■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
考えたことをきちんと書く:N Engl J Med 2009;360:874-80.
仮説を立てて検証し、その結果から結論を出す、とここまではほとんどの抄録に入っています。でも、更に進めて「考察部分」となると抄録に記載しているものはなかなか見られません。

The New England Journal of Medicine Feb. 26号2番目に掲載の原著論文は腎移植に関する内容です。下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

C3 Polymorphisms and Allograft Outcome in Renal Transplantation (N Engl J Med 2009;360:874-80.)

今回の「ハテナ起点」はこちら。

The role of two complement component 3 (C3) allotypes, called C3F (fast) and C3S (slow) on the basis of their electrophoretic motility, in the long-term outcome of renal allografts remains controversial. (N Engl J Med 2009;360:874-80.)

では抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The role of two complement component 3 (C3) allotypes, called C3F (fast) and C3S (slow) on the basis of their electrophoretic motility, in the long-term outcome of renal allografts remains controversial. (N Engl J Med 2009;360:874-80.)

remains controversial 議論のあるところである
 定番の" remain controversial"です。"remain なんとか"は本当によく出てきますね。

METHODS

Transplants were divided into four groups, according to the recipient and donor genotypes: SS recipient and FS or FF donor (the standard for comparison, since this combination has been reported to have the best outcome), SS recipient and donor, FS or FF recipient and SS donor, and FS or FF recipient and donor. (N Engl J Med 2009;360:874-80.)

the standard for comparison 比較のための基準

RESULTS

Baseline characteristics of the four transplant groups were similar. (N Engl J Med 2009;360:874-80.)

characteristics 特徴
 日本語で考えると抽象名詞のようなイメージがあって複数形にできるかどうか迷いますが、英語では数えられる名詞です。

CONCLUSIONS

Our results suggest that transplantation of FS or FF kidneys to SS recipients is not advantageous, possibly because chronic allograft nephropathy is a multifaceted disease involving the interplay of many biologic pathways. (N Engl J Med 2009;360:874-80.)

 下線部で結論に対する考察が述べられています。このあたり、BACKGROUNDにcontroversialを使った流れかもしれませんね。

いかがでしょうか。こんな形で抄録に考察を滑り込ませることができるのですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:05:28 | Trackback(0) | Comments(0)
ダイエット法に決着?:N Engl J Med 2009;360:859-73.
既にあちこちのニュースサイトで話題になっていますが、The New England Journal of Medicine Feb. 26号最初に掲載の論文はダイエット法に関するものです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Comparison of Weight-Loss Diets with Different Compositions of Fat, Protein, and Carbohydrates (N Engl J Med 2009;360:859-73.)

今回の「ハテナ起点」はここ。

The possible advantage for weight loss of a diet that emphasizes protein, fat, or carbohydrates has not been established, and there are few studies that extend beyond 1 year. (N Engl J Med 2009;360:859-73.)

タンパク質、脂質、炭水化物のそれぞれを増強したダイエット法は数あれど長期効果が実証されたものはない、というところに着目したというわけですね。

では早速、抄録を読んでみましょう。

BACKGROUND

The possible advantage for weight loss of a diet that emphasizes protein, fat, or carbohydrates has not been established, and there are few studies that extend beyond 1 year. (N Engl J Med 2009;360:859-73.)

beyond 1 year 1年を過ぎて

METHODS

The diets consisted of similar foods and met guidelines for cardiovascular health. (N Engl J Med 2009;360:859-73.)

met guidelines ガイドラインに準じた

The participants were offered group and individual instructional sessions for 2 years. (N Engl J Med 2009;360:859-73.)

group and individual instructional sessions 集団あるいは個人指導

RESULTS

... attendance was strongly associated with weight loss (0.2 kg per session attended). (N Engl J Med 2009;360:859-73.)

 指導への参加が体重減少に強く相関していた、というのは興味深いですね。人との関わりでモチベーションを維持していくということなのでしょうか。

CONCLUSIONS

Reduced-calorie diets result in clinically meaningful weight loss regardless of which macronutrients they emphasize. (N Engl J Med 2009;360:859-73.)

macronutrients 必須栄養素(3大栄養素)

これはBACKGROUNDの"protein, fat, or carbohydrates"を指しています。抄録の始めと終わりがきっちりと呼応していて、全体に引き締まった構成になっています。

いかがでしょう。この論文は全文をFREEで読めますから、NEJMのサイトにアクセスしてみてくださいね。また、サイトではこの論文に関する、読者投票も実施しています。参加してみてはいかがですか?

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:45:25 | Trackback(0) | Comments(2)
Podcasting: February 19, 2009
The New England Journal of Medicine Feb.19号のオーディオサマリーを聞いてみましょう。NEJMのサイトやiTunesのpodcastingで聞けますよ。
スクリプトはNEJMのサイトに冒頭部分のみ掲載されています。

では、冒頭のヘッドライン部分を聞いてみましょう。
いつものように掲載スクリプトと異なる部分を赤で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week of This summary covers the issue of February 19, 2009. I'm Dr. Lisa Johnson. This week's issue features Featured are articles on estimation of warfarin dose, IDH1 and IDH2 mutations in gliomas, quality of life after late invasive therapy for occluded arteries, implications of the globalization of clinical research, and progress and deficiencies in the registration of clinical trials; review articles on epistaxis and on gene-expression signatures in breast cancer; a case report of a woman with vertigo, facial weakness, and a generalized seizure; and Perspective articles on prescribing records and the first amendment, New Hampshire’s data-mining statute, on commercial versus social goals of tracking what doctors do, and on health, medical care, and economic crisis.

今週もほぼスクリプト通りでした。
聞き取れましたでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:23:23 | Trackback(0) | Comments(0)
1語で「ハテナ」をにおわせる:N Engl J Med 2009;360:774-83.
「ハテナ起点」表現として、これまで頻出は"unknown"ですが、そうした直接的な表現とは別に「このあたりが、ハテナなんだよね~」と言外ににおわせる動詞を見つけました。

下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Quality of Life after Late Invasive Therapy for Occluded Arteries (N Engl J Med 2009;360:774-83.)

今回の「ハテナ起点」はここにあります。

The open-artery hypothesis postulates that late opening of an infarct-related artery after myocardial infarction will improve clinical outcomes. (N Engl J Med 2009;360:774-83.)

では早速、抄録を読んでみます。

BACKGROUND

The open-artery hypothesis postulates that late opening of an infarct-related artery after myocardial infarction will improve clinical outcomes. (N Engl J Med 2009;360:774-83.)

postulates  <...を>(自明こととして)仮定する、(論理を発展させるために)前提とする

 ロングマン現代英英辞典4訂新版も見ておきましょう。

postulate
to suggest that something might have happened or be true


 いかにも思わせぶりな動詞ですね。この一語で、著者らがここに「ハテナの種」を見つけたことが推測されますね。「ハテナ表現」としてはやや上級ですね。

METHODS

In 951 patients (44% of those eligible), we assessed quality of life by means of a battery of tests that included two principal outcome measures, ... (N Engl J Med 2009;360:774-83.)

a battery of 一連の
 batteryは電池、だけじゃないんですね。

RESULTS

At 4 months, the medical-therapy group, as compared with the PCI group, had a clinically marginal decrease of 3.4 points in the DASI score (P=0.007). (N Engl J Med 2009;360:774-83.)

At 4 months 4ヵ月の時点で
 atを使っていることに注意。

CONCLUSIONS

PCI was associated with a marginal advantage in cardiac physical function at 4 months but not thereafter. (N Engl J Med 2009;360:774-83.)

marginal わずかな、ぎりぎりの
 RESULTSの部分にも出てきました。1抄録に何度も出てくることから、著者らの思いがにじんでいるのを感じます。

 「ハテナ」を感じたとおり、当初の仮説は(この2年間の検討を見る限り)裏付けられなかったようですね。更に長期を見るとどうなのでしょう。ただ、対象層の年齢によってはそれほどの長期予後(5年とか10年)を設定する意義がないかもしれません。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:01:33 | Trackback(0) | Comments(0)
読みづらい理由を考える:N Engl J Med 2009;360:765-73.
英語力の問題は別として、論旨の流れがスムーズに頭に入ってくる論文とそうでない論文があります(注:私の場合)。今回の論文はまさに後者で、どうもすっきりとしません。あとで、その理由を考えてみます。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

IDH1 and IDH2 Mutations in Gliomas (N Engl J Med 2009;360:765-73.)

すっきりしない原因のひとつかもしれませんが、ここでは「ハテナ起点」がはっきりしません。

まずは、抄録を読んでみましょう。

BACKGROUND

A recent genomewide mutational analysis of glioblastomas (World Health Organization [WHO] grade IV glioma) revealed somatic mutations of the isocitrate dehydrogenase 1 gene (IDH1) in a fraction of such tumors, most frequently in tumors that were known to have evolved from lower-grade gliomas (secondary glioblastomas). (N Engl J Med 2009;360:765-73.)

1文からなっています。ここでこの論文の主題を提示しています。「glioblastomaの遺伝子変異について述べるつもりなんだな。そしてその変異はsecondary glioblastomaに多いとされているのだな」ということがわかります。この時点では、「だから何を調べるつもりなのか?」ということは不明です。

METHODS

We determined the sequence of the IDH1 gene and the related IDH2 gene in 445 central nervous system (CNS) tumors and 494 non-CNS tumors. (N Engl J Med 2009;360:765-73.)

CNS tumorと非CNS tumorにおいて遺伝子変異を調べたといっています。ここで唐突に対象がズームアウトしているので、読んでいる側(私)はなかなか視点がついていきません。

The enzymatic activity of the proteins that were produced from normal and mutant IDH1 and IDH2 genes was determined in cultured glioma cells that were transfected with these genes. (N Engl J Med 2009;360:765-73.)

ここでやっと、gliomaに戻ってきます。gliomaの培養細胞から遺伝子変異産物を調べたといっています。

RESULTS

We identified mutations that affected amino acid 132 of IDH1 in more than 70% of WHO grade II and III astrocytomas and oligodendrogliomas and in glioblastomas that developed from these lower-grade lesions. (N Engl J Med 2009;360:765-73.)

ここで挙げられているのはどれもCNS tumorです。非CNS tumorはどうなったのかには触れられていません。そのため、この変異がCNS tumorに特徴的なものなのかどうかも抄録の範囲ではわかりません。以下、遺伝子変異によって、遺伝的臨床的特徴や予後について比較検討していますが、そもそもそれらのことについてはここで初出の話題であり、METHODSでは触れられていませんでした。

CONCLUSIONS

Mutations of NADP+-dependent isocitrate dehydrogenases encoded by IDH1 and IDH2 occur in a majority of several types of malignant gliomas. (N Engl J Med 2009;360:765-73.)

NADP+-dependent isocitrate dehydrogenases

いきなり最後の最後でこのようなものに出くわすと、私など門外漢は非常に面喰います。結局、なにがわかったのか?こういう変異が二次的glioblastomaだけではなく悪性度の高いgliomaの大部分でみられた、ということがわかったということでいいのでしょうか。ここまで読んで、「あ~、そういう研究だったんだ...」とわかった次第です。

この抄録が(私に)理解しにくかった理由としては、
 論旨の道筋が読めなかった
ことに尽きます。まだまだ修行が足りませんね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:45:53 | Trackback(0) | Comments(0)
最上級を使う:N Engl J Med 2009;360:753-64.
研究論文ではだいたい2群を比較することが多いので、比較級はよく出てきます。3群になってもなかなか最上級はお目にかかれません。
今回は珍しく最上級の使用を見つけました。

以下のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Estimation of the Warfarin Dose with Clinical and Pharmacogenetic Data (N Engl J Med 2009;360:753-64.)

今回の「ハテナ起点」はここ。

... but practical methods of using genetic information have not been evaluated in a diverse and large population. (N Engl J Med 2009;360:753-64.)

では早速抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

but practical methods of using genetic information have not been evaluated in a diverse and large population. (N Engl J Med 2009;360:753-64.)

diverse  多種多様の

METHODS

Clinical and genetic data from 4043 patients were used to create a dose algorithm that was based on clinical variables only and an algorithm in which genetic information was added to the clinical variables. (N Engl J Med 2009;360:753-64.)

based on clinical variables only 臨床的な変数にのみ基づく
 onlyの位置に注目

RESULTS

In the validation cohort, the pharmacogenetic algorithm accurately identified larger proportions of patients who required 21 mg of warfarin or less per week and of those who required 49 mg or more per week to achieve the target international normalized ratio than did the clinical algorithm (49.4% vs. 33.3%, P<0.001, among patients requiring ≤21 mg per week; and 24.8% vs. 7.2%, P<0.001, among those requiring ≥49 mg per week).(N Engl J Med 2009;360:753-64.)

 結果全文ですが、なんと1文で構成されています。下線部分が骨となります。

CONCLUSIONS

The greatest benefits were observed in the 46.2% of the population that required 21 mg or less of warfarin per week or 49 mg or more per week for therapeutic anticoagulation. (N Engl J Med 2009;360:753-64.)

The greatest benefits 最大の利益
 最上級です。前の文にある、a pharmacogenetic algorithm, a clinical algorithm, a fixed-dose approachの3者間で、a pharmacogenetic algorithmが最も有益であるといっています。

 いかがでしょう。ワルファリン開始量は悩むところですが、こうしたアルゴリズムが明らかになってくればいいですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:36:03 | Trackback(0) | Comments(2)
Podcasting Feb.12, 2009
今週号のまとめとして、The New England Journal of Medicine audio summaryを聞いてみましょう。
NEJMのサイト上部にあるAUDIO SUMMARYをクリックすると聞くことができます。
Audio summary with slidesだと、無料で掲載論文の主要な図表を見ることができますので、お勧めですよ。

ではいつものように、冒頭のダイジェストを聞いてみます。
スクリプトと異なる部分を赤字で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week of February 12, 2009. I'm Dr. Michael Bierer. This week's issue features Featured are articles on B-cell clones as early markers for CLL chronic lymphocytic leukemia, effect of dronedarone on cardiovascular events in atrial fibrillation, endocrine therapy plus zoledronic acid in premenopausal breast cancer, long-term control of HIV by allogenate CCR5 Delta 32/Delta 32 stem-cell transplantation, financial incentives for smoking cessation, and stress and inflammatory bowel disease; a case report of a woman with a rash and numbness and pain in the legs; and Perspective articles on reforming Medicare’s physician payment system and on the independent physician.

今回も大幅な変更はなく、読まれていましたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:23:55 | Trackback(0) | Comments(0)
人はお金で動くのか?:N Engl J Med 2009;360:699-709.
このところのご時世で懐がさびしくなったとか、はたまた、タバコ増税とかで、禁煙を考えている方もいらっしゃるかと思います。
皆さんの抱える大問題としては「どうやったら、やめられるか?」ということに尽きます。
今回、The New England Journal of Medicine Feb.12, 2009号掲載のSpecial Articleはまさにその問題を扱ったものです。
以下のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Randomized, Controlled Trial of Financial Incentives for Smoking Cessation (N Engl J Med 2009;360:699-709.)

「金銭インセンティブでタバコはやめられるか?」ということですね。

では早速、抄録を読んでみましょう。

BACKGROUND

Smoking is the leading preventable cause of premature death in the United States. (N Engl J Med 2009;360:699-709.)

preventable cause 防止できる要因
 ここの"preventable"がいいですね。ウィットを感じます。

Previous studies of financial incentives for smoking cessation in work settings have not shown that such incentives have significant effects on cessation rates, but these studies have had limited power, and the incentives used may have been insufficient. (N Engl J Med 2009;360:699-709.)
 
 ここが「ハテナ起点」になります。「これまでの検討では、研究の検出力が弱く、金銭インセンティブもしょぼかった」ので、今回はしっかりやってみた、というのでしょう。さあ、どんなインセンティブにしたのでしょう。

METHODS

The financial incentives were $100 for completion of a smoking-cessation program, $250 for cessation of smoking within 6 months after study enrollment, as confirmed by a biochemical test, and $400 for abstinence for an additional 6 months after the initial cessation, as confirmed by a biochemical test. (N Engl J Med 2009;360:699-709.)

 禁煙プログラムを完了したら100ドル、6か月以内に禁煙したら250ドル、さらに半年吸わなかったら400ドル、というインセンティブです。これが実施された頃のレートからすると、円換算で禁煙成功者には約80000円(1ドル110円換算)がもらえるというものですから、これはかなり魅力的ですね。

The primary end point was smoking cessation 9 or 12 months after enrollment, depending on whether initial cessation was reported at 3 or 6 months. (N Engl J Med 2009;360:699-709.)

 一次エンドポイントは「9ないし12ヶ月後の禁煙」と設定しています。

Secondary end points were smoking cessation within the first 6 months after enrollment and rates of participation in and completion of smoking-cessation programs. (N Engl J Med 2009;360:699-709.)

 二次エンドポイントは「最初6か月の禁煙、禁煙プログラムへの参加率、プログラム完了率」と設定しています。さあ、結果が気になりますね。

RESULTS

The incentive group had significantly higher rates of smoking cessation than did the information-only group 9 or 12 months after enrollment (14.7% vs. 5.0%, P<0.001) and 15 or 18 months after enrollment (9.4% vs. 3.6%, P<0.001). (N Engl J Med 2009;360:699-709.)

