■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
年齢別新型インフルエンザワクチン効果: N Engl J Med 2009;361:2414-23.
The New England Journal of Medicine 12月17日号2本目掲載は、年齢別の新型インフルエンザワクチン効果です。
このあたり、日本でもホットな話題でしたね。
下記のタイトルをクリックすると抄録と本文が開きます(今回も、全文無料閲覧可です)。
A Novel Influenza A (H1N1) Vaccine in Various Age Groups (N Engl J Med 2009;361:2414-23.)

今回のハテナ起点はこのあたりにありそうです。
There is an urgent need for a vaccine that is effective against the 2009 pandemic influenza A (H1N1) virus. (N Engl J Med 2009;361:2414-23.)

では抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

There is an urgent need for a vaccine that is effective against the 2009 pandemic influenza A (H1N1) virus. (N Engl J Med 2009;361:2414-23.)
 "the"がついていますね。「ひとつに決まる」というイメージです。(英単語イメージハンドブック 大西泰斗+ポール・マクベイ著)新型インフルエンザウイルスもそういう格付けになったんですねぇ。

METHODS

The immunization schedule consisted of two vaccinations, 21 days apart. (N Engl J Med 2009;361:2414-23.)
 昨日の論文にも出てきました。「21日空けて」ですね。ワクチンの打ち方としては「21日空け」がグローバルスタンダードなんでしょうかね。

RESULTS

In the nonadjuvanted-vaccine groups, injection-site or systemic reactions, most mild in nature, were noted in 5.5 to 15.9% of subjects. (N Engl J Med 2009;361:2414-23.)

in nature 全く
 most mildの強調として意味を取りました。あるいは「実際、最も軽微であったが」という感触かもしれません。

CONCLUSIONS

These data suggest that a single dose of 15 µg of hemagglutinin antigen without alum adjuvant induces a typically protective immune response in the majority of subjects between 12 and 60 years of age. (N Engl J Med 2009;361:2414-23.)
 標準的な書き方ですが、使いやすいです。

いかがでしたか。アジュバントなしの1回打ちが有効というのはなかなか興味深い結果でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:55:36 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。