■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
前向きな表現を見つける: N Engl J Med 2009;361:2143-52.
客観的に理路整然と書かれる理系論文ですが、書き手も人の子、ふとした表現に心情をくみとることができます。今回の抄録には、そんな「前向き表現」があります。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Rituximab, B-Lymphocyte Depletion, and Preservation of Beta-Cell Function (N Engl J Med 2009;361:2143-52.)

今回も明らかな「ハテナ起点」は見つかりませんが、このあたりにあるかな?
The immunopathogenesis of type 1 diabetes mellitus is associated with T-lymphocyte autoimmunity. However, there is growing evidence that B lymphocytes play a role in many T-lymphocyte–mediated diseases. (N Engl J Med 2009;361:2143-52.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

However, there is growing evidence that B lymphocytes play a role in many T-lymphocyte–mediated diseases. (N Engl J Med 2009;361:2143-52.)

there is growing evidence that ~というエビデンスが増えてきている。
 こんなところに、growingを使うのがおもしろいです。視覚に訴える感じですね。

METHODS

The primary outcome, assessed 1 year after the first infusion, was the geometric mean area under the curve (AUC) for the serum C-peptide level during the first 2 hours of a mixed-meal tolerance test. (N Engl J Med 2009;361:2143-52.)
 この論文が主として見ているのはここ。

RESULTS

At 1 year, the mean AUC for the level of C peptide was significantly higher in the rituximab group than in the placebo group. (N Engl J Med 2009;361:2143-52.)
 そして、結果はここ。珍しく、抄録に数値を入れていませんね。本文を思わず確認したくなります。

CONCLUSIONS

A four-dose course of rituximab partially preserved beta-cell function over a period of 1 year in patients with type 1 diabetes. (N Engl J Med 2009;361:2143-52.)
 
A four-dose course 4回投与
 1日目、8日目、15日目、22日目の4回投与したことを指します。知っておくとどこかで使えそう。

The finding that B lymphocytes contribute to the pathogenesis of type 1 diabetes may open a new pathway for exploration in the treatment of patients with this condition. (N Engl J Med 2009;361:2143-52.)

may open a new pathway for exploration 研究に新しい道を開く可能性がある
 目の前にぱーっと一筋の道が、ってイメージですね。フェーズ2なので、次が楽しみです。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。お役に立てましたでしょうか。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:26:45 | Trackback(0) | Comments(0)
ほとんどが受動態でもOKなのか: N Engl J Med 2009;361:2135-42.
和文の論文では、「~と思われた」とか「~と考えられた」とか、受動態で「人ごとのように」書く傾向があります。反対に英文では、できるだけ受動態は避け、動作主体が明らかになるように能動態で書くように、とよく書いてあります(「私たちは~と考えた」というように)。英文添削に出すと、その線で赤が入ってきますが、案外、それも絶対でもないんだなあ、と思ったのが今日の抄録です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Identification of a Novel Antibody Associated with Autoimmune Pancreatitis (N Engl J Med 2009;361:2135-42.)

今回の「ハテナ起点」はたっぷりですよ。
The cause of the disease is unknown. Its autoimmune origin has been suggested but never proved, and little is known about the pathogenesis of this condition. (N Engl J Med 2009;361:2135-42.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The cause of the disease is unknown. Its autoimmune origin has been suggested but never proved, and little is known about the pathogenesis of this condition. (N Engl J Med 2009;361:2135-42.)
 はじめの文をより詳しく説明したのが次の文です。字数制限のある抄録でここまで書くのは珍しいですね。どういう面からアプローチしたのかが書きたければ、第2文だけでもよさそうです。

METHODS

To identify pathogenetically relevant autoantigen targets, we screened a random peptide library with pooled IgG obtained from 20 patients with autoimmune pancreatitis. (N Engl J Med 2009;361:2135-42.)

relevant 関係のある
 過去の抄録でなんどか出てきましたね。

RESULTS

The peptide showed homology with an amino acid sequence of plasminogen-binding protein (PBP) of Helicobacter pylori and with ubiquitin-protein ligase E3 component n-recognin 2 (UBR2), an enzyme highly expressed in acinar cells of the pancreas. (N Engl J Med 2009;361:2135-42.)
 恐るべしピロリ菌。こんなところにも影響を与えているとは。人間の内腔に住み着く病原菌として、生命体に影響を及ぼしている、予想外に強い因子なのかもしれませんね。

CONCLUSIONS

The antibody that we identified was detected in most patients with autoimmune pancreatitis but also in some patients with pancreatic cancer, making it an imperfect test to distinguish between these two conditions. (N Engl J Med 2009;361:2135-42.)
 この下線部は、自分では書きにくい文です。1文にしているので余計そう感じるのかもしれませんね。分けて書くとこうなるでしょうか。
... The fact made the antibody an imperfect test to distinguish between these two conditions.

さて、この抄録で、能動態はいくつ使われていたでしょうか。不定詞や不定句を除くと、たった3つです。あとは全て受動態で書かれています。いい悪いは別として、そういう抄録も掲載されるんだなあ、というのが私の感想です。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。
またのお越しをお待ちいたしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:47:24 | Trackback(0) | Comments(0)
「悪者」拾い: N Engl J Med 2009;361:2123-34.
英文をたくさん読んでいくと語彙も自然と豊かになっていくと言われています。
ほぼ抄録だけ読んでいるようでも、同義語が知らず知らずに自分の中にたまっていっていますよ。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Biventricular Pacing in Patients with Bradycardia and Normal Ejection Fraction (N Engl J Med 2009;361:2123-34.)

今回の「ハテナ起点」はこのあたりに潜んでいるかも。
Observational studies suggest that conventional right ventricular apical pacing may have a deleterious effect on left ventricular function. (N Engl J Med 2009;361:2123-34.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND
Observational studies suggest that conventional right ventricular apical pacing may have a deleterious effect on left ventricular function. (N Engl J Med 2009;361:2123-34.)

deleterious 有害な
 この論文では、この「悪いぞー」という意味の語が次々出てきます。拾っていきましょう。

In this study, we examined whether biventricular pacing is superior to right ventricular apical pacing in preventing deterioration of left ventricular systolic function and cardiac remodeling in patients with bradycardia and a normal ejection fraction. (N Engl J Med 2009;361:2123-34.)

deterioration 悪化
 ここにもひとつ。

METHODS

The primary end points were the left ventricular ejection fraction and left ventricular end-systolic volume at 12 months. (N Engl J Med 2009;361:2123-34.)
 この論文での最も重要なエンドポイントは「12か月後の左室駆出率と左室収縮末期容積」です。連続量の比較になるようですね。どんな検定になるのかな、とちょっと興味が...

RESULTS

At 12 months, the mean left ventricular ejection fraction was significantly lower in the right-ventricular-pacing group than in the biventricular-pacing group (54.8±9.1% vs. 62.2±7.0%, P<0.001), with an absolute difference of 7.4 percentage points, whereas the left ventricular end-systolic volume was significantly higher in the right-ventricular-pacing group than in the biventricular-pacing group (35.7±16.3 ml vs. 27.6±10.4 ml, P<0.001), with a relative difference between the groups in the change from baseline of 25% (P<0.001). (N Engl J Med 2009;361:2123-34.)
 ここに一次エンドポイントの結果が一気に書かれています。エンドポイント自体、2項目を含んでいたので、whereasで並記しています。

CONCLUSIONS

In patients with normal systolic function, conventional right ventricular apical pacing resulted in adverse left ventricular remodeling and in a reduction in the left ventricular ejection fraction;... (N Engl J Med 2009;361:2123-34.)

adverse 有害な
 これはよく使う語ですね。

では振り返り。「有害な」「有害」という意味の語は3つ出てきました。思い出してみましょうか。
deleterious, deterioration, adverseでしたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

お読みいただき、ありがとうございます。
またのお越しをお待ちしております。
ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:29:02 | Trackback(0) | Comments(0)
統計をちょっとかじったあとは: N Engl J Med 2009;361:2113-2122.
統計を少しでも勉強し始めると、論文の読み方も変化してきますね。
読むリズム、というか、メリハリの効いた読み方ができるようになりますね。
自分でもびっくり。
今朝はそれを実感しながら、NEJMを読んでいます。
昨日、新しい号が出ましたので、抄録を読んでいきましょう。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Extended-Release Niacin or Ezetimibe and Carotid Intima–Media Thickness (N Engl J Med 2009;361:2113-2122.)

今回は「ハテナ起点」(リサーチクエスチョンともいうようですが)ははっきりしませんね。

では、早速、抄録を読みます。

BACKGROUND

Treatment added to statin monotherapy to further modify the lipid profile may include combination therapy to either raise the high-density lipoprotein (HDL) cholesterol level or further lower the low-density lipoprotein (LDL) cholesterol level. (N Engl J Med 2009;361:2113-2122.)
 eitherの位置に注意。toとraiseの間に入っています。

METHODS

The primary end point was the between-group difference in the change from baseline in the mean common carotid intima–media thickness after 14 months. (N Engl J Med 2009;361:2113-2122.)
 これまで気にも留めなかったprimary end pointですが、この論文の最も重要な結果はこの一点だけです。その他の結果は、たとえ、どんな凄い差が出ても、付随的なもの(おまけ的なもの)だと認識しましょう。ここで言うと、「14か月後の総頸動脈内膜中膜平均厚がベースラインからどれくらい変化したか、の群間差」になります。

RESULTS

As compared with ezetimibe, niacin had greater efficacy regarding the change in mean carotid intima–media thickness over 14 months (P=0.003), leading to significant reduction of both mean (P=0.001) and maximal carotid intima–media thickness (P≤0.001 for all comparisons). (N Engl J Med 2009;361:2113-2122.)
 primary end pointの結果はここに書かれています。

Paradoxically, greater reductions in the LDL cholesterol level in association with ezetimibe were significantly associated with an increase in the carotid intima–media thickness (R=–0.31, P<0.001). (N Engl J Med 2009;361:2113-2122.)

Paradoxically 逆説的だが
 著者らの心情がちらっと見える一語ですね。

CONCLUSIONS

This comparative-effectiveness trial shows that the use of extended-release niacin causes a significant regression of carotid intima–media thickness when combined with a statin and that niacin is superior to ezetimibe. (N Engl J Med 2009;361:2113-2122.)
 aを使っているところに注意。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:13:27 | Trackback(0) | Comments(0)
週イチ!統計を読む(2): N Engl J Med 2009;361:2019-32.
前回の続きです。
いよいよ、統計方法の話に入ります。

Time-to-event analyses were performed with the use of life-table methods according to the intention-to-treat principle. (N Engl J Med 2009;361:2019-32.)

life-table methods 生命表の方法
the intention-to-treat principle 
 このintention-to-treat (ITTなどと略されることもある)、私にはなかなかわかりにくかったのですが、「本当はやさしい臨床統計」を読んですっきり理解できました。つまり、以下の通りです。
「実際にAという治療を受けた群と、Bという治療を受けた群」
を比較するのではなく、
「Aという治療法を受ける(行う)意図をもった群とBという治療法を受ける(行う)意図をもった群」
を比較した情報に基づいて判断すること

(臨床医による臨床医のための本当はやさしい臨床統計. p-16-17より)
なるほどー、そういうことだったのかー。

Kaplan–Meier cumulative incidence curves were compared with the use of a two-sided log-rank test, stratified according to the baseline proteinuria level and the presence or absence of a history of cardiovascular disease. (N Engl J Med 2009;361:2019-32.)

Kaplan–Meier cumulative incidence curves Kaplan-Meierの生存曲線
a two-sided log-rank test Log-rank検定
このあたりは、定番の流れのようです。それぞれについては現在、勉強中です...

Estimated hazard ratios (for darbepoetin alfa vs. placebo) and 95% confidence intervals were obtained with the use of stratified Cox proportional-hazards models. (N Engl J Med 2009;361:2019-32.)

stratified Cox proportional-hazards models Coxの比例ハザードモデル
これもまた定番。そして、勉強中です...

勉強の進展に伴い、ここに書く内容も深化する予定です。今回のところは、これにて。
あんまりお役に立ってなくて、ごめんなさい。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Further Reading | 06:39:26 | Trackback(0) | Comments(0)
週イチ!統計を読む: N Engl J Med 2009;361:2019-32.
英語がわからなければ英語文献は読めないわけですが、英語が読めればその文献は理解できるのか、というと、それはそうではありませんね。
これまでずっと抄録を中心に読んできました。「英文」としては読みこなしてきたつもりですが、内容まで、特に統計的な内容まで踏み込んではいませんでした。
統計には明るくないので、スルーしてきましたが、この際、勉強してみることにします。
現在、使用中のテキストはこちら。
臨床医による臨床医のための本当はやさしい臨床統計―一流論文に使われる統計手法はこれだ! (EBMライブラリー) 野村秀樹/松倉知晴著、中山書店 (以下、「本当はやさしい臨床統計)
まずは、週1本統計処理が記載されている論文を選び、詳しく読んでみます。
無料閲覧論文ばかりにはならないので、興味があれば本誌を手にとって見てください。なお、定期購読者はOnlineで全文閲覧できます。

ではまず、第1回目はこちら。リンクはAbstractに貼っています。
A Trial of Darbepoetin Alfa in Type 2 Diabetes and Chronic Kidney Disease (N Engl J Med 2009;361:2019-32.)

本文のMETHODSを中心に見てみます。
まず、研究デザイン。
The TREAT was a randomized, double-blind, placebo-controlled trial conducted at 623 sites in 24 countries (see the Supplementary Appendix, available with the full text of this article at NEJM.org). (N Engl J Med 2009;361:2019-32.)
 ランダム化二重盲検比較試験を行っています。

次に、必要対象者数を出すパワー計算を見ます。
パワー計算というのは、「どの程度の差があれば臨床的に意味があると考えるかを決める」のに必要なサンプル(いわゆるn)の数を指します(「本当はやさしい臨床統計」より)。
これはStatistical Analysisに書かれていました。
The trial was event driven, with a total of 1203 cardiovascular composite events required to provide 80% statistical power to detect a 20% risk reduction for this outcome, with a two-sided type I error of 0.048 (unadjusted for interim analyses). We aimed to enroll approximately 4000 patients; assumptions included an annualized rate of events in the placebo group of 12.5%, a 15% loss to follow-up, and attenuation of the treatment effect due to the anticipated use of ESAs in patients who had progression to end-stage renal disease. (N Engl J Med 2009;361:2019-32.)
(追記)
「本当はやさしい臨床統計」によれば、nの数はこうして決まります。
1. アウトカムの種類:二者択一か、連続量か
2. 許容できるαエラーとβエラーの範囲
3. 「臨床的に意義がある」と考える差の大きさ
4. アウトカム測定上のばらつき(分散、標準偏差)...連続量のみ
5. 実験群と対照群のnの非:実験群1に対して対照群1が最も効率的

(臨床医による臨床医のための本当はやさしい臨床統計 野村秀樹/ 松倉知晴著)
これで当てはめると、
1. 二者択一
2. αエラー: 0.048、βエラー:0.20
3. 20%のリスク減少
というところまで、わかります。
その次には、何を一次エンドポイントとしたかを見ます。
Evaluation of Outcomes
The primary end points were the time to the composite outcome of death from any cause or a cardiovascular event (nonfatal myocardial infarction, congestive heart failure, stroke, or hospitalization for myocardial ischemia) and the time to the composite outcome of death or end-stage renal disease (see the Supplementary Appendix).
(N Engl J Med 2009;361:2019-32.)
 一次エンドポイントは「何らかの原因あるいは心血管イベントによる死亡を複合アウトカムとした時間」と「死亡あるいは末期腎疾患を複合アウトカムとした時間」となっています。それぞれについては、
The overall alpha level for the primary end points was split: 0.048 for the cardiovascular composite outcome and 0.002 for the renal composite outcome. (N Engl J Med 2009;361:2019-32.)
αエラー値を変えて設定してますね。

