■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
動詞を追ってみる: N Engl J Med 2009;360:2289-301.
抄録で使われている動詞に着目して読んでみると、論旨の運び方がよくわかります。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Mutation in TET2 in Myeloid Cancers (N Engl J Med 2009;360:2289-301.)

今回のハテナ起点はこちら。

The mechanisms underlying these disorders are not well defined. (N Engl J Med 2009;360:2289-301.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The mechanisms underlying these disorders are not well defined. (N Engl J Med 2009;360:2289-301.)

いつもの表現形ですね。

METHODS

The coding sequence of this gene, TET2, was determined in 320 patients. (N Engl J Med 2009;360:2289-301.)

カンマを「すなわち」という意味で使用しています。以前出ていたものでは、これとは逆にカンマではさんだ部分に解説を入れていましたね。

RESULTS

TET2 defects were present in hematopoietic stem cells and preceded the JAK2 V617F mutation in the five samples from patients with myeloproliferative disorders that we analyzed. (N Engl J Med 2009;360:2289-301.)

preceded 先行する

CONCLUSIONS

Somatic mutations in TET2 occur in about 15% of patients with various myeloid cancers.(N Engl J Med 2009;360:2289-301.)

現在形でずばっと書いています。より臨場感がありますね。

いかがでしたか。読者にとってなじみのない領域であっても理解できるように書かれていました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:25:41 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。