■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
Podcasting: September 25, 2008
今週のNEJMのpodcastingを聞いてみましょう。
このaudio summaryはNEJMのサイトの上の方にあるAUDIO SUMMARYというところをクリックしてくださいね。あるいは、AppleのiTuneのpodcastからも聞くことができます。

NEJMのpodcastingは毎回20分強の長さです。全部を聞き取ろうとすると大変ですから、冒頭のダイジェスト部分に集中しましょう。ここは今週号の目次ともいえるところで、長さは1分10秒。これならなんとかなりそうです。この部分はスクリプトがサイトに掲載されています。

では早速。今週は女性の声で始まります。
This audio summary is sponcered by Ortho-Mcneil-Janssen Pharmaceutical, Inc. Visit TOPAMAX360.com for practice management podcasts, sample and patient education resources and much more.
ここは毎週同じですね。何回か聞いた方はもう大丈夫でしょうか。

では本文へ。スクリプトとは違う部分は聞き取って赤字で書いておきます。
Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week of September 25th, 2008. I'm Dr. Michael Bierer. This week's issue features This summary covers the issue of September 25, 2008. Featured are articles on thrombolysis with alteplase 3 to 4.5 hours after acute ischemic stroke, drug-eluting or bare-metal stents for acute myocardial infarction, intensive lipid lowering with simvastatin and ezetimibe in aortic stenosis, analyses of cancer data from three ezetimibe trials, and cell therapies for muscular dystrophy; a review article on lung cancer; a case report of a woman with a mass in the breast and a solitary lesion in the spine; and Perspective articles on the controversy surrounding statin treatment in children the storm over statins and an update on campaign contributions, lobbying, and the U.S. health sector.

3 to 4.5 hours three to four and a half hours
こうした数字の読み方は弱いところですが、聞き取って、自分が使うときの参考にしましょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックでがんばってます。
FC2医学ランキングで、ほんの一瞬だけ、3位に入りました。わーい。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

スポンサーサイト

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 07:33:10 | Trackback(0) | Comments(0)
September 25, 2008 vol.359 No13 (1357-66)
9月25日号にはSpecial articleが掲載されています。これは9月2日のweb版に先行発表されたものです。これも全文が無料で読めます。

では早速、タイトルから。
Analyses of Cancer Data from Three Ezetimibe Trials

Analyses 分析
Trials 試験

本文に入りましょう。
Background Five years of statin therapy lowers low-density lipoprotein (LDL) cholesterol substantially and, over a 5-year period, results in reductions in the incidence of cardiovascular events. The Simvastatin and Ezetimibe in Aortic Stenosis (SEAS) trial (ClinicalTrials.gov number, NCT00092677 [ClinicalTrials.gov] ) has raised the hypothesis that adding ezetimibe to statin therapy for larger LDL cholesterol reductions might increase the incidence of cancer.

substantially 大幅に
results in ~に帰着する、~に結果としてもたらす
raised the hypothesis 仮説を立てる、仮説を提起する

Methods We compared the results of a hypothesis-generating analysis of the incidence of cancer in the SEAS trial of ezetimibe plus simvastatin in 1873 patients (mean follow-up after ezetimibe or matching placebo was begun, 4.1 years) with a hypothesis-testing analysis of cancer data from the two large ongoing trials of this regimen: the Study of Heart and Renal Protection (SHARP) (NCT00125593 [ClinicalTrials.gov] ) with 9264 patients (mean follow-up, 2.7 years) and the Improved Reduction of Outcomes: Vytorin Efficacy International Trial (IMPROVE-IT) (NCT00202878 [ClinicalTrials.gov] ), currently with 11,353 patients (mean follow-up, 1.0 year).

hypothesis-generating  仮説生成型の、仮説を惹起する
 generateは生み出す、生成するという意味です。
hypothesis-testing 仮説検証型の
 前のと対になっています。
ongoing 現在進行中の

Results In the SEAS trial, assignment to ezetimibe was associated with an increase in any new onset of cancer (101 patients in the active-treatment group vs. 65 in the control group) from several cancer sites. In SHARP and IMPROVE-IT combined, there was no overall excess of cancer (313 active-treatment vs. 326 control; risk ratio, 0.96; 95% confidence interval, 0.82 to 1.12; P=0.61) and no significant excess at any particular site. Among patients assigned to ezetimibe, there were more, albeit not significantly more, deaths from cancer (97, vs. 72 in the control group; P=0.07), but there were also fewer, although not significantly fewer, other cases of cancer (216, vs. 254 in the control group; P=0.08). There was no evidence of a trend in the risk ratio for incidence of or death from cancer with increasing duration of follow-up.
 
assignment 割付
overall  総
assigned to ~に割り付けられた
 もうおなじみですね。
albeit ....にもかかわらず
 althoughという意味です。あまり見かけない語かも。

Conclusions The available results from these three trials do not provide credible evidence of any adverse effect of ezetimibe on rates of cancer. Follow-up of longer duration will permit the balance of risks and benefits to be determined more reliably.

available 利用可能な、得られる
the balance of risks and benefits リスクと利益のバランス
 日本語で言うところの「メリット、デメリット」です。

今週号掲載の原著論文はこれで全部です。いかがですか。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。いつも応援ありがとうございます。ぜひ、1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

昨日も拍手を頂き、感謝しております。これを励みに続けていきま~す。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:18:09 | Trackback(0) | Comments(0)
September 25, 2008 vol.359 No13 (1343-56)
NEJM 9月25日号3つめの原著論文を読みましょう。
これは全文が無料で閲覧できます。興味のある方、力試ししてみたい方はどうぞ。

ではまずタイトルから。
Intensive Lipid Lowering with Simvastatin and Ezetimibe in Aortic Stenosis

Intensive 積極的な、集中的な
 ICUのIはこれです。

本文に進みましょう。
Background Hyperlipidemia has been suggested as a risk factor for stenosis of the aortic valve, but lipid-lowering studies have had conflicting results.

Hyperlipidemia 脂質異常症
 日本語では「脂質異常症」と名称変更になりましたが、英語ではやっぱり「高脂血症」なんですね。
conflicting 矛盾する、相容れない
 conflictは争うという意味なので、いろんな結果が出て対立しているイメージです。

Methods We conducted a randomized, double-blind trial involving 1873 patients with mild-to-moderate, asymptomatic aortic stenosis. The patients received either 40 mg of simvastatin plus 10 mg of ezetimibe or placebo daily. The primary outcome was a composite of major cardiovascular events, including death from cardiovascular causes, aortic-valve replacement, nonfatal myocardial infarction, hospitalization for unstable angina pectoris, heart failure, coronary-artery bypass grafting, percutaneous coronary intervention, and nonhemorrhagic stroke. Secondary outcomes were events related to aortic-valve stenosis and ischemic cardiovascular events.

conducted 実施した
 「実験、研究を行った」というときに使う動詞、いろいろ出てきてますね。これもボキャブラリーに追加しましょう。
The primary outcome 主要転帰
 secondary outcomes 副次的転帰も出てきます。対になっていますね。
composite 複合
 以前にも出てきましたね。
nonfatal 致死的でない

Results During a median follow-up of 52.2 months, the primary outcome occurred in 333 patients (35.3%) in the simvastatin–ezetimibe group and in 355 patients (38.2%) in the placebo group (hazard ratio in the simvastatin–ezetimibe group, 0.96; 95% confidence interval [CI], 0.83 to 1.12; P=0.59). Aortic-valve replacement was performed in 267 patients (28.3%) in the simvastatin–ezetimibe group and in 278 patients (29.9%) in the placebo group (hazard ratio, 1.00; 95% CI, 0.84 to 1.18; P=0.97). Fewer patients had ischemic cardiovascular events in the simvastatin–ezetimibe group (148 patients) than in the placebo group (187 patients) (hazard ratio, 0.78; 95% CI, 0.63 to 0.97; P=0.02), mainly because of the smaller number of patients who underwent coronary-artery bypass grafting. Cancer occurred more frequently in the simvastatin–ezetimibe group (105 vs. 70, P=0.01).

During a median follow-up of 52.2 months 中央値52.2か月の経過観察期間中
was performed 施行された
underwent(検査、手術などを)受けた
 perform とundergoは検査、手術などを施行するというときによく使う動詞です。

Conclusions Simvastatin and ezetimibe did not reduce the composite outcome of combined aortic-valve events and ischemic events in patients with aortic stenosis. Such therapy reduced the incidence of ischemic cardiovascular events but not events related to aortic-valve stenosis.

reduce 減少する

ちょっと微妙な書きぶりの結論でしたね。
抄録を読んだだけではなんだかすっきりしないぞ、結局どうしたらいいんだ、ともやもやする方は、全文を是非。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。応援ありがとうございます。どうぞ1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

それから、昨日、拍手をくださった方、ありがとうございます。励みになりまーす。

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 07:17:38 | Trackback(0) | Comments(0)
September 25, 2008 vol.359 No13 (1330-42)
NEJM9月25日号の2つめの原著論文を読んでみましょう。
まずはタイトルから。
Drug-Eluting or Bare-Metal Stents for Acute Myocardial Infarction

Drug-Eluting 薬剤溶出性の
Bare-Metal 金属がむき出しの
 bareというのは、裸の、とか、むき出しの、という意味です。bare-shoulderは肩がむきっと出たお洋服のこと。

では本文へ。
Background Studies comparing percutaneous coronary intervention (PCI) with drug-eluting and bare-metal coronary stents in acute myocardial infarction have been limited in size and duration.

comparing A with B AとBを比べる
 よく出てきますね。
size 研究の規模

Methods We identified all adults undergoing PCI with stenting for acute myocardial infarction between April 1, 2003, and September 30, 2004, at any acute care, nonfederal hospital in Massachusetts with the use of a state-mandated database of PCI procedures. We performed propensity-score matching on three groups of patients: all patients with acute myocardial infarction, all those with acute myocardial infarction with ST-segment elevation, and all those with acute myocardial infarction without ST-segment elevation. Propensity-score analyses were based on clinical, procedural, hospital, and insurance information collected at the time of the index procedure. Differences in the risk of death between patients receiving drug-eluting stents and those receiving bare-metal stents were determined from vital-statistics records.

undergoing ~を受けた
 検査や処置を受けたというときの頻出動詞!
at any acute care, nonfederal hospital いかなる非連邦急性期病院
 「全ての」という意味になります。こういうanyの使い方は思いつきにくいですね。
state-mandated 州で義務づけられている
performed 実施した
 これも頻出動詞。
propensity-score matching 傾向スコアマッチング
index procedure 指標となる処置

Results A total of 7217 patients were treated for acute myocardial infarction (4016 with drug-eluting stents and 3201 with bare-metal stents). According to analysis of matched pairs, the 2-year, risk-adjusted mortality rates were lower for drug-eluting stents than for bare-metal stents among all patients with myocardial infarction (10.7% vs. 12.8%, P=0.02), among patients with myocardial infarction with ST-segment elevation (8.5% vs. 11.6%, P=0.008), and among patients with myocardial infarction without ST-segment elevation (12.8% vs. 15.6%, P=0.04). The 2-year, risk-adjusted rates of recurrent myocardial infarction were reduced in patients with myocardial infarction without ST-segment elevation who were treated with drug-eluting stents, and repeat revascularization rates were significantly reduced with the use of drug-eluting stents as compared with bare-metal stents in all groups.
 
A total of ... were 全...は
 Aではじまっても、複数形wereで受けることに注意。
According to ~によれば
the 2-year, risk-adjusted mortality rates リスク補正後の2年死亡率
 理系の英語、という感じですね。
vs. 対
 ドットの位置に注意。

Conclusions In patients presenting with acute myocardial infarction, treatment with drug-eluting stents is associated with decreased 2-year mortality rates and a reduction in the need for repeat revascularization procedures as compared with treatment with bare-metal stents.

presenting with ~を呈する
is associated with と関連している

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。おかげさまで、にほんブログ村のほうで、瞬間1位になりました。どうぞ1クリックを。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 08:35:56 | Trackback(0) | Comments(0)
September 25, 2008 vol.359 No13 (1317-29)
9月25日号のNEJMの1つめの原著論文original articleから読んでいきましょう。
といっても、Abstract部分だけです。
ここは投稿規定から250語以内で書かれている上、論文のキモが詰まってます。
つまり、「読みやすい」プラス「情報量として必要十分」ということ!

さあ、早速、いってみましょう。
まずはタイトル。
Thrombolysis with Alteplase 3 to 4.5 Hours after Acute Ischemic Stroke

Thrombolysis 血栓溶解療法
3 to 4.5 Hours 3~4.5時間後

では本文です。
Background Intravenous thrombolysis with alteplase is the only approved treatment for acute ischemic stroke, but its efficacy and safety when administered more than 3 hours after the onset of symptoms have not been established. We tested the efficacy and safety of alteplase administered between 3 and 4.5 hours after the onset of a stroke.

approved 承認された、よいとして認められた
administered 投与された
onset 発症
 症例報告ではよく使いますね。
tested 試験を行った
 こんな簡単な単語でもここで十分使えることがうれしいですね。

Methods After exclusion of patients with a brain hemorrhage or major infarction, as detected on a computed tomographic scan, we randomly assigned patients with acute ischemic stroke in a 1:1 double-blind fashion to receive treatment with intravenous alteplase (0.9 mg per kilogram of body weight) or placebo. The primary end point was disability at 90 days, dichotomized as a favorable outcome (a score of 0 or 1 on the modified Rankin scale, which has a range of 0 to 6, with 0 indicating no symptoms at all and 6 indicating death) or an unfavorable outcome (a score of 2 to 6 on the modified Rankin scale). The secondary end point was a global outcome analysis of four neurologic and disability scores combined. Safety end points included death, symptomatic intracranial hemorrhage, and other serious adverse events.

exclusion 除外
as detected on ~で検出した
 onを使うことに注目。
assigned 割り付けた
 超頻出語ですね。
in a 1:1 double-blind fashion 1:1の二重盲検法で
The primary end point 第1のエンドポイントは
 The secondary end point やSafety end pointsも次に出てきています。最近はend pointという概念が流行のようですね。文字通り、「最終到達地点」というイメージだと思います。
dichotomized 2つに分ける、2分する
 これはちょっと難しい単語。

Results We enrolled a total of 821 patients in the study and randomly assigned 418 to the alteplase group and 403 to the placebo group. The median time for the administration of alteplase was 3 hours 59 minutes. More patients had a favorable outcome with alteplase than with placebo (52.4% vs. 45.2%; odds ratio, 1.34; 95% confidence interval [CI], 1.02 to 1.76; P=0.04). In the global analysis, the outcome was also improved with alteplase as compared with placebo (odds ratio, 1.28; 95% CI, 1.00 to 1.65; P<0.05). The incidence of intracranial hemorrhage was higher with alteplase than with placebo (for any intracranial hemorrhage, 27.0% vs. 17.6%; P=0.001; for symptomatic intracranial hemorrhage, 2.4% vs. 0.2%; P=0.008). Mortality did not differ significantly between the alteplase and placebo groups (7.7% and 8.4%, respectively; P=0.68). There was no significant difference in the rate of other serious adverse events.

enrolled 登録する、エントリーする
 これもよく使われる語です。
a total of 全部で
as compared with ~と比較して
Mortality 死亡率
There was no significant difference 有意差はなかった
 これは有意差がないときの決まり文句です。

Conclusions As compared with placebo, intravenous alteplase administered between 3 and 4.5 hours after the onset of symptoms significantly improved clinical outcomes in patients with acute ischemic stroke; alteplase was more frequently associated with symptomatic intracranial hemorrhage.

As compared with ~と比べて
 また出てきましたね。
outcomes 結果、転帰

いかがでしたか。毎回読んでいくことで、徐々にチカラと知識がたまってきますよ。
 
NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。励みになりますので、1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 06:12:20 | Trackback(0) | Comments(0)
NEJM e-mail配信: September 25, 2008
本日、NEJMの最新号が出ました。
メール配信を申し込まれた方は、今朝7時過ぎに届いたはず。
無料配信なので、ぜひどうぞ。
申し込みは、NEJMのトップページにある、FREE NEJM TOCをクリック。
TOCというのはTable of Contentsの略で、いわゆる目次です。

では、今週のTOCの中から原著論文のタイトルを見てみましょう。

Original Articles

Thrombolysis with Alteplase 3 to 4.5 Hours after Acute Ischemic Stroke
W. Hacke and Others

Drug-Eluting or Bare-Metal Stents for Acute Myocardial Infarction
L. Mauri and Others

Intensive Lipid Lowering with Simvastatin and Ezetimibe in Aortic Stenosis
A.B. Rossebø and Others
Free Full Text


3つめの原著は全文が無料で公開されていますね。力試しに全部読んでみたいという方にはうってつけですね。

また今回のNEJMではアメリカ大統領選挙に向けた記事もあります。各陣営の医療政策が展開されていますよ。

興味をひくタイトルはありましたか?
次回からまた順に読んでいきましょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。励みになりますので、ぜひ1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

E-MAIL TABLE OF CONTENTS | 10:53:14 | Trackback(0) | Comments(0)
Podcasting: September 18, 2008
今週のNEJMのpodcastingを聞いてみましょう。
このaudio summaryはNEJMのサイトの上の方にあるAUDIO SUMMARYというところをクリックしてくださいね。あるいは、AppleのiTuneのpodcastからも聞くことができます。

今回も長さにして20分を超えています。全部聞き取る、というような壮大なことは考えず、まずは最初の1分10秒に集中!
ここで今週号のダイジェスト(ほぼ目次相当)が流れます。このダイジェスト部分のみサイトでスクリプトも記載されているので、参考にしてください。
原著論文についてはすでに抄録を読んでいますし、タイトルも見ていますから、聞き取りやすいかと思いますが、いかがでしょう。

では、行ってみましょう。

今回は最初、男性の声で始まります。
This audio summary is sponcered by Ortho-Mcneil-Janssen Pharmaceutical, Inc. Visit TOPAMAX360.com for practice management podcasts, sample and patient education resources and much more.
ここはスクリプトにも書いてない上、やや早口なので面食らいますが、大丈夫。「この番組の提供は~」と言ってるだけですし、しかも毎週、同じです。

では次に本文。スクリプトにはなく、聞き取った部分は赤字で書きます。
Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week of September 18th, 2008. I'm Dr. Lise Johnson. This week's issue features articles on the accuracy of CT colonography for detection of large adenomas and cancers, five-year risk of colorectal neoplasia after negative screening colonoscopycolonoscopic examination, telmisartan to prevent recurrent stroke and cardiovascular events, and aspirin and extended-release dipyridamole versus clopidogrel for recurrent stroke; review articles on food allergy and on platelets, petechiae, and preservation of the vascular wall; a case report of a man with weight loss and abdominal pain; and Perspective articles on emerging models of provider-payment reform, on testing a new model of care delivery, and on building a medical neighborhood for the medical home.

今週は女性のJohnson先生がナレーターですね。
スクリプトとは違うところは赤字で書いてあります。
聞いていて、telmisartanなど薬剤名はあれって思いませんでした?日本語では平板に「てるみさるたん」と言いますから、アクセントが頭にあると驚きますね。

明日はまた最新号が出ますよ。
NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。応援ありがとうございます。励みになる1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 08:27:35 | Trackback(0) | Comments(0)
September 11, 2008 vol.359 No12 (1238-51)
9月18日号掲載の4つめの原著を読みましょう。
タイトルは、
Aspirin and Extended-Release Dipyridamole versus Clopidogrel for Recurrent Stroke

Extended-Release 徐放性の
 extendというのは「四方へ広がっていくイメージ」なので、ゆっくりと拡散していく、というニュアンスを感じます。

では本文に入りましょう。

Background Recurrent stroke is a frequent, disabling event after ischemic stroke. This study compared the efficacy and safety of two antiplatelet regimens ― aspirin plus extended-release dipyridamole (ASA–ERDP) versus clopidogrel.

disabling 障害をきたす
versus 対
 「~vs~」と日本語でもよく見かけるのはこれのこと。

Methods In this double-blind, 2-by-2 factorial trial, we randomly assigned patients to receive 25 mg of aspirin plus 200 mg of extended-release dipyridamole twice daily or to receive 75 mg of clopidogrel daily. The primary outcome was first recurrence of stroke. The secondary outcome was a composite of stroke, myocardial infarction, or death from vascular causes. Sequential statistical testing of noninferiority (margin of 1.075), followed by superiority testing, was planned.

double-blind 2重盲検の
2-by-2 factorial trial 2x2要因デザイン
assigned 割り付けた
twice daily 1日2回
 紹介状でも使える表現です。
composite 複合

Results A total of 20,332 patients were followed for a mean of 2.5 years. Recurrent stroke occurred in 916 patients (9.0%) receiving ASA–ERDP and in 898 patients (8.8%) receiving clopidogrel (hazard ratio, 1.01; 95% confidence interval [CI], 0.92 to 1.11). The secondary outcome occurred in 1333 patients (13.1%) in each group (hazard ratio for ASA–ERDP, 0.99; 95% CI, 0.92 to 1.07). There were more major hemorrhagic events among ASA–ERDP recipients (419 [4.1%]) than among clopidogrel recipients (365 [3.6%]) (hazard ratio, 1.15; 95% CI, 1.00 to 1.32), including intracranial hemorrhage (hazard ratio, 1.42; 95% CI, 1.11 to 1.83). The net risk of recurrent stroke or major hemorrhagic event was similar in the two groups (1194 ASA–ERDP recipients [11.7%], vs. 1156 clopidogrel recipients [11.4%]; hazard ratio, 1.03; 95% CI, 0.95 to 1.11).

