■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
September 11, 2008 vol.359 No11 (1116-27)
NEJM9月11日号のoriginal articlesは3つなので、今日で全部読み終わりますよ。ファイト!

Platinum-Based Chemotherapy plus Cetuximab in Head and Neck Cancer

platinum-based chemotherapy プラチナ製剤による化学療法
plus プラス
 こういう言い方は思いつきやすくていいですね。しかもこれでOKなんてラッキー!
cetuximab セツキシマブ
 薬の名前です。こういう領域に身を置いていない方には馴染みがないでしょうが、ひるまずにGO!

では抄録に入ります。
Background Cetuximab is effective in platinum-resistant recurrent or metastatic squamous-cell carcinoma of the head and neck. We investigated the efficacy of cetuximab plus platinum-based chemotherapy as first-line treatment in patients with recurrent or metastatic squamous-cell carcinoma of the head and neck.

platinum-resistant プラチナ製剤抵抗性の
 "...-resisitant"というのは「~抵抗性の」という常用句。感染症関係でもよく見かけます。
recurrent 再発性の
 ガン領域の話題では頻出。(心情的には、頻出してほしくない再発ですけど。)
investigated 検討する
 studyよりはちょっと格調高い感じがしますね。
first-line treatment 一次療法
 よく日本語では「ファーストチョイス」と言いますが、英語ではこれ。

Methods We randomly assigned 220 of 442 eligible patients with untreated recurrent or metastatic squamous-cell carcinoma of the head and neck to receive cisplatin (at a dose of 100 mg per square meter of body-surface area on day 1) or carboplatin (at an area under the curve of 5 mg per milliliter per minute, as a 1-hour intravenous infusion on day 1) plus fluorouracil (at a dose of 1000 mg per square meter per day for 4 days) every 3 weeks for a maximum of 6 cycles and 222 patients to receive the same chemotherapy plus cetuximab (at a dose of 400 mg per square meter initially, as a 2-hour intravenous infusion, then 250 mg per square meter, as a 1-hour intravenous infusion per week) for a maximum of 6 cycles. Patients with stable disease who received chemotherapy plus cetuximab continued to receive cetuximab until disease progression or unacceptable toxic effects, whichever occurred first.

randomly 無作為に
assigned  割り付ける
 1つめの論文でこれの受動態をやりましたね。覚えてますか?
per square meter of body-surface area /m2
 1平方メートルの体表面積あたり、ということ。抗ガン剤投与ではよく使いますね。
on day 1 1日目に
 直接的でわかりやすい、理系英語の典型例です。2日目は、だから、on day 2。簡単!
every 3 weeks for a maximum of 6 cycles 3週ごとに最長6サイクル(行う)
 日本語で言っても???になりそうですが。プロトコールによっては「6クール」なんて言ったりするので、英語にするとき、迷いますが、このようにcicleを使いましょう。
whichever occurred first どちらかが先に発現するまで
 要は「なにか不適切なことが起きたら(止めました)」ということです。

Results Adding cetuximab to platinum-based chemotherapy with fluorouracil (platinum–fluorouracil) significantly prolonged the median overall survival from 7.4 months in the chemotherapy-alone group to 10.1 months in the group that received chemotherapy plus cetuximab (hazard ratio for death, 0.80; 95% confidence interval, 0.64 to 0.99; P=0.04). The addition of cetuximab prolonged the median progression-free survival time from 3.3 to 5.6 months (hazard ratio for progression, 0.54; P<0.001) and increased the response rate from 20% to 36% (P<0.001). The most common grade 3 or 4 adverse events in the chemotherapy-alone and cetuximab groups were anemia (19% and 13%, respectively), neutropenia (23% and 22%), and thrombocytopenia (11% in both groups). Sepsis occurred in 9 patients in the cetuximab group and in 1 patient in the chemotherapy-alone group (P=0.02). Of 219 patients receiving cetuximab, 9% had grade 3 skin reactions and 3% had grade 3 or 4 infusion-related reactions. There were no cetuximab-related deaths.
 
Adding  ~を追加した
 これは下の方でThe addition of と言い換えて使っています。同じ表現を繰り返すとくどいので、こうした言い換えが必要です。
significantly 有意に
 結果の部分では超頻出。もちろん、「有意差がでるような」研究を組まなくてはなりませんが。
chemotherapy-alone 化学療法単独
 こういうときの、"-alone"という使い方、覚えておきましょう。
adverse events 有害事象
respectively それぞれ
 これは既出ですね。

Conclusions As compared with platinum-based chemotherapy plus fluorouracil alone, cetuximab plus platinum–fluorouracil chemotherapy improved overall survival when given as first-line treatment in patients with recurrent or metastatic squamous-cell carcinoma of the head and neck.

As compared with ~と比べて
improved 改善した

どうでしたか?これで9月11日号の原著original arcitlesの抄録は全部読了です。
実はあともう一つ、Brief report(短報)が載っていますけど。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。あなたも1クリック!お待ちしてます。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 10:11:35 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。