■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

N.S.でも重要: N Engl J Med 2009;360:2503-15.
自分の立てた仮説の下、検討した結果、思った通りの結論にいかなかったとしてもがっかりすることはありません。その「ひっくりかえった仮説」こそが重要なのです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Randomized Trial of Therapies for Type 2 Diabetes and Coronary Artery Disease (N Engl J Med 2009;360:2503-15.)

今回のハテナ起点はこのあたり。
Optimal treatment for patients with both type 2 diabetes mellitus and stable ischemic heart disease has not been established. (N Engl J Med 2009;360:2503-15.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Optimal treatment for patients with both type 2 diabetes mellitus and stable ischemic heart disease has not been established. (N Engl J Med 2009;360:2503-15.)
 いつもの「ハテナ表現」ですね。

METHODS

We randomly assigned 2368 patients with both type 2 diabetes and heart disease to undergo either prompt revascularization with intensive medical therapy or intensive medical therapy alone and to undergo either insulin-sensitization or insulin-provision therapy. (N Engl J Med 2009;360:2503-15.)

insulin-sensitization インスリン抵抗性改善療法
insulin-provision インスリン療法

RESULTS

The rates of freedom from major cardiovascular events also did not differ significantly among the groups: 77.2% in the revascularization group and 75.9% in the medical-treatment group (P=0.70) and 77.7% in the insulin-sensitization group and 75.4% in the insulin-provision group (P=0.13). (N Engl J Med 2009;360:2503-15.)

freedom from major cardiovascular events
 おもしろい表現です。symptom-freeなどと言いますから、そこからきたfreedomでしょうが。

CONCLUSIONS

Overall, there was no significant difference in the rates of death and major cardiovascular events between patients undergoing prompt revascularization and those undergoing medical therapy or between strategies of insulin sensitization and insulin provision. (N Engl J Med 2009;360:2503-15.)

Overall, 全体的に
 なくても意味は通じます。著者らの気持ちが表出して「入ってしまった」一語でしょうか。

いかがでしたか。比較検討した群ではどちらも有意差が出ませんでした。この「出なかったこと」こそがNEJMに掲載された理由なのでしょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:19:39 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad