■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

温故知新: N Engl J Med 2009;361:2529-37.
医療分野における検査方法には次々と新技術が開発応用されています。
でも、今回の論文で取り上げた心電図のように、ずっと昔からあるシンプルな検査もまだまだ現役です
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Long-Term Outcome Associated with Early Repolarization on Electrocardiography (N Engl J Med 2009;361:2529-37.)

今回のハテナ起点はこのあたり。
Early repolarization, which is characterized by an elevation of the QRS–ST junction (J point) in leads other than V1 through V3 on 12-lead electrocardiography, has been associated with vulnerability to ventricular fibrillation, but little is known about the prognostic significance of this pattern in the general population. (N Engl J Med 2009;361:2529-37.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Early repolarization, which is characterized by an elevation of the QRS–ST junction (J point) in leads other than V1 through V3 on 12-lead electrocardiography, has been associated with vulnerability to ventricular fibrillation, but little is known about the prognostic significance of this pattern in the general population. (N Engl J Med 2009;361:2529-37.)

vulnerability 脆弱性

METHODS

We assessed the prevalence and prognostic significance of early repolarization on 12-lead electrocardiography in a community-based general population of 10,864 middle-aged subjects (mean [±SD] age, 44±8 years). (N Engl J Med 2009;361:2529-37.)
 このように、さりげなく目的を織り込む文もいいですね。

RESULTS

J-point elevation of at least 0.1 mV in inferior leads was associated with an increased risk of death from cardiac causes (adjusted relative risk, 1.28; 95% confidence interval [CI], 1.04 to 1.59; P=0.03); 36 subjects (0.3%) with J-point elevation of more than 0.2 mV in inferior leads had a markedly elevated risk of death from cardiac causes (adjusted relative risk, 2.98; 95% CI, 1.85 to 4.92; P<0.001) and from arrhythmia (adjusted relative risk, 2.92; 95% CI, 1.45 to 5.89; P=0.01). (N Engl J Med 2009;361:2529-37.)

was associated with 統計学的に関連があった

CONCLUSIONS

An early-repolarization pattern in the inferior leads of a standard electrocardiogram is associated with an increased risk of death from cardiac causes in middle-aged subjects. (N Engl J Med 2009;361:2529-37.)
 名刺の使い方が効果的です。

 今後、心電図を読むとき、Jポイント上昇にもしっかり注目しなくては。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:35:36 | Trackback(0) | Comments(0)
平易な単語で書く: N Engl J Med 2009;361:2518-28.
The New England Journal of Medicineのabstractは比較的平易な単語で書かれています。
平易だけれど幼稚ではないという書きぶりが勉強になります。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Genetic Variants Associated with Lp(a) Lipoprotein Level and Coronary Disease (N Engl J Med 2009;361:2518-28.)

今回はハテナ起点がありますよ。
The genetic determinants of the Lp(a) lipoprotein level and their relevance for the risk of coronary disease are incompletely understood. (N Engl J Med 2009;361:2518-28.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

An increased level of Lp(a) lipoprotein has been identified as a risk factor for coronary artery disease that is highly heritable. (N Engl J Med 2009;361:2518-28.)

heritable 遺伝性の

METHODS

We used a novel gene chip containing 48,742 single-nucleotide polymorphisms (SNPs) in 2100 candidate genes to test for associations in 3145 case subjects with coronary disease and 3352 control subjects. (N Engl J Med 2009;361:2518-28.)
 きわめて平易な単語ですが、きちんと使えます。

RESULTS

After adjustment for the Lp(a) lipoprotein level, the association between the LPA genotype score and the risk of coronary disease was abolished. (N Engl J Med 2009;361:2518-28.)

abolished 消滅した

CONCLUSIONS

Our findings provide support for a causal role of Lp(a) lipoprotein in coronary disease. (N Engl J Med 2009;361:2518-28.)
 基本表現です。結果、考察、結論いずれにも使えます。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:01:14 | Trackback(0) | Comments(0)
新型インフルエンザの病態: N Engl J Med 2009;361:2507-17.
まだまだ油断のならない新型インフルエンザですが、その病態については徐々に情報がそろってきました。
今回は中国からの報告を取り上げます。

下記のタイトルをクリックすると抄録および全文が開きます。
Clinical Features of the Initial Cases of 2009 Pandemic Influenza A (H1N1) Virus Infection in China (N Engl J Med 2009;361:2507-17.)

今回は報告書の体裁なので、ハテナ起点は見あたりません。

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Persons in whom infection was confirmed were hospitalized and quarantined, and some of them were closely observed for the purpose of investigating the nature and duration of the disease. (N Engl J Med 2009;361:2507-17.)

quarantined 隔離する
新型関連ではお世話になることの多い単語です。

METHODS

Real-time reverse-transcriptase–polymerase-chain-reaction (RT-PCR) testing was used to confirm infection, the clinical features of the disease were closely monitored, and 254 patients were treated with oseltamivir within 48 hours after the onset of disease. (N Engl J Med 2009;361:2507-17.)
 対象426人中、抗ウイルス薬投与は254人だったのですね。

RESULTS

The median incubation period of the virus was 2 days (range, 1 to 7). (N Engl J Med 2009;361:2507-17.)
 潜伏期は平均2日間。このあたりも、かなり有用な情報です。

The median length of time during which patients had positive real-time RT-PCR test results was 6 days (range, 1 to 17). (N Engl J Med 2009;361:2507-17.)
 RT-PCR陽性期間は平均6日ということですが、rangeは1-17日と広いですね。

CONCLUSIONS

The typical period during which the virus can be detected with the use of real-time RT-PCR is 6 days (whether or not fever is present).
 発症後7日間は自宅にいましょう、というのはやはり安全域を取った妥当な線なのでしょうね。

こうした病態情報を集積することで、より有効な対策が打てると思います。多様な集団からの報告が待たれます。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:22:28 | Trackback(0) | Comments(0)
定番の流れをつかむ: N Engl J Med 2009;361:2436-48.
The New England Journal of Medicine Dec.17号4つめに掲載の論文は新型インフルエンザから離れて、心不全を鉄補給で改善すると言う内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Ferric Carboxymaltose in Patients with Heart Failure and Iron Deficiency (N Engl J Med 2009;361:2436-48.)

今回のハテナ起点はこのあたり。
Iron deficiency may impair aerobic performance. (N Engl J Med 2009;361:2436-48.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Iron deficiency may impair aerobic performance. (N Engl J Med 2009;361:2436-48.)
 「開かれたドア」のイメージ、may、です。(「英単語イメージハンドブック」大西泰斗+ポール・マクベイ著)
BACKGROUNDで使われる助動詞は圧倒的にmayまたはmightですね。canやcouldは、思い出す限りは、ないですねぇ。canだと、「潜在」のイメージで、かなり確信がある言い方になるからでしょうか。

METHODS

We enrolled 459 patients with chronic heart failure ...Patients were randomly assigned... (N Engl J Med 2009;361:2436-48.)
 登録enrollして無作為割付randomly assigned、というのは定番の流れです。

RESULTS

Significant improvements were seen with ferric carboxymaltose in the distance on the 6-minute walk test and quality-of-life assessments. (N Engl J Med 2009;361:2436-48.)

in the distance on the 6-minute walk test 6分間歩行テストで

CONCLUSIONS

Treatment with intravenous ferric carboxymaltose in patients with chronic heart failure and iron deficiency, with or without anemia, improves symptoms, functional capacity, and quality of life; the side-effect profile is acceptable. (N Engl J Med 2009;361:2436-48.)

side-effect 副作用
 最近はadverse effect(有害事象)という語のほうが多用されていますが、ここではside-effectを使っています。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ





テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:03:10 | Trackback(0) | Comments(0)
アジュバント添加の効果は?:N Engl J Med 2009;361:2424-35.
今週号のNEJM3つめの論文も新型インフルエンザウイルスに関するものです。
アジュバント添加の効果について検討しています。
下記のタイトルをクリックすると抄録と本文が開きます。これも全文無料閲覧可ですよ。

Trial of 2009 Influenza A (H1N1) Monovalent MF59-Adjuvanted Vaccine (N Engl J Med 2009;361:2424-35.)

ハテナ起点はこのあたりでしょうか。
Development of effective vaccines is a public health priority. (N Engl J Med 2009;361:2424-35.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Development of effective vaccines is a public health priority. (N Engl J Med 2009;361:2424-35.)
 今週号の3編を振り返って同様の表現を並べてみましょう。
A safe and effective vaccine is needed. (N Engl J Med 2009;361:2405-13.)
There is an urgent need for a vaccine that is effective against the 2009 pandemic influenza A (H1N1) virus. (N Engl J Med 2009;361:2414-23.)
 これで、「ワクチンは緊急の課題である」という内容について3通りの表現ができますね。

METHODS

Subjects were randomly assigned to receive two intramuscular injections of vaccine containing 7.5 µg of hemagglutinin on day 0 in each arm or one injection on day 0 and the other on day 7, 14, or 21; or two 3.75-µg doses of MF59-adjuvanted vaccine, or 7.5 or 15 µg of nonadjuvanted vaccine, administered 21 days apart. (N Engl J Med 2009;361:2424-35.)
 この表現も3回目。もう忘れません。

RESULTS

The most frequent local and systemic reactions were pain at the injection site and muscle aches, noted in 70% and 42% of subjects, respectively; reactions were more common with the MF59-adjuvanted vaccine than with nonadjuvanted vaccine. (N Engl J Med 2009;361:2424-35.)

muscle aches 筋肉痛
 講談社英和中辞典によると、
pain 突然に襲う鋭い痛み
ache 長時間続く鋭い、または鈍い痛み

ということでした。

CONCLUSIONS

Monovalent 2009 influenza A (H1N1) MF59-adjuvanted vaccine generates antibody responses likely to be associated with protection after a single dose is administered. (N Engl J Med 2009;361:2424-35.)

generates antibody responses 抗体反応を産生する
 こういう時の動詞はgenerateなんですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:25:25 | Trackback(0) | Comments(0)
年齢別新型インフルエンザワクチン効果: N Engl J Med 2009;361:2414-23.
The New England Journal of Medicine 12月17日号2本目掲載は、年齢別の新型インフルエンザワクチン効果です。
このあたり、日本でもホットな話題でしたね。
下記のタイトルをクリックすると抄録と本文が開きます(今回も、全文無料閲覧可です)。
A Novel Influenza A (H1N1) Vaccine in Various Age Groups (N Engl J Med 2009;361:2414-23.)

今回のハテナ起点はこのあたりにありそうです。
There is an urgent need for a vaccine that is effective against the 2009 pandemic influenza A (H1N1) virus. (N Engl J Med 2009;361:2414-23.)

では抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

There is an urgent need for a vaccine that is effective against the 2009 pandemic influenza A (H1N1) virus. (N Engl J Med 2009;361:2414-23.)
 "the"がついていますね。「ひとつに決まる」というイメージです。(英単語イメージハンドブック 大西泰斗+ポール・マクベイ著)新型インフルエンザウイルスもそういう格付けになったんですねぇ。

METHODS

The immunization schedule consisted of two vaccinations, 21 days apart. (N Engl J Med 2009;361:2414-23.)
 昨日の論文にも出てきました。「21日空けて」ですね。ワクチンの打ち方としては「21日空け」がグローバルスタンダードなんでしょうかね。

RESULTS

In the nonadjuvanted-vaccine groups, injection-site or systemic reactions, most mild in nature, were noted in 5.5 to 15.9% of subjects. (N Engl J Med 2009;361:2414-23.)

in nature 全く
 most mildの強調として意味を取りました。あるいは「実際、最も軽微であったが」という感触かもしれません。

CONCLUSIONS

These data suggest that a single dose of 15 µg of hemagglutinin antigen without alum adjuvant induces a typically protective immune response in the majority of subjects between 12 and 60 years of age. (N Engl J Med 2009;361:2414-23.)
 標準的な書き方ですが、使いやすいです。

いかがでしたか。アジュバントなしの1回打ちが有効というのはなかなか興味深い結果でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:55:36 | Trackback(0) | Comments(0)
新型インフルワクチン特集: N Engl J Med 2009;361:2405-13.
新型インフルエンザワクチン接種も徐々に対象範囲が広がってきております。
今週号のThe New England Journal of Medicineは新型ワクチン関連の論文を三編掲載しており、さながら特集号です。
いずれも無料で全文を閲覧できます。関心の高さを反映していますね。
下記のタイトルをクリックすると抄録および全文が開きます。
Response to a Monovalent 2009 Influenza A (H1N1) Vaccine
今回の「ハテナ起点」はこのあたりに潜んでいます。
A safe and effective vaccine is needed. (N Engl J Med 2009;361:2405-13.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

A randomized, observer-blind, parallel-group trial evaluating two doses of an inactivated, split-virus 2009 H1N1 vaccine in healthy adults between the ages of 18 and 64 years is ongoing at a single site in Australia. (N Engl J Med 2009;361:2405-13.)

ongoing 進行中である
 今も継続中で中間報告なのか、とも取れる表現ですね。

METHODS

We evaluated the immunogenicity and safety of the vaccine after each of two scheduled doses, administered 21 days apart. (N Engl J Med 2009;361:2405-13.)

administered 21 days apart 21日間空けて接種した
 使えそうな表現です。チェック。

RESULTS

Nearly all events were mild to moderate in intensity. (N Engl J Med 2009;361:2405-13.)
 耳から聞いてもすらっと意味が取れそうな、わかりやすい言い方ですね。

CONCLUSIONS

A single 15-µg dose of 2009 H1N1 vaccine was immunogenic in adults, with mild-to-moderate vaccine-associated reactions. (N Engl J Med 2009;361:2405-13.)
 ここは過去形になっています。現時点までに判っている内容、ということでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:30:36 | Trackback(0) | Comments(0)
NEJM Podcasting: Dec. 10, 2009
The New England Journal of Medicine Dec.10号のオーディオサマリーを聞いておきます。
下記をクリックすると、オーディオサマリーへ飛びます。
NEJM AUDIO SUMMARY
Supplement to the New England Journal of Medicine, Vol. 361, No. 24.


ではいつものように、ヘッドライン部分を聞きます。スクリプトが掲載されているので便利ですね。
実際に読まれているものと異なるスクリプト部分は赤字で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio sumary for the week This summary covers the issue of December 10, 2009. I'm Dr Lisa Johnson. This week's issue features Featured are articles on allogeneic hematopoietic stem-cell transplantation for sickle cell disease, platelet inhibition with cangrelor in patients undergoing PCI, and dabigatran vs. warfarin for acute venous thromboembolism; a review article on telomere diseases; a case report of a boy with paroxysmal headaches and visual changes; and Perspective articles on primary care and accountable care two essential elements of delivery-system reform; on the Supreme Court, process patents, and medical innovation; and on the breadth of hopes.

いつにもまして、短いヘッドラインでした。(わずか38秒)

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:28:51 | Trackback(0) | Comments(0)
続)週イチ!統計を読む:N Engl J Med 2009;361:2318-29.
前回の記事は「有意差が出なかったのは何がいけなかったのでしょう?」で終わってしまいました。
今日は、同じ論文を読んで、著者らがどこに問題をみつけたかを探ってみます。

Platelet Inhibition with Cangrelor in Patients Undergoing PCI (N Engl J Med 2009;361:2318-29.)

こちらは全文無料閲覧ではないので、興味のある方は図書館などでご覧ください。

さて、「有意差が出なかった」理由については、DISCUSSIONに書かれています。

On the basis of these observations as well as others that address the pharmacodynamic limitations of clopidogrel, it was unexpected that a cangrelor infusion was not superior to 600 mg of clopidogrel in this trial with the use of the predefined primary end point, especially since significantly higher levels of periprocedural platelet inhibition were achieved with cangrelor. (N Engl J Med 2009;361:2318-29.)
 この前段に、今回の検討の背景となった文献的事実が述べられており、それを踏まえて考えると、今回の結果は著者らにとって想定外であったと書いています。実際、そうなんでしょうね。

These results raise questions about the most appropriate end-point selection and definition as well as the best trial design to test the efficacy and safety of a short-acting antiplatelet agent in patients who have myocardial infarction without ST-segment elevation, when short times from admission to PCI prevent clear delineation between myocardial infarction occurring before and that occurring after randomization. (N Engl J Med 2009;361:2318-29.)
 一次エンドポイントの設定、定義、研究デザインに問題がありそうだ、というわけですね。なるほど、一次エンドポイントで有意差が出なかったので、原因をそこにもってくるという理屈ですね。

As an exploratory (post hoc) analysis, this observation should be viewed as hypothesis-generating until it is addressed in an adequately powered randomized clinical trial. (N Engl J Med 2009;361:2318-29.)

an exploratory (post hoc) analysis 事後分析
 前文のthe composite end point of death from any cause, Q-wave myocardial infarction, or ischemia-driven revascularization (N Engl J Med 2009;361:2318-29.)のほうが、目があったかなあ、というところでしょうか。

このあと、更に「こうやったらよかった」「次はこうしたらどうか」というような考察が続きます。
DISCUSSIONを読む限りでは、一次エンドポイントの設定に難があったというところに落ち着くようです。当たり前、といえば当たり前ですが。

今日はここまで。
NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
 


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Further Reading | 06:44:42 | Trackback(0) | Comments(0)
週イチ!統計を読む: N Engl J Med 2009;361:2318-29.
The New England Journal of Medicine Dec.10号掲載の論文を使って、
統計を勉強しましょう。

取り上げる論文はこちら。
Platelet Inhibition with Cangrelor in Patients Undergoing PCI (N Engl J Med 2009;361:2318-29.)

今回も、参考テキストは臨床医による臨床医のための本当はやさしい臨床統計―一流論文に使われる統計手法はこれだ! (EBMライブラリー)です。
いつものように、DPES方式で、チェックしていきます。

DPES方式、というのは前回、私が命名した読み方(内容はもちろん前述テキストに掲載)で、
1)研究デザイン:Design
2)統計学的パワー:Power
3)一次エンドポイント:primary Endopoint
4)統計手法:Statics
です。

1)研究デザイン
本文中のMETHODSに書かれています。

STUDY DESIGN
CHAMPION PCI was a randomized, double-blind, double-dummy, active-control trial comparing cangrelor with 600 mg of clopidogrel in patients undergoing PCI.
(N Engl J Med 2009;361:2318-29.)
ランダム化比較試験である、と書かれています。もう一カ所、それが書かれているところがあって、
TREATMENTS
Patients were randomly assigned to either cangrelor or clopidogrel in a 1:1 double-blind, double-dummy design with the use of an interactive voice-response system.
(N Engl J Med 2009;361:2318-29.)
こちらでは、割付方法(1:1)にも言及しています。

2)統計学的パワー
これはSTATISTICAL ANALYSISにありました。
The composite event rate was estimated at 7% in the control clopidogrel group. (N Engl J Med 2009;361:2318-29.)
まず、コントロール群での事象発生率を出しています。ここでは7%。
Assuming a 22% relative risk reduction, we estimated that a sample size of 8000 patients would provide approximately 82% power with an alpha level of 0.05. (N Engl J Med 2009;361:2318-29.)
相対リスク減少率を22%とし、パワー82%(つまりβ=0.18)、α=0.05で、サンプル数8000と計算しています。

3)一次エンドポイント
The primary efficacy end point of the study was the composite of death from any cause, myocardial infarction, or ischemia-driven revascularization at 48 hours.
「死亡」をエンドポイントにもってきているので、アウトカムの種類は二者択一型です。

4)統計手法
The primary end-point comparison between the cangrelor and placebo groups was performed by calculating an odds ratio, with accompanying 95% confidence intervals, with the use of logistic regression. (N Engl J Med 2009;361:2318-29.)
ロジスティック回帰分析によりオッズ比を出した、と書かれています。

研究の結果、有意差なし、となったのは、どのあたりに問題があったのでしょうか。22%の相対リスク低減、という設定がまずかったのでしょうか。気になります。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:46:05 | Trackback(0) | Comments(0)
形容詞に語らせる: N Engl J Med 2009;361:2342-52.
うまい形容詞が見つかれば、ごたごたとした説明をしなくても、すっきりとまとめることができます。
そこらあたりは語彙力勝負になってくるわけですが...とはいえ、平易なことばでも使い方でぴったりと決めることもできますよ。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Dabigatran versus Warfarin in the Treatment of Acute Venous Thromboembolism (N Engl J Med 2009;361:2342-52.)

