■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
経済学からの投稿: N Engl J Med 2009;360:1740-8.
The New England Journal of Medicine April 23号のSpecial Articleは経済学者からの投稿です。そのせいか、いつもの医学論文ではあまり見かけない単語も出てきます。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Changes in the Incidence and Duration of Periods without Insurance (N Engl J Med 2009;360:1740-8.)

とはいっても、構成はいつも通りで、今回の「ハテナ起点」はこちら。

However, there are few data that show how the incidence and duration of periods in which persons do not have insurance have changed over time. (N Engl J Med 2009;360:1740-8.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Policymakers have recently proposed ways of providing health care coverage for an increased number of uninsured persons. (N Engl J Med 2009;360:1740-8.)

Policymakers 政策立案者
 医学雑誌掲載論文としては、斬新な書き出し(というか主語)ですね。このあと、Howeverと続けて、「ハテナ起点」を述べています。

METHODS

For each set of years, we estimated the probability that a person would be uninsured for some period of time and the probability that a person would subsequently obtain private or public insurance. (N Engl J Med 2009;360:1740-8.)

For each set of years 該当年のセットで
 これはこの前の文を受けています。

RESULTS

The percentage that was uninsured for a period of time increased markedly among persons with the lowest educational level and predominantly represented loss of private coverage. (N Engl J Med 2009;360:1740-8.)

predominantly 主として

CONCLUSIONS

The periods without insurance were shorter in 2001–2004 than they were in 1983–1986, since an increase in transitions to public coverage offset a reduction in transitions to private coverage. (N Engl J Med 2009;360:1740-8.)

offset 相殺する
 
Our results portend difficulties if private coverage continues to decline and is not offset by further expansions of public insurance. (N Engl J Med 2009;360:1740-8.)

portend 予兆となる、暗示する
 経済学ではよく使われる単語なのでしょうか。少なくともここ半年のNEJMの抄録では新出語ですね。

いかがでしたか。医療にはこうした経済学的検討も必要です。こうして紙面に載せてくるNEJMの見識、さすがというところでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:29:41 | Trackback(0) | Comments(0)
言い換え表現を探せ: N Engl J Med 2009;360:1729-39.
日本語でも英語でも、同じ単語を何度も繰り返すのは気が引けます。抄録のような短い文章であればなおさら、ですね。

The New England Journal of Medicine April 23号3番目掲載の原著論文は日本から発信されたものです。下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Association of HTRA1 Mutations and Familial Ischemic Cerebral Small-Vessel Disease (N Engl J Med 2009;360:1729-39.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

The genetic cause of cerebral autosomal recessive arteriopathy with subcortical infarcts and leukoencephalopathy (CARASIL), which is characterized by ischemic, nonhypertensive, cerebral small-vessel disease with associated alopecia and spondylosis, is unclear. (N Engl J Med 2009;360:1729-39.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The genetic cause of cerebral autosomal recessive arteriopathy with subcortical infarcts and leukoencephalopathy (CARASIL), which is characterized by ischemic, nonhypertensive, cerebral small-vessel disease with associated alopecia and spondylosis, is unclear. (N Engl J Med 2009;360:1729-39.)

 頭でっかちになっている文ですが、骨組みは下線部で示した通りです。2文に分けてもよかったかもしれませんね。例えば、以下のように...

Cerebral autosomal recessive arteriopathy with subcortical infarcts and leukoencephalopathy (CARASIL) is characterized by ischemic, nonhypertensive, cerebral small-vessel disease with associated alopecia and spondylosis. The genetic cause of CARASIL is unclear.

METHODS

In five families with CARASIL, we carried out linkage analysis, fine mapping of the region implicated in the disease, and sequence analysis of a candidate gene. (N Engl J Med 2009;360:1729-39.)

 このcarried outは次の文では、

We also conducted functional analysis of wild-type and mutant gene products and measured the signaling by members of the transforming growth factor β (TGF-β) family and gene and protein expression in the small arteries in the cerebrum of two patients with CARASIL. (N Engl J Med 2009;360:1729-39.)

 conductedに言い換えられています。

RESULTS

The missense mutations and one of the nonsense mutations resulted in protein products that had comparatively low levels of protease activity and did not repress signaling by the TGF-β family. (N Engl J Med 2009;360:1729-39.)

repress 抑制する

CONCLUSIONS

CARASIL is associated with mutations in the HTRA1 gene. (N Engl J Med 2009;360:1729-39.)

 本当にこの、is associated withはよく出てきますね。

いかがでしたか。遺伝子用語を除けば、特に難しいところのない文章でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 10:15:52 | Trackback(0) | Comments(0)
データを詰め込む: N Engl J Med 2009;360:1718-28.
抄録の書き方は様々ですが、データをぎっしりと詰め込んで、「数字に物言わせる」というのもまた、「あり」です。
The New England Journal of Medicine April 23号2番目に掲載の原著論文は脳卒中に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Genomewide Association Studies of Stroke (N Engl J Med 2009;360:1718-28.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

The genes underlying the risk of stroke in the general population remain undetermined. (N Engl J Med 2009;360:1718-28.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The genes underlying the risk of stroke in the general population remain undetermined. (N Engl J Med 2009;360:1718-28.)

remain undetermined 決定されていない
 おなじみの"remain unknown"型です。

METHODS

We carried out an analysis of genomewide association data generated from four large cohorts composing the Cohorts for Heart and Aging Research in Genomic Epidemiology consortium, ... (N Engl J Med 2009;360:1718-28.)

