■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
実体験から探る: N Engl J Med 2009;361:245-54.
臨床をやっている、ということは、身近に論文の種がたくさん転がっている、ということです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Disclosure of APOE Genotype for Risk of Alzheimer's Disease

今回の「ハテナ起点」は明記されていませんが...

早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The apolipoprotein E (APOE) genotype provides information on the risk of Alzheimer's disease, but the genotyping of patients and their family members has been discouraged. (N Engl J Med 2009;360:245-54.)

前半は現在形、後半は現在完了形になっています。身近な「経験」があったと推測されます。

METHODS

We measured symptoms of anxiety, depression, and test-related distress 6 weeks, 6 months, and 1 year after disclosure or nondisclosure. (N Engl J Med 2009;360:245-54.)

前置詞を悩むシーンですが、意外にも「ノー前置詞」でした。

RESULTS

Baseline scores for anxiety and depression were strongly associated with post-disclosure scores of these measures (P<0.001 for both comparisons). (N Engl J Med 2009;360:245-54.)

were strongly associated with 統計学的に強く相関していた

CONCLUSIONS

The disclosure of APOE genotyping results to adult children of patients with Alzheimer's disease did not result in significant short-term psychological risks. (N Engl J Med 2009;360:245-54.)

adult children of patients with Alzheimer's disease アルツハイマー病患者の親を持つ成人
 adult childrenという言い回しはおもしろいですね(いわゆる、アダルトチルドレン、ではなくて)。

いかがでしたか。個体差に振り回されそうな対象ですが、こうして数をとらえてみる試みは有意義だと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:58:24 | Trackback(0) | Comments(2)
提案をする: N Engl J Med 2009;361:235-44.
学会発表でも論文でも、最後の締めくくりに前向きな提案をすると、うまくまとまります。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Endoscopic versus Open Vein-Graft Harvesting in Coronary-Artery Bypass Surgery

今回のハテナ起点はこちら。
... but the long-term effects on the rate of vein-graft failure and on clinical outcomes are unknown. (N Engl J Med 2009;361:235-44.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Vein-graft harvesting with the use of endoscopy (endoscopic harvesting) is a technique that is widely used to reduce postoperative wound complications after coronary-artery bypass grafting (CABG), but the long-term effects on the rate of vein-graft failure and on clinical outcomes are unknown. (N Engl J Med 2009;361:235-44.)

前半に既知の事実を持ってきて、butでひっくり返して、unknownで問題提起をするパターンです。

METHODS

We studied the outcomes in patients who underwent endoscopic harvesting (1753 patients) as compared with those who underwent graft harvesting under direct vision, termed open harvesting (1247 patients), in a secondary analysis of 3000 patients undergoing CABG. (N Engl J Med 2009;361:235-44.)

under direct vision 直視下に

Generalized estimating equations were used to adjust for baseline covariates associated with vein-graft failure and to account for the potential correlation between grafts within a patient. (N Engl J Med 2009;361:235-44.)

covariates 共変量
 統計用語は、正直、馴染みがありません。

RESULTS

Patients who underwent endoscopic harvesting had higher rates of vein-graft failure at 12 to 18 months than patients who underwent open harvesting (46.7% vs. 38.0%, P<0.001). (N Engl J Med 2009;361:235-44.)

'those who'としてもよさそうですが、言葉の曖昧さを排するためにpatientsを繰り返しているのでしょうか。

CONCLUSIONS

Randomized clinical trials are needed to further evaluate the safety and effectiveness of this harvesting technique. (N Engl J Med 2009;361:235-44.)

この衝撃的な結果は何に起因するものか、考察する必要がありますね。追試も必要かと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:15:47 | Trackback(0) | Comments(2)
Podcasting: July 9, 2009
久々にpodcastingを聞いてみましょう。
The New England Journal of Medicine July 9号のオーディオサマリーはiTunes storeのpodcastingや本誌サイトから入手できます。

ではヘッドライン部分だけ、スクリプトを見ながら聞いてみましょう。
スクリプトと異なる部分は赤字で書きます。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of July 9, 2009. I'm Dr. Lisa Johnson. This week's issue features Featured are articles on poly(ADP-ribose) polymerase inhibitor in BRCA-related cancer, raxibacumab for the treatment of inhalational anthrax, rates of serious infection after changes in regimens for medical abortion, lack of association between folate-receptor autoantibodies and neural-tube defects, an investigation of the cause of death in a gene-therapy trial, and limits on police use of bioidentifiers in Europe; a review article on screening for ovarian cancer; a case report of a woman with abdominal pain, weight loss, and renal failure; and Perspective articles on a value-based system strategy for health care reform, on managing and reducing uncertainty in an emerging influenza pandemic, on geographic dependence, surveillance, and origins of the 2009 influenza A (H1N1) virus, and on the predictable unpredictability of pathogens.

全部で1分4秒です。いかがですか?
iTunesのpodcastingでも入手できますよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:14:32 | Trackback(0) | Comments(0)
基本の形: N Engl J Med 2009;361:40-51.
おおよそ論文は「問題提起」「課題設定」「比較結果」「結論」という流れで進んでいきます。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Renal and Retinal Effects of Enalapril and Losartan in Type 1 Diabetes (N Engl J Med 2009;361:40-51.)

今回のハテナ起点はこちら。
It is unclear whether their progression is slowed by early administration of drugs that block the renin–angiotensin system. (N Engl J Med 2009;361:40-51.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

It is unclear whether their progression is slowed by early administration of drugs that block the renin–angiotensin system. (N Engl J Med 2009;361:40-51.)
 定番の「ハテナ表現」です。unclearがunknownのこともありますよね。

METHODS

We conducted a multicenter, controlled trial involving 285 normotensive patients with type 1 diabetes and normoalbuminuria and who were randomly assigned to receive losartan (100 mg daily), enalapril (20 mg daily), or placebo and followed for 5 years. (N Engl J Med 2009;361:40-51.)

conducted 行った
 これもよく使われる動詞です。

The retinopathy end point was a progression on a retinopathy severity scale of two steps or more. (N Engl J Med 2009;361:40-51.)

two steps or more 2段階かそれ以上
 こういう表現が苦もなく出てくるようになりたいです。

RESULTS

As compared with placebo, the odds of retinopathy progression by two steps or more was reduced by 65% with enalapril (odds ratio, 0.35; 95% confidence interval [CI], 0.14 to 0.85) and by 70% with losartan (odds ratio, 0.30; 95% CI, 0.12 to 0.73), independently of changes in blood pressure. (N Engl J Med 2009;361:40-51.)

As compared with placebo プラセボと比較して

CONCLUSIONS

Early blockade of the renin–angiotensin system in patients with type 1 diabetes did not slow nephropathy progression but slowed the progression of retinopathy. (N Engl J Med 2009;361:40-51.)
 個々の薬剤についての評価ではなく、作用機序のところまでさかのぼって結論としています。

いかがでしたか。レニン・アンギオテンシン系と腎との関わりは既知でしたが、網膜とも関連しているのでしょうか。本文を読んでみたくなりました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:14:32 | Trackback(0) | Comments(0)
基本にもどる: N Engl J Med 2009;361:32-9.
あれこれ考えたり読んだりしていると、表現に懲りたくなってきますが、科学論文は簡明をもってよし、とするところがありますから、直球勝負で十分です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Preoperative Staging of Lung Cancer with Combined PET–CT (N Engl J Med 2009;361:32-9.)

今回のハテナ起点の「元」はこのあたり。
Fast and accurate staging is essential for choosing treatment for non–small-cell lung cancer (NSCLC). (N Engl J Med 2009;361:32-9.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The purpose of this randomized study was to evaluate the clinical effect of combined positron-emission tomography and computed tomography (PET–CT) on preoperative staging of NSCLC. (N Engl J Med 2009;361:32-9.)
 奇をてらったところのない一文ですが、十分に用をなしています。これで十分なんですね。

METHODS

We randomly assigned patients who were referred for preoperative staging of NSCLC to either conventional staging plus PET–CT or conventional staging alone. (N Engl J Med 2009;361:32-9.)

were referred for ~のために照会された

The primary end point was the number of futile thoracotomies, defined as any one of the following ... (N Engl J Med 2009;361:32-9.)

futile 無駄な

RESULTS

The number of justified thoracotomies and survival were similar in the two groups. (N Engl J Med 2009;361:32-9.)
 複数形で受けています。注意しなくては。

CONCLUSIONS

The use of PET–CT for preoperative staging of NSCLC reduced both the total number of thoracotomies and the number of futile thoracotomies but did not affect overall mortality. (N Engl J Med 2009;361:32-9.)
 簡潔に判明した事実を記載していますね。

いかがでしたか。無駄なく締まった抄録でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:58:53 | Trackback(0) | Comments(0)
話すように書く: N Engl J Med 2009;361:22-31.
言文一致運動というわけではありませんが、和文でも英文でも「話すように書く」と読みやすい場合があります。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Epidemiologic Study of In-Hospital Cardiopulmonary Resuscitation in the Elderly (N Engl J Med 2009;361:22-31.)

