■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
吃音の遺伝子解析: N Engl J Med 2010;362:677-85.
The New England Journal of Medicine Feb. 25号の最初の論文は吃音に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Mutations in the Lysosomal Enzyme–Targeting Pathway and Persistent Stuttering (N Engl J Med 2010;362:677-85.)

今回の「ハテナ起点」は、このあたりにほの見えます。
Stuttering is a disorder of unknown cause characterized by repetitions, prolongations, and interruptions in the flow of speech. (N Engl J Med 2010;362:677-85.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Genetic factors have been implicated in this disorder, and previous studies of stuttering have identified linkage to markers on chromosome 12. (N Engl J Med 2010;362:677-85.)

implicated 関連している、ほのめかす

METHODS

We analyzed the chromosome 12q23.3 genomic region in consanguineous Pakistani families, some members of which had nonsyndromic stuttering and in unrelated case and control subjects from Pakistan and North America. (N Engl J Med 2010;362:677-85.)
 "the"がついています。「ただ一つ、スポットライトがあたる感じ」ですね。

RESULTS

Deficits in this system are associated with the mucolipidoses, rare lysosomal storage disorders that are most commonly associated with bone, connective tissue, and neurologic symptoms. (N Engl J Med 2010;362:677-85.)

Deficits 不足

CONCLUSIONS

Susceptibility to nonsyndromic stuttering is associated with variations in genes governing lysosomal metabolism. (N Engl J Med 2010;362:677-85.)

governing 支配する、司る

いかがでしたか。こうした地道な積み重ねで、いつか吃音の病態生理が解明される日が来るのだと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:20:40 | Trackback(0) | Comments(0)
アメリカでも減塩効果: N Engl J Med 2010;362:590-9.
常日頃、高血圧やメタボの患者さんたちに「塩、減らしましょう」とお話ししています。
減塩による利得は日本だけではなく、グローバルにありそうだという内容の論文です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Projected Effect of Dietary Salt Reductions on Future Cardiovascular Disease (N Engl J Med 2010;362:590-9.)

今回の論文のきっかけとなった「ハテナ起点」は、このあたりに潜んでいそうです。
Reducing dietary salt is a potentially important target for the improvement of public health. (N Engl J Med 2010;362:590-9.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The U.S. diet is high in salt, with the majority coming from processed foods. (N Engl J Med 2010;362:590-9.)
 「塩分の多い食事だ」というのを単刀直入にこんな風に記載しています。なるほど。

Reducing dietary salt is a potentially important target for the improvement of public health. (N Engl J Med 2010;362:590-9.)
 この一語に、研究の動機が見えます。

METHODS

We used the Coronary Heart Disease (CHD) Policy Model to quantify the benefits of potentially achievable, population-wide reductions in dietary salt of up to 3 g per day (1200 mg of sodium per day). (N Engl J Med 2010;362:590-9.)

up to ~に至るまで
 ロングマン現代英英辞典4訂増補版には次のような解説があります。
up to sth as much or as many as a certain amount of number but not more
「3gを越えない程度の減塩」という意味になります。

RESULTS

Reducing dietary salt by 3 g per day is projected to reduce the annual number of new cases of CHD by 60,000 to 120,000, stroke by 32,000 to 66,000, and myocardial infarction by 54,000 to 99,000 and to reduce the annual number of deaths from any cause by 44,000 to 92,000. (N Engl J Med 2010;362:590-9.)

is projected to 予測される、(計算により)はじき出される

CONCLUSIONS

Modest reductions in dietary salt could substantially reduce cardiovascular events and medical costs and should be a public health target. (N Engl J Med 2010;362:590-9.)
 "could"なので、感覚としては「あるかも」というあたりでしょうか。

いかがでしたか。最後の、"should be a public health target"あたり、「え、今までそうじゃなかったの?」とかえって驚きました。それにしても、1日3gの減塩というのは、最大3gとしても、かなり大変なことではないかと思います。本文では、"modest" reductionと言っていますが、この辺の形容詞の表す「程度」というのは非常に個人差があるのでは、と思いました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 20:10:55 | Trackback(0) | Comments(2)
「意識」とはなんだろう: N Engl J Med 2010;362:579-89.
いささか哲学的なタイトルになり恐縮です。The New England Journal of Medicine Feb.18号最初の論文は、臨床的に意識障害と判定された患者について「脳活動」を検討した内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Willful Modulation of Brain Activity in Disorders of Consciousness (N Engl J Med 2010;362:579-89.)