今回のハテナ起点はこのあたりに見え隠れしています。
The direct oral thrombin inhibitor dabigatran has a predictable anticoagulant effect and may be an alternative therapy to warfarin for patients who have acute venous thromboembolism. (N Engl J Med 2009;361:2342-52.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The direct oral thrombin inhibitor dabigatran has a predictable anticoagulant effect and may be an alternative therapy to warfarin for patients who have acute venous thromboembolism. (N Engl J Med 2009;361:2342-52.)

predictable 予見できる
 この一語にハテナ起点のにおいがしますね。

METHODS

The primary outcome was the 6-month incidence of recurrent symptomatic, objectively confirmed venous thromboembolism and related deaths. (N Engl J Med 2009;361:2342-52.)
 一次アウトカムについての記載です。

RESULTS

A total of 30 of the 1274 patients randomly assigned to receive dabigatran (2.4%), as compared with 27 of the 1265 patients randomly assigned to warfarin (2.1%), had recurrent venous thromboembolism; the difference in risk was 0.4 percentage points (95% confidence interval [CI], –0.8 to 1.5; P<0.001 for the prespecified noninferiority margin). (N Engl J Med 2009;361:2342-52.)
 このような結果の書き方は初出かもしれません。had recurrent venous thromboembolismが出てくるまで、何が言いたいのか見当もつかない、という難点はありますが、エントリー数と一次アウトカム発症者数を2群の比較で一気にひとつの文にしてしまう、という力業、参考になります。

CONCLUSIONS

For the treatment of acute venous thromboembolism, a fixed dose of dabigatran is as effective as warfarin, has a safety profile that is similar to that of warfarin, and does not require laboratory monitoring. (N Engl J Med 2009;361:2342-52.)
 ここも一文にまとめきっています。書き手の好み(くせ)なのかもしれませんね。普通に短文で分けても問題ないでしょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:32:32 | Trackback(0) | Comments(0)
mayの過去形、現在形が示すもの: N Engl J Med 2009;361:2330-41.
NEJM Dec.10号3つめの論文もcangrelorに関する内容です。
さながら「cangrelor特集号」といった体ですが、今回の論文の内容はいかに?
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Intravenous Platelet Blockade with Cangrelor during PCI (N Engl J Med 2009;361:2330-41.)

今回のハテナ起点はこのあたりに潜んでいるかも。
Intravenous cangrelor, a rapid-acting, reversible adenosine diphosphate (ADP) receptor antagonist, might reduce ischemic events during percutaneous coronary intervention (PCI). (N Engl J Med 2009;361:2330-41.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Intravenous cangrelor, a rapid-acting, reversible adenosine diphosphate (ADP) receptor antagonist, might reduce ischemic events during percutaneous coronary intervention (PCI). (N Engl J Med 2009;361:2330-41.)

mightというmayの過去形を使っています。大西先生・マクベイ先生のハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (語学シリーズ)によれば、
 mayは閉ざされていないイメージ=可能性は50%くらい
 過去形は離れるイメージ=控えめな表現

となります。従って、「かなり確率は低そうだけど、可能性はあるかも」くらいのイメージになります。

METHODS

The primary end point was a composite of death, myocardial infarction, or ischemia-driven revascularization at 48 hours. (N Engl J Med 2009;361:2330-41.)
 前回取り上げた論文Platelet Inhibition with Cangrelor in Patients Undergoing PCIの一次エンドポイントは48時間の時点でした。PCI後の評価として一般的な時点なんでしょうか。

RESULTS

The primary end point occurred in 185 of 2654 patients receiving cangrelor (7.0%) and in 210 of 2641 patients receiving placebo (8.0%) (odds ratio in the cangrelor group, 0.87; 95% confidence interval [CI], 0.71 to 1.07; P=0.17) (modified intention-to-treat population adjusted for missing data). (N Engl J Med 2009;361:2330-41.)
一次エンドポイントはeventなのでoccurを使っています。頭ではわかりますが、実際に自分が書くときにこの動詞が出てくるか...

CONCLUSIONS

Further study of intravenous ADP blockade with cangrelor may be warranted. (N Engl J Med 2009;361:2330-41.)

may be warranted 必要であろう
 warrantの意味が取りにくいので、ロングマン現代英英辞典4訂増補版にあたります。
warrant v to need or deserve
ここではmayになっていますね。BACKGROUNDのmightから出世しています(笑)。一次エンドポイントではついえましたが、副次エンドポイントで目がありそうだったので、mayという現在形になったのでしょう。

いかがでしたか。助動詞の使い方、おもしろいですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
 

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:14:28 | Trackback(0) | Comments(0)
有意差がでない、ということはどういうことなのか:N Engl J Med 2009;361:2318-29.
以前の記事で、
「検討の結果、有意差がでなくても、そこに意義があるので、NEJMに掲載されることがある」
と書いたことがあります。それはそうなのでしょうが、
最近、統計の勉強をし始めて気がついたこと、それは、
「すべての研究計画は、有意差が出るように立てられている」
ということです。
つまり、パワー計算により、「有意差が出る」nの数を算出しているのです。
ですから、「検討の結果、有意差なし」になるということは、すなわち、パワー計算のときに使用した条件に問題があるということになります。その間違った条件が何にあたるのか、統計的数値(α値、β値)なのか、「これくらい改善が見込めれば有効と考える」とした改善率なのか、そのあたりは十分考えることが必要になります。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Platelet Inhibition with Cangrelor in Patients Undergoing PCI (N Engl J Med 2009;361:2318-29.)

今回のハテナ起点はこのあたりに潜んでいますよ。
This agent might have a role in the treatment of patients who require rapid, predictable, and profound but reversible platelet inhibition. (N Engl J Med 2009;361:2318-29.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

This agent might have a role in the treatment of patients who require rapid, predictable, and profound but reversible platelet inhibition. (N Engl J Med 2009;361:2318-29.)

大西泰斗・ポールマクベイ先生の英単語イメージハンドブックによれば
mayは「開かれたドア」のイメージ
過去形は「離れている」イメージ
なので、かなり控えめな可能性だとわかります。「五分五分、いやもっと低いかも、いやわかんないなー」って感じでしょうか。

METHODS

The primary efficacy end point was a composite of death from any cause, myocardial infarction, or ischemia-driven revascularization at 48 hours. (N Engl J Med 2009;361:2318-29.)
 一次エンドポイントは術後48時間で見る、と設定しています。

RESULTS

The rate of major bleeding (according to Acute Catheterization and Urgent Intervention Triage Strategy criteria) was higher with cangrelor, a difference that approached statistical significance (3.6% vs. 2.9%; odds ratio, 1.26; 95% CI, 0.99 to 1.60; P=0.06), ... (N Engl J Med 2009;361:2318-29.)

a difference that approached statistical significance この差は統計学的有意に近い
 おもしろい言い方ですね。有意差が出ないときに使えるかな。

CONCLUSIONS

Cangrelor, when administered intravenously 30 minutes before PCI and continued for 2 hours after PCI, was not superior to an oral loading dose of 600 mg of clopidogrel, administered 30 minutes before PCI, in reducing the composite end point of death from any cause, myocardial infarction, or ischemia-driven revascularization at 48 hours.(N Engl J Med 2009;361:2318-29.)
 一次エンドポイントで差はつきませんでした。どのくらいの低減率を目指したのかが興味ありますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:39:21 | Trackback(0) | Comments(0)
生物学的年齢の区切り: N Engl J Med 2009;361:2309-17.
18歳以上を成人として選挙権等を付与するかどうか、話題になっています。
医学の領域ではどこが境目なのでしょう。日本の小児科は15歳未満が守備範囲です。
グローバルにもそうなのでしょうか?
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Allogeneic Hematopoietic Stem-Cell Transplantation for Sickle Cell Disease (N Engl J Med 2009;361:2309-17.)

