■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

薬剤名が長いけれど...:N Engl J Med 2009;361:2230-40.
論文に出てくる薬剤名は、馴染みがない領域だと特に、なかなか読みづらいものです。それが比較試験の場合には、更にたくさん出てきて、幻惑されます。そんなときは、色づけして区別したり、自分で略称を付けたりして読むと、わかりやすくなります。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Abacavir–Lamivudine versus Tenofovir–Emtricitabine for Initial HIV-1 Therapy (N Engl J Med 2009;361:2230-40.)

今回のハテナ起点はこのあたり。
... but which NRTI combination has greater efficacy and safety is not known. (N Engl J Med 2009;361:2230-40.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The use of fixed-dose combination nucleoside reverse-transcriptase inhibitors (NRTIs) with a nonnucleoside reverse-transcriptase inhibitor or a ritonavir-boosted protease inhibitor is recommended as initial therapy in patients with human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) infection, but which NRTI combination has greater efficacy and safety is not known. (N Engl J Med 2009;361:2230-40.)
 前半で現在の治療法を述べ、but以下でひっくり返して、is not knownと落とす、いつもの展開です。

METHODS

In a randomized, blinded equivalence study involving 1858 eligible patients, we compared four once-daily antiretroviral regimens as initial therapy for HIV-1 infection: abacavir–lamivudine or tenofovir disoproxil fumarate (DF)–emtricitabine plus efavirenz or ritonavir-boosted atazanavir. (N Engl J Med 2009;361:2230-40.)
 薬がたくさん出てきて、組み合わせがわかりにくくなっています。
 まず、4種類のレジメンがあるといって、次にその内容を書いていますね。abacavir–lamivudineかtenofovir disoproxil fumarate (DF)–emtricitabineいずれかに、プラスするものもefavirenzかritonavir-boosted atazanavirのどちらか。2X2で4種類、ということになります。
 本文を読むと、
Patients were randomly assigned to receive one of four oral once-daily regimens: 600 mg of efavirenz (Sustiva, Bristol-Myers Squibb) or 300 mg of atazanavir (Reyataz, Bristol-Myers Squibb) plus 100 mg of ritonavir (Norvir, Abbott Laboratories) given with either 600 mg of abacavir plus 300 mg of lamivudine (Epzicom, GlaxoSmithKline) or 300 mg of tenofovir DF plus 200 mg of emtricitabine (Truvada, Gilead Sciences). (N Engl J Med 2009;361:2230-40.)
 efaviren 600mgかatazanavir 300mg + 100mg retonavirという2群がまずあって、更にそれぞれについて、600mg abacavir + 300mg lamivudineか300mg tenofovir DF + 200mg emtricitabineというチョイスがある、と言う内容です。抄録と書き方が逆になってますね。

RESULTS

A scheduled interim review by an independent data and safety monitoring board showed significant differences in virologic efficacy, according to the NRTI combination, among patients with screening HIV-1 RNA levels of 100,000 copies per milliliter or more. (N Engl J Med 2009;361:2230-40.)

according to the NRTI combination NRTIの組み合わせによって
 おもしろいところにはさまっています。

CONCLUSIONS

In patients with screening HIV-1 RNA levels of 100,000 copies per milliliter or more, the times to virologic failure and the first adverse event were both significantly shorter in patients randomly assigned to abacavir–lamivudine than in those assigned to tenofovir DF–emtricitabine. (N Engl J Med 2009;361:2230-40.)
 the timesと複数形になっていますよ。限定かつ具体的だからでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。お役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

 

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:17:06 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad