■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最後に華をもってくる:N Engl J Med 2009;360:459-69.
The New England Journal of Medicine Jan. 29号掲載2番目の原著論文は腎ドナーに関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Long-Term Consequences of Kidney Donation (N Engl J Med 2009;360:459-69.)

今回の「ハテナ起点」は少し凝った言い回しです。

The long-term renal consequences of kidney donation by a living donor are attracting increased appropriate interest. (N Engl J Med 2009;360:459-69.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The long-term renal consequences of kidney donation by a living donor are attracting increased appropriate interest. (N Engl J Med 2009;360:459-69.)

 文の構造としては、"The long-term renal consequences are attracting interest."が骨になっています。appropriateが入ることで、少々凝った感じを受けました。

Previous studies have included relatively small numbers of donors and a brief follow-up period. (N Engl J Med 2009;360:459-69.)
 
 「これまでの研究ではNが小さいから、今回、検討してみました」ということで、ここも「ハテナ」の一部分ともいえます。

METHODS

We ascertained the vital status and lifetime risk of ESRD in 3698 kidney donors ... (N Engl J Med 2009;360:459-69.)

ascertained 確かめた

RESULTS

The survival of kidney donors was similar to that of controls ... (N Engl J Med 2009;360:459-69.)

was similar to ~と同等だった
 結果表現としては、優劣以外の「同じ」も押さえておきます。

Most donors had quality-of-life scores that were better than population norms, ... (N Engl J Med 2009;360:459-69.)

norms = normals
 ロングマン現代英英辞典4訂増補版には以下の説明があります。

norm n [C] the usual or normal situation, way of doing something etc.
 
CONCLUSIONS

Most donors who were studied had a preserved GFR, normal albumin excretion, and an excellent quality of life. (N Engl J Med 2009;360:459-69.)

an excellent quality of life
 短い抄録の最後尾にこの句があると、一気に輝きが広がる印象があります。昨日の論文では、「言いたい事を1番に」もってくることに触れましたが、こうした「華を最後に持ってきて盛り上げる」という手法もありますね。さらに"excellent"の一語に著者らの強い主張を感じます。

 いかがでしたか。短い中で言いたいことをきちんと伝えるための様々な手法がありますね。勉強になります。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:44:03 | Trackback(0) | Comments(0)
結果の軽重:N Engl J Med 2009;360:447-58.
The New England Journal of Medicine Jan.29号掲載原著論文の抄録を読んでいきましょう。
最初の論文は免疫不全患者の治療に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Gene Therapy for Immunodeficiency Due to Adenosine Deaminase Deficiency (N Engl J MEd 2009;360:447-58.)

この論文ではRESULTSが盛りだくさんに記載されています。それらを記述する順序に注目しながら読んでみてくださいね。

では早速、まいりましょう。

BACKGROUND

We investigated the long-term outcome of gene therapy for severe combined immunodeficiency (SCID) due to the lack of adenosine deaminase (ADA), a fatal disorder of purine metabolism and immunodeficiency. (N Engl J MEd 2009;360:447-58.)

たった1文で、「自分たちが何をしたのか、何が気になるのか」というのを述べています。abstractは字数制限があるので、主力を注ぎたい部分のため、このあたりはできるだけ削ったのでしょう。

METHODS

We infused autologous CD34+ bone marrow cells transduced with a retroviral vector containing the ADA gene into 10 children with SCID due to ADA deficiency who lacked an HLA-identical sibling donor, after nonmyeloablative conditioning with busulfan. (N Engl J MEd 2009;360:447-58.)

nonmyeloablative 骨髄非破壊的
 ablateは除去する、という意味です。

RESULTS

All patients are alive after a median follow-up of 4.0 years (range, 1.8 to 8.0). (N Engl J MEd 2009;360:447-58.)

 今回の検討で出てきた様々な結果の中で、最重要なのは「全員生きている」ということでした。これは冒頭BACKGROUNDに書かれた、"a fatal disorder"と呼応しています。一番言いたいことを最初に持ってくる、というのは結果を記載する上で気をつける点でしょう。

Transduced hematopoietic stem cells have stably engrafted and differentiated into myeloid cells containing ADA (mean range at 1 year in bone marrow lineages, 3.5 to 8.9%) and lymphoid cells (mean range in peripheral blood, 52.4 to 88.0%). (N Engl J MEd 2009;360:447-58.)

stably 安定した
 stableの副詞です。

In the five patients in whom intravenous immune globulin replacement was discontinued, antigen-specific antibody responses were elicited after exposure to vaccines or viral antigens. (N Engl J MEd 2009;360:447-58.)

elicited 引き出された、惹起された

CONCLUSIONS

Gene therapy, combined with reduced-intensity conditioning, is a safe and effective treatment for SCID in patients with ADA deficiency. (N Engl J MEd 2009;360:447-58.)

is a safe and effective treatment
 現在形で言い切っています。著者らの自信が表れていますね。

いかがでしたか。論文に限らず、言いたいことは最初にもってくる、というのは受け手へのアピール力が大きいですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:29:45 | Trackback(0) | Comments(0)
cytochrome P-450読めますか?:Podcasting January 22, 2009
The New England Journal of Medicine 1月22日号のオーディオサマリーを聞いてみましょう。NEJMのサイトから、あるいはiTunesのpodcasting配信から、入手できますよ。
全部聞くのはちょっと~という方には、冒頭のヘッドラインだけでもお薦め。
各アブストラクトから更に抽出した内容(といいますか、だいたいタイトルに近いですが)が連なっていて、時間も1分足らずです。

今回のヘッドラインの聞きどころはここ。

"cytochrome P-450"の読み方

では早速聞いてみましょう。いつものように、掲載スクリプトと異なるところを赤字で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week of January 22 2009. I'm Dr. Theresa Schraeder. This week's issue features This summary covers the issue of January 22, 2009. Featured are articles on oral prednisolone for preschool children with acute virus-induced wheezing, preemptive high-dose fluticasone for virus-induced wheezing in children, cytochrome P-450 polymorphisms and response to clopidogrel, genetic determinants of response to clopidogrel and cardiovascular events, and fine-particulate air pollution and life expectancy in the United States; a review article on seborrheic dermatitis; a case report of a 9-month-old boy with seizures; and Perspective articles on the Obama administration and health care reform, on Medicaid and the U.S. path to national health insurance, and on online disclosure of physician–industry relationships.

今回もほぼスクリプト通りでした。
さて、聞き取れましたか?
cytochrome P-four-fifty
と言っていましたね。
ついでに、もうちょっと先まで聞いてみると、"CYP 2C19"の読み方もわかります。
「シップ、ツー、シー、ナインティーン」じゃないですよ~。
(正解は「つづき」をご覧くださいね。)

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:42:17 | Trackback(0) | Comments(0)
仮説を検証する:N Engl J Med 2009;360:376-86.
The New England Journal of Medicine 1月22日号にはSpecial Articleが掲載されています。
内容は大気汚染に関するものです。
下記のタイトルをクリックすると、抄録が開きます。

Fine-Particulate Air Pollution and Life Expectancy in the United States (N Engl J Med 2009;360:376-86.)

今回は「ハテナ」というよりは、堂々と仮説を立てていますよ。

Exposure to fine-particulate air pollution has been associated with increased morbidity and mortality, suggesting that sustained reductions in pollution exposure should result in improved life expectancy. (N Engl J Med 2009;360:376-86.)

早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Exposure to fine-particulate air pollution has been associated with increased morbidity and mortality, suggesting that sustained reductions in pollution exposure should result in improved life expectancy. (N Engl J Med 2009;360:376-86.)

suggestingより前の部分が事実、後の部分が仮説です。論理的ですね。

METHODS

We compiled data on life expectancy, socioeconomic status, and demographic characteristics for 211 county units in the 51 U.S. metropolitan areas with matching data on fine-particulate air pollution for the late 1970s and early 1980s and the late 1990s and early 2000s. (N Engl J Med 2009;360:376-86.)

compiled (資料などを)集める

Regression models were used to estimate the association between reductions in pollution and changes in life expectancy, with adjustment for changes in socioeconomic and demographic variables and in proxy indicators for the prevalence of cigarette smoking. (N Engl J Med 2009;360:376-86.)

proxy 代理となる
 LANの設定などでしばしば目にする「プロキシ」ってこういう綴りでこういう意味だったんですね...

RESULTS

Reductions in air pollution accounted for as much as 15% of the overall increase in life expectancy in the study areas. (N Engl J Med 2009;360:376-86.)

accounted for ~を説明する
 ロングマン現代英英辞典4訂増補版では次のように説明されています。

account for
to be the reason why something happtens; =explain


as much as ~と同じだけ

CONCLUSIONS

A reduction in exposure to ambient fine-particulate air pollution contributed to significant and measurable improvements in life expectancy in the United States. (N Engl J Med 2009;360:376-86.)

ambient まわりの
 例えば、ambient temperatureで、外気温です。

 クリーンエネルギーが求められる中、この論文を載せてくる、というところにNEJMの姿勢をうかがうことができますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。下記バナーへ応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:32:25 | Trackback(0) | Comments(0)
同じ結論に到達、ですが:N Engl J Med 2009;360:363-75.
The New England Journal of Medicine 1月22日号4番目に掲載の原著論文は前回同様、clopidgrelとCYP2C19に関わる内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Genetic Determinants of Response to Clopidogrel and Cardiovascular Events (N Engl J Med 2009;360:363-75.)

今回は「ハテナ起点」が明記されていますよ。

The effect of these determinants on clinical outcomes after an acute myocardial infarction is unknown. (N Engl J Med 2009;360:363-75.)

では抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The effect of these determinants on clinical outcomes after an acute myocardial infarction is unknown. (N Engl J Med 2009;360:363-75.)

 いつものように"unknown"で終わる「ハテナ」表現です。ここで、自分たちの関心がどこにあるのかを明言していますね。

METHODS

We consecutively enrolled 2208 patients presenting with an acute myocardial infarction in a nationwide French registry and receiving clopidogrel therapy. (N Engl J Med 2009;360:363-75.)

consecutively 連続して

RESULTS

None of the selected single-nucleotide polymorphisms (SNPs) in CYP3A5, P2RY12, or ITGB3 were associated with a risk of an adverse outcome.
(N Engl J Med 2009;360:363-75.)

were associated with 関連していた
 noneが主語です。noneは通例、複数動詞を伴うこと(ここではwere)に注意します。

CONCLUSIONS

Among patients with an acute myocardial infarction who were receiving clopidogrel, those carrying CYP2C19 loss-of-function alleles had a higher rate of subsequent cardiovascular events than those who were not. (N Engl J Med 2009;360:363-75.)

those carrying CYP2C19 loss-of-function alleles
 ひとつ前の論文"Cytochrome P-450 Polymorphisms and Response to Clopidogrel"(N Engl J Med 2009;360:354-62.)ではcarriers of a reduced-function CYP2C19 alleleと表現していましたね。

 前回と今回の論文の結論はほぼ同じですが、研究対象や方法が異なります。さらに言えば、前回のものは極めて客観的な表現で、たとえば対象についてもsubjectsと記載し、一方、今回のものはpatientsとしています。どちらのグループが実地臨床に近いのか、なんてことも想像できて、また興味深いですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。下記バナーへ1クリックの応援をお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:31:24 | Trackback(0) | Comments(0)
客観を貫く:N Engl J Med 2009;360:354-62.
The New England Journal of Medicine 1月22日号掲載3番目の原著論文はcytochrome P-450にかかわる内容です。
以下のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Cytochrome P-450 Polymorphisms and Response to Clopidogrel (N Engl J Med 2009;360:354-62.)

今回の論文では「ハテナ起点」が見えづらくなっています。強いて言うならここ。

The genes encoding CYP enzymes are polymorphic, with common alleles conferring reduced function. (N Engl J Med 2009;360:354-62.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND[

The genes encoding CYP enzymes are polymorphic, with common alleles conferring reduced function. (N Engl J Med 2009;360:354-62.)

conferring 賦与する
 BACKGROUND部分ではこの論文の背景因子を非常に客観的に著述しています。

METHODS

We tested the association between functional genetic variants in CYP genes, plasma concentrations of active drug metabolite, and platelet inhibition in response to clopidogrel in 162 healthy subjects. (N Engl J Med 2009;360:354-62.)

between functional genetic variants in CYP genes, plasma concentrations of active drug metabolite, and platelet inhibition in response to clopidogrel
 between以下、3つの事項についての比較です。ふつうはbetweenは二者の比較ですが、三者以上のときもあります。

RESULTS

In healthy subjects who were treated with clopidogrel, carriers of at least one CYP2C19 reduced-function allele (approximately 30% of the study population) had a relative reduction of 32.4% in plasma exposure to the active metabolite of clopidogrel, as compared with noncarriers (P<0.001). (N Engl J Med 2009;360:354-62.)

carriers of at least one CYP2C19 reduced-function allele
 of以下でcarriersを説明しています。

CONCLUSIONS

Among persons treated with clopidogrel, carriers of a reduced-function CYP2C19 allele had significantly lower levels of the active metabolite of clopidogrel, diminished platelet inhibition, and a higher rate of major adverse cardiovascular events, including stent thrombosis, than did noncarriers. (N Engl J Med 2009;360:354-62.)

than did noncarriers
 比較級lowerやhigherの対象をここで示しています。1文が長いのでこの位置にきました。他の書き方としてはas compared withなども使えますね。

 いかがでしょう。今回の抄録には著者らの主観をうかがえる文がなく、客観の立場が貫かれていました。「ハテナ起点」あたりに、この検討を思いついた(実地的)動機が書いてあると、臨床家にはぐっと迫る感じになると思うのですが。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。下のバナーへ応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:14:01 | Trackback(0) | Comments(0)
着眼点をずらす:N Engl J Med 2009;360:339-53.
The New England Journal of Medicine1月22日号2番目に掲載の原著論文も小児の喘鳴治療に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Preemptive Use of High-Dose Fluticasone for Virus-Induced Wheezing in Young Children (N Engl J Med 2009;360:339-53.)

今回の「ハテナ起点」はここです。

Although virus-induced wheezing is common in preschool-age children, optimal management remains elusive.
(N Engl J Med 2009;360:339-53.)

前回の論文も同様の対象を扱っていましたね。どこが違うのかをよく読んでみます。

BACKGROUND

Although virus-induced wheezing is common in preschool-age children, optimal management remains elusive. (N Engl J Med 2009;360:339-53.)

elusive 明らかでない、はっきりしない
 前回の論文ではこのように書かれていましたね。

A short course of oral prednisolone is widely used to treat preschool children with wheezing who present to a hospital, but there is conflicting evidence regarding its efficacy in this age group. (N Engl J Med 2009;360:329-38.)

 検討するつもりの対象はほぼ同一のようですが、今回の著者らは目をつけたところが異なっています。

We examined the efficacy and safety of preemptive treatment with high-dose fluticasone in reducing the severity of recurrent virus-induced wheezing in children. (N Engl J Med 2009;360:339-53.)

preemptive 予防的
 喘鳴に対する予防的フルチカゾン投与を検討した、と言っています。

METHODS

The primary outcome was rescue oral corticosteroid use. (N Engl J Med 2009;360:339-53.)

rescue 救助、レスキュー
 前論文ではその是非を論議されていた経口ステロイドですが、ここではそれを是として主要転帰としています。

RESULTS

Children who were treated with fluticasone, as compared with those who were given placebo, had smaller mean (±SD) gains from baseline in height ... (N Engl J Med 2009;360:339-53.)

had smaller mean (±SD) gains from baseline in height
 この言い回しはなかなか思い付きませんね。ここのsmallerはプラセボ群と比較して、ということですが、thanは使われていません。gainはinを伴うこともチェック。

CONCLUSIONS

Given the potential for overuse, this preventive approach should not be adopted in clinical practice until long-term adverse effects are clarified. (N Engl J Med 2009;360:339-53.)

Given the potential for overuse 過度に処方される危険を考慮すると
 結論部分に著者らの見解がはっきりと述べられていますね。抄録だけ読む人たちを牽制しているように読めますね(笑)。

 編集の妙、というのでしょうか、前回のものと並べて掲載することで、この話題が多角的にとらえられます。Editorialも掲載されてますが、こちらは残念ながらfreeではありません。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。下記バナーへ応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ 





テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:47:40 | Trackback(0) | Comments(0)
過去形が示すもの:N Engl J Med 2009;360:329-38.
The New England Journal of Medicine 1月22日号が届きました。
早速、最初の論文から抄録を見てみましょう。
今回の話題は、未就学児の喘鳴に対する治療です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Oral Prednisolone for Preschool Children with Acute Virus-Induced Wheezing (N Engl J Med 2009;360:329-38.)

今回の「ハテナ起点」はここです。

A short course of oral prednisolone is widely used to treat preschool children with wheezing who present to a hospital, but there is conflicting evidence regarding its efficacy in this age group. (N Engl J Med 2009;360:329-38.)

では早速読んでいきましょう。

BACKGROUND

A short course of oral prednisolone is widely used to treat preschool children with wheezing who present to a hospital, but there is conflicting evidence regarding its efficacy in this age group. (N Engl J Med 2009;360:329-38.)

conflicting 相容れない、矛盾する
 「evidenceはあるが、同じ方向を向いていない」状況なので、自分たちも調べてみた、というわけです。

METHODS

We conducted a randomized, double-blind, placebo-controlled trial comparing a 5-day course of oral prednisolone (10 mg once a day for children 10 to 24 months of age and 20 mg once a day for older children) with placebo in 700 children between the ages of 10 months and 60 months. (N Engl J Med 2009;360:329-38.)

comparing A with B AとBを比較して
 カッコ書きに惑わされないように。

RESULTS

There was no significant difference in the duration of hospitalization between the placebo group and the prednisolone group (13.9 hours vs. 11.0 hours; ratio of geometric means, 0.90; 95% confidence interval, 0.77 to 1.05) or in the interval between hospital admission and signoff for discharge by a physician. (N Engl J Med 2009;360:329-38.)

signoff for discharge 退院許可

CONCLUSIONS

In preschool children presenting to a hospital with mild-to-moderate wheezing associated with a viral infection, oral prednisolone was not superior to placebo. (N Engl J Med 2009;360:329-38.)

oral prednisolone was not superior to placebo.
 現在形でなく過去形で述べられています。自分たちの結果はこうだった、と過去形にすることで、conflicting evidenceにひとつ追加された、ということになるのでしょうか。

 例数としては十分あるようですが、それでも決着が付かない問題なのでしょうね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
 

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:43:35 | Trackback(0) | Comments(0)
バックナンバーも聞けます:Podcasting January 15, 2009
今日はThe New England Journal of Medicine最新号の発売日です。
最新号が出ると同時に、ウェブサイトも更新されます。
「となると、先週のpodcastは聞けないのでは?」
いえいえ、心配ご無用。
サイトの右カラムに「RECENT NEJM AUDIO」というコーナーがあり、ここから聞くことができますよ。

では早速1月15日分のポッドキャストのヘッドライン部分を聞いてみます。
いつものように、掲載スクリプトと異なる部分を赤で示します。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week of January 15, 2009. I'm Dr. Lise Johnson. This week's issue featuresThis summary covers the issue of January 15, 2009. Featured are articles on fractional flow reserve versus angiography for guiding PCI percutaneous coronary intervention, atypical antipsychotic drugs and the risk of sudden cardiac death, cumulative live-birth rates after in vitro fertilization, effect of pneumococcal conjugate vaccine on pneumococcal meningitis, peginterferon alfa-2a and ribavirin in Latino and non-Latino whites with hepatitis C, and oncogenesis and metastasis; a review article on endometriosis; a case report of a man with pain and swelling of the right hand and hypotension; and Perspective articles on visions for change in U.S. health care, on health care reform why on so much talk and so little action in health care reform, and on the fast-food fund.

今回もほぼスクリプト通りでした。いかがでしたか?

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:35:22 | Trackback(0) | Comments(0)
「民族」に着目:N Engl J Med 2009;360:257-67.
The New England Journal of Medicine 1月15日号掲載の5番目の原著論文はC型肝炎治療に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると、抄録が開きます。

Peginterferon Alfa-2a and Ribavirin in Latino and Non-Latino Whites with Hepatitis C

今日の「ハテナ起点」はここです。

however, Latinos and other ethnic subpopulations have been underrepresented in clinical trials. (N Engl J Med 2009;360:257-67.)

では早速、抄録を読んでみましょう。

BACKGROUND

... however, Latinos and other ethnic subpopulations have been underrepresented in clinical trials. (N Engl J Med 2009;360:257-67.)

underrepresented 十分に表示されていない
 十分検討されていない、という意味です。「人種」ではなくラテン「民族」という視点で検討したらどうなのだろう、というのが今回の「ハテナ起点」です。

METHODS

In a multicenter, open-label, nonrandomized, prospective study, 269 Latino and 300 non-Latino whites with HCV infection received peginterferon alfa-2a, at a dose of 180 µg per week, (N Engl J Med 2009;360:257-67.)

at a dose of ~の用量で
 ひとまとまりでチェックしておきます。

We enrolled Latinos whose parents and grandparents spoke Spanish as their primary language; nonwhite Latinos were excluded. (N Engl J Med 2009;360:257-67.)

Latinos whose parents and grandparents spoke Spanish as their primary language 両親と祖父母がスペイン語を第一言語として話すラテン系患者
 ラテン系患者の定義を述べています。人種ではなく、文化的背景で定義しています。

RESULTS

Baseline characteristics were similar in the Latino and non-Latino groups, although higher proportions of Latino patients were 40 years of age or younger, had a body-mass index (BMI, the weight in kilograms divided by the square of the height in meters) of more than 27 or more than 30, and had cirrhosis. (N Engl J Med 2009;360:257-67.)

higher proportions of Latino patients were ~の割合がラテン系患者で多かった
 were以下で述べられている項目が多いのでこうした構文になったのでしょうか。ちょっとひねった形ですね。

CONCLUSIONS

Strategies to improve the sustained virologic response in Latinos are needed. (N Engl J Med 2009;360:257-67.)

Strategies ... are needed 治療戦略が必要である
 著者らの主張が強く表れた一文です。

 文化的背景で治療効果が異なる、というのは一体何を意味するのでしょうか。もちろん、そこには人種が一致する部分もあるでしょうが、2代までさかのぼって「言語が同一」という定義には若干のあいまいさが残るような印象もあります。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。下のバナーをぽんと押して、応援をお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:30:45 | Trackback(0) | Comments(0)
焦点を絞る:N Engl J Med 2009;360:244-56.
The New England Journal of Medicine 1月15日号掲載4番目の原著論文は肺炎球菌ワクチンに関する内容です。
以下のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

ffect of Pneumococcal Conjugate Vaccine on Pneumococcal Meningitis (N Engl J Med 2009;360:244-56.)

今日の「ハテナ起点」はここ。

... but its effect on pneumococcal meningitis is unclear. (N Engl J Med 2009;360:244-56.)

では早速、抄録本文を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Invasive pneumococcal disease declined among children and adults after the introduction of the pediatric heptavalent pneumococcal conjugate vaccine (PCV7) in 2000, but its effect on pneumococcal meningitis is unclear. (N Engl J Med 2009;360:244-56.)

 前半で肺炎球菌結合型ワクチンの全般的な効果を延べ、後半でフォーカスを絞って今回の論点(「ハテナ起点」)を提示しています。読者の興味をうまく誘導していますね。

METHODS

We examined trends in pneumococcal meningitis from 1998 through 2005 using active, population-based surveillance data from eight sites in the United States. (N Engl J Med 2009;360:244-56.)

trends in pneumococcal meningitis 肺炎球菌性髄膜炎の動向
 ここでは"in"が使われていることに注意。ロングマン現代英英辞典4訂増補版では例として

[+in] recent trends in education

というのが載っています。

RESULTS

On average, 27.8% of isolates were nonsusceptible to penicillin, but fewer isolates were nonsusceptible to chloramphenicol (5.7%), meropenem (16.6%), and cefotaxime (11.8%). (N Engl J Med 2009;360:244-56.)

On average 平均して

CONCLUSIONS

Although the overall effect of the vaccine remains substantial, a recent increase in meningitis caused by non-PCV7 serotypes, including strains nonsusceptible to antibiotics, is a concern. (N Engl J Med 2009;360:244-56.)

substantial 実のある、効果のある
is a concern 懸念される
 なかなか自分では使いこなせない表現ですが、使えればびしっと決まる(ちょっと大人な)感じがします(注:きわめて個人的な感触ですが)。

 感染症対策というのは「もぐらたたき」に近いものがあります。たゆまぬ努力が求められますね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。下のバナーをぽんと押して、応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:33:39 | Trackback(0) | Comments(0)
視点を変える: N Engl J Med 2009;360:236-43.
The New England Journal of Medicine 1月15日号3番目に掲載の原著論文は体外受精に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Cumulative Live-Birth Rates after In Vitro Fertilization

今回の「ハテナ起点」は医療サイドから被医療サイドに視点を移すことで得られたものですよ。

However, a couple's primary concern is the chance of a live birth over an entire treatment course. (N Engl J Med 2009;360:236-43.)

では抄録本文を読んでいきましょう。

BACKGROUND

However, a couple's primary concern is the chance of a live birth over an entire treatment course. (N Engl J Med 2009;360:236-43.)

 治療成績というのはともすれば医療者から見たものになりがちですが、実際にその治療を受ける人の立場に立ってみると、必ずしもその数字は求められているものに合致していないこともありますね。(例えば、癌の5年生存率などもそうかもそうかもしれません。5年後にどれくらいの人が生存しているか、という情報より、「自分はあと何年くらいは大丈夫なのか」ということのほうがまず知りたいことでしょう。)そうした「視点移動」による新しい「ハテナ」に気づくということ、これは実地臨床家ならではの醍醐味でしょう。

METHODS

Optimistic methods assumed that patients who did not return for subsequent IVF cycles would have the same chance of a pregnancy resulting in a live birth as patients who continued treatment;... (N Engl J Med 2009;360:236-43.)

assumed 仮定する

RESULTS

The cumulative live-birth rate decreased with increasing age,... (N Engl J Med 2009;360:236-43.)

with increasing age 加齢に従って
 前回も同様の表現が出てきましたね。

For both classes of drugs, the risk for current users increased significantly with an increasing dose. (N Engl J Med 2009;360:225-35.)


CONCLUSIONS

Our results indicate that IVF may largely overcome infertility in younger women, but it does not reverse the age-dependent decline in fertility. (N Engl J Med 2009;360:236-43.)

 前半部分はmayが使われていますから、半々くらいの確率の話、後半部分は現在形なので「これは事実だ」というニュアンスが感じられますね。

 数字の解釈(高い低い)は、治療を受ける方個々の背景によるでしょう。ただ、こうした視点から数字を出しておくことは治療を受ける側としては参考になることと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。下のマーク(どちらでも結構です)へ応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:31:06 | Trackback(0) | Comments(0)
新ハテナ表現登場:N Engl J Med 2009;360:225-35.
The New England Journal of Medicine 1月15日号掲載2番目の原著論文は向精神薬と突然死に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Atypical Antipsychotic Drugs and the Risk of Sudden Cardiac Death (N Engl J Med 2009;360:225-35.)

今回は新しいハテナ表現を見つけました。

However, less is known regarding the cardiac safety of the atypical antipsychotic drugs, which have largely replaced the older agents in clinical practice. (N Engl J Med 2009;360:225-35.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

However, less is known regarding the cardiac safety of the atypical antipsychotic drugs, which have largely replaced the older agents in clinical practice. (N Engl J Med 2009;360:225-35.)

less is known 知られていない
 今まで見てきた表現だと"... is unknown"でしたね。バリエーションとして記憶しておきます。

METHODS

To assess residual confounding related to factors associated with the use of antipsychotic drugs, ... (N Engl J Med 2009;360:225-35.)

residual confounding 残余交絡
 「交絡」という言葉がわかりにくいので、以下、ウィキペディアから引用します。

交絡(英: Confounding)とは、統計モデルの中の従属変数と独立変数の両方に(肯定的または否定的に)相関する外部変数が存在すること。

RESULTS

For both classes of drugs, the risk for current users increased significantly with an increasing dose. (N Engl J Med 2009;360:225-35.)

with an increasing dose 用量増加に伴い
 自分ではなかなか、ここで"with"が出てきそうにないので、チェック。

CONCLUSIONS

Current users of typical and of atypical antipsychotic drugs had a similar, dose-related increased risk of sudden cardiac death. (N Engl J Med 2009;360:225-35.)

dose-related 用量依存性の
 前段の"with an increasing dose"と同義ですね。

 向精神薬には致死性不整脈を引き起こす危険があるのですね。この論文で初めて知りました。気をつけなくては。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをどうぞ。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 14:46:18 | Trackback(0) | Comments(0)
ルーチンの中のハテナ:N Engl J Med 2009;360:213-24.
The New England Journal of Medicine 1月15日号が出ました。最初の論文は経皮的冠動脈インターベンションに関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Fractional Flow Reserve versus Angiography for Guiding Percutaneous Coronary Intervention (N Engl J Med 2009;360:213-24.)

今回の「ハテナ起点」はここ。

It is unclear whether routine measurement of fractional flow reserve (FFR; the ratio of maximal blood flow in a stenotic artery to normal maximal flow), in addition to angiography, improves outcomes. (N Engl J Med 2009;360:213-24.)

では早速読んでいきましょう。

BACKGROUND

It is unclear whether routine measurement of fractional flow reserve (FFR; the ratio of maximal blood flow in a stenotic artery to normal maximal flow), in addition to angiography, improves outcomes. (N Engl J Med 2009;360:213-24.)

It is unclear whether ~かどうかは不明である
 定番のunclearが出てきました。whetherがつくとよりわかりやすいですね。

METHODS

In 20 medical centers in the United States and Europe, we randomly assigned 1005 patients with multivessel coronary artery disease to undergo PCI with implantation of drug-eluting stents guided by angiography alone or guided by FFR measurements in addition to angiography. (N Engl J Med 2009;360:213-24.)

angiography alone 冠動脈造影単独で
 aloneの位置に注意しましょう。

RESULTS

Seventy-eight percent of the patients in the angiography group were free from angina at 1 year, as compared with 81% of patients in the FFR group (P=0.20). (N Engl J Med 2009;360:213-24.)

Seventy-eight percent
文頭の数字はスペルで書きます。percentが単数形であることに注意します。

CONCLUSIONS

Routine measurement of FFR in patients with multivessel coronary artery disease who are undergoing PCI with drug-eluting stents significantly reduces the rate of the composite end point of death, nonfatal myocardial infarction, and repeat revascularization at 1 year. (N Engl J Med 2009;360:213-24.)

significantly reduces 優位に減少させる
 現在形で書かれていますね。大西泰斗先生によれば、現在形は「現在の事実」を示し、「現在時制は臨場感を伴っている表現」(みるみる身につく!イメージ英語革命)ということですから、結論を現在形になっていることから、なんとなく著者らの興奮が伝わってきます。

 日々やっている仕事の中から「ハテナ」を見つけ、検証していくというのは臨床家の醍醐味ですね。こうした積み重ねが治療技術を裏付け、治療成績の向上につながるのでしょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援気分で、どうぞ1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:38:51 | Trackback(0) | Comments(0)
ヘッドラインが1分以内に:Podcasting January 8,2009
The New England Journal of Medicine Jan. 9号のポッドキャストを聞いてみましょう。
NEJMの本サイトやiTunesで聞くことができますよ。
全部聞くと、今週は18分少々なので、通勤時間や休憩時間に聞き流してもいいかも。
その時間も見つからない方は、とりあえず冒頭の部分(ヘッドライン部分)のみ、はいかがでしょう。
このところ、ヘッドラインの簡略化が進み、ついに今週はたったの47秒になりました。こころもち、早口なった気もしますね。でも大丈夫。スクリプトやこのブログを参考にすれば聴き取れますよ。

では早速、聞いてみましょう。
実際に聞いてスクリプトと異なっている部分は赤線で示し、読まれなかった部分は線で消しておきます。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week of January 1, 2009. I'm Dr. Lise Johnson. This week's issue featuresThis summary covers the issue of January 8, 2009. Featured are articles on timing of elective repeat cesarean delivery and neonatal outcomes, a strategy to control transmission of Schistosoma japonicum in China, glucose control and vascular complications in type 2 diabetes, arterial blood gases and oxygen content in climbers on Mount Everest, and mortality attributable to smoking in China; a review article on vitiligo; a case report of a man with progressive cognitive decline; and Perspective articles on money and the changing culture of medicine, on the neurontin legacy, and toward on the elimination of schistosomiasis.

今週もほぼスクリプト通りでした。ポッドキャストの編集方針が去年と変更になったのでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリック、よろしくお願いしますね。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
中国における喫煙:N Engl J Med 2009;360:150-9.
The New England Journal of Medicine 1月8日号にはいつもの原著論文に加え、Special Articleが掲載されています。どこがどうだとSpecial Articleになるのかはわからないのですが、ともかく読んでみましょう。今回は、中国における喫煙に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Mortality Attributable to Smoking in China (N Engl J Med 2009;360:150-9.)

では早速読んでみましょう。

BACKGROUND

Smoking is a risk factor for many diseases and has been increasingly prevalent in economically developing regions of the world. (N Engl J Med 2009;360:150-9.)

prevalent 普及している、広く見られる

We aimed to estimate the number of deaths attributable to smoking in China. (N Engl J Med 2009;360:150-9.)

aimed to ~を目的とした
 直接的な表現です。基本的といえば基本的ですが、意外にこれまでの抄録ではあまり出てきませんでしたね。

METHODS

Investigators for the China National Hypertension Survey collected data on smoking and other risk factors at a baseline examination in 1991 using a standard protocol. (N Engl J Med 2009;360:150-9.)

data on ~に関するデータ
 onが使われています。

RESULTS

The leading causes of smoking-related deaths were as follows: cancer, 268,200 (95% CI, 214,500 to 321,900); cardiovascular disease, 146,200 (95% CI, 79,200 to 213,100); and respiratory disease, 66,800 (95% CI, 20,300 to 113,300). (N Engl J Med 2009;360:150-9.)

as follows:  以下の通り
 続けて列挙するときに便利な表現です。":"をお忘れなく。

CONCLUSIONS

Our study documents that smoking is a major risk factor for mortality in China.

documents  証明した
 かなり強く断言しています。

 「中国でもやはりタバコは健康に有害だった」という結論でしたね。結論自体に驚きはないのですが、それでもSpecial Articleになるというのは「中国で」というところが重要なんでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:00:00 | Trackback(0) | Comments(4)
エベレストで血ガス:N Engl J Med 2009;360:140-9.
The New England Journal of Medicine 1月8日号には気宇壮大な論文が載っています。
なんと、エベレストで血ガスを採って分析しています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Arterial Blood Gases and Oxygen Content in Climbers on Mount Everest (N Engl J Med 2009;360:140-9.)

今回、「ハテナ起点」というよりは、「やってみたかったんだあ~」という気持ちがよくわかる部分はここ。

We performed direct field measurements of arterial blood gases in climbers breathing ambient air on Mount Everest. (N Engl J Med 2009;360:140-9.)

では早速、この壮大な研究の抄録を読んでみましょう。

BACKGROUND

The level of environmental hypobaric hypoxia that affects climbers at the summit of Mount Everest (8848 m [29,029 ft]) is close to the limit of tolerance by humans. (N Engl J Med 2009;360:140-9.)

hypobaric  低圧の

We performed direct field measurements of arterial blood gases in climbers breathing ambient air on Mount Everest. (N Engl J Med 2009;360:140-9.)

ambient まわりの、囲んでいる
 ambient airで外気となり、酸素ボンベを使わずに登頂している登山家ということです。

METHODS

We obtained samples of arterial blood from 10 climbers during their ascent to and descent from the summit of Mount Everest. (N Engl J Med 2009;360:140-9.)

ascent to 上っていく
descent from 下っていく
 2つペアで覚えましょう。

RESULTS

PaO2 fell with increasing altitude, whereas SaO2 was relatively stable. (N Engl J Med 2009;360:140-9.)

, whereas 一方
 二つを対比して記載する時に頻出です。

CONCLUSIONS

The elevated alveolar–arterial oxygen difference that is seen in subjects who are in conditions of extreme hypoxia may represent a degree of subclinical high-altitude pulmonary edema or a functional limitation in pulmonary diffusion. (N Engl J Med 2009;360:140-9.)

in conditions of ~という状態の

 「実験室を飛び出してフィールドに」という感の研究でした。他のどこでもなく、エベレストというところがすごいですね。エベレスト環境下で血ガスを採る、こと自体、大変ですよね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。どうぞ、1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
すなわち、の",":N Engl J Med 2009;360:129-39.
The New England Journal of Medicine 1月8日号3番目に掲載の原著論文は長期罹患糖尿病患者の血糖コントロールに関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Glucose Control and Vascular Complications in Veterans with Type 2 Diabetes (N Engl J Med 2009;360:129-30.)

今回の「ハテナ起点」はここ。

The effects of intensive glucose control on cardiovascular events in patients with long-standing type 2 diabetes mellitus remain uncertain. (N Engl J Med 2009;360:129-30.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

The effects of intensive glucose control on cardiovascular events in patients with long-standing type 2 diabetes mellitus remain uncertain. (N Engl J Med 2009;360:129-30.)

remain uncertain  不明である
 be動詞ではなくremainを使って、「ずーっとそうだった」という印象を強めています。ちなみに、ロングマン現代英英辞典4訂増補版では次のように解説しています。

remain to continue to be in the same state or condition

METHODS

We randomly assigned 1791 military veterans (mean age, 60.4 years) who had a suboptimal response to therapy for type 2 diabetes to receive either intensive or standard glucose control. (N Engl J Med 2009;360:129-30.)

suboptimal 次善の、準最適の
 コントロールが今一つ、ということです。

The primary outcome was the time from randomization to the first occurrence of a major cardiovascular event, a composite of myocardial infarction, stroke, death from cardiovascular causes, congestive heart failure, surgery for vascular disease, inoperable coronary disease, and amputation for ischemic gangrene. (N Engl J Med 2009;360:129-30.)

a major cardiovascular event, 主要な心血管イベント
 なんでもない","ですが、that is (すなわち)という意味をもって、ここに打たれています。","以下にa major cardiovascular eventの内容が記載されています。

RESULTS

There was no significant difference between the two groups in any component of the primary outcome or in the rate of death from any cause (hazard ratio, 1.07; 95% CI, 0.81 to 1.42; P=0.62). (N Engl J Med 2009;360:129-30.)

There was no significant difference between the two groups 2群間に有意差はなかった

No differences between the two groups were observed for microvascular complications. (N Engl J Med 2009;360:129-30.)

No differences between the two groups were observed 2群間に違いは見られなかった
 頻出結果表現がふたつ出てきましたね。両方まとめてチェック!

CONCLUSIONS

Intensive glucose control in patients with poorly controlled type 2 diabetes had no significant effect on the rates of major cardiovascular events, death, or microvascular complications. (N Engl J Med 2009;360:129-30.)

poorly controlled コントロール不良の
 METHODSのところで出てきたsuboptimalと同義です。言い換えて使っていますね。

長期にわたる血糖コントロール不良ですでに心血管系にダメージが蓄積されている場合にはそこから厳格にコントロールしてももはや遅し、ということでしょうか。「早期からのコントロール」が重要なんでしょうね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。励ましの1クリックをぽんとお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
オーソドックスに書く:N Engl J Med 2009;360:121-28 .
The New England Journal of Medicine 1月8日号2番目に掲載の原著論文は中国における日本住血吸虫感染対策についてです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Strategy to Control Transmission of Schistosoma japonicum in China (N Engl J Med 2009;360:121-28.)

今回の抄録は、非常にオーソドックスな展開で書かれています。
では早速、読んでみましょう。

BACKGROUND

Schistosoma japonicum causes an infection involving humans, livestock, and snails and is a significant cause of morbidity in China. (N Engl J Med 2009;360:121-28.)

a significant cause of morbidity in China
強いて言えば、ここが問題提起なのですが、むしろ、話の導入といった趣です。この後、どのような話にもっていきたいのかは、ここだけではわかりません。

METHODS

New interventions, implemented from 2005 through 2007, included removing cattle from snail-infested grasslands,,,,(N Engl J Med 2009;360:121-28.)

implemented 実行された
from 2005 through 2007 2005年から2007年まで(2007年を含める)
 このthroughについて研究社新英和中辞典第7版では以下のように解説されています。

[用法] from Tuesday to [till] SaturdayではSaturdayが入るかはっきりしないので、上記の表現(from Tuesday through Satruday)を用いると、Saturdayが入ることがはっきりする

 なるほど。勉強になりました。

RESULTS

The rate of infection in humans in control villages fluctuated but remained at baseline levels. (N Engl J Med 2009;360:121-28.)

fluctuated 変動した

CONCLUSIONS

A comprehensive control strategy based on interventions to reduce the rate of transmission of S. japonicum infection from cattle and humans to snails was highly effective. (N Engl J Med 2009;360:121-28.)

highly effective 非常に効果的
 effectiveと相性のよい副詞はhighlyですね。"7 Habits of Highly Effective People (Stephen R. Covey著)"でご存知の方もあるかもしれません。

 感染症対策として環境と教育が有効であったということですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。元気が出るので、ぜひ1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
事実を重ねる:N Engl J Med 2009;360:111-20.
The New England Journal of Medicine 1月8日号掲載の原著論文を読みましょう。
最初に掲載されているのは、帝王切開の時期と出生児の予後に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Timing of Elective Repeat Cesarean Delivery at Term and Neonatal Outcomes (N Engl J Med 2009;360:111-20.)

今回の「ハテナ起点」ですが、いつものようなunknownでは書かれていません。代わりに、もっと直接的にこのように表現されています。

We assessed associations between elective cesarean delivery at term (37 weeks of gestation or longer) but before 39 weeks of gestation and neonatal outcomes. (N Engl J Med 2009;360:111-20.)

これをいつものパターンで書くとこうなります。

Associations between elective cesarean delivery at term (37 weeks of gestation or longer) but before 39 weeks of gestation and neonatal outcomes are unknown.

では抄録を順に読んでいきましょう。

BACKGROUND

We assessed associations between elective cesarean delivery at term (37 weeks of gestation or longer) but before 39 weeks of gestation and neonatal outcomes. (N Engl J Med 2009;360:111-20.)

at term 正期産
 続くカッコで解説されています。

METHODS

Women with viable singleton pregnancies delivered electively (i.e., before the onset of labor and without any recognized indications for delivery before 39 weeks of gestation) were included. (N Engl J Med 2009;360:111-20.)

singleton ひとりの、単胎の
labor 陣痛
indications 徴候
delivery 出産
 付記が入り組んでいてちょっとわかりにくいですね。

RESULTS

Of 24,077 repeat cesarean deliveries at term, 13,258 were performed electively; of these, 35.8% were performed before 39 completed weeks of gestation (6.3% at 37 weeks and 29.5% at 38 weeks) and 49.1% at 39 weeks of gestation. (N Engl J Med 2009;360:111-20.)

of these, このうち
 まるで口語のような文体ですが、読むにはわかりやすいですね。

CONCLUSIONS

Elective repeat cesarean delivery before 39 weeks of gestation is common and is associated with respiratory and other adverse neonatal outcomes.(N Engl J Med 2009;360:111-20.)

Elective repeat cesarean delivery before 39 weeks of gestation is common
この部分は冒頭に書かれた、
elective cesarean delivery is discouraged before 39 weeks of gestation
と呼応していますね。"discouragedなんだけど、現実にはcommon"だったというわけです。

 主観をできるだけ排し、事実のみを淡々と積み重ねた抄録でしたね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:42:23 | Trackback(0) | Comments(0)
「提供は」が消えた!?:Podcasting: Jan.1, 2009
今年最初のThe New England Journal of Medicine podcastingを聞きましょう。
NEJMのサイトやiTuneで聞くことができますよ。

ヘッドライン部分のスクリプトはNEJMサイトに掲載されています。
参考にしながら聞くとわかりやすいです。
また、ヘッドライン後の部分も抄録に準じた内容なので、一通り目を通したあとだとわかりやすいです。

では、早速聞いてみましょう。
スクリプトは読まれているものと必ずしも一致していないので、聞き取った部分や読まれなかった部分を赤で示しておきます。

前回まで存在した「提供は~」の部分がなくなっていますね。これで最初から「??」とならなくてすみます。提携がなくなったのでしょうか。

Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week of January 1, 2009. I'm Dr. Lise Johnson. This week's issue featuresThis summary covers the issue of January 1, 2009. Featured are articles on machine perfusion or cold storage in deceased-donor kidney transplantation, decontamination of the digestive tract and oropharynx in ICU patients, a syndrome with congenital neutropenia and mutations in G6PC3, modulation of blood pressure by central melanocortinergic pathways, giant osteoclast formation and long-term oral bisphosphonate therapy alendronate, and bacterial virulence and the living system; a review article on radiation therapy for early-stage breast cancer after breast-conserving surgery; a Clinical Problem-Solving article on keeping an open mind; and Perspective articles on the pitfalls of health care journalism and on the many causes of severe congenital neutropenia.

いかがでしたか。今回は比較的、掲載スクリプト通りでした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 06:20:39 | Trackback(0) | Comments(0)
ハテナ表現にenigmatic登場:N Engl J Med 2009;360:53-62.
The New England Journal of Medicine 1月1日号掲載の原著論文最後は骨粗鬆症治療に関する内容です。
以下のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Giant Osteoclast Formation and Long-Term Oral Bisphosphonate Therapy (N Engl J Med 2009;360:53-62.)

今回の「ハテナ起点」はここ。

the effect of bisphosphonates on their target cells remains enigmatic, (N Engl J Med 2009;360:53-62.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

the effect of bisphosphonates on their target cells remains enigmatic, (N Engl J Med 2009;360:53-62.)

enigmatic 不可解な
 ロングマン現代英英辞典4訂増補版には以下のように説明されています。

enigmatic mysterious and difficult to understand

"unknown"よりも少し格調高い感じがしますね。

METHODS

The patients were assigned to one of five groups: those receiving placebo for 3 years; (N Engl J Med 2009;360:53-62.)

were assigned to one of five groups 5群のうちのひとつに割りつけた
 使えそうな表現ですね。

RESULTS

Moreover, the number of osteoclasts increased as the cumulative dose of the drug increased (r=0.50, P<0.001). (N Engl J Med 2009;360:53-62.)

cumulative  累積する

Twenty-seven percent of these osteoclasts were giant cells with pyknotic nuclei that were adjacent to superficial resorption cavities. (N Engl J Med 2009;360:53-62.)

adjacent 隣接した

CONCLUSIONS

Long-term alendronate treatment is associated with an increase in the number of osteoclasts, which include distinctive giant, hypernucleated, detached osteoclasts that are undergoing protracted apoptosis. (N Engl J Med 2009;360:53-62.)

undergoing 引き起こしている
protracted 長期にわたる

 治療法のみならず、病態生理にも関連する研究でした。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。お好きな方を1クリック、お願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
同じ動詞で締める:N Engl J Med 2009;360:44-52.
The New England Journal of Medicine 1月1日号掲載の原著論文4番手は血圧調整の仕組みに関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Modulation of Blood Pressure by Central Melanocortinergic Pathways (N Engl J Med 2009;360:44-52.)

今日の「ハテナ起点」はここ。

there is no information regarding such an association with blood pressure in humans (N Engl J Med 2009;360:44-52.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

Central melanocortinergic signaling is implicated in the control of energy balance and blood pressure in rodents, but there is no information regarding such an association with blood pressure in humans. (N Engl J Med 2009;360:44-52.)

implicated ~に関係している
 このimplicateは抄録の最後にも出てきますよ。
rodents げっし動物
 ネズミ類ですね。続く部分のin humansと呼応しています。

METHODS

We assessed blood pressure, heart rate, and urinary catecholamines in overweight or obese subjects with a loss-of-function mutation in MC4R, the gene encoding the melanocortin 4 receptor, and in equally overweight control subjects.
 (N Engl J Med 2009;360:44-52.)

assessed評価する

We also examined the effects of an MC4R agonist administered for 7 days in 28 overweight or obese volunteers.(N Engl J Med 2009;360:44-52.)

examined 検討する
 前述assessの言い換えです。

RESULTS

The maximum tolerated daily dose of 1.0 mg of the MC4R agonist led to significant increases of 9.3±1.9 mm Hg in systolic blood pressure and of 6.6±1.1 mm Hg in diastolic blood pressure (P<0.001 for both comparisons) at 24 hours, as compared with placebo. . (N Engl J Med 2009;360:44-52.)

for both comparisons 両方の比較について
 「どちらの比較についても」というのをここでさらりと入れています。この使い方は参考になりますね。

Results of our genetic and pharmacologic studies implicate melanocortinergic signaling in the control of human blood pressure through an insulin-independent mechanism. (N Engl J Med 2009;360:44-52.)

implicate
 導入部分で出てきたimplicateが再度出てきました。命題の結果を示していますが、同じ動詞を持ってくることでより強く読者につながりをアピールしています。

 肥満と高血圧の関係はメタボが話題になる前から知られていた事実ですが、その病理は解明されていなかったんですね。おそらく原因は一元的ではないのでしょうが、今回の研究はそのうちの一つを明らかにするものだと思います。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをどうぞお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 12:15:56 | Trackback(0) | Comments(2)
言い換えの妙:N Engl J Med 2009;360:32-43.
The New England Journal of Medicine 1月1日号3番目に掲載の原著論文を読みましょう。
先天性好中球減少症の遺伝子解析について述べられています。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

A Syndrome with Congenital Neutropenia and Mutations in G6PC3 (N Engl J Med 2009;360:32-43.)

今回の「ハテナ起点(起点となったわからないこと)」はこれ。

In many patients, the genetic causes of severe congenital neutropenia are unknown. (N Engl J Med 2009;360:32-43.)

では早速読んでいきましょう。

BACKGROUND

The main features of severe congenital neutropenia are the onset of severe bacterial infections early in life, a paucity of mature neutrophils, and an increased risk of leukemia. (N Engl J Med 2009;360:32-43.)

paucity 不足

In many patients, the genetic causes of severe congenital neutropenia are unknown. (N Engl J Med 2009;360:32-43.)

are unknown 
  お決まりの表現が出てきましたね。本当に頻出です。

METHODS

We performed genomewide genotyping and linkage analysis on two consanguineous pedigrees with a total of five children affected with severe congenital neutropenia. (N Engl J Med 2009;360:32-43.)

performed 実施した
consanguineous 血縁の、同族の
pedigrees 血統
 「ペディグリーチャム」というドッグフードがありますが、ペディグリーはここからきてるんでしょうか...

Functional assays and reconstitution experiments were carried out. (N Engl J Med 2009;360:32-43.)

were carried out 実施された
 ここは上に出てきたperformの言い換えです。同じ語を繰り返さないのも大切です。

RESULTS

Sequencing of G6PC3, the candidate gene encoding glucose-6-phosphatase, catalytic subunit 3, revealed a homozygous missense mutation in exon 6 that abolished the enzymatic activity of glucose-6-phosphatase in all affected children in the two families. (N Engl J Med 2009;360:32-43.)

G6PC3, the candidate gene encoding glucose-6-phosphatase, catalytic subunit 3,
 G6PC3の説明をカンマでくくって後付けしています。一般に略号は初出時にスペルアウトすることになっていますから、カッコで書いたり、このようにカンマで説明をつけたりしますね。
abolished 廃止する、阻害する

CONCLUSIONS

Defective function of glucose-6-phosphatase, catalytic subunit 3, underlies a severe congenital neutropenia syndrome associated with cardiac and urogenital malformations. (N Engl J Med 2009;360:32-43.)

underlies ~の本当の原因である
 ロングマン現代英英辞典4訂増補版では以下のように説明されています。

underlie (formal) to be the cause of something, or be the basic thing from which something develops

 先天性というところから遺伝子に着目したのは王道でしたね。こうした研究から遺伝子治療につながっていくのでしょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。お気軽にポンと1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 10:51:25 | Trackback(0) | Comments(0)
conflictingが起点:N Engl J Med 2009;360:20-31.
The New England Journal of Medicine 1月1日号2番目に掲載の原著論文は消化管滅菌に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Decontamination of the Digestive Tract and Oropharynx in ICU Patients (N Engl J Med 2009;360:20-31.)

今回の論文の「起点」はここです。

... but reported effects on patient outcome are conflicting. (N Engl J Med 2009;360:20-31.)

では早速、抄録を読んでいきましょう。

BACKGROUND

but reported effects on patient outcome are conflicting. (N Engl J Med 2009;360:20-31.)

conflicting 一致していない
 ロングマン現代英英辞典4訂増補版では以下の解説が載っています。

conflict (v) if two ideas, beliefs, opinions etc conflict, they cannot exist together or both be true: conflicting opinions/demands/interests etc I had been given a great deal of conflicting advice.

 消化管滅菌が是か非か、どちらかである、というわけですね。

METHODS

Patients with an expected duration of intubation of more than 48 hours or an expected ICU stay of more than 72 hours were eligible. (N Engl J Med 2009;360:20-31.)

eligible 適格な
 また出てきましたね。研究の対象を説明するときに使っています。

In each ICU, three regimens (SDD, SOD, and standard care) were applied in random order over the course of 6 months.(N Engl J Med 2009;360:20-31.)

in random order 順不同に

RESULTS

,,, odds ratios for death at day 28 in the SOD and SDD groups, as compared with the standard-care group, were 0.86 (95% confidence interval [CI], 0.74 to 0.99) and 0.83 (95% CI, 0.72 to 0.97), respectively.(N Engl J Med 2009;360:20-31.)

as compared with the standard-care group,  標準治療群と比較して
 うまい具合にはさみこんでいますね。ここにこれが入ることで、続く数字が何を指すのかが明確になっています。

CONCLUSIONS

In an ICU population in which the mortality rate associated with standard care was 27.5% at day 28, the rate was reduced by an estimated 3.5 percentage points with SDD and by 2.9 percentage points with SOD.(N Engl J Med 2009;360:20-31.)

 ここの数字はわかりにくいのですが、本文を読むと、いろいろ補正して出てきたもののようでした。結語としてはやはり「起点となった問題点」への解答を示す形で書いてほしかったですね。

 抄録を読む限りでは、消化管滅菌の是非について著者らがどちらに軍配をあげたいのか、不明瞭です。それにしても、「ICU患者の28日死亡率が27.5%」というのはどうなんでしょう。なんか高すぎるような気もしないではないのですが。オランダの話なので、日本とは違って、超重症患者のみが入室しているということなのでしょうか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。いつも応援ありがとうございます。ぽんと、ワンクリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 15:15:59 | Trackback(0) | Comments(0)
versusを使う: N Engl J Med 2009;360:7-19.
明けましておめでとうございます。
新年早々、The New England Journal of Medicine最新号が発刊されました。
今年も一緒に読んでいきましょう。よろしくお願い申し上げます。

NEJM 1月1日号最初の原著論文は腎移植に関する内容です。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Machine Perfusion or Cold Storage in Deceased-Donor Kidney Transplantation (N Engl J Med 2009;360:7-19.)

今回の「起点となったわからないこと」はこれ。

Hypothermic machine perfusion may improve outcomes after transplantation, but few sufficiently powered prospective studies have addressed this possibility.(N Engl J Med 2009;360:7-19.)

では早速読んでいきましょう。

BACKGROUND

Static cold storage is generally used to preserve kidney allografts from deceased donors.(N Engl J Med 2009;360:7-19.)

Static cold storage 静的な冷却保存
 後に出てくる"hypothermic machine perfusion"が動的な冷却保存とすると、こちらは「静かに(浸漬して)保存している状態」を指します。
deceased 死去した
 
Hypothermic machine perfusion may improve outcomes after transplantation, (N Engl J Med 2009;360:7-19.)

 mayが使われていますので、確率は半々というところを考えているようですね。ここが著者らの想定する仮説です。

METHODS

In this international randomized, controlled trial, we randomly assigned one kidney from 336 consecutive deceased donors to machine perfusion and the other to cold storage.(N Engl J Med 2009;360:7-19.)

consecutive 連続した
one kidney ,,, and the other ,,,
 1対の腎を1個ずつ分けて割り付けたということです。

RESULTS

Delayed graft function developed in 70 patients in the machine-perfusion group versus 89 in the cold-storage group (adjusted odds ratio, 0.57; P=0.01).(N Engl J Med 2009;360:7-19.)

versus ~に対し
 2群の結果比較をversusをうまく使って記載しています。読んでわかりやすいですね。

CONCLUSIONS

Hypothermic machine perfusion was associated with a reduced risk of delayed graft function and improved graft survival in the first year after transplantation.(N Engl J Med 2009;360:7-19.)

was associated with ~と関連していた

 仮説は無事証明されました。著者らが何故このような仮説を立てたか、については本文の冒頭に述べられています。抄録にはそのあたり記載されていないのが、いかにも抄録らしいといえば抄録らしいです。(本文を読んでみる気を誘いますものね。)

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。「あけましておめでとう」の挨拶代わりに、どうぞ応援の1クリックをお願いします。元気が出ます。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 12:26:49 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。