaximin Treatment in Hepatic Encephalopathy (N Engl J Med 2010;362:1071-81.)

今回の論文の起点となった「ハテナ起点」はこちら。
The efficacy of rifaximin, a minimally absorbed antibiotic, is well documented in the treatment of acute hepatic encephalopathy, but its efficacy for prevention of the disease has not been established. (N Engl J Med 2010;362:1071-81.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Hepatic encephalopathy is a chronically debilitating complication of hepatic cirrhosis. (N Engl J Med 2010;362:1071-81.)

debilitating (からだを)衰弱させる

The efficacy of rifaximin, a minimally absorbed antibiotic, is well documented in the treatment of acute hepatic encephalopathy, but its efficacy for prevention of the disease has not been established. (N Engl J Med 2010;362:1071-81.)

documented 証明されている

前半部分を"but"でひっくり返して、"has not been established"でハテナ起点を示しています。

METHODS

In this randomized, double-blind, placebo-controlled trial, we randomly assigned 299 patients who were in remission from recurrent hepatic encephalopathy resulting from chronic liver disease to receive either rifaximin, at a dose of 550 mg twice daily (140 patients), or placebo (159 patients) for 6 months. (N Engl J Med 2010;362:1071-81.)

remission 寛解期

The primary efficacy end point was the time to the first breakthrough episode of hepatic encephalopathy. (N Engl J Med 2010;362:1071-81.)

日本語でもよく見かける「ブレイクスルー」ですが、ここでは本来の"break through"のイメージに近い感じがします。「寛解を保っていた状態を壊して次の段階に入ってしまう」ところから、「初回の」という意味になるのでしょうか。和製イメージだけでは、ここにbreakthroughという語は入ってきにくいですね。

RESULTS

A breakthrough episode of hepatic encephalopathy occurred in 22.1% of patients in the rifaximin group, as compared with 45.9% of patients in the placebo group. (N Engl J Med 2010;362:1071-81.)
ここでも使われていますね。"a breakthrough episode"とまとめてチェックしておきます。

More than 90% of patients received concomitant lactulose therapy. The incidence of adverse events reported during the study was similar in the two groups, as was the incidence of serious adverse events. (N Engl J Med 2010;362:1071-81.)

「~同様に」の表現です。チェック!

CONCLUSIONS

Over a 6-month period, treatment with rifaximin maintained remission from hepatic encephalopathy more effectively than did placebo. (N Engl J Med 2010;362:1071-81.)

"breakthrough"と対になるイメージです。

いかがでしたか。肝性脳症予防には腸内細菌叢のコントロールが有効である、ということにつながっている結果でしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:49:28 | Trackback(0) | Comments(0)
久々の新ハテナ表現: N Engl J Med 2010;362:779-89.
The New England Journal of Medicineのabstractを読むとき、その研究のきっかけになった疑問を記載する表現にいつも着目しています。一番多いのは"~ remains unknown."といった"unknown"系です。
今回は、久しぶりに新しい表現を見つけましたよ。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Comparison of Dopamine and Norepinephrine in the Treatment of Shock (N Engl J Med 2010;362:779-89.)

今回の「ハテナ表現」はこちら。

There is a continuing controversy about whether one agent is superior to the other. (N Engl J Med 2010;362:779-89.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

There is a continuing controversy about whether one agent is superior to the other. (N Engl J Med 2010;362:779-89.)

There is a continuing controversy about ~に関する論争は続いている

"controversial"を使った文はこれまでもありましたが、名詞形のcontroversyは珍しいですね。

METHODS

When blood pressure could not be maintained with a dose of 20 µg per kilogram of body weight per minute for dopamine or a dose of 0.19 µg per kilogram per minute for norepinephrine, open-label norepinephrine, epinephrine, or vasopressin could be added. (N Engl J Med 2010;362:779-89.)

open-label 非盲検で

RESULTS

The trial included 1679 patients, of whom 858 were assigned to dopamine and 821 to norepinephrine. (N Engl J Med 2010;362:779-89.)
 「エントリーした対象のうち、~人が」というときに使える表現です。

CONCLUSIONS

Although there was no significant difference in the rate of death between patients with shock who were treated with dopamine as the first-line vasopressor agent and those who were treated with norepinephrine, the use of dopamine was associated with a greater number of adverse events. (N Engl J Med 2010;362:779-89.)

a greater number of より多数例で

ショック治療における第一選択昇圧薬であるドパミンとノルエピネフリン。一次エンドポイントでは有意差なしでしたが、サブ解析では差異がほの見えています。仕切り直せばまた何か新しいことが出てきそうな気配です。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 20:50:02 | Trackback(0) | Comments(0)
文法を押さえる: N Engl J Med 2010;362:697-706.
とかく、無味乾燥だとか実用的でないだとか、批判を浴びがちの「英文法」ですが、
英語力を支える屋台骨のひとつであることは確かです。
押さえておけば、英文を読むときに、覚えず知らず、助けとなります。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Timing of Initiation of Antiretroviral Drugs during Tuberculosis Therapy (N Engl J Med 2010;362:6976-706.)