A total of 計~
 wereで受けていることに注意。
for a mean of 2.5 years 平均2.5年間
The net risk  正味のリスク
 net weightというと、風袋抜きの重量のことです。

Conclusions The trial did not meet the predefined criteria for noninferiority but showed similar rates of recurrent stroke with ASA–ERDP and with clopidogrel. There is no evidence that either of the two treatments was superior to the other in the prevention of recurrent stroke.

meet 満たした

これで今週号の全部の原著を読了しました。いかがでしたか。同じような表現がありましたね。何度も見ているうちに自分の中にすとんと落ちてきますよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 09:52:57 | Trackback(0) | Comments(0)
September 18, 2008 vol.359 No12 1225-37.
web版では先行発表された原著が載っていますが、ペーパー版に準じて読んでいきます。
3つめの原著はこれ。

Telmisartan to Prevent Recurrent Stroke and Cardiovascular Events

recurrent 再発性の

では順に読んでいきます。

Background Prolonged lowering of blood pressure after a stroke reduces the risk of recurrent stroke. In addition, inhibition of the renin–angiotensin system in high-risk patients reduces the rate of subsequent cardiovascular events, including stroke. However, the effect of lowering of blood pressure with a renin–angiotensin system inhibitor soon after a stroke has not been clearly established. We evaluated the effects of therapy with an angiotensin-receptor blocker, telmisartan, initiated early after a stroke.

Prolonged 長期の
In addition 更に
subsequent 引き続いて起きる
established 確立された
evaluated 評価した、検討した
 これは頻出語ですね。

Methods In a multicenter trial involving 20,332 patients who recently had an ischemic stroke, we randomly assigned 10,146 to receive telmisartan (80 mg daily) and 10,186 to receive placebo. The primary outcome was recurrent stroke. Secondary outcomes were major cardiovascular events (death from cardiovascular causes, recurrent stroke, myocardial infarction, or new or worsening heart failure) and new-onset diabetes.


In a multicenter trial 多施設共同試験
 直訳すると「多施設試験」ですが、日本語では「共同」が入ったほうがなじみがいいですね。
an ischemic stroke 虚血性脳卒中
assigned A and B AとBに割り付ける
 何度も出てきますね~。
new-onset 新規発症の

Results The median interval from stroke to randomization was 15 days. During a mean follow-up of 2.5 years, the mean blood pressure was 3.8/2.0 mm Hg lower in the telmisartan group than in the placebo group. A total of 880 patients (8.7%) in the telmisartan group and 934 patients (9.2%) in the placebo group had a subsequent stroke (hazard ratio in the telmisartan group, 0.95; 95% confidence interval [CI], 0.86 to 1.04; P=0.23). Major cardiovascular events occurred in 1367 patients (13.5%) in the telmisartan group and 1463 patients (14.4%) in the placebo group (hazard ratio, 0.94; 95% CI, 0.87 to 1.01; P=0.11). New-onset diabetes occurred in 1.7% of the telmisartan group and 2.1% of the placebo group (hazard ratio, 0.82; 95% CI, 0.65 to 1.04; P=0.10).

The median interval from stroke to randomization 脳卒中から無作為割付までの期間の中央値
During a mean follow-up of 2.5 years 2.5年の平均追跡期間中 
 これはなかなか使えそうな表現です。
3.8/2.0 mm Hg lower 3.8/2.0 mm Hg 低い
 シンプルですが、重要!

Conclusions Therapy with telmisartan initiated soon after an ischemic stroke and continued for 2.5 years did not significantly lower the rate of recurrent stroke, major cardiovascular events, or diabetes.

significantly 有意に 
 論文では必ずお世話になる副詞です。

結論は結局、あら、残念、ということですが、こういうnegative dataの積み重ねが重要ということでしょう。論文を書くときには、なんだか思ったとおりの結果が出ないとまずいような気になってしまいますが、そんなことないよ、と励まされました。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 12:24:50 | Trackback(0) | Comments(0)
September 18, 2008 VOLUME 359: 1218-1224
NEJM 9月18日号2つめの原著も大腸関連です。
早速、いきましょう。
まずはタイトル。

Five-Year Risk of Colorectal Neoplasia after Negative Screening Colonoscopy

five year risk 5年リスク
 5年目のリスク評価ということです。


では本文に入ります。
Background The appropriate interval for endoscopic rescreening after a negative colonoscopic examination is uncertain.
 
appropriate 適切な

非常にシンプルな「背景」説明です。

Methods We identified persons with no adenomas on baseline screening colonoscopy who returned at 5 years for follow-up colonoscopy. Findings were categorized according to the most advanced lesion present: no polyp, a hyperplastic polyp, a tubular adenoma less than 1 cm in diameter, an advanced adenoma (a tubular adenoma ?1 cm in diameter or a polyp with villous histologic features or high-grade dysplasia), or a cancer.

identified 同定した
baseline ベースラインの、基準となる

at 5 years 5年目に
less than 1 cm in diameter 1cm以下の
 直径の言い方は前回もありましたね。これでもう完璧!

Results Baseline screening colonoscopy had identified 2436 persons with no adenomas; 1256 of them (51.6%) were rescreened a mean (±SD) of 5.34±1.34 years later. The mean age of this group at baseline was 56.7 years; 56.7% of its members were men. No cancers were found on rescreening (95% confidence interval [CI] for the detection rate, 0 to 0.24%). One or more adenomas were found in 201 persons (16.0%). A total of 19 advanced adenomas, of which 10 (52.6%) were distal to the splenic flexure, were found in 16 persons (1.3%). The risk of an advanced adenoma did not differ significantly between persons with no polyps at baseline and those with hyperplastic polyps at baseline (1.1% [12 of 1057] and 2.0% [4 of 199], respectively; P=0.30). Men were more likely than women to have any adenoma (tubular less than 1 cm in diameter or advanced) (relative risk, 1.88; 95% CI, 1.42 to 2.51) and to have an advanced adenoma (relative risk, 3.31; 95% CI, 1.02 to 10.8).

a mean (±SD) of 5.34±1.34 years later 平均5.34±1.34年後
 a mean of ..... years laterで覚えておきましょう。
56.7 years 56.7歳
 
年齢のことを言っているのですが、主語がageなので、....yearsのままでOK。
more likely than ~よりもよりなりそうだ

Conclusions Among persons with no colorectal neoplasia on initial screening colonoscopy, the 5-year risk of colorectal cancer is extremely low. The risk of advanced adenoma is also low, although it is higher among men than among women. Our findings support a rescreening interval of 5 years or longer after a normal colonoscopic examination.

support 支持する

比較的平易な英文で書かれた抄録でしたね。



NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:23:46 | Trackback(0) | Comments(0)
September 18, 2008 Volume 359:1207-1217
NEJM9月18日号の原著Original articlesの抄録Abstractを順番に読んでいきましょう。
Abstractを読むメリットは次の3つ。
1. 投稿規定上、250語以内で書かれているので読みやすい。
2. 論文を書くときに使える表現が濃縮されて詰まっている。
3. 原著の内容を必要十分だけ得られる。

そうでなくても忙しいんですから、最小限の時間で最大限の収穫を得ましょう。

まずおさらい。Abstractは4つのパートからできています。
Background 背景
Methods 方法
Results 結果
Conclusions 結論

Background以外はみんな複数形ですよ。

では早速、今週号の1つめの原著から。
タイトルです。
Accuracy of CT Colonography for Detection of Large Adenomas and Cancers

accuracy 精度、正確さ
colonography コロノグラフィー
 新しい技術なので日本語訳としてはカタカナ表記しかないですね。
detection 検出
 動詞のdetectもよくお世話になります。
adenomas 腺腫

次に進みましょう。

Background Computed tomographic (CT) colonography is a noninvasive option in screening for colorectal cancer. However, its accuracy as a screening tool in asymptomatic adults has not been well defined.

noninvasive 非侵襲的な
 反対語はinvasive
However しかし
 "But"といいたいところですが、格調高く、ここはHowever。
asymptomatic 無症状の
 カルテ記載でも使えます。

Methods We recruited 2600 asymptomatic study participants, 50 years of age or older, at 15 study centers. CT colonographic images were acquired with the use of standard bowel preparation, stool and fluid tagging, mechanical insufflation, and multidetector-row CT scanners (with 16 or more rows). Radiologists trained in CT colonography reported all lesions measuring 5 mm or more in diameter. Optical colonoscopy and histologic review were performed according to established clinical protocols at each center and served as the reference standard. The primary end point was detection by CT colonography of histologically confirmed large adenomas and adenocarcinomas (10 mm in diameter or larger) that had been detected by colonoscopy; detection of smaller colorectal lesions (6 to 9 mm in diameter) was also evaluated.

recruited 募集した、募った
participants 参加者
50 years of age or older 50歳以上の
 この表現、使えそうですね。
standard bowel preparation 標準的な腸管前処置
 下剤を飲んだりして、腸の中をきれいにしてもらうあれです。
stool and fluid tagging 便と腸内液の標識
 tagというのはブログ作りでもよく使うタグですが、値札とか鑑札とかという意味もあります。dog tagとかね。
insufflation 送気
multidetector-row CT scanners マルチスライスCTスキャナー
 日本語の方は臨床でよく見かけますが、これを英語で言うとこうなります。
5 mm or more in diameter 5mm以上の直径の
 in diameterで直径~という表現になります。
were performed 施行された
according to ~に従って
as the reference standard 評価基準として
 referenceというのは参照という意味。参考文献というときにもreferencesを使います。
end point 最終目的地点、エンドポイント
 日本語でもそのまま使ってますね。

Results Complete data were available for 2531 participants (97%). For large adenomas and cancers, the mean (±SE) per-patient estimates of the sensitivity, specificity, positive and negative predictive values, and area under the receiver-operating-characteristic curve for CT colonography were 0.90±0.03, 0.86±0.02, 0.23±0.02, 0.99±<0.01, and 0.89±0.02, respectively. The sensitivity of 0.90 (i.e., 90%) indicates that CT colonography failed to detect a lesion measuring 10 mm or more in diameter in 10% of patients. The per-polyp sensitivity for large adenomas or cancers was 0.84±0.04. The per-patient sensitivity for detecting adenomas that were 6 mm or more in diameter was 0.78.

were available 使用できた、利用可能だった、得られた
i.e. すなわち
 ラテン語で id est。that isという意味です。
indicates 示す
 これも頻出動詞。
in 10% of patients 患者の10%で
 inを使うことに注目。

Conclusions In this study of asymptomatic adults, CT colonographic screening identified 90% of subjects with adenomas or cancers measuring 10 mm or more in diameter. These findings augment published data on the role of CT colonography in screening patients with an average risk of colorectal cancer.

90% of subjects 被験者の90%で
 「~の...%」という言い方はもうOKですね。
These findings こうした所見
augment 増やす
 augment dataということですから、知見を増やしたという意味になります。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 05:55:40 | Trackback(0) | Comments(0)
NEJM e-mail配信:September 18, 2008
本日、NEJMの最新号September 18, 2008が出ました。
NEJMでは英語サイトから登録すると、発売と同時に、今週号の目次をメール配信してくれます。もちろん、無料
私も申し込んでいますが、毎週木曜日の朝7時過ぎに届きます。
1週間の後半をNEJMからの最新メールでスタート、なんていかがですか。

今週のメールから。
今回はOriginal articlesが4つとONLINE FIRSTが1つありますね。
Accuracy of CT Colonography for Detection of Large Adenomas and Cancers
C.D. Johnson and Others

Five-Year Risk of Colorectal Neoplasia after Negative Screening Colonoscopy
T.F. Imperiale and Others

Telmisartan to Prevent Recurrent Stroke and Cardiovascular Events
S. Yusuf and Others

Aspirin and Extended-Release Dipyridamole versus Clopidogrel for Recurrent Stroke
R.L. Sacco and Others

Effectiveness of Maternal Influenza Immunization in Mothers and Infants
K. Zaman and Others
ONLINE FIRST Free Full Text


ONLINE FIRSTというのはウェブ版で先行掲載、ということです。一刻を争う、重要な内容ということなのでしょう。そういうわけで、こちらについては今週の本誌には未掲載です。ただし、全文をweb上で無料FREE FULL TEXTで読めます。これは大サービスですね。(通常は有料です。)
メールにはタイトルが掲載され、それぞれクリックするとAbstractに飛びます。

興味をひく論文はありましたか?
次回からまた順に抄録を読んでいきましょう。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

E-MAIL TABLE OF CONTENTS | 08:21:05 | Trackback(0) | Comments(0)
Case report of MGH: September 11, 2008
NEJMで最も有名な、というか、どこかで誰かが必ず抄読会であたっているのが、これ。
CASE RECORDS OF MASSACHUSSETS GENERAL HOSPITAL
いうなればマサシューセッツ総合病院の症例カンファの紙上再現ですが、これが長くて、大抵は最初の方でイヤになります。(今週号で参考文献を入れて12ページです。)
しかも、読んでみると、日本では普通、見かけないような虫さされが原因だったりすると、ため息が出ることも。
そもそも、貴重な時間をこれに使うかどうか、まずは決める必要がありますね。
そういうときには、前回読んだ、"This Week in the Journal"を活用しましょう。
このダイジェストを読んで興味がわけば更に詳しく進めばよし、そうでなければ話の種になるかな、と言う程度で終わっていいでしょう。

