■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
基本情報を押さえる: N Engl J Med 2009;360:2277-88.
論文を一本しあげるとなると、文献やら考察やらなにやら煩雑な様々がつきまといますが、本来の研究報告という書式に立ち戻ってみれば、目的・方法・結果・結論に尽きます。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Radiofrequency Ablation in Barrett's Esophagus with Dysplasia (N Engl J Med 2009;360:2277-88.)

今回のハテナ起点はこのあたりでしょうか。

We assessed whether endoscopic radiofrequency ablation could eradicate dysplastic Barrett's esophagus and decrease the rate of neoplastic progression. (N Engl J Med 2009;360:2277-88.)

では、早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Barrett's esophagus, a condition of intestinal metaplasia of the esophagus, is associated with an increased risk of esophageal adenocarcinoma. (N Engl J Med 2009;360:2277-88.)

Barrett's esophagus, a condition of intestinal metaplasia of the esophagus,
 Barrett's esophagusの説明が続くカンマでなされています。よくある書き方ですが、自分でも使えるようにチェック。

METHODS

In a multicenter, sham-controlled trial, we randomly assigned 127 patients with dysplastic Barrett's esophagus in a 2:1 ratio to receive either radiofrequency ablation (ablation group) or a sham procedure (control group). (N Engl J Med 2009;360:2277-88.)

sham-controlled trial 擬手技対照試験

RESULTS

Patients reported having more chest pain after the ablation procedure than after the sham procedure. (N Engl J Med 2009;360:2277-88.)

reported having more chest pain より多くの胸痛があったと報告した
 reportedのあとにhavingがさらっと入るかどうか...これが入った方がよりリアルかなと思いますが。

CONCLUSIONS

In patients with dysplastic Barrett's esophagus, radiofrequency ablation was associated with a high rate of complete eradication of both dysplasia and intestinal metaplasia and a reduced risk of disease progression. (N Engl J Med 2009;360:2277-88.)

was associated with (統計学的に)相関があった
 よく出てきますね、この表現。

いかがでしたか。control groupでもdysplasiaの消退が2割くらいで認められた,ということの方が私には興味深く思われました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 09:03:44 | Trackback(0) | Comments(0)
Early versus Delayedは続く: N Engl J Med 2009;360:2176-90.
The New England Journal of Medicineの誌面では同じようなテーマ、コンセプトで論文が並ぶことがあります。前回に引き続き、この論文も"Early versus Delayed"で論が進みます。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Early versus Delayed, Provisional Eptifibatide in Acute Coronary Syndromes (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

The optimal timing of the initiation of such therapy is unknown. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Glycoprotein IIb/IIIa inhibitors are indicated in patients with acute coronary syndromes who are undergoing an invasive procedure. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

indicated ~に使用される
 どちらかといえば、「示唆する」という意味で、論文では使われることが多いように思います。

The optimal timing of the initiation of such therapy is unknown. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)
 お馴染みの形ですね。

METHODS

We compared a strategy of early, routine administration of eptifibatide with delayed, provisional administration in 9492 patients who had acute coronary syndromes without ST-segment elevation and who were assigned to an invasive strategy. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

provisional 暫定的な、条件付きの
 routineと対になっています。

The primary efficacy end point was a composite of death, myocardial infarction, recurrent ischemia requiring urgent revascularization, or the occurrence of a thrombotic complication during percutaneous coronary intervention that required bolus therapy opposite to the initial study-group assignment ("thrombotic bailout") at 96 hours. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

bailout 救済措置、脱出

The key secondary end point was a composite of death or myocardial infarction within the first 30 days. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

key 重要な
 省略しても意味は通じますが、「ここ、大事だよ」という著者の意識を感じます。

RESULTS

Patients in the early-eptifibatide group had significantly higher rates of bleeding and red-cell transfusion. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

had significantly higher rates 有意に高率であった
 基本的な「使える表現」としてチェック。

CONCLUSIONS

The early use of eptifibatide was associated with an increased risk of non–life-threatening bleeding and need for transfusion. (N Engl J Med 2009;360:2176-90.)