今回の論文のきっかけとなった「ハテナ起点」はこのあたり。
The rate of misdiagnosis is approximately 40%, and new methods are required to complement bedside testing, particularly if the patient's capacity to show behavioral signs of awareness is diminished. (N Engl J Med 2010;362:579-89.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The differential diagnosis of disorders of consciousness is challenging. (N Engl J Med 2010;362:579-89.)

challenging 困難な
「やりがいはあるけれど難しい」というイメージです。ロングマン現代英英辞典4訂増補版には次のように説明されています。
challenging adj difficult in an interesting or enjoyable way

METHODS

At two major referral centers in Cambridge, United Kingdom, and Liege, Belgium, we performed a study involving 54 patients with disorders of consciousness. (N Engl J Med 2010;362:579-89.)

performed a study 検討を行った
 「検討した」のバリエーションとして使えますね。

RESULTS

Of the 54 patients enrolled in the study, 5 were able to willfully modulate their brain activity. In three of these patients, (N Engl J Med 2010;362:579-89.)
 正確に「~ができる」と表現したいときには、be able to を使います。

CONCLUSIONS

This technique may be useful in establishing basic communication with patients who appear to be unresponsive. (N Engl J Med 2010;362:579-89.)
 mayなので、可能性は半々というところでしょうか。

いかがでしたか。臨床的に「意識がない」と判定された患者でも、ごく一部には画像的に脳活動を認めた、という内容でした。画像的に脳活動がある、ということがすなわち「意識がある」と言ってよいのでしょうか。患者は「意識はあるけれど表現ができない」だけなのでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:34:10 | Trackback(0) | Comments(0)
新しい治療技術を評価する: N Engl J Med 2010;362:494-503.
医療技術は日進月歩であり、今日の第一選択は明日には取って代わられる運命にあります。
今回の論文は透析シャントに関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Stent Graft versus Balloon Angioplasty for Failing Dialysis-Access Grafts (N Engl J Med 2010;362:494-503.)

今回の、検討のきっかけとなった「ハテナ起点」はこのあたりでしょうか。
Balloon angioplasty, the first-line therapy, has a tendency to lead to subsequent recoil and restenosis; however, no other therapies have yet proved to be more effective. (N Engl J Med 2010;362:494-503.)

では、早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Balloon angioplasty, the first-line therapy, has a tendency to lead to subsequent recoil and restenosis; however, no other therapies have yet proved to be more effective. (N Engl J Med 2010;362:494-503.)

the first-line therapy 第一選択治療
「並みいる隊列のトップ」というイメージでしょうか。

METHODS

Primary end points included patency of the treatment area and patency of the entire vascular access circuit. (N Engl J Med 2010;362:494-503.)

patency 開存性、開通性

RESULTS

In addition, the incidence of freedom from subsequent interventions at 6 months was significantly greater in the stent-graft group than in the balloon-angioplasty group (32% vs. 16%, P=0.03 by the log-rank test and P=0.04 by the Wilcoxon rank-sum test). (N Engl J Med 2010;362:494-503.)
 "free from"の名詞形です。なかなか興味深い使い方ですね。

CONCLUSIONS

In this study, percutaneous revision of venous anastomotic stenosis in patients with a prosthetic hemodialysis graft was improved with the use of a stent graft, which appears to provide longer-term and superior patency and freedom from repeat interventions than standard balloon angioplasty. (N Engl J Med 2010;362:494-503.)

In this study, 今回の検討では
 すぐにでも使えそうなフレーズです。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:21:49 | Trackback(0) | Comments(0)
小児期の肥満が人生を決める: N Engl J Med 2010;362:485-93.
The New England Journal of Medicine Feb.11号最初の論文は、小児肥満に関する内容です。
小児期の肥満は生命予後に影響を与えるのでしょうか。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Childhood Obesity, Other Cardiovascular Risk Factors, and Premature Death (N Engl J Med 2010;362:485-93.)

今回の、研究の端緒となった「はてな起点」はこちら。

The effect of childhood risk factors for cardiovascular disease on adult mortality is poorly understood. (N Engl J Med 2010;362:485-93.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The effect of childhood risk factors for cardiovascular disease on adult mortality is poorly understood. (N Engl J Med 2010;362:485-93.)
 目新しい「はてな表現」です。

METHODS

In a cohort of 4857 American Indian children without diabetes (mean age, 11.3 years; 12,659 examinations) who were born between 1945 and 1984, we assessed whether body-mass index (BMI), glucose tolerance, and blood pressure and cholesterol levels predicted premature death. (N Engl J Med 2010;362:485-93.)
 "a cohort"であることをチェック。不定冠詞なんですね。

RESULTS

No significant associations were seen between rates of death from endogenous or external causes and childhood cholesterol levels or systolic or diastolic blood-pressure levels on a continuous scale, although childhood hypertension was significantly associated with premature death from endogenous causes (incidence-rate ratio, 1.57; 95% CI, 1.10 to 2.24). (N Engl J Med 2010;362:485-93.)
 有意な相関はなかった、という表現です。チェック。

CONCLUSIONS

In contrast, childhood hypercholesterolemia was not a major predictor of premature death from endogenous causes. (N Engl J Med 2010;362:485-93.)