 9ないし12ヶ月後の禁煙率はインセンティブ群で14.7%、対照群で5.0%と圧倒的に有意差が出ています。さらに、15ないし18ヶ月後でも9.4%対3.6%とインセンティブ群では禁煙が続いています。

Incentive-group participants also had significantly higher rates of enrollment in a smoking-cessation program (15.4% vs. 5.4%, P<0.001), completion of a smoking-cessation program (10.8% vs. 2.5%, P<0.001), and smoking cessation within the first 6 months after enrollment (20.9% vs. 11.8%, P<0.001). (N Engl J Med 2009;360:699-709.)

 インセンティブ群ではプログラムへの参加率、完了率とも高く、最初の6か月での禁煙率も高くなっています。

CONCLUSIONS

In this study of employees of one large company, financial incentives for smoking cessation significantly increased the rates of smoking cessation. (N Engl J Med 2009;360:699-709.)

smoking cessation 禁煙
 一文の中で同一語句が繰り返されています。くどい感じもしますが、重要な語句だ、という著者らの意識の表出でしょうか。

 かなり思い切った額でしたが、それでも禁煙できない人がいるというのは逆に興味深いですね。また、今回の数字をどう解釈するか、というのも議論の対象になりそうです。「従業員ひとりを禁煙させるのに企業は8万円を支出しなくてはならないのか」というのは健康活動を進める上でよく考えなくてはならない問題ですねえ。

 この論文は残念ながらFREEではないので、サイトでは抄録しか読めません。もしご興味があれば、図書館などで本文を読んでくださいね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:19:46 | Trackback(0) | Comments(0)
意義ある1例: N Engl J Med 2009;360:692-8.
今も昔も、新人医師の学会デビューとしては「症例報告」が定番です。だいたいにおいて、「これとこれとの合併は前例がない」とか「教科書的にちょっと珍しい」とかで選ばれることが多いでしょう。
今回、The New England Journal of Medicine Feb. 12, 2009号掲載のBrief Reportは一例報告ですが、その示唆するところは相当に深いものがあります。

以下のタイトルをクリックすると、Summaryが開きます。

Long-Term Control of HIV by CCR5 Delta32/Delta32 Stem-Cell Transplantation (N Engl J Med 2009;360:692-8.)

以前にも触れましたが、Brief ReportのSummaryはいつもの抄録とは構成が異なり、更に簡素化されています。
では早速、Summaryを読んでみましょう。

Infection with the human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) requires the presence of a CD4 receptor and a chemokine receptor, principally chemokine receptor 5 (CCR5). (N Engl J Med 2009;360:692-8.)
 
 ここは、抄録で言えば、BACKGROUNDにあたる部分でしょう。

Homozygosity for a 32-bp deletion in the CCR5 allele provides resistance against HIV-1 acquisition. (N Engl J Med 2009;360:692-8.)

 ここは「ハテナ起点」のタネとなります。

We transplanted stem cells from a donor who was homozygous for CCR5 delta32 in a patient with acute myeloid leukemia and HIV-1 infection. (N Engl J Med 2009;360:692-8.)

 donorとpatientの修飾が入り組んでいますが、文の骨組みは下線をひいた部分です。この部分はMETHODSに該当します。

The patient remained without viral rebound 20 months after transplantation and discontinuation of antiretroviral therapy. (N Engl J Med 2009;360:692-8.)

 ここはRESULTSに該当します。

This outcome demonstrates the critical role CCR5 plays in maintaining HIV-1 infection. (N Engl J Med 2009;360:692-8.)

 ここがCONCLUSIONSですね。

 CCR5というのが、例えばマラリアに対する鎌状赤血球のように、生体のHIV-1に対する防御の要となる可能性がうかがえます。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
形容詞に主観をのぞかせる: N Engl J Med 2009;36-:679-91.
Hack系ビジネスパーソンの間で時折話題になる「4行日記」(一日5分 目的・目標を達成させる4行日記:小林恵智著)というのがあります。その4行は、「事実」「発見」「教訓」「宣言」からなるのですが、ここでおもしろいのは、「事実」の部分には極力主観を避ける、というきまりがあることです。これは広く、私たちの扱う論文にも適応できることですが、そうはいっても人間ですから、思わず、表現に気持ちが顕れてしまうこともあります。

今回の論文は乳がんのホルモン療法に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。
Endocrine Therapy plus Zoledronic Acid in Premenopausal Breast Cancer (N Engl J Med 2009;360:679-91.)

この論文の「ハテナ起点」は明確には記載されておらず、背景の部分でそれとなく匂わす程度になっています。

では早速、抄録を読んでいきます。

BACKGROUND

Aromatase inhibitors are superior to tamoxifen in postmenopausal patients, and preclinical data suggest that zoledronic acid has antitumor properties. (N Engl J Med 2009;360:679-91.)

 この一文あたりが「ハテナ起点」らしき部分のようですが、「何がわからないのか」を明瞭に提示するという体はなしていません。

METHODS

The primary end point was disease-free survival; recurrence-free survival and overall survival were secondary end points. (N Engl J Med 2009;360:679-91.)

";"が「一方」という意味で使われています。そのことで、全体がコンパクトになっていますね。

RESULTS

The addition of zoledronic acid to endocrine therapy, as compared with endocrine therapy without zoledronic acid, resulted in an absolute reduction of 3.2 percentage points and a relative reduction of 36% in the risk of disease progression (hazard ratio, 0.64; 95% CI, 0.46 to 0.91; P=0.01) ... (N Engl J Med 2009;360:679-91.)

an absolute reduction 絶対的低下
a relative reduction 相対的低下
 この2つは対になっています。absoluteは「実数として」という意味で使われていますが、読む側としては、なんとなく書き手の勢い(というか、鼻息)を感じますね(個人的感想です)。

CONCLUSIONS

The addition of zoledronic acid to adjuvant endocrine therapy improves disease-free survival in premenopausal patients with estrogen-responsive early breast cancer. (N Engl J Med 2009;360:679-91.)

 今回の検討では有意差が出たものも出なかったものもありましたが、この点については確証を得た、ということでしょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 13:28:22 | Trackback(0) | Comments(0)
「ハテナ起点」の入る位置:N Engl J Med 2009;360:668-78.
新しい薬剤や方法を開発し、その効果を検証する、というのは研究論文のテーマとしては王道です。
今回の論文はまさにそれです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Effect of Dronedarone on Cardiovascular Events in Atrial Fibrillation (N Engl J MEd 2009;360:668-78.)

今回の「ハテナ起点」はここに隠れています。

We conducted a multicenter trial to evaluate the use of dronedarone in 4628 patients with atrial fibrillation who had additional risk factors for death. (N Engl J MEd 2009;360:668-78.)

では抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Dronedarone is a new antiarrhythmic drug that is being developed for the treatment of patients with atrial fibrillation. (N Engl J MEd 2009;360:668-78.)

 まさに「背景」が記されています。新薬であるdronedaroneが何者であるかを解説しています。

METHODS

We conducted a multicenter trial to evaluate the use of dronedarone in 4628 patients with atrial fibrillation who had additional risk factors for death. (N Engl J MEd 2009;360:668-78.)

 下線部が「ハテナ起点」でしょう。今回はこの「起点」がBACKGROUNDではなく、METHODSに入っています。研究の動機は、いずれにも入りうる、という例です。

RESULTS

The mean follow-up period was 21±5 months, with the study drug discontinued prematurely in 696 of the 2301 patients (30.2%) receiving dronedarone and in 716 of the 2327 patients (30.8%) receiving placebo, mostly because of adverse events. (N Engl J MEd 2009;360:668-78.)

prematurely  早期に

CONCLUSIONS

Dronedarone reduced the incidence of hospitalization due to cardiovascular events or death in patients with atrial fibrillation. (N Engl J MEd 2009;360:668-78.)

結論もシンプルに1文でした。

 確かに有意差は出ていますが、副反応も多く、一般臨床家が使うには少々躊躇しそうな薬のように思いますが。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:55:43 | Trackback(0) | Comments(0)
接続語をうまく使う:N Engl J Med 2009;360:659-67.
The New England Journal of Medicine Feb.12, 2009号が発行されました。
早速、順に原著論文抄録を読んでいきましょう。
最初の論文は、B細胞クローンに関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

B-Cell Clones as Early Markers for Chronic Lymphocytic Leukemia (N Engl J Med 2009;360:659-67.)

今回の「ハテナ起点」は仮説として明示されています。

In this prospective cohort study, we tested the hypothesis that CLL is always preceded by MBL. (N Engl J Med 2009;360:659-67.)

では抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Otherwise healthy persons with a small number of B-cell clones circulating in the peripheral blood have been designated as having monoclonal B-cell lymphocytosis (MBL). (N Engl J Med 2009;360:659-67.)

Otherwise その他の点では
 いきなりotherwiseが出てくると、「何と異なるんだ?!」という感じですが、「B細胞クローンが少ない、という以外では健康な人」という意味です。

METHODS

... we identified 45 subjects in whom CLL was subsequently diagnosed ... (N Engl J Med 2009;360:659-67.)

subsequently  そのあとに

... we determined the association between MBL and subsequent CLL and characterized the immunoglobulin gene repertoire of the prediagnostic B-cell clones. (N Engl J Med 2009;360:659-67.)

repertoire  レパートリー
 こういう綴りだったんですねえ。

RESULTS

Furthermore, 27 of 35 of the IGHV sequences (77%) had mutations, ... (N Engl J Med 2009;360:659-67.)

Furthermore そのうえ
 こうした接続語は、なくても意味は通じますが、あると読んだ時に目通りが滑らかですね。

CONCLUSIONS

In peripheral blood obtained up to 77 months before a CLL diagnosis, prediagnostic B-cell clones were present in 44 of 45 patients with CLL. (N Engl J Med 2009;360:659-67.)

up to ~に至るまで

いかがでしたか。abstractのように字数制限があるものでは、接続語のように論旨を述べる上で必須とはいえないものは削られがちですが、読む側としては、あるほうが読みやすいと思いますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:16:29 | Trackback(0) | Comments(0)
アブストラクトを考える
このブログでは、主としてThe New England Journal of Medicine掲載の原著論文アブストラクトを読んで、勉強しております。
もう、かれこれ半年ばかり、読んでおりますが、たかだか250語ばかりの文章とはいえ、本当にいろんなことに気づかれされます。

そんな中、外山滋比古さんの書かれた「思考の整理学」(ちくま文庫、1986年)に興味深い記述を見つけました。
「情報の”メタ”化」と題されたエッセイの中で、「アブストラクト」について、

個々の研究の具体を伝えるのではなく、どういう研究かを抽象化して記載した文献なのである。情報を整理してまとめたものが、アブストラクトである。(「思考の整理学」、p.76)

とj書かれています。さらに、

いわゆる論文は、一次的情報であってはならない。第二次的情報でもなお昇華度が不足である。第三次的情報であることを必要とする。(同、p.76)

とあります。ここでいう「一次的情報」とは外山さんのことばを借りれば、「もっとも具体的、即物的な思考、知識」であり、「第二次的情報」とは「その同種を集め、整理し、相互に関連付けた」もの、「第三次的情報」は「これをさらに同種のものの間で昇華させた」もの、となります。

この外山さんの定義は人文学的領域にとどまらず、理化学的領域の論文にも適用されるものではないでしょうか。
NEJM掲載のアブストラクトにも、ただ事実のみを並べているもの、事実を基にして自分たちの主張を明確に述べているもの、など様々なものが見られます。論文の査読者によっては、「著者らの主張部分」に対して恐ろしく執拗に追及してくる人もいるので(なぜ、そんなことが言えるのか、そう考えるにふさわしい事実はあるのか、それはあなたの個人的な感想ではないのか、などなど)、そのやりとりに倦んで、主張部分を削除してしまったということも十分推察できます(投稿している者としては、一刻も早く、acceptしてもらいたい、という弱みがありますから)。その気持ちもよくわかるのですが、ただ「疑問、研究、わかった事実」だけではやはり、深みがないし、それを読んだ人に新たな研究の灯は灯さないのでは、と危惧されます。

「たかがアブストラクト、されどアブストラクト」です。
ただ単にアクセプトされることを目指したものではなく、自分の疑問から発した研究成果を世に問う、という気概のある論文を期待します。

外山滋比古さんの「思考の整理学」について、flowrelaxさんが書評を書かれていますので、どうぞ。

メタノート 「思考の整理学」

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

感想 | 06:34:37 | Trackback(1) | Comments(2)
Audio Summary with Slidesもおすすめ:Podcasting Feb.5
The New England Journal of Medicineのオーディオサマリーには、ベータ版ですが、スライド付のものがあります。NEJMのサイトにある"AUDIO SUMMARY"をクリックして入ると、見つかります。
今日が祝日でお休みの方もそうならなかった方も、お時間があれば、一度お試しくださいね。
論文に出てくる図表を中心に解説が入りますが、視覚に訴えるので、耳だけの時よりわかりやすいようですよ。
ただ、その分、時間がかかりますので、その点はご注意を。

では今週号のpodcastingをいつものように、冒頭のヘッドライン部分について聞いておきます。サイトに掲載されているスクリプトと異なって読まれている部分は赤字で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week This summary covers the issue of February 5, 2009. I'm Dr. Lise Johnson. This week's issue features Featured are articles on chemotherapy, bevacizumab, and cetuximab in metastatic colorectal cancer, breast cancer after estrogen plus progestin in postmenopausal women, respiratory syncytial virus infection in young children, mutations in SYNGAP1 in autosomal nonsyndromic mental retardation, and limits on Medicare’s ability to control spending on cancer drugs; a review article on primary ovarian insufficiency; a Clinical Problem-Solving article describing a needle in a haystack; and Perspective articles on physician–industry relations and on the Supreme Court, preemption, and malpractice liability.

今週のヘッドラインはさらに短くなって、たったの47秒でした。

今週号はここまで。明日は新しい号が出ます。
このところ、最新号の配信が遅れていて、明日の朝、出勤前に読めないのがとても残念です。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:16:07 | Trackback(0) | Comments(0)
Brief reportのサマリー:N Engl J Med 2009;360:563-72.
The New England Journal of Medicine Feb.5, 2009号にはBrief reportが掲載されています。
長さからするとbriefではないのですが、本文を見てみると、通常の原著論文とは異なり、症例提示と考察からなっており、構成がbriefになっています。
下記のタイトルをクリックするとサマリーが開きます。

Mutations in SYNGAP1 in Autosomal Nonsyndromic Mental Retardation (N Engl J Med 2009;360:599-605.)

今回の「ハテナ起点」は冒頭の部分。

Although autosomal forms of nonsyndromic mental retardation account for the majority of cases of mental retardation, the genes that are involved remain largely unknown. (N Engl J Med 2009;360:599-605.)

 いつもの"remain unknown"で表現されています。書き出しに"although”を持ってきて、以下の「どんでん返し」を予感させます。

サマリーでは抄録と異なって、項目立て(BACKGROUND, METHODS, RESULTS, CONCLUSIONS)がないので、そのまま読んでいきます。

We identified de novo truncating mutations (K138X, R579X, and L813RfsX22) in three of these patients.(N Engl J Med 2009;360:599-605.)

de novo 新たに、デノボの
truncating mutations 短縮型変異

In contrast, we observed no de novo or truncating mutations in SYNGAP1 in samples from 142 subjects with autism spectrum disorders, 143 subjects with schizophrenia, and 190 control subjects.(N Engl J Med 2009;360:599-605.)

no de novo or truncating mutations
 noの使い方が興味深いですね。こんな風に使うんですね。

These results indicate that SYNGAP1 disruption is a cause of autosomal dominant nonsyndromic mental retardation.(N Engl J Med 2009;360:599-605.)

These results indicate that
 オーソドックスではありますが、使える表現です。

いかがでしたか。これでも十分短いですが、さらにダイジェストにすると、こうなります。

Little is known about the genetic causes of autosomal nonsyndromic mental retardation. This study implicates variants of SYNGAP1 as a cause of this disorder in approximately 3% of patients who were tested. (This Week in the Journalより)

この要約力、さすがですね~。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
 


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:48:32 | Trackback(0) | Comments(0)
ウイルスは無冠詞:N Engl J Med 2009;360:588-98.
The New England Journal of Medicine Feb.5, 2009号掲載3番目の原著論文はRSウイルス感染に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

The Burden of Respiratory Syncytial Virus Infection in Young Children (N Engl J Med 2009;360:588-98.)

今回の「ハテナ起点」はここ。

... but the total burden of RSV infection among young children remains poorly defined. (N Engl J Med 2009;360:588-98.)

早速、抄録本文を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The primary role of respiratory syncytial virus (RSV) in causing infant hospitalizations is well recognized, but the total burden of RSV infection among young children remains poorly defined. (N Engl J Med 2009;360:588-98.)

remains poorly defined
 新しい「ハテナ表現」です。poorly definedはunknownでも言い換えられそうです。

METHODS

RSV was detected by culture and reverse-transcriptase polymerase chain reaction. (N Engl J Med 2009;360:588-98.)

RSV RSウイルス
 略記だからというのもありますが、フルスペルrespiratory syncytial virusとしても冠詞がつかないのは、盲点でした。固有名詞だからでしょうか。

RESULTS

Most of the children had no coexisting illnesses. (N Engl J Med 2009;360:588-98.)

coexisting illnesses 併存する疾患

CONCLUSIONS

Most children with RSV infection were previously healthy, suggesting that control strategies targeting only high-risk children will have a limited effect on the total disease burden of RSV infection. (N Engl J Med 2009;360:588-98.)

suggesting以下に著者らの主張が記されています。今回の検討で得られた結果から導いた結論ですね。

 いかがでしたか。基本的なスタイルを踏んで書かれた抄録でしたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:23:27 | Trackback(0) | Comments(2)
plusは前置詞:N Engl J Med 2009;360:573-87.
The New England Journal of Medicine Feb.5, 2009号掲載2番目の原著論文はホルモン療法と乳がんに関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Breast Cancer after Use of Estrogen plus Progestin in Postmenopausal Women (N Engl J Med 2009;360:573-87.)

今回の「ハテナ起点」はここ。

However, the cause of this decrease remains controversial. (N Engl J Med 2009;360:573-87.)

では、早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Following the release of the 2002 report of the Women's Health Initiative (WHI) trial of estrogen plus progestin, the use of menopausal hormone therapy in the United States decreased substantially. (N Engl J Med 2009;360:573-87.)

estrogen plus progestin エストロゲン+プロゲスチン
 直感的に理解できるplusですが、辞書によれば前置詞なんですね。日本語、英語を問わず、すぐわかるのは数式のイメージのおかげでしょうか。

substantially 実際に、事実上

However, the cause of this decrease remains controversial. (N Engl J Med 2009;360:573-87.)

controversial 議論の余地のある
 新しい「ハテナ表現」ですね。

METHODS

Risk factors for breast cancer, frequency of mammography, and time-specific incidence of breast cancer were assessed in relation to combined hormone use. (N Engl J Med 2009;360:573-87.)

time-specific incidence特定期間での発症頻度

RESULTS

... but the number of diagnoses increased over the course of the 5.6-year intervention period. (N Engl J Med 2009;360:573-87.)

over the course of the 5.6-year intervention period
 5.6年間の介入期間を通じて、という意味になります。講談社英和中辞典の例文をひきます。

The dictionary was in production over a period of several years. その辞書は数年間かかって作られた。

CONCLUSIONS

The increased risk of breast cancer associated with the use of estrogen plus progestin declined markedly soon after discontinuation of combined hormone therapy and was unrelated to changes in frequency of mammography.

combined hormone therapy
 直前に出ているthe use of estrogen plus progestinの言い換えです。

 いかがでしょうか。「ハテナ起点」となった議論に終止符を打つところまでは至らなかったような印象を受けましたが。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 10:53:28 | Trackback(0) | Comments(0)
ハイフンを使う: N Engl J Med 2009;360:563-72.
The New England Journal of Medicine Feb.5号掲載の論文抄録を読んでいきましょう。
最初の論文は転移性大腸癌の化学療法に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Chemotherapy, Bevacizumab, and Cetuximab in Metastatic Colorectal Cancer (N Engl J Med 2009;360:563-72.)

今回の「ハテナ起点」はここ。

We studied the effect of adding the anti–epidermal growth factor receptor (EGFR) antibody cetuximab to a combination of capecitabine, oxaliplatin, and bevacizumab for metastatic colorectal cancer.(N Engl J Med 2009;360:563-72.)

では、早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Fluoropyrimidine-based chemotherapy plus the anti–vascular endothelial growth factor (VEGF) antibody bevacizumab is standard first-line treatment for metastatic colorectal cancer. (N Engl J Med 2009;360:563-72.)

standard first-line treatment 標準的な一次治療
 さまざまな治療法の中で「第一のラインに並んでいる」というイメージでしょうか。

METHODS

The primary end point was progression-free survival.
(N Engl J Med 2009;360:563-72.)

progression-free survival 増悪の見られない生存期間
 日本語にすると、なんだかこなれていない表現になってしまいますが、英語そのものを見ると直感的にわかりますね。このあたり、ハイフンのうまさでしょうか。

RESULTS

The overall survival and response rates did not differ significantly in the two groups. (N Engl J Med 2009;360:563-72.)

did not differ significantly in the two groups 2群間で有意差はなかった
 動詞differを使った有意差表現です。チェック。

CONCLUSIONS

The addition of cetuximab to capecitabine, oxaliplatin, and bevacizumab resulted in significantly shorter progression-free survival and inferior quality of life. (N Engl J Med 2009;360:563-72.)

 いかにも英語らしい表現でまとめられた一文です。result inが生きています。

 いかがでしたか?この論文にはEditorialがついていて、そのサブタイトルはMore Is Not Always Better. (NEJM 360: 623-625)です。なかなかうまいですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 16:33:35 | Trackback(0) | Comments(0)
グローバルな研究?:N Engl J Med 2009;360:491-9.
The New England Journal of Medicine Jan. 29日号にはSpecial Articleが掲載されています。
内容は外科手術における安全性チェックリストの効果についてです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Surgical Safety Checklist to Reduce Morbidity and Mortality in a Global Population (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)

今回の「ハテナ起点」は仮説として提示されています。

Surgical complications are common and often preventable. We hypothesized that a program to implement a 19-item surgical safety checklist designed to improve team communication and consistency of care would reduce complications and deaths associated with surgery. (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Surgery has become an integral part of global health care, with an estimated 234 million operations performed yearly. (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)


global health care 
 この部分だけ読むと、はたしてglobalは「世界的な」と解釈すべきか、それとも比喩的に「包括的な」と取るべきか悩みますが、読み進めるとどちらの意味かわかります。それにしても、冒頭から、かなり壮大なイメージを持ってきましたね。

We hypothesized that a program to implement a 19-item surgical safety checklist designed to improve team communication and consistency of care would reduce complications and deaths associated with surgery. (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)

implement 実施する、使用する

METHODS

Between October 2007 and September 2008, eight hospitals in eight cities (Toronto, Canada; New Delhi, India; Amman, Jordan; Auckland, New Zealand; Manila, Philippines; Ifakara, Tanzania; London, England; and Seattle, WA) representing a variety of economic circumstances and diverse populations of patients participated in the World Health Organization's Safe Surgery Saves Lives program. (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)

 ここを読むと、globalの意図するところが読めますね。まさしく、「地球規模」のスタディです。

We prospectively collected data on clinical processes and outcomes from 3733 consecutively enrolled patients 16 years of age or older who were undergoing noncardiac surgery. We subsequently collected data on 3955 consecutively enrolled patients after the introduction of the Surgical Safety Checklist. (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)

prospectively 前向き調査として、あらかじめ
subsequently そのあとに
 この2語は対になって使われています。

RESULTS

The rate of death was 1.5% before the checklist was introduced and declined to 0.8% afterward (P=0.003). (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)

 さながら「ビフォー、アフター」の表現ですね。

CONCLUSION

Implementation of the checklist was associated with concomitant reductions in the rates of death and complications among patients at least 16 years of age who were undergoing noncardiac surgery in a diverse group of hospitals. (N Engl J MEd 2009;360:491-9.)

concomitant 相ともなう
 死亡率および合併症発生の両方が低下した、ということを意味しています。

 いかがでしたか。WHOならではのグローバルな研究でしたが、それぞれの擦り合わせは大変だっただろうと推察されます。どんなチェックリストなのかご覧になりたい方は、free articleなので全文をサイトで無料で読むことができますので、是非アクセスしてみてくださいね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:04:00 | Trackback(0) | Comments(0)
新たな「はてな」表現発見: N Engl J Med 2009;360:481-90.
The New England Journal of Medicine Jan. 29号掲載4番目の論文は肥満女性の減量効果に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Weight Loss to Treat Urinary Incontinence in Overweight and Obese Women (N Engl J Med 2009;360:481-90.)

今回は新しい「はてな」表現を見つけましたよ。それはここ。

... but conclusive evidence for a beneficial effect of weight loss on urinary incontinence is lacking. (N Engl J Med 2009;360:481-90.)

では早速、読んでいきましょう。

BACKGROUND

Obesity is an established and modifiable risk factor for urinary incontinence, but conclusive evidence for a beneficial effect of weight loss on urinary incontinence is lacking. (N Engl J Med 2009;360:481-90.)

is lacking 欠けている
 今までにない「はてな」表現ですね。"evidence is lacking"が骨の部分です。現在進行形になっているところに「ナマ」な感じが出ていますね。

METHODS

We randomly assigned 338 overweight and obese women ... (N Engl J Med 2009;360:481-90.)

overweight and obese 過体重および肥満
 overweightとobeseがどう異なるのかは、本文を読んでも不明瞭でした。ロングマン現代英英辞典4訂増補版の記載をあげておきます。

overweight someone who is overweight is too heavy and fat.
obese very fat in a way that is unhealthy


RESULTS

The body-mass index (BMI) (the weight in kilograms divided by the square of the height in meters) and the weekly number of incontinence episodes as recorded in a 7-day diary of voiding were similar in the intervention group and the control group at baseline (BMI, 36±6 and 36±5, respectively; incontinence episodes, 24±18 and 24±16, respectively). (N Engl J Med 2009;360:481-90.)

The body-mass index (BMI) (the weight in kilograms divided by the square of the height in meters)

 健康管理指標としてはお馴染みのBMIですが、英語で説明するとカッコ内のようになります。数式の説明は盲点なのでこの際、チェック!

voiding 排尿

conclusions

A decrease in urinary incontinence may be another benefit among the extensive health improvements associated with moderate weight reduction. (N Engl J Med 2009;360:481-90.)

may be another benefit
 今回明らかになった結果からさらに踏み込んだ著者らの見解を述べています。そのためか、mayが使われていますね。

 いかがでしょう。こうして抄録を続けて読んでいると、新しい「はてな」表現も見つかるものですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

 

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:38:40 | Trackback(0) | Comments(0)
絞り込みを記す:N Engl J Med 2009;360:470-80.
The New England Journal of Medicine Jan. 29号掲載3番目は小児白血病に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Deletion of IKZF1 and Prognosis in Acute Lymphoblastic Leukemia (N Engl J Med 2009;360:470-80.)

今回の「ハテナ起点」はここです。

Recent genomewide analyses have identified a high frequency of DNA copy-number abnormalities in ALL, but the prognostic implications of these abnormalities have not been defined. (N Engl J Med 2009;360:470-80.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Despite best current therapy, up to 20% of pediatric patients with acute lymphoblastic leukemia (ALL) have a relapse. (N Engl J Med 2009;360:470-80.)

 Despiteで始めることで、一気に読み手の関心を話題の対象に引き込んでいます。

Recent genomewide analyses have identified a high frequency of DNA copy-number abnormalities in ALL, but the prognostic implications of these abnormalities have not been defined. (N Engl J Med 2009;360:470-80.)

but the prognostic implications of these abnormalities have not been defined.
 この部分に「ハテナ」に覚え、この研究を行ったというわけです。

METHODS

Children with known very-high-risk ALL subtypes (i.e., BCR-ABL1–positive ALL, hypodiploid ALL, and ALL in infants) were excluded from this cohort. (N Engl J Med 2009;360:470-80.)


very-high-risk リスクが非常に高い
 ハイフンでつないで一語にし、形容詞としています。

RESULTS

More than 50 recurring copy-number abnormalities were identified, most commonly involving genes that encode regulators of B-cell development (in 66.8% of patients in the original cohort); PAX5 was involved in 31.7% and IKZF1 in 28.6% of patients. (N Engl J Med 2009;360:470-80.)

in 31.7% 31.7%で
 前置詞inを使うことをチェック。

CONCLUSIONS

Genetic alteration of IKZF1 is associated with a very poor outcome in B-cell–progenitor ALL. (N Engl J Med 2009;360:470-80.)

is associated with a very poor outcome 非常に不良な転帰と関連している


 検討内容がだんだんと絞り込まれ、最終的にこの遺伝子変化に到達した、ということが読んでいて自然にわかる構成でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:42:22 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。