was associated with (統計的に)相関があった

いかがでしたか。こちらはearly群とdelayed群のend pointに有意な差はなかった、という結果でしたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:32:41 | Trackback(0) | Comments(0)
2群の対比で論を進める: N Engl J Med 2009;360:2165-75.
仮説の検証は2群の比較で行われることが多いですが、それを文章に落とすときも対比させつつ進めると書くのも読むのも楽になります。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Early versus Delayed Invasive Intervention in Acute Coronary Syndromes (N Engl J Med 2009;360:2165-75.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

However, the optimal timing of such intervention remains uncertain. (N Engl J Med 2009;360:2165-75.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

However, the optimal timing of such intervention remains uncertain. (N Engl J Med 2009;360:2165-75.)

いつもの"However, ... remains uncertain"パターンです。

METHODS

We randomly assigned 3031 patients with acute coronary syndromes to undergo either routine early intervention (coronary angiography ≤24 hours after randomization) or delayed intervention (coronary angiography ≥36 hours after randomization). (N Engl J Med 2009;360:2165-75.)

2群の対比です。early interventionにroutineをつけて、専門外の読者に「通常はこっちだ」と暗に示しています。

RESULTS

Prespecified analyses showed that early intervention improved the primary outcome in the third of patients who were at highest risk (hazard ratio, 0.65; 95% CI, 0.48 to 0.89) but not in the two thirds at low-to-intermediate risk (hazard ratio, 1.12; 95% CI, 0.81 to 1.56; P=0.01 for heterogeneity). (N Engl J Med 2009;360:2165-75.)

3分の1と3分の2です。

CONCLUSIONS

... but it did reduce the rate of the composite secondary outcome of death, myocardial infarction, or refractory ischemia ... (N Engl J Med 2009;360:2165-75.)

強調文になっています。著者らの主張を感じますね。

いかがでしたか。医療側の心理として「なるべく早急に処置を行いたい」というのはあります。その効果を検証した内容でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:22:27 | Trackback(0) | Comments(0)
仮説の検証: N Engl J Med 2009;360:2066-78.
The New England Journal of Medicineに掲載される論文には仮説通りの結果が得られたものもあれば、そうはならなかったものもあり、検証そのものの意義が問われるようです。今回の論文はどうでしょう。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Effect of Clopidogrel Added to Aspirin in Patients with Atrial Fibrillation (N Engl J Med 2009;360:2066-78.)

今回の「ハテナ起点」は仮説として提示されています。

We investigated the hypothesis that the addition of clopidogrel to aspirin would reduce the risk of vascular events in patients with atrial fibrillation. (N Engl J Med 2009;360:2066-78.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We investigated the hypothesis that the addition of clopidogrel to aspirin would reduce the risk of vascular events in patients with atrial fibrillation. (N Engl J Med 2009;360:2066-78.)

hypothesis  仮説
 動詞investigateと一緒に覚えておくと使いやすいでしょう。

METHODS

A total of 7554 patients with atrial fibrillation who had an increased risk of stroke and for whom vitamin K–antagonist therapy was unsuitable were randomly assigned to receive clopidogrel (75 mg) or placebo, once daily, in addition to aspirin. (N Engl J Med 2009;360:2066-78.)

A total of 全部で
 以前にも取り上げましたが、複数形として動詞は受けます。ロングマン現代英英辞典4訂増補版の例文を載せます。
A total of thirteen meetings were held to discull the issue.

RESULTS

The difference was primarily due to a reduction in the rate of stroke with clopidogrel. (N Engl J Med 2009;360:2066-78.)

primarily due to 主として~に起因する

CONCLUSIONS

In patients with atrial fibrillation for whom vitamin K–antagonist therapy was unsuitable, the addition of clopidogrel to aspirin reduced the risk of major vascular events, especially stroke, and increased the risk of major hemorrhage. (N Engl J Med 2009;360:2066-78.)

reduceincreaseが対比的に使われています。reduceはdecreaseでも可だとは思いますが、著者らはちょっとひねった動詞を使いたかったのでしょうか。

いかがでしたか。読み手からしても「予想通り」の結果でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:05:54 | Trackback(0) | Comments(0)
新しい「ハテナ」形容詞: N Engl J Med 2009;360:2055-65.
このところ、目新しい「ハテナ表現」が続き、「ハテナ」コレクターとしては毎回、楽しみです。下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Adjuvant Chemotherapy in Older Women with Early-Stage Breast Cancer (N Engl J Med 2009;360:2055-65.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

Older women with breast cancer are underrepresented in clinical trials, and data on the effects of adjuvant chemotherapy in such patients are scant. (N Engl J Med 2009;360:2055-65.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Older women with breast cancer are underrepresented in clinical trials, and data on the effects of adjuvant chemotherapy in such patients are scant. (N Engl J Med 2009;360:2055-65.)

underrepresented 実際よりも少なく表示されている
scant 乏しい
 難しい語ではありませんが、抄録で見るのは初かもしれませんね。

METHODS

The primary end point was relapse-free survival. (N Engl J Med 2009;360:2055-65.)

relapse-free survival 再発のない生存率

RESULTS

When the 600th patient was enrolled, the probability that, with longer follow-up, capecitabine therapy was highly likely to be inferior to standard chemotherapy met a prescribed level, and enrollment was discontinued. (N Engl J Med 2009;360:2055-65.)

the probability ... met a prescribed level 確率が事前に設定したレベルに達した
 長い文ですが、骨はここです。meetの使い方をチェック!

CONCLUSIONS

Standard adjuvant chemotherapy is superior to capecitabine in patients with early-stage breast cancer who are 65 years of age or older. (N Engl J Med 2009;360:2055-65.)

is superior to 優れている
 RESULTSではinferiorを使っていました。さりげなく呼応しています。

いかがでしたか。ネガティブデータでも掲載するNEJMの方向がここでもはっきりしてますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:55:13 | Trackback(0) | Comments(0)
エディターの予感?: N Engl J Med 2009;360:1981-8.
新型インフルエンザに対するワクチン製造が話題になる中、「ワクチン拒否」についてのSpecial ArticleがThe New England Journal of Medicine May 7号に掲載されています。エディターに何か「呼ぶもの(先見の明?)」があったのでしょうか?
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Vaccine Refusal, Mandatory Immunization, and the Risks of Vaccine-Preventable Diseases (N Engl J Med 2009;360:1981-8.)

今回の「ハテナ起点」はこのあたりのようです。

However, the success of an immunization program depends on high rates of acceptance and coverage. (N Engl J Med 2009;360:1981-8.)

Special ArticleはいつものAbstractとは異なり、Background-Methods-Results-Conclusionsという構成になっていません。文を順に追って、気になるところを抜き出してみます。

Vaccines are among the most effective prevention tools available to clinicians. (N Engl J Med 2009;360:1981-8.)

among ~の中で
 こんなところにいきなりamongが出てくると面食らいます。講談社英和中辞典では下記のような例文が掲載されています。
例文)Those are among the things we shouldn't do. それはしてはならないことの部類だ。

Children with exemptions from school immunization requirements (a measure of vaccine refusal) are at increased risk for measles and pertussis and can infect others who are too young to be vaccinated, cannot be vaccinated for medical reasons, or were vaccinated but did not have a sufficient immunologic response. (N Engl J Med 2009;360:1981-8.)

exemptions 免除

Clinicians can play a crucial role in parental decision making. (N Engl J Med 2009;360:1981-8.)

crucial 決定的な、左右を決する

Although some clinicians have discontinued or have considered discontinuing their provider relationship with patients who refuse vaccines, the American Academy of Pediatrics Committee on Bioethics advises against this and recommends that clinicians address vaccine refusal by respectfully listening to parental concerns and discussing the risks of nonvaccination. (N Engl J Med 2009;360:1981-8.)

address 解決を図ろうとする
 ロングマン現代英英辞典4訂増補版には次のような解説があります。

address if you adress a problem, you start trying to solve it: address a problem/question/issue etc.

いかがでしたか。ワクチンが効果をあげるためには一集団のどれくらいが接種していなくてはならないか、というのはよく出てくる話題です。更にそこから踏み込んだ解決策として医療従事者の役割に言及しているところが興味深いです。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:13:02 | Trackback(0) | Comments(0)
Brief Reportのサマリー: N Engl J Med 2009;360:1971-80.
今週号のThe New England Journal of MedicineにはBrief Reportが掲載されています。こちらはいつものOriginal Articleとは異なり、AbstractではなくSummaryが冒頭にあります。
では早速、読んでいきましょう。

A mutation in ORAI1, the gene encoding the pore-forming subunit of the Ca2+-release–activated Ca2+ (CRAC) channel, abrogates the store-operated entry of Ca2+ into cells and impairs lymphocyte activation. (N Engl J Med 2009;360:1971-80.)

abrogates 無効にする

We report on three siblings from one kindred with a clinical syndrome of immunodeficiency, hepatosplenomegaly, autoimmune hemolytic anemia, thrombocytopenia, muscular hypotonia, and defective enamel dentition. (N Engl J Med 2009;360:1971-80.)

kindred 一族、一家系

非常に短いサマリーで、事実を記してあるのみですが、この症例が示唆するところは行間に読み取ることができますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:34:44 | Trackback(0) | Comments(0)
症例の昇華: N Engl J Med 2009;360:1960-70.
The New England Journal of Medicineには症例報告を投稿するセクションはありませんが、今回取り上げるもののように、臨床症例を更に昇華させて、例えば特定遺伝子の働きまで持って行ければ、原著論文として掲載されます。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Epilepsy, Ataxia, Sensorineural Deafness, Tubulopathy, and KCNJ10 Mutations (N Engl J Med 2009;360:1960-70.)

今回は、いつものような「ハテナ起点」はありません。症例そのものが起点となっています。
では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We investigated the genetic basis of this autosomal recessive disease, which we call the EAST syndrome (the presence of epilepsy, ataxia, sensorineural deafness, and tubulopathy). (N Engl J Med 2009;360:1960-70.)
 著者らは新しい症候群を提示しています。覚えやすい名前ですが、教科書に載ることはあるでしょうか?

METHODS

Whole-genome linkage analysis was performed in the four affected children in one of the families. (N Engl J Med 2009;360:1960-70.)
 conductedで言い換えもききそうです。

RESULTS

This region contained the KCNJ10 gene, which encodes a potassium channel expressed in the brain, inner ear, and kidney. (N Engl J Med 2009;360:1960-70.)
 自分で書くとtheを落としそうです。, which以下で説明を加えています。

CONCLUSIONS

Our findings indicate that KCNJ10 plays a major role in renal salt handling and, hence, possibly also in blood-pressure maintenance and its regulation. (N Engl J Med 2009;360:1960-70.)
 単なる症例報告にとどまらず、そこからKCNJ10 geneの役割まで突き止め、更に他の生態生理にまで言及しています。

いかがでしたか。数少ない貴重な症例からよくぞここまでもっていったなあ、と感嘆せざるを得ません。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:37:43 | Trackback(0) | Comments(0)
更に新しい「ハテナ表現」: N Engl J Med 2009;360:1946-59.
今週号は新しい「ハテナ表現」が続きます。ほんの数号前まで"be unknown"型のオンパレードだったのですが。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Paclitaxel-Eluting Stents versus Bare-Metal Stents in Acute Myocardial Infarction (N Engl J Med 2009;360:1946-59.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

There is no consensus regarding the safety and efficacy of drug-eluting stents, as compared with bare-metal stents, in patients with ST-segment elevation myocardial infarction who are undergoing primary percutaneous coronary intervention (PCI). (N Engl J Med 2009;360:1946-59.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

There is no consensus regarding the safety and efficacy of drug-eluting stents, ... (N Engl J Med 2009;360:1946-59.)

There is no consensus regarding ~に関する意見の一致は見られていない
 新しい「ハテナ表現」です。controversialと近いイメージですね。

METHODS

We randomly assigned, in a 3:1 ratio, 3006 patients presenting with ST-segment elevation myocardial infarction to receive paclitaxel-eluting stents (2257 patients) or otherwise identical bare-metal stents (749 patients). (N Engl J Med 2009;360:1946-59.)

in a 3:1 ratio 3:1の割合で
 この位置にこんな風にはさみこんでいます。チェック!

RESULTS

Patients who received paclitaxel-eluting stents, as compared with those who received bare-metal stents, ... (N Engl J Med 2009;360:1946-59.)
 ここではthose whoを使ってpatientsの繰り返しを避けています。

CONCLUSIONS

No safety concerns were apparent at 1 year. (N Engl J Med 2009;360:1946-59.)
 1年目の時点では安全性には問題はなかった、ということです。この文は使い回しがききそうですね。

いかがでしたか。今回の論文では薬剤溶出型ステントの有効性が明らかでした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:22:58 | Trackback(0) | Comments(0)
新しい「ハテナ」動詞: N Engl J Med 2009;360:1933-45.
毎回、注目している「ハテナ表現」(論文の起点となった疑問を表現している文)ですが、このところ、目新しいものが出現してきています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Long-Term Safety and Efficacy of Drug-Eluting versus Bare-Metal Stents in Sweden (N Engl J Med 2009; 360:1933-45.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

The long-term safety and efficacy of drug-eluting coronary stents have been questioned. (N Engl J Med 2009; 360:1933-45.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The long-term safety and efficacy of drug-eluting coronary stents have been questioned. (N Engl J Med 2009; 360:1933-45.)

 「ハテナ表現」に be questionedが加わりましたね。

METHODS

In the primary analysis, we compared patients who received one drug-eluting coronary stent (10,294 patients) with those who received one bare-metal stent (18,659), after adjustment for differences in clinical characteristics of the patients and characteristics of the vessels and lesions. (N Engl J Med 2009; 360:1933-45.)
 長い文なのですが、骨は下線部です。

RESULTS

There was no overall difference between the group that received drug-eluting stents and the group that received bare-metal stents in the combined end point of death or myocardial infarction (relative risk with drug-eluting stents, 0.96; 95% confidence interval [CI], 0.89 to 1.03) or the individual end points of death (relative risk, 0.94; 95% CI, 0.85 to 1.05) and myocardial infarction (relative risk, 0.97; 95% CI, 0.88 to 1.06), ... (N Engl J Med 2009; 360:1933-45.)
 ここもまた、1文が長いです... 。和文でも英文でも同じ語の繰り返しは避けることが多いのですが、ここではthe groupを2度使って、誤解のないようにしています。

CONCLUSIONS

As compared with bare-metal stents, drug-eluting stents are associated with a similar long-term incidence of death or myocardial infarction and provide a clinically important decrease in the rate of restenosis among high-risk patients. (N Engl J Med 2009; 360:1933-45.)
 「(統計学的)相関がある」の be associated withです。

いかがでしたか。薬剤溶出性ステントのエビデンスが未だ固まっていなかった、ということのほうが意外でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 15:10:28 | Trackback(0) | Comments(0)
新型インフルエンザ情報もNEJMで!:10.1056/NEJMoa0903810
今週号のThe New England Journal of Medicineのウェブサイトにアクセスすると、H1N1 Influenza Centerが設けられています。この特別サイトには今回の新型インフルエンザに関する情報をまとめて掲載されています。

今日はそこに掲載されたONLINE FIRSTの論文について抄録を読んでおきます。下記のタイトルをクリックすると、全文が開きます。

Emergence of a Novel Swine-Origin Influenza A (H1N1) Virus in Humans (10.1056/NEJMoa0903810)

早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

On April 15 and April 17, 2009, novel swine-origin influenza A (H1N1) virus (S-OIV) was identified in specimens obtained from two epidemiologically unlinked patients in the United States. (10.1056/NEJMoa0903810)

novel swine-origin influenza A (H1N1) virus (S-OIV) 新型ブタ由来A型インフルエンザ(H1N1)ウイルス(S-OIV)
 「新型インフルエンザ」はこのように英語では言うのですね。

METHODS

Enhanced surveillance was implemented in the United States for human infection with influenza A viruses that could not be subtyped. (10.1056/NEJMoa0903810)

implemented 実施する

RESULTS

興味深いデータなので、逐文で載せます。

The ages of patients ranged from 3 months to 81 years; 60% of patients were 18 years of age or younger. (10.1056/NEJMoa0903810)
 患者は3か月から81歳まで、60%は18歳以下。

Of patients with available data, 18% had recently traveled to Mexico, and 16% were identified from school outbreaks of S-OIV infection. (10.1056/NEJMoa0903810)
 18%はメキシコ旅行帰り、16%は学校での集団発生。

The most common presenting symptoms were fever (94% of patients), cough (92%), and sore throat (66%); 25% of patients had diarrhea, and 25% had vomiting. (10.1056/NEJMoa0903810)
 症状は、発熱(94%)、咳(92%)、のどの痛み(66%)、下痢(25%)、嘔吐(25%)

Of the 399 patients for whom hospitalization status was known, 36 (9%) required hospitalization. (10.1056/NEJMoa0903810)
 399名の入院が確認されていて、36名(9%)で入院を要する状態だった。

Of 22 hospitalized patients with available data, 12 had characteristics that conferred an increased risk of severe seasonal influenza, 11 had pneumonia, 8 required admission to an intensive care unit, 4 had respiratory failure, and 2 died. (10.1056/NEJMoa0903810)
 22名の入院データによると、12名は重症季節性インフルエンザの高リスクがあり、11名は肺炎、8名は集中治療を要し、4名は呼吸不全と起こし、2名は死亡した。

CONCLUSIONS

A novel swine-origin influenza A virus was identified as the cause of outbreaks of febrile respiratory infection ranging from self-limited to severe illness. (10.1056/NEJMoa0903810)

outbreaks of febrile respiratory infection 発熱性呼吸器感染症の集団発生
 現象のとらえ方としては、こうなりますね。

いかがでしたか。是非、NEJMの特別サイトH1N1 Influenza Centerを訪れてみてください。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:46:27 | Trackback(0) | Comments(0)
新「ハテナ表現」: N Engl J Med 2009;360:1851-61.
今まで見てきたように「ハテナ起点」の表現(「ハテナ表現」とします)はThe New England Journal of Medicineの場合、大体類似しており、" ... is unknown"型です。今回の論文では久しぶりに新しいタイプの「ハテナ表現」が記されています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Randomized Trial of Rosuvastatin in the Prevention of Venous Thromboembolism (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)

今回の「ハテナ起点」はこことここ。

Controversy persists regarding the extent of shared pathways between arterial and venous thrombosis and whether treatments of known efficacy for one disease process have consistent benefits for the other. (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)

Observational studies have yielded variable estimates of the effect of statin therapy on the risk of venous thromboembolism, and evidence from randomized trials is lacking. (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Controversy persists regarding the extent of shared pathways between arterial and venous thrombosis and whether treatments of known efficacy for one disease process have consistent benefits for the other. (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)

Controversy persists 議論が続いている
 続くregarding以下で議論のテーマを解説しています。ちょっと「カッコいい感じ」の書き出しで、まねしてみたいですね。

Observational studies have yielded variable estimates of the effect of statin therapy on the risk of venous thromboembolism, and evidence from randomized trials is lacking. (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)

evidence from randomized trials is lacking
 ここはいつもの"unknown"パターンの類似形です。observational studiesとevicence from randomized trialsが対比されています。

METHODS

We followed participants for the first occurrence of pulmonary embolism or deep-vein thrombosis and performed analyses of the data on an intention-to-treat basis. (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)
 
 forの基本イメージは「方向」なので(「ネイティブスピーカーの前置詞」大西泰斗/ポール・マクベイ)、followと合わせてイメージすると画が浮かんできますね。

RESULTS

... the corresponding rates for unprovoked venous thromboembolism (i.e., occurring in the absence of a known malignant condition, trauma, hospitalization, or surgery) were 0.10 and 0.17 (hazard ratio, 0.61; 95% CI, 0.35 to 1.09; P=0.09) and for provoked venous thromboembolism (i.e., occurring in patients with cancer or during or shortly after trauma, hospitalization, or surgery), 0.08 and 0.16 (hazard ratio, 0.52; 95% CI, 0.28 to 0.96; P=0.03). (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)

unprovoked 原因不明の
provoked 原因のある
 これらの単語の意味を知らなくても大丈夫、カッコの中に「つまり~~」と説明されています。著者らが独自の意味で使ったので、説明が加えられているのでしょう。

CONCLUSIONS

In this trial of apparently healthy persons, rosuvastatin significantly reduced the occurrence of symptomatic venous thromboembolism. (N Engl J Med 2009;360:1851-61.)

apparently healthy persons 外見上健康な人たち
 METHODSではapparently healthy men and womenでしたね。

いかがでしたか。健常人に服用させても効用があった、ということですが、これはLDLが低ければ低いほどいい、という説の傍証になりうるのでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:08:15 | Trackback(0) | Comments(0)
うまいグループ名の付け方: N Engl J Med 2009;360:1839-50.
たくさんの群について検討するとき、それぞれに番号順やアルファベット順にネーミングすると、何が何だったか、あとで照合するのが大変なことがあります。今回の論文では4群について比較していますが、うまくネーミングしていて参考になります。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Telaprevir and Peginterferon with or without Ribavirin for Chronic HCV Infection (N Engl J Med 2009;360:1839-50.)

今回、「ハテナ起点」は明確ではありません。

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Telaprevir is a specific inhibitor of the HCV serine protease and could be of value in HCV treatment. (N Engl J Med 2009;360:1839-50.)

of value 重要な、有用な
 ロングマン現代英英辞典4訂増補版では以下のように記載されています。

of value a) worth a lot of money b) useful: I hope this book will be of value to both teachers and students.

METHODS

The T12PR24 group (81 patients) received telaprevir, peginterferon alfa-2a, and ribavirin for 12 weeks, followed by peginterferon alfa-2a and ribavirin for 12 more weeks. The T12PR12 group (82 patients) received telaprevir, peginterferon alfa-2a, and ribavirin for 12 weeks. The T12P12 group (78 patients) received telaprevir and peginterferon alfa-2a without ribavirin for 12 weeks. The PR48 (control) group (82 patients) received peginterferon alfa-2a and ribavirin for 48 weeks. (N Engl J Med 2009;360:1839-50.)

 下線部の4群について、見ただけでその内容が区別できます。見習いたいです。

RESULTS

The adverse events with increased frequency in the telaprevir-based groups were pruritus, rash, and anemia. (N Engl J Med 2009;360:1839-50.)

pruritus 掻痒、かゆみ

CONCLUSIONS

In this phase 2 study of patients infected with HCV genotype 1 who had not been treated previously, one of the three telaprevir groups had a significantly higher rate of sustained virologic response than that with standard therapy. (N Engl J Med 2009;360:1839-50.)
 どの群が一番成績が良かったかは直前のRESULTS部分で述べているので、ここでは下線部のように記載しているのでしょう。

いかがでしたか。一つ前の論文からtelaprevirの話題が続きました。HCVの治療はまた新たな進歩をとげるのでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 20:17:49 | Trackback(0) | Comments(0)
カッコをうまく使う: N Engl J Med 2009;360:1827-38.
ちょっとした説明を加えたいとき、関係代名詞を使うか、カンマを使うか、いろいろと手は思い付きますね。今回の論文のように、カッコを使うのもいいですね。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Telaprevir with Peginterferon and Ribavirin for Chronic HCV Genotype 1 Infection (N Engl J Med 2009;360:1827-38.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

Telaprevir, a protease inhibitor specific to the HCV nonstructural 3/4A serine protease, rapidly reduced HCV RNA levels in early studies. (N Engl J Med 2009;360:1827-38.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Telaprevir, a protease inhibitor specific to the HCV nonstructural 3/4A serine protease, rapidly reduced HCV RNA levels in early studies. (N Engl J Med 2009;360:1827-38.)
 early studiesで示されたことを今ここで検証するというわけです。

METHODS

The primary outcome was a sustained virologic response (an undetectable HCV RNA level 24 weeks after the end of therapy). (N Engl J Med 2009;360:1827-38.)
 a sustained virologic responseについてカッコ内で説明しています。読んでいてわかりやすいですね。

RESULTS

The rate of discontinuation because of adverse events was higher in the three telaprevir-based groups (21%, vs. 11% in the PR48 group), with rash the most common reason for discontinuation. (N Engl J Med 2009;360:1827-38.)

with rash the most common reason for discontinuation 継続できなかった最も頻度の多い原因は皮疹であった
 rashのあとに","を打ちたくなりますが...意味は読み下しで十分取れます。

CONCLUSIONS

Treatment with a telaprevir-based regimen significantly improved sustained virologic response rates in patients with genotype 1 HCV, albeit with higher rates of discontinuation because of adverse events. (N Engl J Med 2009;360:1827-38.)

albeit ~にもかかわらず
 althoughと同義です。

いかがでしたか。皮疹のコントロールさえつけば、というところでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 10:48:45 | Trackback(0) | Comments(0)
earlyと対になる言葉: N Engl J Med 2009;360:1815-26.
英単語を覚えるときによく反意語をセットにして語彙を増やしていくことがあります。一般的にはearlyとくればlateとなるのですが、さて、今回の論文ではどうでしょう?

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Effect of Early versus Deferred Antiretroviral Therapy for HIV on Survival (N Engl J Med 2009;360:1815-26.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

The optimal time for the initiation of antiretroviral therapy for asymptomatic patients with human immunodeficiency virus (HIV) infection is uncertain. (N Engl J Med 2009;360:1815-26.)

では早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The optimal time for the initiation of antiretroviral therapy for asymptomatic patients with human immunodeficiency virus (HIV) infection is uncertain. (N Engl J Med 2009;360:1815-26.)
 いつものuncertain文ですね。

METHODS

In each group, we compared the relative risk of death for patients who initiated therapy when the CD4+ count was above each of the two thresholds of interest (early-therapy group) with that of patients who deferred therapy until the CD4+ count fell below these thresholds (deferred-therapy group). (N Engl J Med 2009;360:1815-26.)
 ここでoptimal timeを検証するため、early-therapy群とdeferred-therapy群を対比させています。deferred-therapyは"late-therapy"とは異なるのでしょうか。ロングマン現代英英辞典4訂増補版によるとこのようになっています。
defer to delay something until a later date
late arriving, happening, or done after the time that was expected, agreed, or arranged

 確かに並べてみると、感触に違いがありますね。

RESULTS

After adjustment for calendar year, cohort of patients, and demographic and clinical characteristics, ... (N Engl J Med 2009;360:1815-26.)

calendar year 暦年(1月1日から12月31日までの1年)
 fiscal yearというのもあって、こちらは10月に始まり9月に終わる(アメリカ)ということです。

CONCLUSIONS

The early initiation of antiretroviral therapy before the CD4+ count fell below two prespecified thresholds significantly improved survival, as compared with deferred therapy. (N Engl J Med 2009;360:1815-26.)

early initiation of antiretroviral therapy 早期に抗レトロウイルス療法を開始すること
 initiationを入れてより意味をはっきりとさせています。

いかがでしたか。「病膏肓に入る」前にたたくのが有効なようですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:19:48 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。