■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
言い換え表現を探せ: N Engl J Med 2009;360:1729-39.
日本語でも英語でも、同じ単語を何度も繰り返すのは気が引けます。抄録のような短い文章であればなおさら、ですね。

The New England Journal of Medicine April 23号3番目掲載の原著論文は日本から発信されたものです。下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Association of HTRA1 Mutations and Familial Ischemic Cerebral Small-Vessel Disease (N Engl J Med 2009;360:1729-39.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

The genetic cause of cerebral autosomal recessive arteriopathy with subcortical infarcts and leukoencephalopathy (CARASIL), which is characterized by ischemic, nonhypertensive, cerebral small-vessel disease with associated alopecia and spondylosis, is unclear. (N Engl J Med 2009;360:1729-39.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The genetic cause of cerebral autosomal recessive arteriopathy with subcortical infarcts and leukoencephalopathy (CARASIL), which is characterized by ischemic, nonhypertensive, cerebral small-vessel disease with associated alopecia and spondylosis, is unclear. (N Engl J Med 2009;360:1729-39.)

 頭でっかちになっている文ですが、骨組みは下線部で示した通りです。2文に分けてもよかったかもしれませんね。例えば、以下のように...

Cerebral autosomal recessive arteriopathy with subcortical infarcts and leukoencephalopathy (CARASIL) is characterized by ischemic, nonhypertensive, cerebral small-vessel disease with associated alopecia and spondylosis. The genetic cause of CARASIL is unclear.

METHODS

In five families with CARASIL, we carried out linkage analysis, fine mapping of the region implicated in the disease, and sequence analysis of a candidate gene. (N Engl J Med 2009;360:1729-39.)

 このcarried outは次の文では、

We also conducted functional analysis of wild-type and mutant gene products and measured the signaling by members of the transforming growth factor β (TGF-β) family and gene and protein expression in the small arteries in the cerebrum of two patients with CARASIL. (N Engl J Med 2009;360:1729-39.)

 conductedに言い換えられています。

RESULTS

The missense mutations and one of the nonsense mutations resulted in protein products that had comparatively low levels of protease activity and did not repress signaling by the TGF-β family. (N Engl J Med 2009;360:1729-39.)

repress 抑制する

CONCLUSIONS

CARASIL is associated with mutations in the HTRA1 gene. (N Engl J Med 2009;360:1729-39.)

 本当にこの、is associated withはよく出てきますね。

いかがでしたか。遺伝子用語を除けば、特に難しいところのない文章でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 10:15:52 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。