■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
September 18, 2008 vol.359 No12 1225-37.
web版では先行発表された原著が載っていますが、ペーパー版に準じて読んでいきます。
3つめの原著はこれ。

Telmisartan to Prevent Recurrent Stroke and Cardiovascular Events

recurrent 再発性の

では順に読んでいきます。

Background Prolonged lowering of blood pressure after a stroke reduces the risk of recurrent stroke. In addition, inhibition of the renin–angiotensin system in high-risk patients reduces the rate of subsequent cardiovascular events, including stroke. However, the effect of lowering of blood pressure with a renin–angiotensin system inhibitor soon after a stroke has not been clearly established. We evaluated the effects of therapy with an angiotensin-receptor blocker, telmisartan, initiated early after a stroke.

Prolonged 長期の
In addition 更に
subsequent 引き続いて起きる
established 確立された
evaluated 評価した、検討した
 これは頻出語ですね。

Methods In a multicenter trial involving 20,332 patients who recently had an ischemic stroke, we randomly assigned 10,146 to receive telmisartan (80 mg daily) and 10,186 to receive placebo. The primary outcome was recurrent stroke. Secondary outcomes were major cardiovascular events (death from cardiovascular causes, recurrent stroke, myocardial infarction, or new or worsening heart failure) and new-onset diabetes.


In a multicenter trial 多施設共同試験
 直訳すると「多施設試験」ですが、日本語では「共同」が入ったほうがなじみがいいですね。
an ischemic stroke 虚血性脳卒中
assigned A and B AとBに割り付ける
 何度も出てきますね~。
new-onset 新規発症の

Results The median interval from stroke to randomization was 15 days. During a mean follow-up of 2.5 years, the mean blood pressure was 3.8/2.0 mm Hg lower in the telmisartan group than in the placebo group. A total of 880 patients (8.7%) in the telmisartan group and 934 patients (9.2%) in the placebo group had a subsequent stroke (hazard ratio in the telmisartan group, 0.95; 95% confidence interval [CI], 0.86 to 1.04; P=0.23). Major cardiovascular events occurred in 1367 patients (13.5%) in the telmisartan group and 1463 patients (14.4%) in the placebo group (hazard ratio, 0.94; 95% CI, 0.87 to 1.01; P=0.11). New-onset diabetes occurred in 1.7% of the telmisartan group and 2.1% of the placebo group (hazard ratio, 0.82; 95% CI, 0.65 to 1.04; P=0.10).

The median interval from stroke to randomization 脳卒中から無作為割付までの期間の中央値
During a mean follow-up of 2.5 years 2.5年の平均追跡期間中 
 これはなかなか使えそうな表現です。
3.8/2.0 mm Hg lower 3.8/2.0 mm Hg 低い
 シンプルですが、重要!

Conclusions Therapy with telmisartan initiated soon after an ischemic stroke and continued for 2.5 years did not significantly lower the rate of recurrent stroke, major cardiovascular events, or diabetes.

significantly 有意に 
 論文では必ずお世話になる副詞です。

結論は結局、あら、残念、ということですが、こういうnegative dataの積み重ねが重要ということでしょう。論文を書くときには、なんだか思ったとおりの結果が出ないとまずいような気になってしまいますが、そんなことないよ、と励まされました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 12:24:50 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。