■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新型インフルエンザ情報もNEJMで!:10.1056/NEJMoa0903810
今週号のThe New England Journal of Medicineのウェブサイトにアクセスすると、H1N1 Influenza Centerが設けられています。この特別サイトには今回の新型インフルエンザに関する情報をまとめて掲載されています。

今日はそこに掲載されたONLINE FIRSTの論文について抄録を読んでおきます。下記のタイトルをクリックすると、全文が開きます。

Emergence of a Novel Swine-Origin Influenza A (H1N1) Virus in Humans (10.1056/NEJMoa0903810)

早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

On April 15 and April 17, 2009, novel swine-origin influenza A (H1N1) virus (S-OIV) was identified in specimens obtained from two epidemiologically unlinked patients in the United States. (10.1056/NEJMoa0903810)

novel swine-origin influenza A (H1N1) virus (S-OIV) 新型ブタ由来A型インフルエンザ(H1N1)ウイルス(S-OIV)
 「新型インフルエンザ」はこのように英語では言うのですね。

METHODS

Enhanced surveillance was implemented in the United States for human infection with influenza A viruses that could not be subtyped. (10.1056/NEJMoa0903810)

implemented 実施する

RESULTS

興味深いデータなので、逐文で載せます。

The ages of patients ranged from 3 months to 81 years; 60% of patients were 18 years of age or younger. (10.1056/NEJMoa0903810)
 患者は3か月から81歳まで、60%は18歳以下。

Of patients with available data, 18% had recently traveled to Mexico, and 16% were identified from school outbreaks of S-OIV infection. (10.1056/NEJMoa0903810)
 18%はメキシコ旅行帰り、16%は学校での集団発生。

The most common presenting symptoms were fever (94% of patients), cough (92%), and sore throat (66%); 25% of patients had diarrhea, and 25% had vomiting. (10.1056/NEJMoa0903810)
 症状は、発熱(94%)、咳(92%)、のどの痛み(66%)、下痢(25%)、嘔吐(25%)

Of the 399 patients for whom hospitalization status was known, 36 (9%) required hospitalization. (10.1056/NEJMoa0903810)
 399名の入院が確認されていて、36名(9%)で入院を要する状態だった。

Of 22 hospitalized patients with available data, 12 had characteristics that conferred an increased risk of severe seasonal influenza, 11 had pneumonia, 8 required admission to an intensive care unit, 4 had respiratory failure, and 2 died. (10.1056/NEJMoa0903810)
 22名の入院データによると、12名は重症季節性インフルエンザの高リスクがあり、11名は肺炎、8名は集中治療を要し、4名は呼吸不全と起こし、2名は死亡した。

CONCLUSIONS

A novel swine-origin influenza A virus was identified as the cause of outbreaks of febrile respiratory infection ranging from self-limited to severe illness. (10.1056/NEJMoa0903810)

outbreaks of febrile respiratory infection 発熱性呼吸器感染症の集団発生
 現象のとらえ方としては、こうなりますね。

いかがでしたか。是非、NEJMの特別サイトH1N1 Influenza Centerを訪れてみてください。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:46:27 | Trackback(0) | Comments(0)
新「ハテナ表現」: N Engl J Med 2009;360:1851-61.
今まで見てきたように「ハテナ起点」の表現(「ハテナ表現」とします)はThe New England Journal of Medicineの場合、大体類似しており、" ... is unknown"型です。今回の論文では久しぶりに新しいタイプの「ハテナ表現」が記されています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Randomized Trial of Rosuvastatin in the Prevention of Venous Thromboembolism (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)

今回の「ハテナ起点」はこことここ。

Controversy persists regarding the extent of shared pathways between arterial and venous thrombosis and whether treatments of known efficacy for one disease process have consistent benefits for the other. (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)

Observational studies have yielded variable estimates of the effect of statin therapy on the risk of venous thromboembolism, and evidence from randomized trials is lacking. (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Controversy persists regarding the extent of shared pathways between arterial and venous thrombosis and whether treatments of known efficacy for one disease process have consistent benefits for the other. (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)

Controversy persists 議論が続いている
 続くregarding以下で議論のテーマを解説しています。ちょっと「カッコいい感じ」の書き出しで、まねしてみたいですね。

Observational studies have yielded variable estimates of the effect of statin therapy on the risk of venous thromboembolism, and evidence from randomized trials is lacking. (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)

evidence from randomized trials is lacking
 ここはいつもの"unknown"パターンの類似形です。observational studiesとevicence from randomized trialsが対比されています。

METHODS

We followed participants for the first occurrence of pulmonary embolism or deep-vein thrombosis and performed analyses of the data on an intention-to-treat basis. (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)
 
 forの基本イメージは「方向」なので(「ネイティブスピーカーの前置詞」大西泰斗/ポール・マクベイ)、followと合わせてイメージすると画が浮かんできますね。

RESULTS

... the corresponding rates for unprovoked venous thromboembolism (i.e., occurring in the absence of a known malignant condition, trauma, hospitalization, or surgery) were 0.10 and 0.17 (hazard ratio, 0.61; 95% CI, 0.35 to 1.09; P=0.09) and for provoked venous thromboembolism (i.e., occurring in patients with cancer or during or shortly after trauma, hospitalization, or surgery), 0.08 and 0.16 (hazard ratio, 0.52; 95% CI, 0.28 to 0.96; P=0.03). (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)

unprovoked 原因不明の
provoked 原因のある
 これらの単語の意味を知らなくても大丈夫、カッコの中に「つまり~~」と説明されています。著者らが独自の意味で使ったので、説明が加えられているのでしょう。

CONCLUSIONS

In this trial of apparently healthy persons, rosuvastatin significantly reduced the occurrence of symptomatic venous thromboembolism. (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)

apparently healthy persons 外見上健康な人たち
 METHODSではapparently healthy men and womenでしたね。

いかがでしたか。健常人に服用させても効用があった、ということですが、これはLDLが低ければ低いほどいい、という説の傍証になりうるのでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:08:15 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。