本日はここまで。
統計の部分については次回に。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Further Reading | 06:56:10 | Trackback(0) | Comments(0)
NEJM Podcasting Nov. 19, 2009
NEJM Nov. 19号の原著論文抄録を読み終わったのでオーディオサマリーを聞いてみましょう。
下記のタイトルをクリックすると、オーディオサマリーが開きます。
Supplement to the New England Journal of Medicine, Vol. 361, No. 21.

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 08:20:07 | Trackback(0) | Comments(0)
ヒトもまた生物: N Engl J Med 2009;361:2056-65.
新型インフルエンザのタミフル耐性獲得や強毒化が危惧されています。生物は全て、環境変化に対抗して自分を変化させていきます。ヒトとて同じ。
今回は、あのプリオン病として有名なKuru病とヒトとの見えざる戦いがテーマです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
A Novel Protective Prion Protein Variant that Colocalizes with Kuru Exposure (N Engl J Med 2009;361:2056-65.)

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:20:52 | Trackback(0) | Comments(0)
単語のイメージを体感する: N Engl J Med 2009;361:2046-55.
Inflammatory Bowel Disease and Mutations Affecting the Interleukin-10 Receptor (N Engl J Med 2009;361:2033-45.)
については既にOnline Firstの段階で読んでしまいました。
手持ちが少なくても踏みとどまる: 10.1056/NEJMoa0907206.
だからここはとばして、次を読みましょう。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Combined Immunodeficiency Associated with DOCK8 Mutations (N Engl J Med 2009;361:2046-55.)

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:27:32 | Trackback(0) | Comments(0)
リズムよく書き連ねる: N Engl J Med 2009;361:2019-32.
The New England Journal of Medicine Nov. 19号が出ました。
最新号の抄録を一緒に読みましょう。
今日取り上げる原著論文抄録は、これです。
A Trial of Darbepoetin Alfa in Type 2 Diabetes and Chronic Kidney Disease (N Engl J Med 2009;361:2019-32.)
今回の見所は、「リズムよく書き連ねている部分」です。

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:54:37 | Trackback(0) | Comments(0)
NEJM Podcasting: Nov. 12, 2009
今週号のNEJMオーディオサマリーを聞いてみましょう。
いつものヘッドラインに加え、サイト新メニューの宣伝も。
ひとつ、聞き取れてない語があるので、どなたかご教示ください。

下記のタイトルをくりっくすると、オーディオサマリーが開きます。
Supplement to the New England Journal of Medicine, Vol. 361, No. 20.




続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:36:24 | Trackback(0) | Comments(0)
文中の解説を見つける: N Engl J Med 2009;361:1963-71.
英文を読んでいるとき、辞書に出ていない単語に出会うことがままあります。そんなときには、文中を探してみましょう。きっと、著者自身が解説を加えています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Outcome Reporting in Industry-Sponsored Trials of Gabapentin for Off-Label Use (N Engl J Med 2009;361:1963-71.)

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:33:22 | Trackback(0) | Comments(0)
定番表現の言い換え: N Engl J Med 2009;361:1953-62.
語彙は少なくても科学論文は十分読んだり書いたりできます。
ただ、語彙が少ないことに満足せず、できるだけ広げていこう、という気持ちは忘れずに。
論文を読むときには、「定番の言い換え」がないか、いつもチェックしています。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Revascularization versus Medical Therapy for Renal-Artery Stenosis (N Engl J Med 2009;361:1953-62.)