今回のハテナ起点はこちら。
It is unknown whether the rate of survival after in-hospital cardiopulmonary resuscitation (CPR) is improving and which characteristics of patients and hospitals predict survival. (N Engl J Med 2009;361:22-31.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

It is unknown whether the rate of survival after in-hospital cardiopulmonary resuscitation (CPR) is improving and which characteristics of patients and hospitals predict survival. (N Engl J Med 2009;361:22-31.)
 "unknown文"でストレートに書いています。背景部分は必要最小限に絞った分量になっています。

METHODS

We examined fee-for-service Medicare data from 1992 through 2005 to identify beneficiaries 65 years of age or older who underwent CPR in U.S. hospitals. (N Engl J Med 2009;361:22-31.)

beneficiaries 受益者
 65 years of age or olderの位置がおもしろいですね。ここに入れるのはなかなか難しいかな。

RESULTS

The survival rate was lower among patients who were men, were older, had more coexisting illnesses, or were admitted from a skilled-nursing facility. (N Engl J Med 2009;361:22-31.)
 このあたり、まさに「しゃべっているのを聞いている」ような印象があります。読み下していくとわかりやすいですね。

CONCLUSIONS

The proportion of in-hospital deaths preceded by CPR increased, whereas the proportion of survivors discharged home after undergoing CPR decreased. (N Engl J Med 2009;361:22-31.)

preceded ~に先立つ
 この部分の意味は「CPRの後、院内で死亡する」となります。

いかがでしたか。ややショッキングな結果でしたが、解析対象となった患者背景にもよるかな、と感想を持ちました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:17:35 | Trackback(0) | Comments(0)
最初と最後を呼応させる: N Engl J Med 2009;361:11-21.
子供の作文だろうが医学論文だろうが、変わりません、書き出しと締めくくりを呼応させると、書いたものがびしっと締まります。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

M-Type Phospholipase A2 Receptor as Target Antigen in Idiopathic Membranous Nephropathy (N Engl J Med 2009;361:11-21.)

今回のハテナ起点はこちら。
Serologic diagnosis has been elusive because the target antigen is unknown. (N Engl J Med 2009;361:11-21.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Serologic diagnosis has been elusive because the target antigen is unknown. (N Engl J Med 2009;361:11-21.)

elusive つかまえどころがない
後半はいつもの"unknown"ですね。

METHODS

We performed Western blotting of protein extracts from normal human glomeruli with serum samples from patients with idiopathic or secondary membranous nephropathy or other proteinuric or autoimmune diseases and from normal controls. (N Engl J Med 2009;361:11-21.)
 fromとorが入り乱れて、わかりにくい一文です(しかも長い)。こういうときは素直に前から読んで頭の中のイメージを作っていくしか妙案はないですね。

RESULTS

IgG eluted from such deposits in patients with idiopathic membranous nephropathy, but not in those with lupus membranous or IgA nephropathy, recognized PLA2R. (N Engl J Med 2009;361:11-21.)

eluted 溶出する
 ステントの話題でもよく出てきた単語です。

CONCLUSIONS

PLA2R is present in normal podocytes and in immune deposits in patients with idiopathic membranous nephropathy, indicating that PLA2R is a major antigen in this disease. (N Engl J Med 2009;361:11-21.)
 この部分、冒頭の、
the target antigen is unknown (N Engl J Med 2009;361:11-21.)
と呼応しています。

いかがでしたか。疾患の「闇の部分」に光が入りつつありますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:16:33 | Trackback(0) | Comments(0)
動詞を追いかける: N Engl J Med 2009;360:2742-8.
今週号もBrief Reportが掲載されています。これにはSummaryがついていますが、今回は動詞に着目して読んでみます。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Isolated Familial Hypogonadotropic Hypogonadism and a GNRH1 Mutation (N Engl J Med 2009;360:2742-8.)

では逐文で見ていきます。

We investigated whether mutations in the gene encoding gonadotropin-releasing hormone 1 (GNRH1) might be responsible for idiopathic hypogonadotropic hypogonadism (IHH) in humans. (N Engl J Med 2009;360:2742-8.)

investigated 研究した
 論文頻出語です。studyでも言い換えられます。

We identified a homozygous GNRH1 frameshift mutation, an insertion of an adenine at nucleotide position 18 (c.18-19insA), in the sequence encoding the N-terminal region of the signal peptide–containing protein precursor of gonadotropin-releasing hormone (prepro-GnRH) in a teenage brother and sister, who had normosmic IHH. (N Engl J Med 2009;360:2742-8.)

identified  同定した
 
Their unaffected parents and a sibling who was tested were heterozygous. (N Engl J Med 2009;360:2742-8.)
 ここは文の骨ではないのですが、よく出てくる語としてtestをチェックしてみました。これは感覚的に使いやすいのではないでしょうか。

This mutation results in an aberrant peptide lacking the conserved GnRH decapeptide sequence, as shown by the absence of immunoreactive GnRH when expressed in vitro. (N Engl J Med 2009;360:2742-8.)

results in 結果として~となっる

This isolated autosomal recessive GnRH deficiency, reversed by pulsatile GnRH administration, shows the pivotal role of GnRH in human reproduction. (N Engl J Med 2009;360:2742-8.)
 結論を述べるときに頻出の語です。

いかがでしたか。ちょっと変わった読み方をしてみました。こうした「動詞拾い」もおもしろいですよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:30:03 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。