In contrast 対照的に

 恐るべし小児期の肥満、という結果でした。高コレステロール血症は相関がなかった、というのは興味深いです。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 14:59:34 | Trackback(0) | Comments(0)
mayの出番: N Engl J Med 2010;362:427-39.
大西泰斗・ポールマクベイ先生によれば、「mayの可能性は五分五分」だそうです。
それを踏まえて読むと、NEJMのBackgroundで頻出するmayは、なるほどね、というところです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Acyclovir and Transmission of HIV-1 from Persons Infected with HIV-1 and HSV-2 (N Engl J Med 2010;362:427-39.)

今回のハテナ起点は、ここのmayにこめられているようです。
Therapy to suppress HSV-2 reduces the frequency of reactivation of HSV-2 as well as HIV-1 levels, suggesting that suppression of HSV-2 may reduce the risk of transmission of HIV-1. (N Engl J Med 2010;362:427-39.)

では、早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Therapy to suppress HSV-2 reduces the frequency of reactivation of HSV-2 as well as HIV-1 levels, suggesting that suppression of HSV-2 may reduce the risk of transmission of HIV-1. (N Engl J Med 2010;362:427-39.)
 これがCONCLUSIONSでどうなるか、に注目です。

METHODS

We conducted a randomized, placebo-controlled trial of suppressive therapy for HSV-2 (acyclovir at a dose of 400 mg orally twice daily) in couples in which only one of the partners was seropositive for HIV-1 (CD4 count, ≥250 cells per cubic millimeter) and that partner was also infected with HSV-2 and was not taking antiretroviral therapy at the time of enrollment. (N Engl J Med 2010;362:427-39.)
 take therapyでチェックしておきます。

RESULTS

A total of 92% of the partners infected with HIV-1 and 84% of the partners not infected with HIV-1 remained in the study for 24 months. (N Engl J Med 2010;362:427-39.)
 「全体のXX%が」という表現、これは、どこかで使えそうな表現です。

CONCLUSIONS

Daily acyclovir therapy did not reduce the risk of transmission of HIV-1, despite a reduction in plasma HIV-1 RNA of 0.25 log10 copies per milliliter and a 73% reduction in the occurrence of genital ulcers due to HSV-2. (N Engl J Med 2010;362:427-39.)
 ちゃんとBACKGROUNDと呼応しています。検討の結果、"did not reduce"であった、となっていますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:08:36 | Trackback(0) | Comments(0)
何度も出てくるということは: N Engl J Med 2010;362:416-26.
NEJM Feb.4号掲載の3番目の論文もmultiple sclerosis治療に関する内容です。
前2者とは薬剤が異なり、これはcladribineについての検討となります。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Placebo-Controlled Trial of Oral Cladribine for Relapsing Multiple Sclerosis (N Engl J Med 2010;362:416-26.)

今回も検討のきっかけとなるハテナ起点は抄録には明示されていないようです。

では、早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We report the results of a 96-week phase 3 trial of a short-course oral tablet therapy in patients with relapsing–remitting multiple sclerosis. (N Engl J Med 2010;362:416-26.)
 theとaの使い分けに注意。このフレーズは使い回しが利きそう。

METHODS

The primary end point was the rate of relapse at 96 weeks. (N Engl J Med 2010;362:416-26.)
 抄録であっても、一次エンドポイントが明記してあると読みやすいです。

RESULTS

Among patients who received cladribine tablets (either 3.5 mg or 5.25 mg per kilogram), there was a significantly lower annualized rate of relapse than in the placebo group (0.14 and 0.15, respectively, vs. 0.33; P<0.001 for both comparisons), a higher relapse-free rate (79.7% and 78.9%, respectively, vs. 60.9%; P<0.001 for both comparisons), a lower risk of 3-month sustained progression of disability (hazard ratio for the 3.5-mg group, 0.67; 95% confidence interval [CI], 0.48 to 0.93; P=0.02; and hazard ratio for the 5.25-mg group, 0.69; 95% CI, 0.49 to 0.96; P=0.03), and significant reductions in the brain lesion count on magnetic resonance imaging (MRI) (P<0.001 for all comparisons). (N Engl J Med 2010;362:416-26.)

for both comparisons 両者の比較で
for all comparisons 全ての比較で
 括弧内など、簡潔に記すときには便利な表現です。

CONCLUSIONS

The benefits need to be weighed against the risks. (N Engl J Med 2010;362:416-26.)

 これと同様の内容が今週号最初の論文にありましたね。

These benefits will need to be weighed against possible long-term risks. (N Engl J Med 2010;362:387-401.)

 この2文に共通しているのは、
need to be weighted against the risks
ですね。これは、この文脈で使用頻度の高い表現と見ました。チェック!

 それぞれ別の人が書いているのに記載が似てくる、というのはおもしろいですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:36:05 | Trackback(0) | Comments(0)
同じ表現を見つける: N Engl J Med 2010;362:402-15.
The New England Journal of Medicine Feb. 4号は多発性硬化症に対する治療法特集のようです。
今回の論文も経口fingolimodを検討しています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Oral Fingolimod or Intramuscular Interferon for Relapsing Multiple Sclerosis (N Engl J Med 2010;362:402-15.)

今回もハテナ起点ははっきりしません。

では抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Fingolimod (FTY720), a sphingosine-1-phosphate–receptor modulator that prevents lymphocyte egress from lymph nodes, showed clinical efficacy and improvement on imaging in a phase 2 study involving patients with multiple sclerosis. (N Engl J Med 2010;362:402-15.)

 この部分は前回の論文A Placebo-Controlled Trial of Oral Fingolimod in Relapsing Multiple Sclerosis (N Engl J Med 2010;362:387-401)にほとんど同じ記載があります。

Oral fingolimod, a sphingosine-1-phosphate–receptor modulator that prevents the egress of lymphocytes from lymph nodes, significantly improved relapse rates and end points measured on magnetic resonance imaging (MRI), as compared with either placebo or intramuscular interferon beta-1a, in phase 2 and 3 studies of multiple sclerosis (N Engl J Med 2010;362:387-401)

 薬剤の説明なので同一にならざるを得ないのでしょうが、見ている資料が同じなのかも、と思いたくもまりますね。

METHODS

Key secondary end points were the number of new or enlarged lesions on T2-weighted magnetic resonance imaging (MRI) scans at 12 months and progression of disability that was sustained for at least 3 months. (N Engl J Med 2010;362:387-401)
 
Key secondary end points 主要な二次エンドポイント

RESULTS

MRI findings supported the primary results. (N Engl J Med 2010;362:387-401)
 シンプルながら、使える表現です。

CONCLUSIONS

Longer studies are needed to assess the safety and efficacy of treatment beyond 1 year. (N Engl J Med 2010;362:387-401)

beyond 1 year 一年を越えて

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:33:16 | Trackback(0) | Comments(0)
定石には定石のよさが: N Engl J Med 2010;362:387-401.
論文抄録の書き方にはそれぞれの投稿先によって定められたフォームがあります。
それに則って書いてある限り、読み手が迷うことはないのですが、今回の論文、いつもと少し毛色が異なるようです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Placebo-Controlled Trial of Oral Fingolimod in Relapsing Multiple Sclerosis (N Engl J Med 2010;362:387-401.)

今回はハテナ起点(論文を書くに至ったきっかけ)は明示されていません。

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Oral fingolimod, a sphingosine-1-phosphate–receptor modulator that prevents the egress of lymphocytes from lymph nodes, significantly improved relapse rates and end points measured on magnetic resonance imaging (MRI), as compared with either placebo or intramuscular interferon beta-1a, in phase 2 and 3 studies of multiple sclerosis. (N Engl J Med 2010;362:387-401.)
 一文モノの長い背景説明です。でも、読んでもここからどのように展開していくのか、著者らは何を疑問に思っているのかは、全くわかりません。

METHODS

In our 24-month, double-blind, randomized study, we enrolled patients who had relapsing–remitting multiple sclerosis, were 18 to 55 years of age, had a score of 0 to 5.5 on the Expanded Disability Status Scale (which ranges from 0 to 10, with higher scores indicating greater disability), and had had one or more relapses in the previous year or two or more in the previous 2 years. (N Engl J Med 2010;362:387-401.)