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:14:55 | Trackback(0) | Comments(0)
新型インフルエンザ特集: N Engl J Med 2009;361:1945-52.
今週号のThe New England Journal of Medicineはさながら、新型インフルエンザ特集号の様相を呈しています。原著論文4つのうち、3つまでもが新型インフルエンザ関連です。エディトリアルも、です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Cross-Reactive Antibody Responses to the 2009 Pandemic H1N1 Influenza Virus

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 13:30:37 | Trackback(0) | Comments(0)
自分で書けるかな?と思いながら読む: N Engl J Med 2009;361:1935-44.
「英語学習」という色気もあってNEJMを手にするときには、「自分でこれが書けるかな?」という視点で読んでみてはいかがでしょう?
「読むは易く、書くは難し」ところに新たな一歩が見つかるかもしれません。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Hospitalized Patients with 2009 H1N1 Influenza in the United States, April–June 2009 (N Engl J Med 2009;361:1935-44.)

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 11:43:15 | Trackback(0) | Comments(0)
新しい表現を見つける: N Engl J Med 2009;361:1925-34.
木曜日の朝、The New England Journal of Medicineのウェブサイトは更新されます。
以前に比べ、更新時間が若干遅く、7時を回ることもしばしばで、そうなると家を出る前に記事を書くのが難しくなります。
この際、木曜日はブログ休載日にしようかなー、などと検討中。

さて、今週号は新型インフルエンザ特集です。既に、Online Firstで流れた記事も多いのですが、誌面には初掲載となります。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Critical Care Services and 2009 H1N1 Influenza in Australia and New Zealand (N Engl J Med 2009;361:1925-34.)

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:36:48 | Trackback(0) | Comments(1)
キーセンテンスを拾う練習: N Engl J Med 2009;361:1823-1825.
The New England Journal of Medicine Nov. 5号のPerspectiveで、新型インフルエンザ対応時のマスクの問題が取り扱われています。
Perspectiveは、新聞で言うと社説のような位置にあると思います。
NEJMは、感染防御マスクについてどのような見解を持っているのでしょうか。

下記のタイトルをクリックすると全文が開きます(FREE)。

Novel H1N1 Influenza and Respiratory Protection for Health Care Workers (N Engl J Med 2009;361:1823-1825.)


続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

Perspective | 06:36:54 | Trackback(0) | Comments(0)
今週のpodcasting: NEJM Nov. 5, 2009
いつもの更新時間にFC2がサーバートラブルを起こしていて、
記事をアップできませんでした。
「また、長期お休みか?」と案じてくださった方(いるのかしら??)、ご安心ください。

今日は、今週号のpodcastingを聞きましょう。
冒頭部分のスクリプトは公開されています。
下記をクリックすると、オーディオサマリー掲載部分に飛びます。

NEJM AUDIO SUMMARY Nov. 5

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:07:22 | Trackback(0) | Comments(0)
基本的な言い回しを拾う: N Engl J Med 2009;361:1848-55.
全ての原著論文抄録に目新しい言い回しがある、というわけではありません。
でも、特段、目を惹く表現がなくても、読む価値はあります。
論文ならではの基本表現を確認することで、自分にしみこませていきましょう。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Peptide-Based Erythropoietin-Receptor Agonist for Pure Red-Cell Aplasia (N Engl J Med 2009;361:1848-55.)

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:18:13 | Trackback(0) | Comments(0)
KindleでNEJMを読む?!
実はデジものが大好きな私は、
最近、amazonのKindleが非常に気になっております。
インターナショナルに売り出す、というときにはそこそこニュースになっていました。
が、実際に買って使ったレポートはあまり聞こえてこないような。
欲しいけど買っても使い道があるかなあ、というのが迷うところ。

今朝もなんとなくamazon散歩中、
なにげなくKindleショップをのぞいてみたら、なんとまあ、
The New England Journal of MedicineもKindleに配信されているではないですか!