今回のハテナ起点はこのあたり。
Myeloablative allogeneic hematopoietic stem-cell transplantation is curative in children with sickle cell disease, but in adults the procedure is unduly toxic. (N Engl J Med 2009;361:2309-17.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Myeloablative allogeneic hematopoietic stem-cell transplantation is curative in children with sickle cell disease, but in adults the procedure is unduly toxic. (N Engl J Med 2009;361:2309-17.)

Myeloablative 骨髄破壊的
unduly 過度に
 in childrenとin adultsを対比させています。

METHODS

Ten adults (age range, 16 to 45 years) with severe sickle cell disease underwent nonmyeloablative transplantation with CD34+ peripheral-blood stem cells, mobilized by granulocyte colony-stimulating factor (G-CSF), which were obtained from HLA-matched siblings. (N Engl J Med 2009;361:2309-17.)
 カッコ書きで、成人の定義を述べています。ここだと16歳からになっていますね。境目はその国の文化にも影響されているでしょうから、万国共通の定義はないのかもしれません。

RESULTS

All 10 patients were alive at a median follow-up of 30 months after transplantation (range, 15 to 54). (N Engl J Med 2009;361:2309-17.)

at a median follow-up of 30 months 経過追跡期間の中央値である30か月の時点で
 a を使っているところに注意。

CONCLUSIONS

A protocol for nonmyeloablative allogeneic hematopoietic stem-cell transplantation that includes total-body irradiation and treatment with alemtuzumab and sirolimus can achieve stable, mixed donor–recipient chimerism and reverse the sickle cell phenotype. (N Engl J Med 2009;361:2309-17.)

ここでもaですね。大西泰斗・ポールマクベイ先生の英単語イメージハンドブックによれば、
aは「ひとつに決まらない」イメージ (同書、p.28)
です。となると、ここでaを使っているというのは、
「自分たちの使ったプロトコール以外でも、同種骨髄非破壊的幹細胞移植ならok」
ということを言外に示唆しているのでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:58:41 | Trackback(0) | Comments(0)
週イチ!統計を読む: N Engl J Med 2009;361:2209-20.
The New England Journal of Medicine Dec.3号掲載の論文から毎週ひとつピックアップして、
統計を勉強しています。
今回取り上げるのはこちら。全文、無料閲覧可なのでどうぞ。
Vaccination with ALVAC and AIDSVAX to Prevent HIV-1 Infection in Thailand (N Engl J Med 2009;361:2209-20.)
参考図書は、臨床医による臨床医のための本当はやさしい臨床統計―一流論文に使われる統計手法はこれだ! (EBMライブラリー)です。(以下、「やさしい臨床統計」と略します。)

「統計の読み解き」方法を確認しましょう(「やさしい臨床統計」より)
1) 研究デザインの確認
2) パワー計算
3) 一次エンドポイントの確認
4) 統計解析のパターン確認

なかなか覚えにくいので、この際、頭文字をつなげて、
Design-Power-Endpoint-Staticsで、DPES(ディーペス)とでもしますか。

では、これに沿って読んでいきましょう。

1) 研究デザインの確認
これはabstractに書かれています。
In a community-based, randomized, multicenter, double-blind, placebo-controlled efficacy trial (N Engl J Med 2009;361:2209-20.)
ランダム化比較試験であることがわかります。

2) パワー計算
これは書かれてないようです。

3) 一次エンドポイントの確認
本文のMETHODSにあるSTUDY DESIGN AND POPULATIONに記載がありました。
The study was designed to evaluate two coprimary end points: the prevention of HIV-1 infection and the effect of vaccination on the early viral load after infection.(N Engl J Med 2009;361:2209-20.)
一次エンドポイントは2つあって、HIV-1感染防止と感染早期HIV-1ウイルス負荷へのワクチン効果です。

4)解析統計パターンの確認
大抵はMETHODSのSTATISTICAL ANALYSISにぴしっと書いてあるのですが、この論文ではinntention-to-treat、per-protocolの説明に割かれています。

...と本誌掲載の論文ではこうなのですが、実は最近のNEJMでは細かいところはウェブに譲るという方針から、Supplementary Appendixに書かれています。pdfで掲載となっていますので、自分でダウンロードして読むことが必要です。限りある誌面で仕方ないということでしょうが、WEB閲覧環境になければお手上げなのでそのあたり、やや疑問が残ります。

ともあれ、PDFを開いてみると、ありました。

2) Powerの確認
Sample size was designed to detect a vaccine-associated 25% decrease in the hazard rate during
the vaccination period and 50% in the subsequent 3 years. A placebo arm infection rate of
0.34%/ year was assumed using the lower bound of the 95% confidence interval from a field
study in Chon Buri of 20-30 year olds (M. Benenson, unpublished data). With up to 5% losses to
follow-up per 6 month period, a total sample of 16,000 subjects provided 90% power using a two
sided 5% Type 1 error rate, to detect vaccine efficacy (VE) >0.
(http://content.nejm.org/cgi/data/NEJMoa0908492/DC1/1)
「やさしい臨床統計」p.27に従うと、
1. 予測されるコントロール群のイベント発生率= 0.34%/year
2. 期待する最低限の相対リスク減少率=ワクチン接種期間で25%、その後3年で50%
3. 許容できるαエラー= 5%
4. 期待する統計学的パワー= 90%
となります。そこから、16000人のエントリーが必要とはじき出したことになります。

4)解析統計パターン
Appendixにおいても、どうもはっきりしません。RESULTSには適宜書いてあるのですが...

今日はここまで。
本日の収穫:Appencixも要チェック!
となるとしかし、図書館で雑誌を見ただけでは終わらないってことになりますねえ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ





テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Further Reading | 08:19:29 | Trackback(0) | Comments(0)
NEJM Podcasting: Dec. 3, 2009
次々と出てくる新しい薬。正しい発音はポッドキャストで耳から確認しましょう。
アクセントの位置だけでも判ると、黙読するときにも楽になりますよ。

今週号のオーディオサマリーを聞いてみましょう。
下記のタイトルをクリックするとオーディオサマリーに飛びます。
Supplement to the New England Journal of Medicine, Vol. 361, No. 23.