今回の論文のきっかけとなった「ハテナ起点」はこちら。
The optimal timing for the initiation of antiretroviral therapy in relation to tuberculosis therapy remains controversial. (N Engl J Med 2010;362:6976-706.)

では、早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The optimal timing for the initiation of antiretroviral therapy in relation to tuberculosis therapy remains controversial. (N Engl J Med 2010;362:6976-706.)
 「議論の最中である」とか「定見はない」といった意味です。

METHODS

In an open-label, randomized, controlled trial in Durban, South Africa, we assigned 642 patients with both tuberculosis and HIV infection to start antiretroviral therapy either during tuberculosis therapy (in two integrated-therapy groups) or after the completion of such treatment (in one sequential-therapy group). (N Engl J Med 2010;362:6976-706.)
 やや長めの文ですが、"either ... or ..."を押さえてみれば、orの前後で対になっていることがわかります。

RESULTS

This analysis compares data from the sequential-therapy group and the combined integrated-therapy groups up to September 1, 2008, when the data and safety monitoring committee recommended that all patients receive integrated antiretroviral therapy. (N Engl J Med 2010;362:6976-706.)
 "all patients"と"receive"の間のshouldが省略されています。

CONCLUSIONS

The initiation of antiretroviral therapy during tuberculosis therapy significantly improved survival and provides further impetus for the integration of tuberculosis and HIV services. (N Engl J Med 2010;362:6976-706.)

impetus 推進する力、勢い
provides further impetus for さらなる弾みをつける

いかがでしたか。結核もHIV感染症も同時進行で治療すべし、という内容でした。いずれも治療に一刻の猶予も許されない病態であれば時を置かずに開始することが求められるのですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 20:40:16 | Trackback(0) | Comments(0)
ちょっとした表現に目を向ける: N Engl J Med 2010;362:686-96.
日本語ではわけもない表現であっても、それがうまく英語にのってくるかどうかは、なかなか難しいところです。
NEJM Feb.25日号2本目の論文は閉経後女性の骨粗鬆症に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Lasofoxifene in Postmenopausal Women with Osteoporosis (N Engl J Med 2010;362:686-96.)

今回はいつものオーソドックスなハテナ表現です。
The effects of lasofoxifene on the risk of fractures, breast cancer, and cardiovascular disease are uncertain. (N Engl J Med 2010;362:686-96.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The effects of lasofoxifene on the risk of fractures, breast cancer, and cardiovascular disease are uncertain. (N Engl J Med 2010;362:686-96.)
 "effects on"のセットです。

METHODS

In this randomized trial, we assigned 8556 women who were between the ages of 59 and 80 years and had a bone mineral density T score of –2.5 or less at the femoral neck or spine to receive once-daily lasofoxifene (at a dose of either 0.25 mg or 0.5 mg) or placebo for 5 years. (N Engl J Med 2010;362:686-96.)

–2.5 or less -2.5以下の
 自分で書くとなると「あれっ、どうだっけ」となりそうな表現です。チェック。

RESULTS

Both the lower and higher doses, as compared with placebo, were associated with an increase in venous thromboembolic events (3.8 and 2.9 cases vs. 1.4 cases per 1000 person-years; hazard ratios, 2.67 [95% CI, 1.55 to 4.58] and 2.06 [95% CI, 1.17 to 3.60], respectively). (N Engl J Med 2010;362:686-96.)

Both the lower and higher doses 低用量も高用量もどちらも

ここで比較級を使ってそれぞれの用量を表しています。

CONCLUSIONS

In postmenopausal women with osteoporosis, lasofoxifene at a dose of 0.5 mg per day was associated with reduced risks of nonvertebral and vertebral fractures, ER-positive breast cancer, coronary heart disease, and stroke but an increased risk of venous thromboembolic events. (N Engl J Med 2010;362:686-96.)
 2つは対になっています。

付記として、

Dr. Delmas is deceased. (N Engl J Med 2010;362:686-96.)

共著者の1名はお亡くなりになっています。滅多に使うことはないと思いますが、フォーマルな表現として記憶しておきます。

いかがでしたか。ストックしておくとどこかで使えそうな表現がいろいろありました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 20:02:05 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。