consortium 協会、組合
 「コンソーシアム」という日本語にもなっているようですが、ピンときません。ロングマン現代英英辞典4訂増補版には以下のように記載されています。

consortium a group of companies or organizations who are working together to do something

RESULTS

... the results of an underpowered analysis of the smaller black cohort were nonsignificant. (N Engl J Med 2009;360:1718-28.)

an underpowered analysis 検出力が不十分な分析

CONCLUSIONS

A genetic locus on chromosome 12p13 is associated with an increased risk of stroke. (N Engl J Med 2009;360:1718-28.)

is associated with (統計学的に)関連している
 また出ました。今回の抄録では他の箇所にも出てますよ。チェックしてみてください。

いかがでしたか。あらゆる疾患を微分的に分析していくというのが一つの潮流のようですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:38:29 | Trackback(0) | Comments(0)
その目で見ると: N Engl J Med 2009;360:1705-17.
The New England Journal of Medicineのサイトの更新が早くなりましたね。今朝も6時過ぎにはもう最新号になっていました。助かります。

NEJM April 23号最初に掲載の論文は、心機能低下のある冠動脈疾患患者の治療に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Coronary Bypass Surgery with or without Surgical Ventricular Reconstruction (N Engl J Med 2009;360:1705-17.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

We conducted a trial to address the question of whether surgical ventricular reconstruction added to coronary-artery bypass grafting (CABG) would decrease the rate of death or hospitalization for cardiac causes, as compared with CABG alone. (N Engl J Med 2009;360:1705-17.)

では早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We conducted a trial to address the question of whether surgical ventricular reconstruction added to coronary-artery bypass grafting (CABG) would decrease the rate of death or hospitalization for cardiac causes, as compared with CABG alone. (N Engl J Med 2009;360:1705-17.)

address the question 問題に対処する、手をつける

 ロングマン現代英英辞典4訂増補版には以下のように記載されています。

address if you address a problem, you start trying to solve it: address a problem/question/issue etc


METHODS

Between September 2002 and January 2006, a total of 1000 patients with an ejection fraction of 35% or less, coronary artery disease that was amenable to CABG, ... (N Engl J Med 2009;360:1705-17.)

amenable 対象となる

RESULTS

Cardiac symptoms and exercise tolerance improved from baseline to a similar degree in the two study groups. (N Engl J Med 2009;360:1705-17.)

from baseline to a similar degree 基準となるところから同程度まで
 このところ、しばしば similarを見かけますね。

CONCLUSIONS

However, this anatomical change was not associated with a greater improvement in symptoms or exercise tolerance or with a reduction in the rate of death or hospitalization for cardiac causes. (N Engl J Med 2009;360:1705-17.)

was not associated with (統計学的に)関連はなかった
 先日、Aspirin様に教えていただいた表現です。その目で見ると、確かに2群の比較論文ではよく使われています。

いかがでしたか。左室を縮小しても予後の改善までは得られなかったようです。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:49:56 | Trackback(0) | Comments(0)
Podcasting: April 16, 2009
The New England Journal of Medicine April 16, 2009号のオーディオサマリーを聞いてみましょう。NEJMのサイトあるいはiTunesのpodcastingで聞くことができますよ。
全部を聞くと20分余りかかりますが、冒頭のヘッドライン部分だけなら1分足らずです。
気軽に挑戦できる長さですよ。

ではいつものように、サイトで公開されているヘッドライン部分のスクリプトを参考に聞いてみます。スクリプトと異なる部分は赤字で記しますね。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week of This summary covers the issue of April 16, 2009. I'm Dr. Lisa Johnson. This week's issue features Featured are articles on cognitive function at 3 years of age after fetal exposure to antiepileptic drugs, valsartan for prevention of recurrent atrial fibrillation, inhibitors of factor VIII in black patients with hemophilia, and electronic health records in U.S. hospitals; review articles on molar pregnancy and on genetics of type 1A diabetes; a case report of a man with migraine, aphasia, and hemiparesis and similarly affected family members; and Perspective articles on the deaths of children and noncombatants in Iraq 2003 to 2008, on the care of war veterans with mild traumatic brain injury, and on balancing the benefits and risks of inhaled long-acting beta-agonists.

今回はほぼスクリプト通りでしたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 05:55:25 | Trackback(0) | Comments(0)
電子カルテは米国においてさえ: N Engl J Med 2009;360:1628-38.
電子カルテ、レセプト電子化、日本でもしばしば話題にのぼる題材ですが、さて、アメリカではどうなのでしょう。今回のSpecial Articleはアメリカでの電子カルテの普及率について検討しています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Use of Electronic Health Records in U.S. Hospitals (N Engl J Med 2009;360:1628-38.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

... there are no reliable estimates of the prevalence of adoption of electronic health records in U.S. hospitals. (N Engl J Med 2009;360:1628-38.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Despite a consensus that the use of health information technology should lead to more efficient, safer, and higher-quality care, there are no reliable estimates of the prevalence of adoption of electronic health records in U.S. hospitals. (N Engl J Med 2009;360:1628-38.)

estimates 評価

METHODS

We surveyed all acute care hospitals that are members of the American Hospital Association for the presence of specific electronic-record functionalities. (N Engl J Med 2009;360:1628-38.)

functionalities 機能
 the presence of specific electronic-record functionalitiesは「特定の電子カルテ機能の有無」となります。

We also examined the relationship of adoption of electronic health records to specific hospital characteristics and factors that were reported to be barriers to or facilitators of adoption. (N Engl J Med 2009;360:1628-38.)

to be barriers to or facilitators of adoption 導入の障壁となるか促進因子となるか
 barrierとracilitatorが対になっています。チェック!

RESULTS

Computerized provider-order entry for medications has been implemented in only 17% of hospitals. (N Engl J Med 2009;360:1628-38.)

implemented 導入される

CONCLUSIONS

A policy strategy focused on financial support, interoperability, and training of technical support staff may be necessary to spur adoption of electronic-records systems in U.S. hospitals. (N Engl J Med 2009;360:1628-38.)

spur  促進する

ロングマン現代英英辞典4訂増補版には以下のように書かれています。

spur to make an improvement or change happen faster; =encourage

いかがでしたか。アメリカにおいてすら、病院での電子カルテシステムの普及率は低いのですね。今回の論文は全文が無料で閲覧できますので、興味のある方はどうぞ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 14:06:55 | Trackback(0) | Comments(0)
予備があれば本試験もある?: N Engl J Med 2009;360:1618-27.
症例数が少なかったり、条件が若干整っていなかったり、という場合、しばしば、preliminary(予備的な)という語を使って、とりあえずの結果ですよ、ということをアピールすることがあります。「予備的」というからには「本式」もあるわけで、時折、「前回の結果を踏まえ、今回、本試験を行って結果を出しました」という論文も見かけます。ただ、その「本試験」がいつごろ発表されるのかは「予備試験」を読んだ段階では、読者には情報がありません。そういう論文のいくつかは「予備」のまま、お蔵入りしてるのでは、と思われます。

The New England Journal of Medicine April 16号掲載3番目の原著論文は血友病に関する内容です。下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Inhibitors of Factor VIII in Black Patients with Hemophilia (N Engl J Med 2009;360:1518-27.)

今回の「ハテナ起点」は仮説の形で書かれています。

We hypothesized that mismatched factor VIII transfusions contribute to the high incidence of inhibitors among black patients. (N Engl J Med 2009;360:1518-27.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Black patients with hemophilia A (factor VIII deficiency) are twice as likely as white patients to produce inhibitors against factor VIII proteins given as replacement therapy. (N Engl J Med 2009;360:1518-27.)

twice as likely as 2倍の頻度である
 基本的ですが、倍数表現をチェック。

METHODS

We sequenced the factor VIII gene (F8) in black patients with hemophilia A to identify causative mutations and the background haplotypes on which they reside. (N Engl J Med 2009;360:1518-27.)

on which they reside 彼らが有している

RESULTS

The prevalence of inhibitors was higher among patients with either of these haplotypes than among patients with haplotype H1 or H2 (odds ratio, 3.6; 95% confidence interval, 1.1 to 12.3; P=0.04), despite a similar spectrum of hemophilic mutations and degree of severity of illness in these two subgroups. (N Engl J Med 2009;360:1518-27.)

despite しかしながら、~にもかかわらず
 
CONCLUSIONS

These preliminary results suggest that mismatched factor VIII replacement therapy may be a risk factor for the development of anti–factor VIII alloantibodies. (N Engl J Med 2009;360:1518-27.)

may 可能性がある
 予備試験の結果なので、"may"にとどまっていますね。

いかがでしたか。日本にいるとあまり人種による治療効果の差を意識することはないように思いますが、こうした論文を読むことで視野が広がりますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:49:25 | Trackback(0) | Comments(0)
タイトルでは語らない: N Engl J Med 2009;360:1606-17.
最近の書名はどんどん長くなって、ほとんど文章と化しているものも見受けられます。学会発表でも同様の傾向が一時、見られましたね。テーマだけのものと、ある程度内容を語るものと。どちらが読み手の気を惹くか、については、永遠の課題かもしれません。

The New England Journal of Medicine April 16号2番目に掲載の原著論文はバルサルタンに関する内容です。降圧効果以外の効用は見つかるのでしょうか。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Valsartan for Prevention of Recurrent Atrial Fibrillation (N Engl J Med 2009;360:1606-17.)

今回の「ハテナ表現」はこちら。

... and no current therapy is ideal for control of this condition. (N Engl J Med 2009;360:1606-17.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Experimental studies suggest that angiotensin II–receptor blockers (ARBs) can influence atrial remodeling, and some clinical studies suggest that they may prevent atrial fibrillation. (N Engl J Med 2009;360:1606-17.)

 大西泰斗&ポール・マクベイ先生の「ハートで感じる英文法(NHK出版)」によれば、
「canは潜在、mayは閉ざされていない
というイメージです。そう考えると、この文の感触、わかりますね。

METHODS

To be eligible, patients also had to have underlying cardiovascular disease, diabetes, or left atrial enlargement. (N Engl J Med 2009;360:1606-17.)

To be eligible 適格とされたのは、

RESULTS

The results were similar in all predefined subgroups of patients, including those who were not receiving angiotensin-converting–enzyme inhibitors. (N Engl J Med 2009;360:1606-17.)

The results were similar 結果は同じだった
 あっさりと記載する表現です。シンプルですが使えます。

CONCLUSIONS

Treatment with valsartan was not associated with a reduction in the incidence of recurrent atrial fibrillation. (N Engl J Med 2009;360:1606-17.)

was not associated with (統計学的に)関連はなかった
 Aspirinさまのご教示により、訂正しました。詳細はコメント欄をご参照くださいね。

いかがでしたか。臨床的効果は得られなかったようですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:45:54 | Trackback(0) | Comments(2)
現在形を多用する: N Engl J Med 2009;360:1597-1605.
多くの論文では、やっている検討が終わってから書くためか、過去形が使われています。
The New England Journal of Medicine April 16, 2009号掲載の今回の論文のように現在形が頻繁に用いられていると、臨場感があって、読んでいて軽快です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Cognitive Function at 3 Years of Age after Fetal Exposure to Antiepileptic Drugs (N Engl J Med 2009;360:1597-1605.)

今回の「ハテナ起点」はここ。

... but cognitive effects of fetal exposure of humans to antiepileptic drugs are uncertain. (N Engl J Med 2009;360:1597-1605.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Fetal exposure of animals to antiepileptic drugs at doses lower than those required to produce congenital malformations can produce cognitive and behavioral abnormalities, but cognitive effects of fetal exposure of humans to antiepileptic drugs are uncertain. (N Engl J Med 2009;360:1597-1605.)

cognitive 認識の、認知の

METHODS

The primary analysis is a comparison of neurodevelopmental outcomes at the age of 6 years after exposure to different antiepileptic drugs in utero. (N Engl J Med 2009;360:1597-1605.)

in utero 子宮内で
 ラテン語です。

This report focuses on a planned interim analysis of cognitive outcomes in 309 children at 3 years of age. (N Engl J Med 2009;360:1597-1605.)

interim analysis 中間解析

RESULTS

The association between valproate use and IQ was dose dependent. (N Engl J Med 2009;360:1597-1605.)

dose dependent 容量依存性の

CONCLUSIONS

This finding supports a recommendation that valproate not be used as a first-choice drug in women of childbearing potential.
(N Engl J Med 2009;360:1597-1605.)

This finding supports この所見は~を支持している
 どこかで使えそうな表現です。

いかがでしたか。3歳時点の中間解析ですが、6歳の終了時にはどのような結果になっているでしょうか。興味あるところです。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:30:15 | Trackback(0) | Comments(0)
NEJMはTOEIC(R)に効くか?
てこの原理のように「小さな力で大きな効果を得る」という意味で、レバレッジ(leverage:てこ)ということばをよく耳にします。
こと、英語についてもこれは有効で、本田直之さんや村上憲郎さんも著作の中で、「自分の領域に関する英語を起点にして、力を伸ばす」というようなことを書かれています。第二言語習得研究においてもその有用性は確かめられていると白井恭弘さんはその著書の中で述べています。
医師である私にとって「自分の領域」とは、言うまでもなく、医学です。そこから英語へのレバレッジを引き出すため選んだのが、The New England Journal of Medicine(以下、NEJM)です。これを読み続けることで、本当に英語力はアップするのか、気になるところです。ただ、本誌全体を精読する時間はありませんから、原著論文の抄録に絞り、この250語は必ず読むということにしました。1つの抄録を読み、語句をチェックし、「気づき」をタイトルにして、このブログに書く、という一連の作業を15分で仕上げるようにしています。(実際は、タイトル作りに一番時間がかかります。そのため、日によっては20分以上かかることもあります。)

英語力評価の指標としては様々ありますが、受験機会が多く、社会的信用もあり、数値化される、という点から、TOEIC(R)を選択しました。既に大学によっては、学位審査の語学試験として採用しているところもありますね。

ブログを始めてから半年余りが経過しました。TOEIC(R)はどう推移したでしょうか。

ブログを始めた昨年9月は890点(Listening 465, Reading 425)でしたが、
半年経過した今年3月は930点(Listening 465, Reading 465)に伸びました。

TOEIC(R)の要求する語彙とNEJMに頻出するものとは若干傾向が異なりますが、それでも効果は出るようです。また、抄録のみ読む、という短距離ダッシュの繰り返しでも、トレーニングとしてはTOEIC(R)のように短時間で一気に読み下すというものの対策にはなりましたね。
Listeningについては、さすがにpodcastingの冒頭1分足らず、では点数アップとまではいきませんでした。全体20分強を最後まで集中して聞けるメンタル的な強さが求められるように思います。このあたりは、今後の課題です。

結論として、NEJMは英語力アップに有効です。医学領域からレバレッジをかけることは十分可能です。

これからも続けてNEJMを読んでいきます。よろしくお願いします。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ





テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

感想 | 06:31:01 | Trackback(0) | Comments(0)
スクリプトで語彙を広げる: Podcasting April 9, 2009
「知らない単語は聞くことができない」とはよく言われることです。NEJMのpodcastingは冒頭のヘッドライン部分はスクリプトが公開されていますから、それを使って語彙を広げることも可能です。

今週号のオーディオサマリーはThe New England Journal of Medicineのサイトにアクセスすれば聞くことができます。あるいはiTunes Storeからも無料で入手できますよ。

では早速、ヘッドライン部分を聞いてみましょう。いつものように、スクリプトと異なる部分を赤字で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of April 9, 2009. I'm Dr. Michael Bierer. This week's issue features Featured are articles on efficacy of esomeprazole for treatment of poorly controlled asthma, brown adipose tissue in adult humans healthy adults, shifting terrain in the regulation of off-label promotion of pharmaceuticals, and fibrosis and myocardial infarction; a review article on myocarditis; a case report of a man with fever, headache, rash, and vomiting; and Perspective articles on stimulating the adoption of health information technology, on the NIH stimulus, on the future of research funding in academic medicine, and on conscientious objection gone awry.

shifting terrain in the regulation 規制領域の変遷
off-label FDA認可外の
gone awry 不首尾に終わった

いかがでしたか?わずか44秒ですが、今週号のダイジェストになっていますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:35:22 | Trackback(0) | Comments(0)
具体例で紙面を締める: N Engl J Med 2009;360:1518-25.
「こんなに都合良く、同じテーマの論文が集まったのかな」と思わせるほど、今週号のThe New England Journal of Medicineは褐色脂肪細胞の話であふれています。
最後の締めは、具体的事実を記述したBrief Reportです。
下記のタイトルをクリックするとサマリーが開きます。

Functional Brown Adipose Tissue in Healthy Adults (N Engl J Med 2009;360:1518-25.)

早速、サマリーを読んでいきましょう。

Using positron-emission tomography (PET), we found that cold-induced glucose uptake was increased by a factor of 15 in paracervical and supraclavicular adipose tissue in five healthy subjects. (N Engl J Med 2009;360:1518-25.)

by a factor of 15 15倍に
 ロングマン現代英英辞典4訂増補版には次のような記載があります。

by a factor of five/ten etc
if something increases or decreases by a factor of five, ten etc, it increases or decreases by five times, ten times etc.


We obtained biopsy specimens of this tissue from the first three consecutive subjects and documented messenger RNA (mRNA) and protein levels of the brown-adipocyte marker, uncoupling protein 1 (UCP1). (N Engl J Med 2009;360:1518-25.)

the first three consecutive subjects 1人目から3人目まで

Together with morphologic assessment, which showed numerous multilocular, intracellular lipid droplets, and with the results of biochemical analysis, these findings document the presence of substantial amounts of metabolically active brown adipose tissue in healthy adult humans. (N Engl J Med 2009;360:1518-25.)

Together with ~と合わせて

「褐色脂肪細胞特集」といった感じもする今週号です。NEJM編集部の期待を感じますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:38:36 | Trackback(0) | Comments(0)
編集の妙、ふたたび: N Engl J Med 2009;360:1509-17.
The New England Journal of Medicine April 9号3番目に掲載の論文も褐色脂肪細胞についてのものです。ひとつ前の論文"Cold-Activated Brown Adipose Tissue in Healthy Men (N Engl J Med 2009;360:1500-8.)"で知識が入っていますから、すんなりと読めますね。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Identification and Importance of Brown Adipose Tissue in Adult Humans (N Engl J Med 2009;360:1509-17.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

... but brown adipose tissue has been considered to have no physiologic relevance in adult humans. (N Engl J Med 2009;360:1509-17.)

では早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Obesity results from an imbalance between energy intake and expenditure. (N Engl J Med 2009;360:1509-17.)

expenditure 消費
 intake(摂取)と対で覚えましょう。

In rodents and newborn humans, brown adipose tissue helps regulate energy expenditure by thermogenesis mediated by the expression of uncoupling protein 1 (UCP1), but brown adipose tissue has been considered to have no physiologic relevance in adult humans.
(N Engl J Med 2009;360:1509-17.)

rodents 齧歯類
have no physiologic relevance 生理学的には全く意義がない(関係がない)
 have no relevance to ... 「...に全く無関係である」というのが辞書に載っています。

METHODS

We analyzed 3640 consecutive 18F-fluorodeoxyglucose (18F-FDG) positron-emission tomographic and computed tomographic (PET–CT) scans performed for various diagnostic reasons in 1972 patients for the presence of substantial depots of putative brown adipose tissue. (N Engl J Med 2009;360:1509-17.)

substantial depots 大量の貯蔵
putative 推定上の
 「推定される褐色脂肪細胞がたくさん貯まっているかどうかをPET-CT画像から解析した」ということです。substantialを「たくさん」と解釈するか、あるいは「実体として」とするか考えましたが、イメージとしては「PET-CT画像で認識できる程度に存在する」というところでつかんでみました。

RESULTS

The probability of the detection of brown adipose tissue was inversely correlated with years of age (P<0.001), outdoor temperature at the time of the scan (P=0.02), beta-blocker use (P<0.001), and among older patients, body-mass index (P=0.007). (N Engl J Med 2009;360:1509-17.)

inversely 逆の
 逆相関していた、という意味です。

CONCLUSIONS

Most important, the amount of brown adipose tissue is inversely correlated with body-mass index, especially in older people, suggesting a potential role of brown adipose tissue in adult human metabolism. (N Engl J Med 2009;360:1509-17.)

Most important,  最も重要なことは
 こういう構文(おそらく、"It was most inportant that ..."となるべきところ)もNEJMで「あり」というのは驚きでした。学校で書いたら、赤ペンが入りそうですが。

いかがでしたか。褐色脂肪細胞について、ますます明らかになってきましたね。この先が楽しみになってきました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:28:00 | Trackback(0) | Comments(0)
研究背景を要約する:N Engl J Med 2009;360:1500-8.
読み手がその論文で扱っている話題についてあまりよく知らない、ということはままあることです。自分たちのやったことを評価してもらうには、その話題について要約して、ある程度の共通理解を築くことが必要です。
The New England Journal of Medicine April 9号2番目の論文はヒトの褐色脂肪細胞についての内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Cold-Activated Brown Adipose Tissue in Healthy Men (N Engl J Med 2009;360:1500-8.)

今回は明確な形では「ハテナ起点」は示されていません。研究のきっかけとなったのはこのあたり。

Until recently, the presence of brown adipose tissue was thought to be relevant only in small mammals and infants, with negligible physiologic relevance in adult humans. (N Engl J Med 2009;360:1500-8.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Studies in animals indicate that brown adipose tissue is important in the regulation of body weight, and it is possible that individual variation in adaptive thermogenesis can be attributed to variations in the amount or activity of brown adipose tissue. (N Engl J Med 2009;360:1500-8.)

adaptive thermogenesis 適応性熱産生
 環境に適応した熱産生、という意味でしょうか。

Until recently, the presence of brown adipose tissue was thought to be relevant only in small mammals and infants, with negligible physiologic relevance in adult humans. (N Engl J Med 2009;360:1500-8.)

relevant ~に関係する
negligible わずかな
 成人のヒトではあまり関係ないと考えられていた、ということです。

METHODS

Putative brown-adipose-tissue activity was determined with the use of integrated 18F-fluorodeoxyglucose positron-emission tomography and computed tomography. (N Engl J Med 2009;360:1500-8.)

Putative 推定上の

RESULTS

BMI and percentage of body fat both had significant negative correlations with brown adipose tissue, whereas resting metabolic rate had a significant positive correlation. (N Engl J Med 2009;360:1500-8.)

whereas 一方
 この語をはさんで前半と後半を対比させる、おなじみの構文です。

CONCLUSIONS

Brown adipose tissue may be metabolically important in men, and the fact that it is reduced yet present in most overweight or obese subjects may make it a target for the treatment of obesity.
(N Engl J Med 2009;360:1500-8.)

it is reduced yet present in most overweight or obese subjects 褐色脂肪細胞は、ほとんどの過体重や肥満者に、減少しているとはいえ、存在する

いかがでしたか。新しい肥満治療法が見つかるかもしれませんね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:25:06 | Trackback(0) | Comments(0)
タイトルで読ませる: N Engl J Med 2009;360:1487-99.
論文のタイトルで、内容から結論まで読み取ることができるものもあれば、そうでないものもあります。自分の関心領域に近いものだと、結果を予測して読んでしまうこともあります。それはそれで、「問題意識をもって」読む、ということにつながるのでいいのでは、と思っています。

The New England Journal of Medicine April 9号最初の論文は、PPIを使った喘息治療についての内容です。下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Efficacy of Esomeprazole for Treatment of Poorly Controlled Asthma (N Engl J Med 2009;360:1487-99.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

It is not known whether treatment of gastroesophageal reflux with proton-pump inhibitors in patients who have poorly controlled asthma without symptoms of gastroesophageal reflux can substantially improve asthma control. (N Engl J Med 2009;360:1487-99.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

It is not known whether treatment of gastroesophageal reflux with proton-pump inhibitors in patients who have poorly controlled asthma without symptoms of gastroesophageal reflux can substantially improve asthma control. (N Engl J Med 2009;360:1487-99.)

substantially 実際に
 胃酸のmicrorefluxが咽頭、気管を刺激して喘息発作を引き起こす、と言われていますが、ではPPIで胃酸を抑えたらどうなんだ、という検証です。

METHODS

The primary outcome was the rate of episodes of poor asthma control, as assessed on the basis of entries in asthma diaries.
(N Engl J Med 2009;360:1487-99.)

entries 記入、申告

RESULTS

Episodes of poor asthma control occurred with similar frequency in the placebo and esomeprazole groups (2.3 and 2.5 events per person-year, respectively; P=0.66). (N Engl J Med 2009;360:1487-99.)

with similar frequency in the placebo and esomeprazole groups プラセボ群とエソメプラゾール群で同等の頻度であった
 ここのsimilarは「使えそう」な表現ですね。

CONCLUSIONS

Asymptomatic gastroesophageal reflux is not a likely cause of poorly controlled asthma. (N Engl J Med 2009;360:1487-99.)

 現在形で否定していますから、著者らはこの結論に自信がありますね。

いかがでしたか。胃食道逆流症の症状を引き起こす主要因は胃酸ではありますが、それ以外の胃内容物や胃分泌物も一緒に逆流します。PPIでは胃酸は抑えますが逆流そのものは変わりませんから、胃酸以外の逆流物が喘息発作に関わっている可能性は残りますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:19:54 | Trackback(0) | Comments(2)
オンラインより早い、日本の物流?
なんとなんと、
明日発売予定の、The New England Journal of Medicine April 9,2009号が、本日、うちのポストに届きました。
~うーむ、フライングだけれど、すばらしい。~

オンラインのサイト更新よりも早い(速い)とは!
既に、日本の物流は光よりもはやいのかしら。


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

感想 | 22:16:55 | Trackback(0) | Comments(0)
metastaticのアクセントは?:Podcasting April 2, 2009
医学用語の英単語の発音については情報が非常に少なく、正確に発音することはなかなか難しいものです。ともすれば「和製英語」になってしまいがちですよね。それを解消するのが、podcastingです。NEJMのオーディオサマリーを聞いていれば、基本的なものから新薬名まで正しい発音を耳で知ることができます。
さて問題です。
一般臨床でもよく使う「メタ(転移)」ですが、metastaticのアクセントは前半、それとも後半?今週のオーディオサマリーをよーく聞いてチェックしてくださいね。

ではいつものように、掲載スクリプトを見ながら、冒頭のヘッドライン部分を聞いていきます。スクリプトと異なる部分は赤字で示します。

This summary covers the issue of Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week of April 2, 2009. I'm Dr. Theresa Schraeder. This week's issue features Featured are articles on cervical cancer in rural India, rosuvastatin and cardiovascular events in hemodialysis patients, cetuximab and chemotherapy for metastatic colorectal cancer, and rehospitalizations among Medicare patients; review articles on enuresis and on medical evaluation of patients undergoing electroconvulsive therapy; a Clinical Problem-Solving article describing a question well put; and Perspective articles on a to-do list for the new FDA commissioner, on safe drugs and the cost of good intentions, and on President Obama’s down payment on health care reform.

いかがでしたか?
NEJMのオーディオサマリーはNEJMのサイトあるいはiTunes Storeで無料で聞くことができます。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 08:18:59 | Trackback(0) | Comments(0)
定番のhowever: N Engl J Med 2009;360:1418-28.
NEJM April 2号にはSpecial Articleが掲載されています。内容はメディケア受給者の再入院についてです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Rehospitalizations among Patients in the Medicare Fee-for-Service Program (N Engl J Med 2009;360:1418-28.)

今回の「ハテナ起点」はここ。

However, we have limited information on the frequency and patterns of rehospitalization in the United States to aid in planning the necessary changes. (N Engl J Med 2009;360:1418-28.)

では抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

However, we have limited information on the frequency and patterns of rehospitalization in the United States to aid in planning the necessary changes. (N Engl J Med 2009;360:1418-28.)

BACKGROUND部分が2文で構成されている場合、多くはこのhoweverで、検討する問題点を示しています。April 2号掲載の"Rosuvastatin and Cardiovascular Events in Patients Undergoing Hemodialysis" (N Engl J Med 2009;360:1395-407.)でもこの通り。

Statins reduce the incidence of cardiovascular events in patients at high cardiovascular risk. However, a benefit of statins in such patients who are undergoing hemodialysis has not been proved.(N Engl J Med 2009;360:1395-407.)

これはある種の「フレームワーク」ですね。

METHODS

We analyzed Medicare claims data from 2003–2004 to describe the patterns of rehospitalization and the relation of rehospitalization to demographic characteristics of the patients and to characteristics of the hospitals. (N Engl J Med 2009;360:1418-28.)

demographic characteristics 人口統計学上の特性

RESULTS

Almost one fifth (19.6%) of the 11,855,702 Medicare beneficiaries who had been discharged from a hospital were rehospitalized within 30 days, and 34.0% were rehospitalized within 90 days; 67.1% of patients who had been discharged with medical conditions and 51.5% of those who had been discharged after surgical procedures were rehospitalized or died within the first year after discharge. (N Engl J Med 2009;360:1418-28.)

beneficiaries 受給者

with medical conditions 内科系患者で
after surgical procedures 外科的処置後
 この2つは対になっています。

CONCLUSIONS

Rehospitalizations among Medicare beneficiaries are prevalent and costly. (N Engl J Med 2009;360:1418-28.)

prevalent 高頻度である

いかがでしたか。抄録には検討結果から導かれることのみが記されています。ここからどんな提案が導かれるのか、興味がある方は本文を読んでみてくださいね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:39:26 | Trackback(0) | Comments(0)
出だしに勢いをつける: N Engl J Med 2009;360:1408-17.
論文を書くときの勢いというか、心的熱気というものは、自ずから文章に出てくるものです。
NEJM April 2号3番目の論文は転移性大腸癌の治療に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Cetuximab and Chemotherapy as Initial Treatment for Metastatic Colorectal Cancer (N Engl J Med 2009;360:1408-17.)

今回は「ハテナ起点」はいつもの形では示されていません。

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

We investigated the efficacy of cetuximab plus irinotecan, fluorouracil, and leucovorin (FOLFIRI) as first-line treatment for metastatic colorectal cancer and sought associations between the mutation status of the KRAS gene in tumors and clinical response to cetuximab. (N Engl J Med 2009;360:1408-17.)

"We"の勢いを感じさせる書き出しです。soughtの使用は他の抄録ではあまり見かけませんでしたが、要チェックです。

METHODS

We randomly assigned patients with epidermal growth factor receptor–positive colorectal cancer with unresectable metastases to receive FOLFIRI either alone or in combination with cetuximab. (N Engl J Med 2009;360:1408-17.)

either A or Bの構文です。

RESULTS

The hazard ratio for progression-free survival among patients with wild-type–KRAS tumors was 0.68 (95% CI, 0.50 to 0.94), in favor of the cetuximab–FOLFIRI group. (N Engl J Med 2009;360:1408-17.)

in favor of ~に有利な
 「cetuximab–FOLFIRI群のほうがよかった」という意味です。

CONCLUSIONS

The benefit of cetuximab was limited to patients with KRAS wild-type tumors. (N Engl J Med 2009;360:1408-17.)

was limited to ~に限られた

いかがでしたか。「目指す結果が得られた!」という勢いがありましたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 19:17:34 | Trackback(0) | Comments(0)
標準的な書き方: N Engl J Med 2009;360:1395-407.
大規模試験ともなると、それ相応のライターなり添削者なりがつくのか、論文の体裁、書きぶりも非常に「標準的」なものになります。

今回の論文ではロサルバスタチンの効果を検討しています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Rosuvastatin and Cardiovascular Events in Patients Undergoing Hemodialysis (N Engl J Med 2009;360:1395-407.)

この論文の「ハテナ起点」はここ。
However, a benefit of statins in such patients who are undergoing hemodialysis has not been proved. (N Engl J Med 2009;360:1395-407.)

BACKGROUND

However, a benefit of statins in such patients who are undergoing hemodialysis has not been proved. (N Engl J Med 2009;360:1395-407.)

この表現は使えそうです。

METHODS

We conducted an international, multicenter, randomized, double-blind, prospective trial involving 2776 patients, 50 to 80 years of age, who were undergoing maintenance hemodialysis. (N Engl J Med 2009;360:1395-407.)

conducted 実施した
 研究、検討を「行った」というときの表現としてチェックしておきます。

RESULTS

Rosuvastatin had no effect on individual components of the primary end point. There was also no significant effect on all-cause mortality (13.5 vs. 14.0 events per 100 patient-years; hazard ratio, 0.96; 95% CI, 0.86 to 1.07; P=0.51). (N Engl J Med 2009;360:1395-407.)

had no effect on 効果がなかった
There was also no significant effect on 有意な効果はなかった
 同じ意味の言い換えです。

CONCLUSIONS

In patients undergoing hemodialysis, the initiation of treatment with rosuvastatin lowered the LDL cholesterol level but had no significant effect on the composite primary end point of death from cardiovascular causes, nonfatal myocardial infarction, or nonfatal stroke. (N Engl J Med 2009;360:1395-407.)

had no significant effect on 有意な効果はなかった
 これも上記と同意の言い換えです。

いかがでしたか。これはAURORA Studyと呼ばれるものですが、かなりインパクトのある結果でした。この論文のEditorialが本誌には掲載されていますが、そのタイトルがふるっています。
Sunset for Statins after AURORA? (N Engl J Med 2009;360:1455-1457.)

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 20:56:56 | Trackback(0) | Comments(0)
紋切り型を恐れない: N Engl J Med 2009;360:1385-94.
和文でも英文でも文章を書くとき、同じような表現が続くことは(なんとなく)避けたくなるものです。「文章の作法」としてはそうなのですが、そこに注力するよりは内容を磨くべき、というのもまた、重要なことです。
The New England Journal of Medicine April 2号最初の論文は子宮頸ガンとヒトパピローマウイルスに関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

HPV Screening for Cervical Cancer in Rural India (N Engl J Med 2009;360:1385-94.)

今回は研究の端緒となる「ハテナ起点」は明示されていません。

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

In October 1999, we began to measure the effect of a single round of screening by testing for human papillomavirus (HPV), cytologic testing, or visual inspection of the cervix with acetic acid (VIA) on the incidence of cervical cancer and the associated rates of death in the Osmanabad district in India. (N Engl J Med 2009;360:1385-94.)

a single round of screening スクリーニングを1回
 ここのroundは「ひと試合」というイメージに近いですね。

METHODS

The groups were randomly assigned to undergo screening by HPV testing (34,126 women), cytologic testing (32,058), or VIA (34,074) or to receive standard care (31,488, control group). (N Engl J Med 2009;360:1385-94.)
Women who had positive results on screening underwent colposcopy and directed biopsies, ... (N Engl J Med 2009;360:1385-94.)

undergo screening スクリーニングを受ける
underwent colposcopy and directed biopsies コルポスコピーと狙撃生検
 検査、手術にはundergoを使います。

RESULTS

In the HPV-testing group, cervical cancer was diagnosed in 127 subjects (of whom 39 had stage II or higher), as compared with 118 subjects (of whom 82 had advanced disease) in the control group (hazard ratio for the detection of advanced cancer in the HPV-testing group, 0.47; 95% confidence interval [CI], 0.32 to 0.69). (N Engl J Med 2009;360:1385-94.)
There were 34 deaths from cancer in the HPV-testing group, as compared with 64 in the control group (hazard ratio, 0.52; 95% CI, 0.33 to 0.83). (N Engl J Med 2009;360:1385-94.)
No significant reductions in the numbers of advanced cancers or deaths were observed in the cytologic-testing group or in the VIA group, as compared with the control group. Mild adverse events were reported in 0.1% of screened women. (N Engl J Med 2009;360:1385-94.)

as compared with ~と比べて
 結果を示す3文全てで、この表現を使っています。内容をきっちりと正確に伝えることが第一義であって、紋切り型表現でも構わないという一例ですね。

CONCLUSIONS

In a low-resource setting, a single round of HPV testing was associated with a significant reduction in the numbers of advanced cervical cancers and deaths from cervical cancer. (N Engl J Med 2009;360:1385-94.)

In a low-resource setting 資源の乏しい条件において
 表題にrural Indiaとあるとはいえ、いささか唐突な印象を受ける表現です。ここでいうresourceには人的資源、金銭的資源、物的資源が含まれるものと思います。

いかがでしたか。rural Indiaでなくとも、昨今の経済環境ではlow-resourceに近い状況もあり得ますので、この検討は非常に有用だと思います。

また、NEJMの抄録を読んでいきます。とばした1週分はどこかで補います。
新年度もよろしくお願いしますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:00:18 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。