■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
September 11, 2008 vol.359 No12 (1238-51)
9月18日号掲載の4つめの原著を読みましょう。
タイトルは、
Aspirin and Extended-Release Dipyridamole versus Clopidogrel for Recurrent Stroke

Extended-Release 徐放性の
 extendというのは「四方へ広がっていくイメージ」なので、ゆっくりと拡散していく、というニュアンスを感じます。

では本文に入りましょう。

Background Recurrent stroke is a frequent, disabling event after ischemic stroke. This study compared the efficacy and safety of two antiplatelet regimens ― aspirin plus extended-release dipyridamole (ASA–ERDP) versus clopidogrel.

disabling 障害をきたす
versus 対
 「~vs~」と日本語でもよく見かけるのはこれのこと。

Methods In this double-blind, 2-by-2 factorial trial, we randomly assigned patients to receive 25 mg of aspirin plus 200 mg of extended-release dipyridamole twice daily or to receive 75 mg of clopidogrel daily. The primary outcome was first recurrence of stroke. The secondary outcome was a composite of stroke, myocardial infarction, or death from vascular causes. Sequential statistical testing of noninferiority (margin of 1.075), followed by superiority testing, was planned.

double-blind 2重盲検の
2-by-2 factorial trial 2x2要因デザイン
assigned 割り付けた
twice daily 1日2回
 紹介状でも使える表現です。
composite 複合

Results A total of 20,332 patients were followed for a mean of 2.5 years. Recurrent stroke occurred in 916 patients (9.0%) receiving ASA–ERDP and in 898 patients (8.8%) receiving clopidogrel (hazard ratio, 1.01; 95% confidence interval [CI], 0.92 to 1.11). The secondary outcome occurred in 1333 patients (13.1%) in each group (hazard ratio for ASA–ERDP, 0.99; 95% CI, 0.92 to 1.07). There were more major hemorrhagic events among ASA–ERDP recipients (419 [4.1%]) than among clopidogrel recipients (365 [3.6%]) (hazard ratio, 1.15; 95% CI, 1.00 to 1.32), including intracranial hemorrhage (hazard ratio, 1.42; 95% CI, 1.11 to 1.83). The net risk of recurrent stroke or major hemorrhagic event was similar in the two groups (1194 ASA–ERDP recipients [11.7%], vs. 1156 clopidogrel recipients [11.4%]; hazard ratio, 1.03; 95% CI, 0.95 to 1.11).

A total of 計~
 wereで受けていることに注意。
for a mean of 2.5 years 平均2.5年間
The net risk  正味のリスク
 net weightというと、風袋抜きの重量のことです。

Conclusions The trial did not meet the predefined criteria for noninferiority but showed similar rates of recurrent stroke with ASA–ERDP and with clopidogrel. There is no evidence that either of the two treatments was superior to the other in the prevention of recurrent stroke.

meet 満たした

これで今週号の全部の原著を読了しました。いかがでしたか。同じような表現がありましたね。何度も見ているうちに自分の中にすとんと落ちてきますよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 09:52:57 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。