では早速。

An Infant with Congenital Deafness, Lethargy, and Hypothermia

An 8-day-old boy was admitted to this hospital because of weakness and lethargy. He had been hospitalized briefly after birth because of respiratory distress, and sensorineural deafness was noted, but his postnatal course had been otherwise normal. On the day before admission, he became lethargic and hypothermic, with grunting respirations; lumbar puncture at another facility disclosed blood in the cerebrospinal fluid, and he was transferred to this hospital. Imaging studies disclosed intracerebral hemorrhage and edema. Coma developed, and the infant died on the fifth hospital day. An autopsy was performed.


congenital deafness 先天性難聴
lethargy 嗜眠
was admitted to this hospital この病院に入院してきた
 be admitted to ...は症例呈示でよく使われる表現です。
postnatal 生後の
On the day before admission 入院前日
grunting 呻吟する
 Longman現代英英辞典によると、
"grunting: if a person or animal grunts, they make short low sounds in their throat"とあります。のどの奥で唸るような音でしょうか。
at another facility 他院で
 日本語では「前医で」とよくいいますね。
disclosed 認められた
 「明らかになった」というニュアンスがあります。
on the fifth hospital day 第5病日目に
 入院して5日目に、ということです。

いかがですか。この子供の病因に興味があれば、本誌へどうぞ。日本語訳はこちら

さあ今週号は今日までです。明日はもう新しい号が出ますよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。いつも応援ありがとうございます。おかげさまでランキング上昇中です。どうぞ1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ


 






テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

CASE RECORDS OF MGH | 14:14:07 | Trackback(0) | Comments(0)
THIS WEEK in the JOURNAL: September 11, 2008
これまでNEJMの抄録、podcastingと見てきました。
それぞれ、十分、要約した内容なのですが、働くドクターは実に多忙です!
そんなあなたのためには
This Week in the Journal
というコーナーがあります。
NEJMのサイトには英文が、日本語訳はここにあります。

ではoriginal articlesのところだけ、読んでみましょうか。


Arthroscopic Surgery for Osteoarthritis of the Knee

This randomized trial showed no benefit of the addition of arthroscopic treatment to optimized physical and medical therapy and provided evidence that arthroscopic surgery is not indicated for the treatment of osteoarthritis of the knee.


randomized trial 無作為試験
showed 示した
 showは論文を書くときによくお世話になりますから覚えておきましょう。
no benefit of 有用ではなかった、役に立たなかった
 「論文の格調からすると」適切な和訳ではないですが、意味が取れればいいと割り切って解釈。
is not indicated 適応とならない
 名詞のindicationもよく使いますよね。


Incidental Meniscal Findings on Knee MRI in Middle-Aged and Elderly Persons

In this cross-sectional study involving magnetic resonance imaging (MRI) of the right knee in middle-aged and older men and women, more than a third of the participants had a meniscal tear or meniscal destruction or resection; many of these persons reported having had no knee pain or stiffness in the previous month. Meniscal damage was particularly common in persons with radiographic evidence of osteoarthritis. Clinicians should take into consideration the high prevalence of incidental meniscal findings when ordering or interpreting this test in older patients with knee pain.


cross-sectional study 横断的研究
 cross-sectionとは横断面という意味なので、「MRIによる膝の横断画像」とも思いましたが、In this ... studyとこの研究全体を示しているのでここは、「年齢横断的に行った研究」と解釈しました。
involving 含んだ
 studyの内容を説明するフレーズを導くために使っています。
more than a third of 3分の1以上
 分数の表現は知らないと書けないもののひとつです。
take into consideration 考慮に入れる
 受験英語でやった記憶が蘇りますか~?実際に、こうして使いますよ~。
ordering オーダーする
interpreting 解釈する


Platinum-Based Chemotherapy plus Cetuximab in Head and Neck Cancer

This randomized trial of the treatment of advanced head and neck cancer tested the efficacy of adding cetuximab, an antibody against the epidermal growth factor receptor, to standard therapy (platinum-based chemotherapy). As compared with standard chemotherapy alone, cetuximab plus chemotherapy prolonged median overall survival by almost 3 months.


As compared with ~と比べて

いかがでしたか。非常に引き締まった、無駄のない文体で、勉強するところが大ですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。あなたも1クリック!お願いしま~す。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

 

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

THIS WEEK | 12:32:27 | Trackback(0) | Comments(0)
Podcasting: September 11, 2008
NEJMでは最新号のサマリーをpodcastで配信しています。
NEJMのトップページにあるAUDIO SUMMARYをクリックするか、あるいはAppleのiTuneから簡単に手に入れられますよ。
私はiTuneからiPodに入れて聞いていますが、mp3でも配信されてますからご安心くださいね。

さて、このaudio summaryですが、長さにして20分を越える代物です。これを最初から最後まで集中して聞くのは、時間的にもかなり大変です。それなので、最初のサマリー中のサマリーというべき、冒頭の1分強のみに全力を注ぎましょう。

mp3版のほうは未確認ですが、iPodではこの冒頭部分のスクリプトだけは表示することができます。また、先ほどのNEJMサイトのaudio summaryのところにも掲載されています。ただ、私の聞いたところ、若干、話しているとおりでない部分があります。

では、聞き取ったそのままをサイト上のスクリプトを参考にしながら、記載します。聞き取りの参考にしてくださいね。

まず、最初に女性のアナウンスがあります。
This audio summary is sponcered by Ortho-Mcneil-Janssen Pharmaceutical, Inc. Visit TOPAMAX360.com for practice management podcasts, sample and patient education resources and much more.

「この番組の提供は~~」というところです。会社の名前が(なじみがないために)聞き取りづらいのですが、本文には影響ないので、軽く流してもらえばOKでしょう。

次からが本文です。聞き取った部分を赤字で表示します。
Welcome to the New England Journal of Medicine audio summary for the week of September 11th, 2008. I'm Dr. Michael Bierer. This week's issue features articles on arthroscopic surgery for osteoarthritis of the knee, incidental meniscal findings on knee MRI in middle-aged and elderly persons, platinum-based chemotherapy plus cetuximab in head and neck cancer, human NHERF1 mutations and responsiveness of renal parathyroid hormone, and turning thought into action; review articles on gonadotropin-releasing hormone agonists for endometriosis and on recent advances in head and neck cancer; a case report of an infant with congenital deafness, lethargy, and hypothermia; and Perspective articles on the need for, and perils of, health policy expertise in the White House, on military medical ethics, on the ethics of interrogation and the U.S. military’s ongoing use of psychiatrists, and on assessing the cardiovascular safety of diabetes therapies.

赤線で消してあるところは、スクリプトにはあるのに、読まれていない部分です。

ここまでで1分23秒です。これまで見てきた論文3つの題名が最初に出てきているので、ついていきやすかったと思います。
はじめから「全部、聞かなくちゃ」「全部、聞き取れなくちゃ」と思うと、(メタボ対策と同じで)挫折にまっしぐら、となりますから、このへんからぼちぼちやっていきましょう。

この冒頭以下は論文の内容が続きます。ただスクリプトがありませんから、一言一句聞き取ろう、などとはゆめゆめ思わず、なんとなくこの内容知ってるかも、という程度でいいのでは?

ブログランキング参加中。あなたも1クリック!読んでいただいてありがとうございます!

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

PODCAST | 14:39:23 | Trackback(0) | Comments(0)
September 11, 2008 vol.359 No11 (1116-27)
NEJM9月11日号のoriginal articlesは3つなので、今日で全部読み終わりますよ。ファイト!

Platinum-Based Chemotherapy plus Cetuximab in Head and Neck Cancer

platinum-based chemotherapy プラチナ製剤による化学療法
plus プラス
 こういう言い方は思いつきやすくていいですね。しかもこれでOKなんてラッキー!
cetuximab セツキシマブ
 薬の名前です。こういう領域に身を置いていない方には馴染みがないでしょうが、ひるまずにGO!

では抄録に入ります。
Background Cetuximab is effective in platinum-resistant recurrent or metastatic squamous-cell carcinoma of the head and neck. We investigated the efficacy of cetuximab plus platinum-based chemotherapy as first-line treatment in patients with recurrent or metastatic squamous-cell carcinoma of the head and neck.

platinum-resistant プラチナ製剤抵抗性の
 "...-resisitant"というのは「~抵抗性の」という常用句。感染症関係でもよく見かけます。
recurrent 再発性の
 ガン領域の話題では頻出。(心情的には、頻出してほしくない再発ですけど。)
investigated 検討する
 studyよりはちょっと格調高い感じがしますね。
first-line treatment 一次療法
 よく日本語では「ファーストチョイス」と言いますが、英語ではこれ。

Methods We randomly assigned 220 of 442 eligible patients with untreated recurrent or metastatic squamous-cell carcinoma of the head and neck to receive cisplatin (at a dose of 100 mg per square meter of body-surface area on day 1) or carboplatin (at an area under the curve of 5 mg per milliliter per minute, as a 1-hour intravenous infusion on day 1) plus fluorouracil (at a dose of 1000 mg per square meter per day for 4 days) every 3 weeks for a maximum of 6 cycles and 222 patients to receive the same chemotherapy plus cetuximab (at a dose of 400 mg per square meter initially, as a 2-hour intravenous infusion, then 250 mg per square meter, as a 1-hour intravenous infusion per week) for a maximum of 6 cycles. Patients with stable disease who received chemotherapy plus cetuximab continued to receive cetuximab until disease progression or unacceptable toxic effects, whichever occurred first.

randomly 無作為に
assigned  割り付ける
 1つめの論文でこれの受動態をやりましたね。覚えてますか?
per square meter of body-surface area /m2
 1平方メートルの体表面積あたり、ということ。抗ガン剤投与ではよく使いますね。
on day 1 1日目に
 直接的でわかりやすい、理系英語の典型例です。2日目は、だから、on day 2。簡単!
every 3 weeks for a maximum of 6 cycles 3週ごとに最長6サイクル(行う)
 日本語で言っても???になりそうですが。プロトコールによっては「6クール」なんて言ったりするので、英語にするとき、迷いますが、このようにcicleを使いましょう。
whichever occurred first どちらかが先に発現するまで
 要は「なにか不適切なことが起きたら(止めました)」ということです。

Results Adding cetuximab to platinum-based chemotherapy with fluorouracil (platinum–fluorouracil) significantly prolonged the median overall survival from 7.4 months in the chemotherapy-alone group to 10.1 months in the group that received chemotherapy plus cetuximab (hazard ratio for death, 0.80; 95% confidence interval, 0.64 to 0.99; P=0.04). The addition of cetuximab prolonged the median progression-free survival time from 3.3 to 5.6 months (hazard ratio for progression, 0.54; P<0.001) and increased the response rate from 20% to 36% (P<0.001). The most common grade 3 or 4 adverse events in the chemotherapy-alone and cetuximab groups were anemia (19% and 13%, respectively), neutropenia (23% and 22%), and thrombocytopenia (11% in both groups). Sepsis occurred in 9 patients in the cetuximab group and in 1 patient in the chemotherapy-alone group (P=0.02). Of 219 patients receiving cetuximab, 9% had grade 3 skin reactions and 3% had grade 3 or 4 infusion-related reactions. There were no cetuximab-related deaths.
 
Adding  ~を追加した
 これは下の方でThe addition of と言い換えて使っています。同じ表現を繰り返すとくどいので、こうした言い換えが必要です。
significantly 有意に
 結果の部分では超頻出。もちろん、「有意差がでるような」研究を組まなくてはなりませんが。
chemotherapy-alone 化学療法単独
 こういうときの、"-alone"という使い方、覚えておきましょう。
adverse events 有害事象
respectively それぞれ
 これは既出ですね。

Conclusions As compared with platinum-based chemotherapy plus fluorouracil alone, cetuximab plus platinum–fluorouracil chemotherapy improved overall survival when given as first-line treatment in patients with recurrent or metastatic squamous-cell carcinoma of the head and neck.

As compared with ~と比べて
improved 改善した

どうでしたか?これで9月11日号の原著original arcitlesの抄録は全部読了です。
実はあともう一つ、Brief report(短報)が載っていますけど。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。あなたも1クリック!お待ちしてます。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 10:11:35 | Trackback(0) | Comments(0)
September 11, 2008 vol.359 No11 (1108-15)
NEJM 9月11日号の2つめの論文、いってみましょう。

Incidental Meniscal Findings on Knee MRI in Middle-Aged and Elderly Persons

整形外科関連の人以外はちょっと腰が引ける題名ですが、ここは英語の勉強と割り切って読みましょう。
incidental 偶発的な
 たまたま見つかった、という意味です。
meniscal 半月板
 「あ~、そういうの、あったな~」って.....
findings on ~という所見の
 所見、という時に、findingsは頻出です。

では抄録へ進みましょう。今日は、パラグラフごとに見ていきましょう。
Background Magnetic resonance imaging (MRI) of the knee is often performed in patients who have knee symptoms of unclear cause. When meniscal tears are found, it is commonly assumed that the symptoms are attributable to them. However, there is a paucity of data regarding the prevalence of meniscal damage in the general population and the association of meniscal tears with knee symptoms and with radiographic evidence of osteoarthritis.

Magnetic resonance imaging (MRI) 核磁気共鳴
 MRIのことですが、略語は初出時にフルスペルをつけるのがルールです。
is often performed しばしば施行される
 検査を実施するという動詞で、performを使っています。
are attributable to ~に起因する
 原因は~だ、というわけです。
a paucity of  少数の
 あまり見かけない語彙ですが。
regarding ~に関する
prevalence 有病率
 こうした専門用語は押さえておきましょう。

Methods We studied persons from Framingham, Massachusetts, who were drawn from census-tract data and random-digit telephone dialing. Subjects were 50 to 90 years of age and ambulatory; selection was not made on the basis of knee or other joint problems. We assessed the integrity of the menisci in the right knee on 1.5-tesla MRI scans obtained from 991 subjects (57% of whom were women). Symptoms involving the right knee were evaluated by questionnaire.

studied 研究した
 書き出しの動詞は悩むところですが、無難なところでstudyを使ってますね。
census-tract data 国勢調査データ
random-digit telephone dialing 無作為に作成した番号で電話した
 この2つは馴染みがない人が多いかも。知識として吸収。
Subjects 対象者、被検者
ambulatory 歩行可能な
 ちなみに、ambulanceは救急車。
assessed 評価した
 「アセスメント」という言葉もよく聞くようになりました。
questionnaire 質問票

Results The prevalence of a meniscal tear or of meniscal destruction in the right knee as detected on MRI ranged from 19% (95% confidence interval [CI], 15 to 24) among women 50 to 59 years of age to 56% (95% CI, 46 to 66) among men 70 to 90 years of age; prevalences were not materially lower when subjects who had had previous knee surgery were excluded. Among persons with radiographic evidence of osteoarthritis (Kellgren–Lawrence grade 2 or higher, on a scale of 0 to 4, with higher numbers indicating more definite signs of osteoarthritis), the prevalence of a meniscal tear was 63% among those with knee pain, aching, or stiffness on most days and 60% among those without these symptoms. The corresponding prevalences among persons without radiographic evidence of osteoarthritis were 32% and 23%. Sixty-one percent of the subjects who had meniscal tears in their knees had not had any pain, aching, or stiffness during the previous month.

as detected on ~で見つかった
 onを使うところに注目。
materially 著しく、実質上
63% among those with ~の63%
%を書くとき、どうしようかなと迷いますが、そのままでok。

Conclusions Incidental meniscal findings on MRI of the knee are common in the general population and increase with increasing age.
ここは結論ですが、タイトル通りですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。いつも応援ありがとうございます。1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ
 




テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 14:36:41 | Trackback(0) | Comments(0)
September 11, 2008 vol.359 No11(1097-1107)
The New England Journal of Medicine (以下、NEJM)の9月11日号掲載の論文original articlesの抄録abstractを読んでいきましょう。

今週1つ目は関節鏡の話題です。タイトルをクリックすると抄録へ飛びます。

A Randamized Trial of Arthroscopic Surgery for Osteoarthritis of the Knee (N Engl J Med 2008;359:1097-1107.)

初回ということで、まずは抄録部分の構成を見てみます。
これはその雑誌によって規定されていますが、NEJMの場合は、
BACKGROUND 背景
METHODS 方法
RESULTS 結果
CONCLUSIONS 結論
の4つのパートから成ります。
投稿規程により抄録は250語以内となっていますから、比較的とっつきやすいでしょう。

では順番に見ていきます。
まず、タイトル。
A Randamized Trial of Arthroscopic Surgery for Osteoarthritis of the Knee (N Engl J Med 2008;359:1097-1107.)

a randamized trial 無作為試験
arthroscopic surgery関節鏡手術
osteoarthritis変形性関節炎
無作為試験はこうした論文では頻出重要語ですね。
整形外科領域の方でなければ、2つめと3つめの単語は「そうか~」で流していいかと。

BACKGROUND

The efficacy of arthroscopic surgery for the treatment of osteoarthritis of the knee is unknown. (N Engl J Med 2008;359:1097-1107.)


efficacy 効能
 ...is unknown.という文なので、「役に立ってるのかどうかはわからない」ということです。
for the treatment of ~の治療をする際に
 前置詞のforあたりが迷いそうなので、ひとまとまりで覚えます。

METHODS

We conducted a single-center, randomized, controlled trial of arthroscopic surgery in patients with moderate-to-severe osteoarthritis of the knee. (N Engl J Med 2008;359:1097-1107.)

conduct 実施する
 「こういう研究を企画して実行したぞ」というニュアンスでしょうか。
a single-center, randomized, controlled trial 単一施設無作為化比較試験
 でましたね、頻出フレーズ。たくさんの施設で共同してやった場合には、
 multi-center, randomized, controlled trial
となります。
in patients with ~の患者について
 ここでも前置詞inに注意。これもひとかたまりで。

Patients were randomly assigned to surgical lavage and arthroscopic débridement together with optimized physical and medical therapy or to treatment with physical and medical therapy alone. (N Engl J Med 2008;359:1097-1107.)

be randomly assigned to A or B. AかBに無作為に振り分ける
 これも頻出。assignを使うんだということをチェック。

The primary outcome was the total Western Ontario and McMaster Universities Osteoarthritis Index (WOMAC) score (range, 0 to 2400; higher scores indicate more severe symptoms) at 2 years of follow-up. (N Engl J Med 2008;359:1097-1107.)

at 2 years of follow-up2年後の、2年の観察期間で
 ここの前置詞はatなので、2年経過観察した時点で、というイメージ。

Secondary outcomes included the Short Form-36 (SF-36) Physical Component Summary score (range, 0 to 100; higher scores indicate better quality of life). (N Engl J Med 2008;359:1097-1107.)

secondary副次的な
 前文のprimaryと対比して使っています。

RESULTS

Of the 92 patients assigned to surgery, 6 did not undergo surgery. (N Engl J Med 2008;359:1097-1107.)

of the 92 paritents (エントリーした)92人中
 方法のところで何人エントリーしたかは書いていないので、ここで「エントリーは92人だった」ということを冒頭に出しています。
undergo (検査などを)受ける
 手術系の記述では頻出。内視鏡 endoscopyもundergoでいきます。

Of the 86 patients assigned to control treatment, all received only physical and medical therapy. (N Engl J Med 2008;359:1097-1107.)

control treatment コントロール群
 日本語でも使うので、思いつきやすいですね。

After 2 years, the mean (±SD) WOMAC score for the surgery group was 874±624, as compared with 897±583 for the control group (absolute difference [surgery-group score minus control-group score], –23±605; 95% confidence interval [CI], –208 to 161; P=0.22 after adjustment for baseline score and grade of severity). (N Engl J Med 2008;359:1097-1107.)

長い文ですが、カッコ内はとりあえずとばして、意味を取りましょう。
as compared with ~と比較して
 2群を比較して結果を述べるときに使えます。
95% confidence interval 95%信頼区間
 統計用語は日本語でもちょっとひるみますが、定型なのでこのままインプット。

The SF-36 Physical Component Summary scores were 37.0±11.4 and 37.2±10.6, respectively (absolute difference, –0.2±11.1; 95% CI, –3.6 to 3.2; P=0.93). (N Engl J Med 2008;359:1097-1107.)

A and B, respectively それぞれA、B
データを羅列して述べるときに役立つ、respectivelyです。

Analyses of WOMAC scores at interim visits and other secondary outcomes also failed to show superiority of surgery. (N Engl J Med 2008;359:1097-1107.)

at interim visits 途中での診察のとき
interimは「仮の、当座の、臨時の」という意味です。an interim reportは中間報告、という意味です。visitは、診察です。
fail to sho superiority 優位ではない
 こういうときにshowを使うことに注目。

CONCLUSIONS

Arthroscopic surgery for osteoarthritis of the knee provides no additional benefit to optimized physical and medical therapy. (N Engl J Med 2008;359:1097-1107.)

provide no additional benefit to ... ...に追加する利はない
 「やっても利益はないよ」という意味です。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。1クリックをお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

ABSTRACT | 13:29:02 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。