■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
検証を続ける: N Engl J Med 2009;360:2730-41.
経験的にあるいは慣例的に行われている治療であっても、振り返って検証することが大切です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Treating Childhood Acute Lymphoblastic Leukemia without Cranial Irradiation (N Engl J Med 2009;360:2730-41.)

今回のハテナ起点の「元」はこのあたり。
Prophylactic cranial irradiation has been a standard treatment in children with acute lymphoblastic leukemia (ALL) who are at high risk for central nervous system (CNS) relapse. (N Engl J Med 2009;360:2730-41.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Prophylactic cranial irradiation has been a standard treatment in children with acute lymphoblastic leukemia (ALL) who are at high risk for central nervous system (CNS) relapse. (N Engl J Med 2009;360:2730-41.)
 現在完了形で書かれています。「今の今までこうなんだ」という感触でしょうか。

at high risk for ~のハイリスク群である
 表現をチェック!

METHODS

We conducted a clinical trial to test whether prophylactic cranial irradiation could be omitted from treatment in all children with newly diagnosed ALL. (N Engl J Med 2009;360:2730-41.)

be omitted from ~から省略される

RESULTS

CNS leukemia (CNS-3 status) or a traumatic lumbar puncture with blast cells at diagnosis and a high level of minimal residual disease (≥1%) after 6 weeks of remission induction were significantly associated with poorer event-free survival. (N Engl J Med 2009;360:2730-41.)

were significantly associated with poorer event-free survival 
 poorerの使い方がおもしろいです。こんな風にさらっと使ってみたいです。

CONCLUSIONS

With effective risk-adjusted chemotherapy, prophylactic cranial irradiation can be safely omitted from the treatment of childhood ALL. (N Engl J Med 2009;360:2730-41.)
 予防的全脳照射を行わないときの大前提を述べています。

いかがでしたか。ひとつひとつ確かめながら進んでいくことの重要性がよくわかります。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:26:53 | Trackback(0) | Comments(0)
既知であっても辞書をひく: N Engl J Med 2009;360:2719-29.
英単語を押さえるとき、基本的なイメージをつかんでいれば意味はなんとなく類推できます。それでもそれがきっちりと日本語にならないときは、やはり辞書をひいてみます。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Mutation of FOXL2 in Granulosa-Cell Tumors of the Ovary (N Engl J Med 2009;360:2719-29.)

今回のハテナ起点はこのあたり。
The pathogenesis of these tumors is unknown. Moreover, their histopathological diagnosis can be challenging, and there is no curative treatment beyond surgery. (N Engl J Med 2009;360:2719-29.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Moreover, their histopathological diagnosis can be challenging, and there is no curative treatment beyond surgery. (N Engl J Med 2009;360:2719-29.)

challenging 困難な
 ロングマン現代英英辞典4訂増補版では次のように解説されています。
challenging difficult in an interesting or enjoyable way
 「難しいけどやりがいのある」といったところでしょうか。課題設定の時など使ってみたい語ですね。

METHODS

We identified putative GCT-specific mutations ... (N Engl J Med 2009;360:2719-29.)

putative 推定上の

RESULTS

All four index GCTs had a missense point mutation, ... (N Engl J Med 2009;360:2719-29.)

index 指標となる
 日本語にも入っている「インデクス」ですが、英語で使うとなると難しそうです。

CONCLUSIONS

Mutant FOXL2 is a potential driver in the pathogenesis of adult-type GCTs. (N Engl J Med 2009;360:2719-29.)

driver 推進するもの
 ちょっと日本語になりにくいですね。イメージはつかめるのですが。

いかがでしたか。こうしたchallengingな検討を重ねることで病因が明らかにされることでしょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:13:46 | Trackback(0) | Comments(0)
常識を確かめる: N Engl J Med 2009;360:2705-18.
「経験知」として行われていることについてもエビデンスを取ってみる、というのが最近の潮流です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Routine Early Angioplasty after Fibrinolysis for Acute Myocardial Infarction

今回の「ハテナ起点」はこちら。
The role and optimal timing of routine PCI after fibrinolysis have not been established. (N Engl J Med 2009;360:2705-18.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Patients with a myocardial infarction with ST-segment elevation who present to hospitals that do not have the capability of performing percutaneous coronary intervention (PCI) often cannot undergo timely primary PCI and therefore receive fibrinolysis. (N Engl J Med 2009;360:2705-18.)
 長い文ですが、映画のワンシーンを見るように読んでいくとわかりやすいですよ。
「患者だ、心筋梗塞でSTが上がっている、病院に着いた、がPCIはできない病院だ、そこではだいたいタイムリーなPCIはやれない、なので血栓溶解療法をやってる。」

METHODS

We randomly assigned 1059 high-risk patients who had a myocardial infarction with ST-segment elevation and who were receiving fibrinolytic therapy at centers that did not have the capability of performing PCI to either standard treatment (including rescue PCI, if required, or delayed angiography) or a strategy of immediate transfer to another hospital and PCI within 6 hours after fibrinolysis. (N Engl J Med 2009;360:2705-18.)
 割付の選択肢をeither ... or ...で示しています。

RESULTS

At 30 days, the primary end point occurred in 11.0% of the patients who were assigned to routine early PCI and in 17.2% of the patients assigned to standard treatment (relative risk with early PCI, 0.64; 95% confidence interval, 0.47 to 0.87; P=0.004). (N Engl J Med 2009;360:2705-18.)

At 30 days 30日の時点で
 書けそうで書けないかもしれません。特にdaysがぱっと出てこないかも。

CONCLUSIONS

Among high-risk patients who had a myocardial infarction with ST-segment elevation and who were treated with fibrinolysis, transfer for PCI within 6 hours after fibrinolysis was associated with significantly fewer ischemic complications than was standard treatment. (N Engl J Med 2009;360:2705-18.)

was associated with (統計学的)相関があった

いかがでしたか。以前にもPCIの時期に関する論文が掲載されていました。これはかなり関心の高い話題なのですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:20:40 | Trackback(0) | Comments(0)
流れるように書く: N Engl J Med 2009;360:2637-44.
「前から順に読んで」いくのが英文読解のツボと聞きますが、書くときにも読み下しでだんだんとわかってくるように心がけます。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Immunodeficiency Associated with FCN3 Mutation and Ficolin-3 Deficiency (N Engl J Med 2009;360:2637-44.)

今回はBrief Reportです。順に読んでいきます。

Ficolin-3, encoded by the FCN3 gene and expressed in the lung and liver, is a recognition molecule in the lectin pathway of the complement system. (N Engl J Med 2009;360:2637-44.)
 ficolin-3??と思って読み進めると、順に情報が出てきて、文末では「わかった」となる仕組みです。

Heterozygosity for an FCN3 frameshift mutation (rs28357092), leading to a distortion of the C-terminal end of the molecule, occurs in people without disease (allele frequency among whites, 0.01). (N Engl J Med 2009;360:2637-44.)

leading to (その結果)~となる

We describe a patient with recurrent infections who was homozygous for this mutation, who had undetectable serum levels of ficolin-3, and who had a deficiency in ficolin-3–dependent complement activation. (N Engl J Med 2009;360:2637-44.)
 whoを多用して、a patientに説明を加えています。あまり見かけない手法ですが、「あり」なんでしょう。

いかがでしたか。Briefではありますが、読むたび、勉強になります。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:22:31 | Trackback(0) | Comments(0)
感染症との戦い: N Engl J Med 2009;360:2626-36.
人類と感染症との戦いは終わることなく日々、そこら中で繰り広げられています。なんとか一歩先んじようと、さまざまな対策が取られています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Evaluation of Universal Antenatal Screening for Group B Streptococcus (N Engl J Med 2009;360:2626-36.)

今回のハテナ起点も明示されてはいませんが、このあたりでしょうか。

In 2002, national guidelines recommended universal late antenatal screening of pregnant women for colonization with group B streptococcus to identify candidates for intrapartum chemoprophylaxis. (N Engl J Med 2009;360:2626-36.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

In 2002, national guidelines recommended universal late antenatal screening of pregnant women for colonization with group B streptococcus to identify candidates for intrapartum chemoprophylaxis. (N Engl J Med 2009;360:2626-36.)

antenatal 出産前の
intrapartum 分娩時の

METHODS

We evaluated the implementation of the guidelines in a multistate, retrospective cohort selected from the Active Bacterial Core surveillance, a 10-state, population-based system that monitors invasive group B streptococcal disease. (N Engl J Med 2009;360:2626-36.)

implementation 遂行

We abstracted data from the labor and delivery records of a stratified random sample of live births and of all cases in which the newborn had early-onset group B streptococcal disease (i.e., disease in infants <7 days of age) in 2003 and 2004. (N Engl J Med 2009;360:2626-36.)

labor and delivery 出産と分娩
 同じような意味のような気がしたので、ロングマン現代英英辞典4訂増補版にあたってみました。
labor the process of giving birth to a baby
delivery the process of giving birth to a child

 ほぼ同じですね。ふたつセットの言葉、なんでしょうか。

RESULTS

A total of 61.4% of the term infants with group B streptococcal disease were born to women who had tested negative for group B streptococcus before delivery. (N Engl J Med 2009;360:2626-36.)

A total of 全部で
 複数形で受けます。

CONCLUSIONS

Recommendations for universal screening were rapidly adopted. (N Engl J Med 2009;360:2626-36.)

Recommendationsとのセットで覚えておくと使えそうです。

いかがでしたか。スクリーニングの精度が更に上がるとより高い効果が得られることでしょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:28:11 | Trackback(0) | Comments(0)
既にトリとは混ざっている: N Engl J Med 2009;360:2616-25.
現在、流行中のブタ由来インフルエンザは、今後、トリインフルエンザの強毒性を獲得するのではないか、と危惧されていますが、既にそれは発生している、という報告が今回の論文です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Triple-Reassortant Swine Influenza A (H1) in Humans in the United States, 2005?2009 (N Engl J Med 2009;360:2616-25.)

今回はハテナ起点ははっきりしません。
では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Triple-reassortant swine influenza A (H1) viruses ― containing genes from avian, human, and swine influenza viruses ― emerged and became enzootic among pig herds in North America during the late 1990s. (N Engl J Med 2009;360:2616-25.)

Triple-reassortant 3再集合体
 ピンとこなくても大丈夫。解説がついていますよ。
― containing genes from avian, human, and swine influenza viruses ―ということです。

enzootic 獣類風土病の
 ブタでは風土病として既にあった、ということです。

METHODS

We report the clinical features of the first 11 sporadic cases of infection of humans with triple-reassortant swine influenza A (H1) viruses reported to the Centers for Disease Control and Prevention, occurring from December 2005 through February 2009, until just before the current epidemic of swine-origin influenza A (H1N1) among humans. (N Engl J Med 2009;360:2616-25.)

 現在形を使用して臨場感を表現しています。「今まさにここにこうして」という感じでしょうか。

RESULTS

The median age of the 11 patients was 10 years (range, 16 months to 48 years), and 4 had underlying health conditions. (N Engl J Med 2009;360:2616-25.)

had underlying health conditions 基礎疾患があった
 言い回しをチェック!

CONCLUSIONS

From December 2005 until just before the current human epidemic of swine-origin influenza viruses, there was sporadic infection with triple-reassortant swine influenza A (H1) viruses in persons with exposure to pigs in the United States. (N Engl J Med 2009;360:2616-25.)

just before the current human epidemic of swine-origin influenza viruses 現在のブタ由来インフルエンザが流行する直前
 justが効いています。

いかがでしたか。やはりトリが混じると重症化するようですね。今の、感染力の強いブタ型にトリ型が入ると...とても心配です。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 10:38:05 | Trackback(0) | Comments(0)
知識を広げる: N Engl J Med 2009;360:2544-55.
病因論は既に遺伝子領域に及び、疾患イメージを掴む場合にも重要な情報となることがあります。ただ、遺伝子の話は日進月歩どころか、秒進分歩なので、追っかけるのも大変です。
今回は原発性胆汁性肝硬変(PBC)の話題です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Primary Biliary Cirrhosis Associated with HLA, IL12A, and IL12RB2 Variants (N Engl J Med 2009;360:2544-55.)

今回のハテナ起点はこのあたり。
Twin and family aggregation data suggest that there is a significant genetic predisposition to primary biliary cirrhosis, but the susceptibility loci are unknown. (N Engl J Med 2009;360:2544-55.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Twin and family aggregation data suggest that there is a significant genetic predisposition to primary biliary cirrhosis, but the susceptibility loci are unknown. (N Engl J Med 2009;360:2544-55.)
 お馴染みのunknown文ですね。

METHODS

To identify genetic loci conferring a risk for primary biliary cirrhosis, ... (N Engl J Med 2009;360:2544-55.)

conferring 賦与する、もたらす
 遺伝子関連ではよく出てくる動詞です。チェックかも。

RESULTS

We found significant associations between primary biliary cirrhosis and 13 loci across the HLA class II region; the HLA-DQB1 locus (encoding the major histocompatibility complex class II, DQ β chain 1) had the strongest association (P=1.78x10–19; odds ratio for patients vs. controls, 1.75). (N Engl J Med 2009;360:2544-55.)
 ものすごいP値(10の-19乗ですから)なので、strongestですね。

CONCLUSIONS 

Our data show significant associations between primary biliary cirrhosis and common genetic variants at the HLA class II, IL12A, and IL12RB2 loci and suggest that the interleukin-12 immunoregulatory signaling axis is relevant to the pathophysiology of primary biliary cirrhosis. (N Engl J Med 2009;360:2544-55.)

showとsuggestの使い分け、勉強になりますね。
is relevant to 関連している

いかがでしたか。こうした解析から治療法へと発展していって欲しいと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:06:03 | Trackback(0) | Comments(0)
ウイルスとの攻防: N Engl J Med 2009;360:2536-43.
新型H1N1インフルエンザウイルスも徐々に変異を遂げているように、ウイルスと人類との攻防は目を離せない状況が続いています。今回はヤップ島でのジカウイルスのアウトブレイクがテーマになっています。下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Zika Virus Outbreak on Yap Island, Federated States of Micronesia (N Engl J Med 2009;360:2536-43.)

今回のハテナ起点はこのあたり。

No previous outbreaks and only 14 cases of Zika virus disease have been previously documented. (N Engl J Med 2009;360:2536-43.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

No previous outbreaks and only 14 cases of Zika virus disease have been previously documented. (N Engl J Med 2009;360:2536-43.)

 "No"で始まる「ハテナ文」です。報告例が少ないことが起点になりました。

METHODS

We conducted a household survey to estimate the proportion of Yap residents with IgM antibody against Zika virus and to identify possible mosquito vectors of Zika virus. (N Engl J Med 2009;360:2536-43.)

a household survey 世帯調査

RESULTS

The patients resided in 9 of the 10 municipalities on Yap. Rash, fever, arthralgia, and conjunctivitis were common symptoms. (N Engl J Med 2009;360:2536-43.)

municipalities (地方)自治体

CONCLUSIONS

Although most patients had mild illness, clinicians and public health officials should be aware of the risk of further expansion of Zika virus transmission. (N Engl J Med 2009;360:2536-43.)

be aware of 意識する
 受験生にはお馴染みですね、懐かしい~。

いかがでしたか。ヤップ島のアウトブレイクの検討から視点を島外へ向けているところがNEJM掲載論文らしいですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:05:53 | Trackback(0) | Comments(0)
タネはすぐそばに: N Engl J Med 2009;360:2528-35.
藤巻幸夫さんの書かれた「茶色いクツをはきなさい!」を読んでいたら、こんなフレーズがありました。
半径3メートルの中にクリエイティブはいくらでも転がっている。
論文になる「ハテナ起点」も実は身近に転がっているのです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

The Safety of Metoclopramide Use in the First Trimester of Pregnancy (N Engl J Med 2009;360:2528-35.)

今回のハテナ起点はここ。
... but insufficient information exists regarding its safety in pregnancy. (N Engl J Med 2009;360:2528-35.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

In various countries, metoclopramide is the antiemetic drug of choice in pregnant women, but insufficient information exists regarding its safety in pregnancy. (N Engl J Med 2009;360:2528-35.)

insufficient information exists 十分な情報がない
 「ハテナ表現」としてチェック。

METHODS

We investigated the safety of metoclopramide use during the first trimester of pregnancy by linking a computerized database of medications dispensed between January 1, 1998, ... (N Engl J Med 2009;360:2528-35.)

dispensed 投薬する

We assessed associations between the use of metoclopramide in pregnancy and adverse outcomes for the fetus, adjusting for parity, maternal age, ethnic group, presence or absence of maternal diabetes, smoking status, and presence or absence of peripartum fever. (N Engl J Med 2009;360:2528-35.)

parity 出産経験

RESULTS

There were 113,612 singleton births during the study period. (N Engl J Med 2009;360:2528-35.)

singleton 単胎児

CONCLUSIONS

In this large cohort of infants, exposure to metoclopramide in the first trimester was not associated with significantly increased risks of any of several adverse outcomes. (N Engl J Med 2009;360:2528-35.)

was not associated with significantly increased risks 有意なリスク上昇とは関連がなかった
 もうお馴染みの be associated withですが、significantlyを入れて有意差の話にも応用できますね。

いかがでしたか。妊娠第1期に使える、というのは非常に心強い結果でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:41:14 | Trackback(0) | Comments(0)
時間軸で比較する: N Engl J Med 2009;360:2516-27.
群間比較を行う場合、何を軸にパラメータを取るか、という問題があります。今回は、「投与期間」という時間軸での検討です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Duration of Androgen Suppression in the Treatment of Prostate Cancer (N Engl J Med 2009;360:2516-27.)

今回のハテナ起点はこのあたり。
We compared the use of radiotherapy plus short-term androgen suppression with the use of radiotherapy plus long-term androgen suppression in the treatment of locally advanced prostate cancer. (N Engl J Med 2009;360:2516-27.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We compared the use of radiotherapy plus short-term androgen suppression with the use of radiotherapy plus long-term androgen suppression in the treatment of locally advanced prostate cancer. (N Engl J Med 2009;360:2516-27.)
 時間軸を比較パラメータに取っています。

METHODS

We randomly assigned patients with locally advanced prostate cancer who had received external-beam radiotherapy plus 6 months of androgen suppression to two groups, one to receive no further treatment (short-term suppression) and the other to receive 2.5 years of further treatment with a luteinizing hormone–releasing hormone agonist (long-term suppression). (N Engl J Med 2009;360:2516-27.)
 
one ... and the other ...
 2群の説明句です。使える表現ですね。

RESULTS

A total of 1113 men were registered, ... (N Engl J Med 2009;360:2516-27.)
 何度も出てきているa total ofですが、動詞は複数形で受けることに注意。

CONCLUSIONS

The combination of radiotherapy plus 6 months of androgen suppression provides inferior survival as compared with radiotherapy plus 3 years of androgen suppression in the treatment of locally advanced prostate cancer. (N Engl J Med 2009;360:2516-27.)

provides inferior survival 生存率が劣っている
 動詞provideと名詞survivalの組み合わせはなかなか思い付きません。要チェック。

いかがでしたか。比較軸が明瞭なので読みやすかったです。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:59:14 | Trackback(0) | Comments(0)
N.S.でも重要: N Engl J Med 2009;360:2503-15.
自分の立てた仮説の下、検討した結果、思った通りの結論にいかなかったとしてもがっかりすることはありません。その「ひっくりかえった仮説」こそが重要なのです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Randomized Trial of Therapies for Type 2 Diabetes and Coronary Artery Disease (N Engl J Med 2009;360:2503-15.)

今回のハテナ起点はこのあたり。
Optimal treatment for patients with both type 2 diabetes mellitus and stable ischemic heart disease has not been established. (N Engl J Med 2009;360:2503-15.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Optimal treatment for patients with both type 2 diabetes mellitus and stable ischemic heart disease has not been established. (N Engl J Med 2009;360:2503-15.)
 いつもの「ハテナ表現」ですね。

METHODS

We randomly assigned 2368 patients with both type 2 diabetes and heart disease to undergo either prompt revascularization with intensive medical therapy or intensive medical therapy alone and to undergo either insulin-sensitization or insulin-provision therapy. (N Engl J Med 2009;360:2503-15.)

insulin-sensitization インスリン抵抗性改善療法
insulin-provision インスリン療法

RESULTS

The rates of freedom from major cardiovascular events also did not differ significantly among the groups: 77.2% in the revascularization group and 75.9% in the medical-treatment group (P=0.70) and 77.7% in the insulin-sensitization group and 75.4% in the insulin-provision group (P=0.13). (N Engl J Med 2009;360:2503-15.)

freedom from major cardiovascular events
 おもしろい表現です。symptom-freeなどと言いますから、そこからきたfreedomでしょうが。

CONCLUSIONS

Overall, there was no significant difference in the rates of death and major cardiovascular events between patients undergoing prompt revascularization and those undergoing medical therapy or between strategies of insulin sensitization and insulin provision. (N Engl J Med 2009;360:2503-15.)

Overall, 全体的に
 なくても意味は通じます。著者らの気持ちが表出して「入ってしまった」一語でしょうか。

いかがでしたか。比較検討した群ではどちらも有意差が出ませんでした。この「出なかったこと」こそがNEJMに掲載された理由なのでしょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:19:39 | Trackback(0) | Comments(0)
シントピックで続く: N Engl J Med 2009;360:2426-37.
インターロイキン1に関連した話題は続きます。
今回は、症例から疾患定義を確立し、病因を特定していることから、Brief Reportではなく、Original Articleとして掲載されています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

An Autoinflammatory Disease with Deficiency of the Interleukin-1–Receptor Antagonist (N Engl J Med 2009;360:2426-37.)

今回のハテナ起点はこのあたり。

Response to empirical treatment with the recombinant interleukin-1–receptor antagonist anakinra in the first patient prompted us to test for the presence of mutations and changes in proteins and their function in interleukin-1–pathway genes including IL1RN. (N Engl J Med 2009;360:2426-37.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Autoinflammatory diseases manifest inflammation without evidence of infection, high-titer autoantibodies, or autoreactive T cells. (N Engl J Med 2009;360:2426-37.)

manifest 呈する
 自己炎症性疾患という目新しい疾患概念の定義を述べています。

METHODS

We studied nine children from six families who had neonatal onset of sterile multifocal osteomyelitis, periostitis, and pustulosis. (N Engl J Med 2009;360:2426-37.)

pustulosis 膿疱症

Response to empirical treatment with the recombinant interleukin-1–receptor antagonist anakinra in the first patient prompted us to test for the presence of mutations and changes in proteins and their function in interleukin-1–pathway genes including IL1RN. (N Engl J Med 2009;360:2426-37.)

empirical 経験的
prompted 促す
 METHODSのところに「ハテナ起点」があるのは珍しいですね。この最初の症例がきっかけで遺伝子解析を行ったのですから、ここが「起点」なのは間違いないです。

RESULTS

The IL1RN mutations resulted in a truncated protein that is not secreted, thereby rendering cells hyperresponsive to interleukin-1β stimulation. (N Engl J Med 2009;360:2426-37.)

rendering 引き起こす
 ロングマン現代英英辞典4訂増補版では次のような説明があります。
render to cause someone or something to be in a particular condition
 なかなか使いこなすのは難しそうな単語です。

CONCLUSIONS

We propose the term deficiency of the interleukin-1–receptor antagonist, or DIRA, to denote this autosomal recessive autoinflammatory disease caused by mutations affecting IL1RN. (N Engl J Med 2009;360:2426-37.)

denote 示す

いかがでしたか。新しい疾患定義を提出していましたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:21:32 | Trackback(0) | Comments(0)
次のトピックへ: N Engl J Med 2009;360:2416-25.
結核の話題から、次にインターロイキン1関連の論文に移ります。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Use of Canakinumab in the Cryopyrin-Associated Periodic Syndrome (N Engl J Med 2009;360:2416-25.)

今回のハテナ起点は、どうやらこのあたり。
Canakinumab is a human anti–interleukin-1β monoclonal antibody. (N Engl J Med 2009;360:2416-25.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The cryopyrin-associated periodic syndrome (CAPS) is a rare inherited inflammatory disease associated with overproduction of interleukin-1. (N Engl J Med 2009;360:2416-25.)
 このような症候群が存在したのですね。知りませんでした。

METHODS

After the completion of part 2 or at the time of relapse, whichever occurred first, patients proceeded to part 3 and received at least two more doses of canakinumab. (N Engl J Med 2009;360:2416-25.)

whichever occurred first, どちらかが最初に生じた時点で
 言い回しをチェック。

RESULTS

Disease flares occurred in 13 of the 16 patients (81%) receiving placebo (P<0.001). (N Engl J Med 2009;360:2416-25.)

Disease flares 疾患の再燃

CONCLUSIONS

Treatment with subcutaneous canakinumab once every 8 weeks was associated with a rapid remission of symptoms in most patients with CAPS. (N Engl J Med 2009;360:2416-25.)

was associated with (統計学的)関連があった
 いつもの言い回しですね。

いかがでしたか。希少な疾患ですが、治療法にまで踏み込んだ検討でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:15:24 | Trackback(0) | Comments(0)
次も結核の話題: N Engl J Med 2009;360:2406-15.
The New England Journal of Medicine June 4号の2番目掲載論文も結核に関する話題です。NEJMのエディターは同一トピックで論文を連ねる傾向がありますね。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Overseas Screening for Tuberculosis in U.S.-Bound Immigrants and Refugees (N Engl J Med 2009;360:2406-15.)

今回のハテナ起点はこのあたり。

Annual arrivals of approximately 400,000 immigrants and 50,000 to 70,000 refugees from overseas are likely to contribute substantially to the tuberculosis burden among foreign-born persons in the United States. (N Engl J Med 2009;360:2406-15.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Annual arrivals of approximately 400,000 immigrants and 50,000 to 70,000 refugees from overseas are likely to contribute substantially to the tuberculosis burden among foreign-born persons in the United States. (N Engl J Med 2009;360:2406-15.)

substantially 非常に
 ロングマン現代英英辞典4訂増補版では次のように書かれています。
substantially very much or a lot

METHODS

The Centers for Disease Control and Prevention (CDC) collects information on overseas screening for tuberculosis among U.S.-bound immigrants and refugees, along with follow-up evaluation after their arrival in the United States. (N Engl J Med 2009;360:2406-15.)

along with ~に加えて

RESULTS

From 1999 through 2005, a total of 26,075 smear-negative cases of tuberculosis (i.e., cases in which a chest radiograph was suggestive of active tuberculosis but sputum smears were negative for acid-fast bacilli on 3 consecutive days) ... (N Engl J Med 2009;360:2406-15.)

a chest radiograph 胸部レントゲン写真
 "chest X-p"などとカルテに書きますが、英語ではこうなるのですね。

CONCLUSIONS

Overseas screening for tuberculosis with follow-up evaluation after arrival in the United States is a high-yield intervention for identifying tuberculosis in U.S.-bound immigrants and refugees and could reduce the number of tuberculosis cases among foreign-born persons in the United States. (N Engl J Med 2009;360:2406-15.)

a high-yield intervention 非常に有効な介入法

いかがでしたか。結核には「輸入伝染病」としての一面もあるのでしたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:48:47 | Trackback(0) | Comments(0)
結核の話題: N Engl J Med 2009;360:2397-405.
最近、日本でも関心を集めた結核ですが、多剤耐性株の出現は以前から問題となっていました。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

The Diarylquinoline TMC207 for Multidrug-Resistant Tuberculosis (N Engl J Med 2009;360:2397-405.)

今回のハテナ起点はこのあたり。

TMC207 potently inhibits drug-sensitive and drug-resistant Mycobacterium tuberculosis in vitro and shows bactericidal activity in patients who have drug-susceptible pulmonary tuberculosis. (N Engl J Med 2009;360:2397-405.)

では、早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

TMC207 potently inhibits drug-sensitive and drug-resistant Mycobacterium tuberculosis in vitro and shows bactericidal activity in patients who have drug-susceptible pulmonary tuberculosis. (N Engl J Med 2009;360:2397-405.)

potently 有効に

METHODS

The primary efficacy end point was the conversion of sputum cultures, in liquid broth, from positive to negative. (N Engl J Med 2009;360:2397-405.)

 平易な表現でとてもわかりやすいですね。自分で書くとなると「陰性化」などと考えて難しくしてしまいそうです。

RESULTS

The addition of TMC207 to standard therapy for multidrug-resistant tuberculosis reduced the time to conversion to a negative sputum culture, as compared with placebo (hazard ratio, 11.8; 95% confidence interval, 2.3 to 61.3; P=0.003 by Cox regression analysis) and increased the proportion of patients with conversion of sputum culture (48% vs. 9%). (N Engl J Med 2009;360:2397-405.)

conversion to a negative sputum culture 喀痰培養が陰性に変わること
 前段のthe conversion of sputum cultures from positive to negativeと同じです。もっと簡素に言うと、続く部分でこうなっていますね。
with conversion of sputum culture
 このように、同じ内容に言及するときは単に繰り返さず、少し表現を変えていくと読みやすくなります。

CONCLUSIONS

The clinical activity of TMC207 validates ATP synthase as a viable target for the treatment of tuberculosis. (N Engl J Med 2009;360:2397-405.)

validates 確認する

いかがでしたか。多剤耐性株の治療に有望な薬剤候補が出てきましたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:09:22 | Trackback(0) | Comments(0)
Brief reportを読む: N Engl J Med 2009;360:2310-18.
The New England Journal of Medicineに掲載される一例報告はただものではありません。単に「珍しい」ということを凌駕する内容が示唆されるものとなっています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Inactivating PAPSS2 Mutations in a Patient with Premature Pubarche (N Engl J Med 2009;360:2310-18.)

Brief ReportではSummaryがついていますので、これを読んでみましょう。

Dehydroepiandrosterone (DHEA) sulfotransferase, known as SULT2A1, converts the androgen precursor DHEA to its inactive sulfate ester, DHEAS, thereby preventing the conversion of DHEA to an active androgen. (N Engl J Med 2009;360:2310-18.)

thereby それにより

We have identified compound heterozygous mutations in the gene encoding human PAPS synthase 2 (PAPSS2) in a girl with premature pubarche, hyperandrogenic anovulation, very low DHEAS levels, and increased androgen levels. (N Engl J Med 2009;360:2310-18.)

have identified
 現在完了形を使って「今まさに同定したぞ」という感じを出していますね。
premature pubarche 早発恥毛
hyperandrogenic anovulation 高アンドロゲン無排卵症

In vitro coincubation of human SULT2A1 and wild-type or mutant PAPSS2 proteins confirmed the inactivating nature of the mutations. (N Engl J Med 2009;360:2310-18.)

 前文は実症例の話でしたが、ここでin vitroの結果を持ってきて、更に論旨を補強しています。

These observations indicate that PAPSS2 deficiency is a monogenic adrenocortical cause of androgen excess. (N Engl J Med 2009;360:2310-18.)

These observations indicate that これらの結果が示すことは~である

いかがでしたか。短いサマリーですが、論の運び方が大変参考になりますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:25:00 | Trackback(0) | Comments(0)
変数の多い文章: N Engl J Med 2009;360:2302-09.
単純な2群の比較だと一読してさっと頭に入りますが、変数が入り乱れたものだと「待てよ」となってしまいますね。こういうときには図表が一番の手助けになりますが、抄録には入れられないのがツライところです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Age, Neuropathology, and Dementia (N Engl J Med 2009;360:2302-09.)

今回のハテナ起点はこのあたり。

Research in Alzheimer's disease is focused mainly on younger old persons, whereas studies involving very old persons report attenuated relationships between the pathological features of Alzheimer's disease and dementia. (N Engl J Med 2009;360:2302-09.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Research in Alzheimer's disease is focused mainly on younger old persons, whereas studies involving very old persons report attenuated relationships between the pathological features of Alzheimer's disease and dementia. (N Engl J Med 2009;360:2302-09.)

whereas それに対して
 久々に出てきました。前半のyounger old personsと後半のvery old personsが呼応しています。

METHODS

Neuropathological variables were dichotomized to represent no burden or a mild burden of pathological lesions as compared with a moderate or severe burden. (N Engl J Med 2009;360:2302-09.)

dichotomized 二分する
 ここで変数を2グループに分けています。

RESULTS

The difference in the prevalence of moderate and severe Alzheimer's-type pathological changes between persons with and those without dementia decreased with increasing age. (N Engl J Med 2009;360:2302-09.)

 differenceにくっつく句が長くて道に迷いそうですが、下線部が本線です。

The association between neocortical neuritic plaques and dementia was strong at 75 years of age (odds ratio, 8.63; 95% confidence interval [CI], 3.81 to 19.60) and reduced at 95 years of age (odds ratio, 2.48; 95% CI, 0.92 to 4.14), and similar attenuations with advancing age were observed in the association between other pathological changes related to Alzheimer's disease and dementia in all brain areas. (N Engl J Med 2009;360:2302-09.)

similar attenuations
 前文の「75歳で関連が強く、95歳では減弱している」ということを指しています。

CONCLUSIONS

Age must be taken into account when assessing the likely effect of interventions against dementia on the population. (N Engl J Med 2009;360:2302-09.)

taken into account 考慮に入れる

いかがでしたか。younger old personとかolder old personとか、ちょっと苦しい表現かと思いましたが、おもしろいですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:34:44 | Trackback(0) | Comments(1)
動詞を追ってみる: N Engl J Med 2009;360:2289-301.
抄録で使われている動詞に着目して読んでみると、論旨の運び方がよくわかります。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Mutation in TET2 in Myeloid Cancers (N Engl J Med 2009;360:2289-301.)

今回のハテナ起点はこちら。

The mechanisms underlying these disorders are not well defined. (N Engl J Med 2009;360:2289-301.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The mechanisms underlying these disorders are not well defined. (N Engl J Med 2009;360:2289-301.)

いつもの表現形ですね。

METHODS

The coding sequence of this gene, TET2, was determined in 320 patients. (N Engl J Med 2009;360:2289-301.)

カンマを「すなわち」という意味で使用しています。以前出ていたものでは、これとは逆にカンマではさんだ部分に解説を入れていましたね。

RESULTS

TET2 defects were present in hematopoietic stem cells and preceded the JAK2 V617F mutation in the five samples from patients with myeloproliferative disorders that we analyzed. (N Engl J Med 2009;360:2289-301.)

preceded 先行する

CONCLUSIONS

Somatic mutations in TET2 occur in about 15% of patients with various myeloid cancers.(N Engl J Med 2009;360:2289-301.)

現在形でずばっと書いています。より臨場感がありますね。

いかがでしたか。読者にとってなじみのない領域であっても理解できるように書かれていました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:25:41 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。