■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

December 18, 2008 vol.359 No23(2663-73.)
The New England Journal of Medicine 12月18日号掲載の3番目の原著論文は慢性前立腺炎の治療についてのものです。
下記のタイトルをクリックすると抄録が開きます。

Alfuzosin and Symptoms of Chronic Prostatitis–Chronic Pelvic Pain Syndrome

今日の注目表現はこちら。

A 4-point decrease is the minimal clinically significant difference in the score. (N Engl J Med 2008;359:2663-73.)

では抄録本文を読んでいきましょう。

BACKGROUND

... treatment with alpha-adrenergic receptor blockers early in the course of the disorder has been reported to be effective in some, but not all, relatively small randomized trials.(N Engl J Med 2008;359:2663-73.)

in some, but not all,  いくつかの、しかし全てではない
 1文が長いので主述を見失わないようにします。

METHODS

A 4-point decrease is the minimal clinically significant difference in the score.(N Engl J Med 2008;359:2663-73.)

the minimal clinically significant difference
 臨床的に有意差の出る最小単位、という意味です。

RESULTS

A total of 272 eligible participants underwent randomization, ,,, (N Engl J Med 2008;359:2663-73.)

underwent randomization 無作為振り分けを受けた

CONCLUSIONS

Our findings do not support the use of alfuzosin to reduce the symptoms of chronic prostatitis–chronic pelvic pain syndrome ... (N Engl J Med 2008;359:2663-73.)

Our findings do not support 我々の研究結果は~を支持しない
 結論の言い回しとして使えますね。

なかなか思った結果は出なかったようです。検討数の少ない研究では有用に見えても難しいんですねえ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版は南江堂サイトへ。

ブログランキング参加中。どうぞ応援の1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 13:27:49 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad