■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
その目で見ると: N Engl J Med 2009;360:1705-17.
The New England Journal of Medicineのサイトの更新が早くなりましたね。今朝も6時過ぎにはもう最新号になっていました。助かります。

NEJM April 23号最初に掲載の論文は、心機能低下のある冠動脈疾患患者の治療に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Coronary Bypass Surgery with or without Surgical Ventricular Reconstruction (N Engl J Med 2009;360:1705-17.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

We conducted a trial to address the question of whether surgical ventricular reconstruction added to coronary-artery bypass grafting (CABG) would decrease the rate of death or hospitalization for cardiac causes, as compared with CABG alone. (N Engl J Med 2009;360:1705-17.)

では早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We conducted a trial to address the question of whether surgical ventricular reconstruction added to coronary-artery bypass grafting (CABG) would decrease the rate of death or hospitalization for cardiac causes, as compared with CABG alone. (N Engl J Med 2009;360:1705-17.)

address the question 問題に対処する、手をつける

 ロングマン現代英英辞典4訂増補版には以下のように記載されています。

address if you address a problem, you start trying to solve it: address a problem/question/issue etc


METHODS

Between September 2002 and January 2006, a total of 1000 patients with an ejection fraction of 35% or less, coronary artery disease that was amenable to CABG, ... (N Engl J Med 2009;360:1705-17.)

amenable 対象となる

RESULTS

Cardiac symptoms and exercise tolerance improved from baseline to a similar degree in the two study groups. (N Engl J Med 2009;360:1705-17.)

from baseline to a similar degree 基準となるところから同程度まで
 このところ、しばしば similarを見かけますね。

CONCLUSIONS

However, this anatomical change was not associated with a greater improvement in symptoms or exercise tolerance or with a reduction in the rate of death or hospitalization for cardiac causes. (N Engl J Med 2009;360:1705-17.)

was not associated with (統計学的に)関連はなかった
 先日、Aspirin様に教えていただいた表現です。その目で見ると、確かに2群の比較論文ではよく使われています。

いかがでしたか。左室を縮小しても予後の改善までは得られなかったようです。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:49:56 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。