ヘッドラインのスクリプトをチェックします。
掲載スクリプトと異なって読まれている部分を赤字で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of December 3, 2009. I'm Dr Michael Bierer. This week's issue features Featured are articles on a vaccine regimen to prevent HIV-1 infection in Thailand, management of lung nodules detected by volume CT scanning, abacavir–lamivudine versus tenofovir–emtricitabine for initial HIV-1 therapy, continuous-flow left ventricular assist for advanced heart failure, forecasting the effects of obesity and smoking on U.S. life expectancy, and a look at the low-carbohydrate diet; a review article on mitral-valve repair for mitral-valve prolapse; a Clinical Problem-Solving article describing a crisis in late pregnancy; and Perspective articles on America’s safety net and health care reform and on the emergency use authorization of peramivir for treatment of 2009 H1N1 influenza. (Supplement to the New England Journal of Medicine, Vol. 361, No. 23.)

今週はほぼスクリプト通りでしたね。

1分ほどの文章ですから、何回か聞いた後は、自分でも声を出して読んでみましょう。お手本があるのでシャドウイングもいいですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:21:18 | Trackback(0) | Comments(0)
「クラス感」のある文を読む: N Engl J Med 2009;361:2252-60.
平易かつ簡明を以て旨とするNEJMの論文ですが、Special Articleともなるとちょっと違うようです。
内容そのものは明快ですが、文章に「クラス感(品格)」が漂っています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Forecasting the Effects of Obesity and Smoking on U.S. Life Expectancy (N Engl J Med 2009;361:2252-60.)

今回のハテナ起点ははっきりしませんが、このあたりかな。
Having a better understanding of the joint effects of these trends on longevity and quality of life will facilitate more efficient targeting of health care resources. (N Engl J Med 2009;361:2252-60.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Although increases in obesity over the past 30 years have adversely affected the health of the U.S. population, there have been concomitant improvements in health because of reductions in smoking. (N Engl J Med 2009;361:2252-60.)

adversely affected 悪影響を及ぼしている
 動詞・副詞で書くとこうなります。これまで頻出はadverse effectでしたね。
concomitant 付随する
 前半のhave adversely affectedと後半のhavebeen concomitant improvenentsが呼応しています。

Having a better understanding of the joint effects of these trends on longevity and quality of life will facilitate more efficient targeting of health care resources. (N Engl J Med 2009;361:2252-60.)
 いかにも英語らしい表現です。自分にストックがないとこの文はなかなか出てこないかも。

METHODS

For each year from 2005 through 2020, we forecasted life expectancy and quality-adjusted life expectancy for a representative 18-year-old, assuming a continuation of past trends in smoking (based on data from the National Health Interview Survey for 1978 through 1979, 1990 through 1991, 1999 through 2001, and 2004 through 2006) and past trends in body-mass index (BMI) (based on data from the National Health and Nutrition Examination Survey for 1971 through 1975, 1988 through 1994, 1999 through 2002, and 2003 through 2006). (N Engl J Med 2009;361:2252-60.)

a representative 18-year-old 
 ここのrepresentativeの解釈は難しいですね。そもそも、18-year-oldにかかる形容詞なのか、それともaを伴う名詞なのか。答えは次のRESULTSにありました。

RESULTS

In the base case, increases in the remaining life expectancy of a typical 18-year-old are held back by 0.71 years or 0.91 quality-adjusted years between 2005 and 2020. (N Engl J Med 2009;361:2252-60.)

a typical 18-year-old 典型的な18歳
 これを読むと、前述のrepresentativeは形容詞で、「代表的な」という意味になりそうですね。
are held back 抑制される

CONCLUSIONS

Failure to address continued increases in obesity could result in an erosion of the pattern of steady gains in health observed since early in the 20th century. (N Engl J Med 2009;361:2252-60.)

address (警告を)発する
an erosion 浸食
 医者だと「びらん」という訳が頭に浮かびますが(笑)、ここではそうではなくて、「何かが崩れ壊れていく」です。ロングマン現代英英辞典4訂増補版では、次のように説明されています。
erosion the process by which something is gradually reduced or destroyed [+of] the gradual erosion of our civil liverties

いかがでしたか。さすがSpecialでしたね。教養あふれる文章で勉強になりました。名詞句や名詞の使い方がポイントのようです。あ、もちろん、内容も「肥満が禁煙の足を引っ張る」ということで興味深かったです。この論文では、禁煙と肥満は別々の因子として検討していますが、「禁煙して太る」というつながりとして調べてみてもおもしろいかもしれませんね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。あなたのお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


 

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:16:22 | Trackback(0) | Comments(0)
versusの略し方: N Engl J Med 2009;361:2241-51.
英語の略語は元がラテン語だったりフランス語だったりで、なかなか難しいときがあります。
今回出てくるversusは、日本語にも入っていて、新聞のテレビ欄で見かけない日はないくらいです。
これを略語にするとどうなるか、テレビ欄の書き方でいいのでしょうか?
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Advanced Heart Failure Treated with Continuous-Flow Left Ventricular Assist Device (N Engl J Med 2009;361:2241-51.)

今回のハテナ起点はこのあたりに潜んでいるかも。
New continuous-flow devices are smaller and may be more durable than the pulsatile-flow devices. (N Engl J Med 2009;361:2241-51.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Patients with advanced heart failure have improved survival rates and quality of life when treated with implanted pulsatile-flow left ventricular assist devices as compared with medical therapy. (N Engl J Med 2009;361:2241-51.)
 この内容で、Patientsが主語になるのはとても珍しい書き方だと思います。一般的には、「デバイスの進歩により生存率とQOLが向上した」と書くことが多いのでは。

METHODS

In this randomized trial, we enrolled patients with advanced heart failure who were ineligible for transplantation, in a 2:1 ratio, to undergo implantation of a continuous-flow device (134 patients) or the currently approved pulsatile-flow device (66 patients). (N Engl J Med 2009;361:2241-51.)

in a 2:1 ratio 2:1の割合で
 aに注意。2群の振り分けが1:1でない理由が気になりますね。本文も読みましたが、どうもその点には言及されてないようです。著者の裁量範囲という決め方でしょうか。

RESULTS

The primary composite end point was achieved in more patients with continuous-flow devices than with pulsatile-flow devices (62 of 134 [46%] vs. 7 of 66 [11%]; P<0.001; hazard ratio, 0.38; 95% confidence interval, 0.27 to 0.54; P<0.001), ... (N Engl J Med 2009;361:2241-51.)
 この文もなかなかスマート。一次エンドポイントの結果について有意差も含めて1文で表現しています。

vs. versus
 ピリオドの位置に注意。NEJMではこの書き方を採用しているようです。ピリオドなしのvsも可能です。

CONCLUSIONS

Treatment with a continuous-flow left ventricular assist device in patients with advanced heart failure significantly improved the probability of survival free from stroke and device failure at 2 years as compared with a pulsatile device. (N Engl J Med 2009;361:2241-51.)
 こちらはBACKGROUNDの文とは異なり、Treatmentが主語になっています。improveという動詞の懐の深さでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。何かお役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:52:46 | Trackback(0) | Comments(0)
薬剤名が長いけれど...:N Engl J Med 2009;361:2230-40.
論文に出てくる薬剤名は、馴染みがない領域だと特に、なかなか読みづらいものです。それが比較試験の場合には、更にたくさん出てきて、幻惑されます。そんなときは、色づけして区別したり、自分で略称を付けたりして読むと、わかりやすくなります。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Abacavir–Lamivudine versus Tenofovir–Emtricitabine for Initial HIV-1 Therapy (N Engl J Med 2009;361:2230-40.)

