■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
定番のhowever: N Engl J Med 2009;360:1418-28.
NEJM April 2号にはSpecial Articleが掲載されています。内容はメディケア受給者の再入院についてです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Rehospitalizations among Patients in the Medicare Fee-for-Service Program (N Engl J Med 2009;360:1418-28.)

今回の「ハテナ起点」はここ。

However, we have limited information on the frequency and patterns of rehospitalization in the United States to aid in planning the necessary changes. (N Engl J Med 2009;360:1418-28.)

では抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

However, we have limited information on the frequency and patterns of rehospitalization in the United States to aid in planning the necessary changes. (N Engl J Med 2009;360:1418-28.)

BACKGROUND部分が2文で構成されている場合、多くはこのhoweverで、検討する問題点を示しています。April 2号掲載の"Rosuvastatin and Cardiovascular Events in Patients Undergoing Hemodialysis" (N Engl J Med 2009;360:1395-407.)でもこの通り。

Statins reduce the incidence of cardiovascular events in patients at high cardiovascular risk. However, a benefit of statins in such patients who are undergoing hemodialysis has not been proved.(N Engl J Med 2009;360:1395-407.)

これはある種の「フレームワーク」ですね。

METHODS

We analyzed Medicare claims data from 2003–2004 to describe the patterns of rehospitalization and the relation of rehospitalization to demographic characteristics of the patients and to characteristics of the hospitals. (N Engl J Med 2009;360:1418-28.)

demographic characteristics 人口統計学上の特性

RESULTS

Almost one fifth (19.6%) of the 11,855,702 Medicare beneficiaries who had been discharged from a hospital were rehospitalized within 30 days, and 34.0% were rehospitalized within 90 days; 67.1% of patients who had been discharged with medical conditions and 51.5% of those who had been discharged after surgical procedures were rehospitalized or died within the first year after discharge. (N Engl J Med 2009;360:1418-28.)

beneficiaries 受給者

with medical conditions 内科系患者で
after surgical procedures 外科的処置後
 この2つは対になっています。

CONCLUSIONS

Rehospitalizations among Medicare beneficiaries are prevalent and costly. (N Engl J Med 2009;360:1418-28.)

prevalent 高頻度である

いかがでしたか。抄録には検討結果から導かれることのみが記されています。ここからどんな提案が導かれるのか、興味がある方は本文を読んでみてくださいね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:39:26 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。