one or more relapses in the previous year or two or more in the previous 2 years 1年以内に1回以上、あるいは2年以内に2回以上の再発
 orがたくさんあるので、ここだけ読むとわかりにくく思えますが。

RESULTS

A total of 1033 of the 1272 patients (81.2%) completed the study. (N Engl J Med 2010;362:387-401.)
 theが入ることに注意。

CONCLUSIONS

As compared with placebo, both doses of oral fingolimod improved the relapse rate, the risk of disability progression, and end points on MRI. These benefits will need to be weighed against possible long-term risks. (N Engl J Med 2010;362:387-401.)

be weighed 熟慮される

 容量設定のための比較試験と読める結論でした。背景のところでそれらしいことが書いてあれば、読みやすくなったのに、と思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 14:47:21 | Trackback(0) | Comments(0)
NEJM Podcasting: Jan.28, 2010
The New England Journal of Medicine Jan. 28, 2010のオーディオサマリーを聞きます。
NEJMのサイトやiTunesで入手できますよ。

では、ヘッドライン部分を聞いてみます。
いつもの通り、スクリプトと異なって読まれている部分を赤字で示します。

This audio summary is sponsored by Medtronic, innovating for life, committing to changing the way the world treats chronic disease. Learn more at medtronic.com. Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the weekThis summary covers the issue of January 28, 2010. I'm Dr Lisa Johonson. This week's issue features Featured are articles on rotavirus vaccine and severe gastroenteritis in African infants, effect of rotavirus vaccine on death from childhood diarrhea in Mexico, outcomes after internal versus external tocodynamometry for monitoring labor, vaccine-acquired rotavirus in infants with severe combined immunodeficiency, increased ambulatory care copayments and hospitalizations among the elderly, and insight into insulin secretion; a review article on Alzheimer’s disease; a case report of an infant with developmental delay and irritability; and Perspective articles on tobacco control and free speech, on medicine’s ethical responsibility for health care reform, and on American values and health care reform.

今回は、スポンサー部分以外は、ほぼスクリプト通りでした。Medtronicのところ、ちょっと聞きやすくなったのは慣れたせいでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:19:51 | Trackback(0) | Comments(0)
診療にまつわる単語をチェック: N Engl J Med 2010;362:320-8.
疾患名や検査名といった、いわゆる医学専門用語はなじみがあっても、診療関連用語には意外と疎いものです。
今回のSpecial Articleでチェックしてみましょう。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Increased Ambulatory Care Copayments and Hospitalizations among the Elderly (N Engl J Med 2010;362:320-8.)

今回のはてな起点はこのあたり。
When copayments for ambulatory care are increased, elderly patients may forgo important outpatient care, leading to increased use of hospital care. (N Engl J Med 2010;362:320-8.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

When copayments for ambulatory care are increased, elderly patients may forgo important outpatient care, leading to increased use of hospital care. (N Engl J Med 2010;362:320-8.)

copayments 診療自己負担金
ambulatory care 外来診療
forgo 先送りにする

mayが使われています。五分五分の可能性を考えているのでしょう。

METHODS

We compared longitudinal changes in the use of outpatient and inpatient care between enrollees in Medicare plans that increased copayments for ambulatory care and enrollees in matched control plans ― similar plans that made no changes in these copayments. (N Engl J Med 2010;362:320-8.)

enrollees 加入者

RESULTS

In the year after the rise in copayments, plans that increased cost sharing had 19.8 fewer annual outpatient visits per 100 enrollees (95% confidence interval [CI], 16.6 to 23.1), 2.2 additional annual hospital admissions per 100 enrollees (95% CI, 1.8 to 2.6), 13.4 more annual inpatient days per 100 enrollees (95% CI, 10.2 to 16.6), and an increase of 0.7 percentage points in the proportion of enrollees who were hospitalized (95% CI, 0.51 to 0.95), as compared with concurrent trends in control plans. (N Engl J Med 2010;362:320-8.)
 外来受診と入院を対比させて書いています。

These estimates were consistent among a cohort of continuously enrolled beneficiaries. (N Engl J Med 2010;362:320-8.)

consistent 変わらない

CONCLUSIONS

Raising cost sharing for ambulatory care among elderly patients may have adverse health consequences and may increase total spending on health care. (N Engl J Med 2010;362:320-8.)
 慎重な言い方になっています。

 高齢者において、自己負担額を増加させると外来受診を控えるようになる反面、入院が増えるという結果でした。十分予想できる内容ですが、こうした事実が論文としてNEJMに掲載されるあたり、興味深いところです。少なくとも私の取っている、日本の学術雑誌では見たことがないように思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:31:26 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。