今回のハテナ起点はこのあたり。
... but which NRTI combination has greater efficacy and safety is not known. (N Engl J Med 2009;361:2230-40.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The use of fixed-dose combination nucleoside reverse-transcriptase inhibitors (NRTIs) with a nonnucleoside reverse-transcriptase inhibitor or a ritonavir-boosted protease inhibitor is recommended as initial therapy in patients with human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) infection, but which NRTI combination has greater efficacy and safety is not known. (N Engl J Med 2009;361:2230-40.)
 前半で現在の治療法を述べ、but以下でひっくり返して、is not knownと落とす、いつもの展開です。

METHODS

In a randomized, blinded equivalence study involving 1858 eligible patients, we compared four once-daily antiretroviral regimens as initial therapy for HIV-1 infection: abacavir–lamivudine or tenofovir disoproxil fumarate (DF)–emtricitabine plus efavirenz or ritonavir-boosted atazanavir. (N Engl J Med 2009;361:2230-40.)
 薬がたくさん出てきて、組み合わせがわかりにくくなっています。
 まず、4種類のレジメンがあるといって、次にその内容を書いていますね。abacavir–lamivudineかtenofovir disoproxil fumarate (DF)–emtricitabineいずれかに、プラスするものもefavirenzかritonavir-boosted atazanavirのどちらか。2X2で4種類、ということになります。
 本文を読むと、
Patients were randomly assigned to receive one of four oral once-daily regimens: 600 mg of efavirenz (Sustiva, Bristol-Myers Squibb) or 300 mg of atazanavir (Reyataz, Bristol-Myers Squibb) plus 100 mg of ritonavir (Norvir, Abbott Laboratories) given with either 600 mg of abacavir plus 300 mg of lamivudine (Epzicom, GlaxoSmithKline) or 300 mg of tenofovir DF plus 200 mg of emtricitabine (Truvada, Gilead Sciences). (N Engl J Med 2009;361:2230-40.)
 efaviren 600mgかatazanavir 300mg + 100mg retonavirという2群がまずあって、更にそれぞれについて、600mg abacavir + 300mg lamivudineか300mg tenofovir DF + 200mg emtricitabineというチョイスがある、と言う内容です。抄録と書き方が逆になってますね。

RESULTS

A scheduled interim review by an independent data and safety monitoring board showed significant differences in virologic efficacy, according to the NRTI combination, among patients with screening HIV-1 RNA levels of 100,000 copies per milliliter or more. (N Engl J Med 2009;361:2230-40.)

according to the NRTI combination NRTIの組み合わせによって
 おもしろいところにはさまっています。

CONCLUSIONS

In patients with screening HIV-1 RNA levels of 100,000 copies per milliliter or more, the times to virologic failure and the first adverse event were both significantly shorter in patients randomly assigned to abacavir–lamivudine than in those assigned to tenofovir DF–emtricitabine. (N Engl J Med 2009;361:2230-40.)
 the timesと複数形になっていますよ。限定かつ具体的だからでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。お役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

 

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:17:06 | Trackback(0) | Comments(0)
まとめて書く: N Engl J Med 2009;361:2221-9.
Abstractのように字数が決まったところに書くとき、俳句や短歌ではありませんが、いくつかの事柄をつづめてひとつにする必要に迫られることがあります。今日はそんな表現を拾ってみましょう。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Management of Lung Nodules Detected by Volume CT Scanning (N Engl J Med 2009;361:2221-9.)

今回のハテナ起点はこのあたりでしょうか。
The use of multidetector computed tomography (CT) in lung-cancer screening trials involving subjects with an increased risk of lung cancer has highlighted the problem for the clinician of deciding on the best course of action when noncalcified pulmonary nodules are detected by CT. (N Engl J Med 2009;361:2221-9.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The use of multidetector computed tomography (CT) in lung-cancer screening trials involving subjects with an increased risk of lung cancer has highlighted the problem for the clinician of deciding on the best course of action when noncalcified pulmonary nodules are detected by CT. (N Engl J Med 2009;361:2221-9.)

has highlighted the problem 問題を浮かび上がらせた
「スポットライトを当てた」というようなイメージです。ちょっと使ってみたい表現ですね。

METHODS

The first-round screening test was considered to be negative if the volume of a nodule was less than 50 mm3, if it was 50 to 500 mm3 but had not grown by the time of the 3-month follow-up CT, or if, in the case of those that had grown, the volume-doubling time was 400 days or more. (N Engl J Med 2009;361:2221-9.)
 条件を三つのifで並記しています。ややわかりにくい書き方のように感じますね。

RESULTS

In the first and second rounds of screening, 2.6% and 1.8% of the participants, respectively, had a positive test result. (N Engl J Med 2009;361:2221-9.)
 1回目で2.6%、2回目で1.8%の対象者、という意味です。こちらの並記方法はわかりやすいです。

CONCLUSIONS

Among subjects at high risk for lung cancer who were screened in three rounds of CT scanning and in whom noncalcified pulmonary nodules were evaluated according to volume and volume-doubling time, the chances of finding lung cancer 1 and 2 years after a negative first-round test were 1 in 1000 and 3 in 1000, respectively. (N Engl J Med 2009;361:2221-9.)
 長い文ですが、主文は下線部です。ここでも1年目と2年目について並記しています。

1文が結構長い抄録でした。著者の記述傾向なんでしょうね。母語の影響もあるかも?

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。お役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:39:48 | Trackback(0) | Comments(0)
統計用語を読む: N Engl J Med 2009;361:2209-20.
たかだか2週間、統計の勉強をしているだけですが、それでも以前に比べて抄録の読み方に変化を感じます。
今まで、本当にわかってなかったなー、というのが実感です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Vaccination with ALVAC and AIDSVAX to Prevent HIV-1 Infection in Thailand (N Engl J Med 2009;361:2209-20.)

今回の「ハテナ起点」はこのあたり。
The development of a safe and effective vaccine against the human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) is critical to pandemic control. (N Engl J Med 2009;361:2209-20.)

では、早速読んでいきましょう。

BACKGROUND

The development of a safe and effective vaccine against the human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) is critical to pandemic control. (N Engl J Med 2009;361:2209-20.)
 この研究の動機といった感じでしょうか。

METHODS

The vaccine and placebo injections were administered to 16,402 healthy men and women between the ages of 18 and 30 years in Rayong and Chon Buri provinces in Thailand. (N Engl J Med 2009;361:2209-20.)

between the ages of 18 and 30 years 18歳から30歳までの年齢の
 自分で書くとき、ここでtheが使えるかどうか、ですね。

RESULTS

In the intention-to-treat analysis involving 16,402 subjects, there was a trend toward the prevention of HIV-1 infection among the vaccine recipients, with a vaccine efficacy of 26.4% (95% confidence interval [CI], –4.0 to 47.9; P=0.08). (N Engl J Med 2009;361:2209-20.)

the intention-to-treat analysisについては一度取り上げました。
臨床医による臨床医のための本当はやさしい臨床統計―一流論文に使われる統計手法はこれだ! (EBMライブラリー)p.16-17に詳述されています。抜粋すると以下の通り。
Aという治療法を受ける(行う)意図をもった群と、Bという治療法を受ける(行う)意図をもった群」を比較した情報に基づいて判断する
つまり、途中で治療から抜け落ちた対象者も含めた検討ということになります。
一方、

In the per-protocol analysis involving 12,542 subjects, the vaccine efficacy was 26.2% (95% CI, –13.3 to 51.9; P=0.16). (N Engl J Med 2009;361:2209-20.)

the per-protocol analysisについては、同書によると、
実際にAという治療を受けた群と、Bという治療を受けた群を比較する
ものです。だから、最後まで治療についてきた対象者だけを比較する、となります。
更に、この抄録では、

In the modified intention-to-treat analysis involving 16,395 subjects (with the exclusion of 7 subjects who were found to have had HIV-1 infection at baseline), the vaccine efficacy was 31.2% (95% CI, 1.1 to 52.1; P=0.04). (N Engl J Med 2009;361:2209-20.)

the modified intention-to-treat analysisも検討しています。それは何かについては、カッコ内に説明がありますね。

CONCLUSIONS

Although the results show only a modest benefit, they offer insight for future research. (N Engl J Med 2009;361:2209-20.)

こういう明るい表現で締めくくるってかっこいいです。

NEJM のサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:14:21 | Trackback(0) | Comments(0)
週イチ!統計を読む: N Engl J Med 2009;361:2113-22.
さあ、今週号でも統計の勉強をしてみましょう。
今回取り上げる論文は、こちら。
Extended-Release Niacin or Ezetimibe and Carotid Intima–Media Thickness (N Engl J Med 2009;361:2113-22.)
残念ながら、全文無料閲覧ではないので、抄録にリンクしています。
全文を読みたい方は、定期購読するか(笑)、図書館などで閲覧してくださいね。
統計の勉強にお世話になっているのは、臨床医による臨床医のための本当はやさしい臨床統計―一流論文に使われる統計手法はこれだ! (EBMライブラリー)です。
この本の「統計を見る」手順は次の通り。
1) 研究デザインの確認
2) パワー計算
3) 一次エンドポイントの確認
4) 統計解析のパターン確認


では、早速、統計部分に気をつけて読んでみます。

1) 研究デザインの確認
これは抄録部分にも書いてあります。
The patients were randomly assigned to receive extended-release niacin (target dose, 2000 mg per day) or ezetimibe (10 mg per day). (N Engl J Med 2009;361:2113-22.)
本文では、METHODSの最初にあるSTUDY POPULATIONに次のように書かれています。
This prospective, randomized, parallel-group, open-label study involving the blinded evaluation of end points was conducted at two centers: Walter Reed Army Medical Center, a university-affiliated, suburban, tertiary care military medical center in Washington, DC, and the Washington Adventist Hospital, a private tertiary care hospital located in Takoma Park, Maryland. (N Engl J Med 2009;361:2113-22.)
ランダム化比較試験であることがわかります。

2) パワー計算
パワー計算というのは「必要なサンプル数を求める計算」と言えます。
これは次のような要素で決まります。
1. アウトカムの種類:二者択一か、連続量か
2. 許容できるαエラーとβエラーの範囲
3. 「臨床的に意義がある」と考える差の大きさ
4. アウトカム測定上のばらつき(分散、標準偏差)ー連続量のみ
5. 実験群と対照群のnの比:実験群1に対して対照群1が最も効率的

(臨床医による臨床医のための本当はやさしい臨床統計. p.143-144.)
これに沿って、論文を見ます。
STATISTICAL ANALYSISに次のような文を発見。
On the basis of a minimum sample size of 150 per group, the trial had a statistical power of 80% to detect a difference between the two groups in the change in carotid intima–media thickness of 0.02±0.06 mm per year, with an alpha level of 0.05. (N Engl J Med 2009;361:2113-22.)
「統計学的検出力stastiscal power」は80%と明示されていますね。
もうちょっと読み込んでみます。
1.は一次エンドポイントで触れるのでここでは置いておきます。
2.は、αエラーは0.05、βエラーは、「1-β=power」なので、βは0.2となります。
3.は、2群間の差が年0.02±0.06 mmと書かれています。
4.については、ここには書かれていません。
5.についても明示されていません。最初の"On the basis of a minimum sample size of 150 per group"あたりが関係してるかな、と思いますが。

3)一次エンドポイントの確認
これはEND POINTSとSTASTICAL ANALYSISの両方に書かれています。
まずEND POINTSには、
The predefined primary end point was the between-group difference in the change in mean carotid intima–media thickness after 14 months. (N Engl J Med 2009;361:2113-22.)
14か月後の頸動脈内膜中膜厚の群間差が一次エンドポイントとあります。
STATISTICAL ANALYSISには、
The primary end point was the change in mean common carotid intima–media thickness from baseline and 14 months, compared between the niacin group and the ezetimibe group. (N Engl J Med 2009;361:2113-22.)
とあって、こちらの方の記載がやや詳しいですね。

4)統計パターン
これはSTATISTICAL ANALYLSISにありました。
Between-group data for continuous variables were assessed with the use of a t-test for independent variables or a Mann–Whitney U test, as appropriate.(N Engl J Med 2009;361:2113-22.)
t検定あるいはMann–Whitney U検定を行ったとあります。2群の連続量の比較だからでしょうか。

今日はここまで。もう一歩踏み込んで読みたいところですが...時間が~。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Further Reading | 08:29:20 | Trackback(0) | Comments(0)
NEJM Podcasting Nov. 26, 2009
The New England Journal of Medicine Nov. 26号掲載の原著論文抄録は全て読み終えました。
今週号のオーディオサマリーを聞いてみましょう。
下記のタイトルをクリックするとオーディオサマリーに飛びます。
Supplement to the New England Journal of Medicine, Vol. 361, No. 22.

では、ヘッドライン部分を聞いてみます。
サイトに掲載されているスクリプトと異なる部分は赤字で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of November 26, 2009. I'm Dr Lisa Johnson. This week's issue features Featured are articles on niacin or ezetimibe and carotid intima–media thickness; biventricular pacing in patients with bradycardia and normal ejection fraction; a novel antibody associated with autoimmune pancreatitis; and rituximab, B-lymphocyte depletion, and preservation of beta-cell function; a review article on diuretics for hypertension; a case report of a woman with chronic renal failure, leg swelling, and skin changes; and Perspective articles on pain management, drug safety, and the FDA; on getting to the real issues in health care reform; and on controlling U.S. health care spending - separating promising from unpromising approaches. (Supplement to the New England Journal of Medicine, Vol. 361, No. 22.)

今週はほぼスクリプト通りでしたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。お役に立てましたでしょうか?
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 04:56:40 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad