■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Bcl-xLはなんと読む?:N Engl J Med 2008;359:2778-89.
NEJM 12月25日号3番目の原著論文の抄録を読んでいきましょう。同時にpodcastingも聞きながら読むという試みにもぜひチャレンジしてみてください。
今日のポイントはこれ。
「Bcl-xLはなんと読むでしょう?」
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Inhibition of the Bcl-xL Deamidation Pathway in Myeloproliferative Disorders (N Engl J Med 2008;359:2778-89.)

では早速読んでいきましょう。

BACKGROUND

The molecular mechanisms in myeloproliferative disorders that prevent apoptosis induced by damaged DNA are obscure.(N Engl J Med 2008;359:2778-89.)

obscure はっきりしない
 ここでもまた「わからないことが起点」 になっています。「どこがわからないか」を背景で述べる、というのが一つの型になっていますね。

METHODS

We searched for abnormalities of the proapoptotic Bcl-xL deamidation pathway in primary cells from patients with chronic myeloid leukemia (CML) or polycythemia vera, myeloproliferative disorders associated with the BCR-ABL fusion kinase and the Janus tyrosine kinase 2 (JAK2) V617F mutation, respectively.(N Engl J Med 2008;359:2778-89.)

Bcl-xL, JAK2

 下付き文字が記載できないので、正確には間違った表記ですがご容赦を。さて、podcast聞いてみましたか?読み方は確認できたでしょうか。"B-C-L-X-L"とアルファベット読みでしたね。他方、"JAK2"のほうは"Jack two"と読まれていたようでしたね。

RESULTS

Inhibition of the pathway was reversed by enforced alkalinization or overexpression of NHE-1, leading to a restoration of apoptosis.
(N Engl J Med 2008;359:2778-89.)

leading to その結果、~となる

CONCLUSIONS

BCR-ABL and mutant JAK2 inhibit the Bcl-xL deamidation pathway and the apoptotic response to DNA damage in primary cells from patients with CML or polycythemia vera.(N Engl J Med 2008;359:2778-89.)

with CML or polycythemia vera 慢性骨髄性白血病と真性多血症の
 "or"が使われています。意味としては"and"です。ここでなぜ"or"になるのか。実際、前のパラグラフ(RESULTS)ではandが使われています。

Imatinib or JAK2 inhibitors reversed inhibition of the pathway in cells from patients with CML and polycythemia vera, (N Engl J Med 2008;359:2778-89.)

調べた範囲では文法的にorでなければならない理由は見つかりませんでした。私の想像としてはCMLとPVは別の疾患であるので、orでやんわりとくくっているのでは、と。andだともっとがしっとまとめあげた群かな、なんて思いました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 11:41:03 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。