■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
繰り返しを恐れない: N Engl J Med 2009;361:1139-51.
できれば「美文」を目指したいとは誰しも思うところですが、自然科学系論文では内容が優先されますから、「質実剛健」路線でも大丈夫です。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Dabigatran versus Warfarin in Patients with Atrial Fibrillation (N Engl J Med 2009;361:1139-51.)

今回のハテナ起点となったのはこのあたり。
Warfarin reduces the risk of stroke in patients with atrial fibrillation but increases the risk of hemorrhage and is difficult to use. (N Engl J Med 2009;361:1139-51.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Warfarin reduces the risk of stroke in patients with atrial fibrillation but increases the risk of hemorrhage and is difficult to use. (N Engl J Med 2009;361:1139-51.)
 対義語を使っています。冒頭の文で、興味を引きつけています。

METHODS

In this noninferiority trial, we randomly assigned 18,113 patients who had atrial fibrillation and a risk of stroke to receive, in a blinded fashion, fixed doses of dabigatran ― 110 mg or 150 mg twice daily ― or, in an unblinded fashion, adjusted-dose warfarin. (N Engl J Med 2009;361:1139-51.)
 ここでも対義語を使っていますね。

RESULTS

Rates of the primary outcome were 1.69% per year in the warfarin group, as compared with 1.53% per year in the group that received 110 mg of dabigatran (relative risk with dabigatran, 0.91; 95% confidence interval [CI], 0.74 to 1.11; P<0.001 for noninferiority) and 1.11% per year in the group that received 150 mg of dabigatran (relative risk, 0.66; 95% CI, 0.53 to 0.82; P<0.001 for superiority). (N Engl J Med 2009;361:1139-51.)

as compared with それに比べて
 ここのRESULTS部では、このフレーズが全部で4回出てきます。チェックしてみてくださいね。

CONCLUSIONS

In patients with atrial fibrillation, dabigatran given at a dose of 110 mg was associated with rates of stroke and systemic embolism that were similar to those associated with warfarin, as well as lower rates of major hemorrhage. (N Engl J Med 2009;361:1139-51.)

were similar to ~と同等だった

同じ表現が繰り返される抄録でしたね。ここまで来ると、リズムすら感じますね。ただ、「くどさ」とも紙一重ですから、まねするときには十分注意が必要かもしれません。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:22:59 | Trackback(0) | Comments(0)
既知を聞き取る:Podcasting September 10, 2009
今日は木曜日。今週号のNEJMが発売される日です。
まずは前号のポッドキャストを聞いておきましょう。

NEJMのポッドキャストはiTunes StoreやNEJMのサイトから入手できます。
全体は20分前後ですが、冒頭のヘッドラインなら1分弱。気軽に挑戦してみましょう。

サイトに掲載されているヘッドラインのスクリプトを使いながら聞き取ります。
スクリプトと異なる部分は赤字で示しておきます。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of September 10, 2009. I'm Dr. Michael Bierer. This week's issue features Featured are articles on ticagrelor versus clopidogrel in patients with acute coronary syndromes, recurring mutations in AML acute myeloid leukemia, asymptomatic reactivation of JC virus in patients treated with natalizumab, treatment of progressive multifocal leukoencephalopathy associated with natalizumab, PML after natalizumab monotherapy, and understanding abdominal aortic aneurysm; a review article on parenteral nutrition in the critically ill patient; a case report of a man with fatigue, cough, and peripheral-blood monocytosis; and Perspective articles on the Prometheus Payment model, on proposals for payment reform in Massachusetts, and on the reemergence of PML in natalizumab-treated patients.

いかがでしょう。多少なりとも内容を知っていれば聞き取りやすいですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 05:44:23 | Trackback(0) | Comments(0)
珍しい動詞: N Engl J Med 2009;361:1067-74.
NEJMに使われている動詞ボキャブラリーはそれほど多くないように思います。ただ、書き手の母語によっては珍しいものに出会うことも。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Asymptomatic Reactivation of JC Virus in Patients Treated with Natalizumab (N Engl J Med 2009;361:1067-74.)

今回のハテナ起点はこのあたりでしょうか。

We sought to determine whether exposure to natalizumab causes subclinical reactivation and neurotropic transformation of JC virus. (N Engl J Med 2009;361:1067-74.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We sought to determine whether exposure to natalizumab causes subclinical reactivation and neurotropic transformation of JC virus. (N Engl J Med 2009;361:1067-74.)

seekという語、口語では使いますが、NEJMの抄録ではあまり見かけないように思います。
少し書き手の気持ちが入る語だからでしょうか。

METHODS

We determined JC virus–specific T-cell responses by means of an enzyme-linked immunospot assay and antibody responses by means of an enzyme-linked immunosorbent assay and analyzed JC virus regulatory-region sequences. (N Engl J Med 2009;361:1067-74.)

by means of ~を用いて
 ちょっと懐かしい受験英語でした。

RESULTS

Conversely, BK virus remained stable in urine and was undetectable in blood. (N Engl J Med 2009;361:1067-74.)

Conversely 逆に

CONCLUSIONS

Viral shedding is associated with a transient drop in the JC virus–specific cellular immune response. (N Engl J Med 2009;361:1067-74.)

is associated with (統計学的に)関連した
 結語では頻出の表現です。

いかがでしたか。一つの論文を英語素材としてみたとき、おっと思う部分の数こそ少ないですが、それでもなかなか勉強になります。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
おなじみ表現の復習:N Engl J Med 2009;361:1058-66.
1年くらいNEJMを読んでいるとおなじみの表現が多々できてきます。復習兼ねて読んでみましょう。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Recurring Mutations Found by Sequencing an Acute Myeloid Leukemia Genome (N Engl J Med 2009;361:1058-66.)

今回のハテナ起点はこちら。

The full complement of DNA mutations that are responsible for the pathogenesis of acute myeloid leukemia (AML) is not yet known. (N Engl J Med 2009;361:1058-66.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The full complement of DNA mutations that are responsible for the pathogenesis of acute myeloid leukemia (AML) is not yet known. (N Engl J Med 2009;361:1058-66.)

is not yet known 未だ不明である
 「ハテナ起点」の王道表現です。unknownといったバリエーションもあります。

METHODS

We used massively parallel DNA sequencing to obtain a very high level of coverage (approximately 98%) of a primary, cytogenetically normal, de novo genome for AML with minimal maturation (AML-M1) and a matched normal skin genome. (N Engl J Med 2009;361:1058-66.)

matched マッチさせた

RESULTS

The AML genome that we sequenced contains approximately 750 point mutations, of which only a small fraction are likely to be relevant to pathogenesis. (N Engl J Med 2009;361:1058-66.)

be relevant to ~に関連した

CONCLUSIONS

By comparing the sequences of tumor and skin genomes of a patient with AML-M1, we have identified recurring mutations that may be relevant for pathogenesis. (N Engl J Med 2009;361:1058-66.)

be relevant for ~に関連した
 上記のbe relevant toとの差は何でしょう。辞書にあたりましたが、be relevant toしか載っていませんでした。大西泰斗先生、ポールマクベイ先生共著の「ネイティブスピーカーの前置詞」によれば、TOとFORはどちらも基本イメージは「方向」だけど、TOの方は到達点を含む、とあります。となると、なんとなく違いが見えてきました。be relevant forは「病因にかかわりそうな変異」、be relevant toは「病因にしっかりかかわっている変異」というニュアンスでしょうか(あくまで私案ですけど)。

いかがでしたか。「細部に神は宿る」などといいますが、大意をつかむと同時に細かいところにも目を配ってみるとおもしろいかもしれませんね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 15:07:07 | Trackback(0) | Comments(0)
文の長さはどこまで許容範囲か: N Engl J Med 2009;361:1045-57.
和文でも英文でも、一文の長さはできるだけ短くして、読みやすくするのが「書き手の思いやり」です。ただ、逆に、小説などでは、思いっきり長くして、その効果で独特の味を出す、という手法もありです。科学論文ではどうでしょう?

今回は新しい血小板凝集抑制薬の話題です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Ticagrelor versus Clopidogrel in Patients with Acute Coronary Syndromes (N Engl J Med 2009;361:1045-57.)

オーソドックスな展開のせいか、いつもの「ハテナ起点」ははっきりしません。

早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Ticagrelor is an oral, reversible, direct-acting inhibitor of the adenosine diphosphate receptor P2Y12 that has a more rapid onset and more pronounced platelet inhibition than clopidogrel. (N Engl J Med 2009;361:1045-57.)

pronounced 著しい、はっきりした
 pronounceは動詞だと「発音する」という意味ですが、形容詞になるとそこから派生した「はっきりした」ということになります。おもしろいですね。

METHODS

In this multicenter, double-blind, randomized trial, we compared ticagrelor (180-mg loading dose, 90 mg twice daily thereafter) and clopidogrel (300-to-600-mg loading dose, 75 mg daily thereafter) for the prevention of cardiovascular events in 18,624 patients admitted to the hospital with an acute coronary syndrome, with or without ST-segment elevation. (N Engl J Med 2009;361:1045-57.)

BACKGROUNDに続き、このMETHODSも1文構成です。カッコもあるので、余計に「語の圧力」を感じます。

RESULTS

No significant difference in the rates of major bleeding was found between the ticagrelor and clopidogrel groups (11.6% and 11.2%, respectively; P=0.43), ... (N Engl J Med 2009;361:1045-57.)

No significant difference ... was found between ... ~の間に有意差は見られなかった
 基本表現なので押さえておきます。

CONCLUSIONS

In patients who have an acute coronary syndrome with or without ST-segment elevation, treatment with ticagrelor as compared with clopidogrel significantly reduced the rate of death from vascular causes, myocardial infarction, or stroke without an increase in the rate of overall major bleeding but with an increase in the rate of non–procedure-related bleeding. (N Engl J Med 2009;361:1045-57.)

恐るべし、1文構成。文末まで一気に読み切る集中力がないと、途中で踏み迷います。「あれ?」と思うことがあっても後戻りしないことです。判らなくなったら、初めから読み直すことをお薦めします。

いかがでしたか。ここまで1文構成で押してこられると、筆者のライティングスタイルかあるいは母語の影響かと思わざるを得ませんね。短文で書き切れればそちらの方が無難かと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:20:15 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。