■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
October 9, 2008 vol.359 No14 (1555-64)
NEJM10月9日号2つめはインフルエンザワクチンについての原著論文です。
今日の注目表現はこれ。
Young infants and pregnant women are at increased risk for serious consequences of influenza infection.

ではタイトルから。

Effectiveness of Maternal Influenza Immunization in Mothers and Infants

Maternal 母体への

早速、本文へ参りましょう。

Background Young infants and pregnant women are at increased risk for serious consequences of influenza infection. Inactivated influenza vaccine is recommended for pregnant women but is not licensed for infants younger than 6 months of age. We assessed the clinical effectiveness of inactivated influenza vaccine administered during pregnancy in Bangladesh.

at increased risk for ~のリスクが高い
 ロングマン現代英英辞典によると、"increased risk = a higher risk than usual"とあります。従って、「通常よりハイリスクである」ということになります。
consequences 結果、影響
 resultと同義です。

Methods In this randomized study, we assigned 340 mothers to receive either inactivated influenza vaccine (influenza-vaccine group) or the 23-valent pneumococcal polysaccharide vaccine (control group). Mothers were interviewed weekly to assess illnesses until 24 weeks after birth. Subjects with febrile respiratory illness were assessed clinically, and ill infants were tested for influenza antigens. We estimated the incidence of illness, incidence rate ratios, and vaccine effectiveness.

febrile 熱のある、発熱した
 反対語はafebrileです。

Results Mothers and infants were observed from August 2004 through December 2005. Among infants of mothers who received influenza vaccine, there were fewer cases of laboratory-confirmed influenza than among infants in the control group (6 cases and 16 cases, respectively), with a vaccine effectiveness of 63% (95% confidence interval [CI], 5 to 85). Respiratory illness with fever occurred in 110 infants in the influenza-vaccine group and 153 infants in the control group, with a vaccine effectiveness of 29% (95% CI, 7 to 46). Among the mothers, there was a reduction in the rate of respiratory illness with fever of 36% (95% CI, 4 to 57).

a reduction in the rate of ~の率の低下
 単数形に注意。

Conclusions Inactivated influenza vaccine reduced proven influenza illness by 63% in infants up to 6 months of age and averted approximately a third of all febrile respiratory illnesses in mothers and young infants. Maternal influenza immunization is a strategy with substantial benefits for both mothers and infants.

averted (危険から)回避する
approximately およそ、約
substantial 実質上、事実上

残念ながら有意差はでなかったようですが、妊娠中のお母さんにワクチン接種すれば出産後の本人と赤ちゃんの両方にインフルエンザ防御と呼吸器感染防御の効果がある可能性がある、というのは費用対効果から考えても福音だと思いますね。

今回は平易な文章だったので、さらりと読めたのでは?

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。「読んでる人、いるのかなあ」といつも心配なので、是非1クリック、コメント、拍手をお願いしますね。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:臨床 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:40:23 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。