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

感想 | 08:16:42 | Trackback(0) | Comments(2)
名詞をうまく使う: N Engl J Med 2009;361:1838-47.
学校で英語を勉強していた頃、同じ意味の名詞だの形容詞だの動詞だのをまとめて覚えたことがあります。言い換え問題などに効いた技ですが、それは論文を書くときにももちろん使えます。きりっとした名詞が思い付けば本当にあとが楽ですよ。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Vaccination against HPV-16 Oncoproteins for Vulvar Intraepithelial Neoplasia (N Engl J Med 2009;361:18838-47.)

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:54:30 | Trackback(0) | Comments(0)
手持ちが少なくても踏みとどまる: 10.1056/NEJMoa0907206.
ゲームでも実生活でも「手持ちのコマが少なくても戦う」シーンはたくさんあります。
こと論文でも同じ。語彙が少なくても、主張したいことさえぶれなければ、しっかり書き上げることはできます。

今週号の実誌が手元にまだ届いていないので、ウェブ上の抄録から取り上げます。
Online Firstですが、下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Inflammatory Bowel Disease and Mutations Affecting the Interleukin-10 Receptor (10.1056/NEJMoa0907206)

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:08:00 | Trackback(0) | Comments(0)
対語で目を惹く: N Engl J Med 2009;361:1827-1837.
「勝間和代のインディペンデントな生き方実践ガイド」でも、自立した生き方をする「インディ」と依存して生きていく「ウェンディ」を登場させ、この二者の対比で読者を惹きつけていきます。(「ピーターパン」を読んでみるとわかりますが、本当のウェンディは勝間さんがおっしゃるほど依存的な女の子ではありません。たぶん、語尾の「ディ」で韻を踏ませて印象づけるための手法かと思っています。)
論文タイトルでも、何かキャッチフレーズのような2者を持ってくると、読者は読んでみる気になりやすいです。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
On-Pump versus Off-Pump Coronary-Artery Bypass Surgery (N Engl J Med 2009;361:1827-1837.)

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:22:34 | Trackback(0) | Comments(0)
久々にMGHの症例報告: N Engl J Med 2009;361:1787-96.
今週号のNEJM、原著論文の抄録は全部読み、ポッドキャストも聞き終わりました。
さて、どうしましょう?

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

CASE RECORDS OF MGH | 06:19:16 | Trackback(0) | Comments(0)
Online Firstで新型インフルワクチン記事を読む:10.1056/NEJMoa0908535
新型インフルエンザワクチンの接種回数については未だ意見の分かれる日本ですが、10月21日にThe New England Journal of Medicine のOnline Firstでそれに関する論文が掲載されました。いずれは本誌に掲載されますが、ホットな話題なのでサキヨミしましょう。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Novel Influenza A (H1N1) Vaccine in Various Age Groups (10.1056/NEJMoa0908535)

ハテナ起点はもちろんここ。
There is an urgent need for a vaccine that is effective against the 2009 pandemic influenza A (H1N1) virus. (10.1056/NEJMoa0908535)

では早速読んでいきましょう。

BACKGROUND
There is an urgent need for a vaccine that is effective against the 2009 pandemic influenza A (H1N1) virus. (10.1056/NEJMoa0908535)

There is an urgent need 一刻を争う必要がある

METHODS
3歳から77歳までの被験者を対象に、2回接種法で実薬と偽薬で実施、アジュバントの有無、接種量も7.5 µg、15 µg、30 µgの3種類で検討しています。

The immunization schedule consisted of two vaccinations, 21 days apart. (10.1056/NEJMoa0908535)

21 days apart 21日空けて

RESULTS

Among the subjects receiving 15 µg of nonadjuvanted vaccine, a hemagglutination-inhibition titer of 1:40 or more was achieved by day 21 in 74.5% of subjects between 3 and 11 years of age, 97.1% of subjects between 12 and 17 years, 97.1% of subjects between 18 and 60 years, and 79.1% of subjects 61 years of age or older; by day 35, the titer had been achieved in 98.1%, 100%, 97.1%, and 93.3% of subjects, respectively. (10.1056/NEJMoa0908535)
 21日目と35日目の結果を対比して示しています。

CONCLUSIONS

These data suggest that a single dose of 15 µg of hemagglutinin antigen without alum adjuvant induces a typically protective immune response in the majority of subjects between 12 and 60 years of age. (10.1056/NEJMoa0908535)

These data suggest that これらのデータが示しているのは~
 シンプルに書いています。

この論文では12歳から60歳までは1回接種で十分な結果が得られる、という結論でしたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ







テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:25:16 | Trackback(0) | Comments(0)
Audio summaryも怖くない: Podcasting October 29, 2009
Original articlesの抄録は読み終えたので、The New England Journal of Medicineのオーディオサマリーを聞いてみましょう。
冒頭のヘッドライン部分はわずか55秒。繰り返し聞いても苦になりません。この部分はトランスクリプトも用意されています。

NEJMのポッドキャストはiTunes StoreやNEJMのサイトから入手できます。

では冒頭部分を聞いてみましょう。
サイトに掲載されているヘッドラインのスクリプトを使いながら聞き取ります。
スクリプトと異なる部分は赤字で示しておきます。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of October 29, 2009. I'm Dr. Michael Bierer. This week's issue features Featured are articles on the association between susceptibility to fungal infections and a mutation in CARD9, human dectin-1 deficiency and mucocutaneous fungal infections, three-year efficacy of complex insulin regimens in type 2 diabetes, and antibiotic prophylaxis and recurrent urinary tract infection in children, and human dectin-1 deficiency and mucocutaneous fungal infections; review articles on postexposure prophylaxis for HIV infection and on norovirus gastroenteritis; a case report of a man with sore throat, fever, and rash; and Perspective articles on FDA drug information that never reaches clinicians, on four health care reforms for 2009, and on implementing evidence-based health policy in Washington State.


全部通して聞くと20分少々です。気楽に耳に流してみてはいかがでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。クリックありがとうございます。見える範囲に上がってきました。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:11:46 | Trackback(0) | Comments(0)
簡単だけど言いにくい: N Engl J Med 2009;361:1748-59.
英文で論文を書くとき、先に元文を日本語で書いておくかどうか、という命題があります。お薦めは「英文で一気に書く」なのですが、うまく英語に載せられない表現もあります。そんなときには言いたいことを「因数分解」のように平易にしていくと見つかることも。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Antibiotic Prophylaxis and Recurrent Urinary Tract Infection in Children (N Engl J Med 2009;361:1748-59.)

今回のハテナ起点はこのあたり。

Antibiotics are widely administered to children with the intention of preventing urinary tract infection, but adequately powered, placebo-controlled trials regarding efficacy are lacking. (N Engl J Med 2009;361:1748-59.)

では、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Antibiotics are widely administered to children with the intention of preventing urinary tract infection, but adequately powered, placebo-controlled trials regarding efficacy are lacking. (N Engl J Med 2009;361:1748-59.)
 前半で全体像を提示し、but以下で問題点をずばっと突きつけます。"lacking"と言い切って見せてますね。

METHODS

We randomly assigned children under the age of 18 years ... (N Engl J Med 2009;361:1748-59.)

under the age of 18 years 18歳未満
 underは「未満」です。18歳以下、と言いたいときは"18 or younger"となります。

METHODS

From December 1998 to March 2007, a total of 576 children (of 780 planned) underwent randomization. (N Engl J Med 2009;361:1748-59.)

underwent randomization 無作為化を受けた
 undergoは「処置・検査などを受ける」というときにも使えます。

CONCLUSIONS

The treatment effect appeared to be consistent but modest across subgroups. (N Engl J Med 2009;361:1748-59.)

appeared to ~と見られた
 少し「日本語寄り」の表現ですね。

抄録は短いですが、続けることで段々と英語力がついてきます。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:46:48 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。