■このブログ内の引用文について

本ブログは、The New England Journal of Medicine Permission Departmentより、「The New England Journal of Medicine本誌からの文単位での引用に許諾は不要」との見解をいただいた上で、運用しております。更に、「文章を抜き出してサマリーを書いてよい」との文言もいただいております。

■プロフィール

Dr. Joy

Author:Dr. Joy
ごく普通の町でごく普通に医者をやってます。
ごく普通の患者さんたちを相手にしていて、
診察室に入ってくる人が英語をしゃべったりするのは数年に1度あるかないか。
そんな私に必要な英語力って何?

■最新記事
■最新コメント
■FC2カウンター

■カテゴリ
■リンク
■検索フォーム

■月別アーカイブ
■最新トラックバック
■FC2ブログランキング
■ソーシャルブックマーク

■RSSリンクの表示
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
THIS WEEK in the JOURNAL:November 27, 2008
The New England Journal of Medicine 11月27日号2番手の論文はこれでした。クリックすると、抄録画面に飛びます。

Diagnostic Performance of Coronary Angiography by 64-Row CT(N Engl J Med 2008;359:2324-36.)

タイトルの通り、CTアンギオで冠動脈評価を行うことについての内容でした。従来の冠動脈造影と比較して、ほぼ同等の結果であったことから、筆者らは「今のところ、CTアンギオは冠動脈造影に取って代わるものではない」と結論していました。

これを英語にしてみると ,,,,,

In an international study, the authors evaluated the diagnostic performance of coronary angiography by means of 64-row multidetector computed tomography (CT). The technique accurately identified obstructive coronary lesions, but the positive and negative predictive values were inadequate for this technology to replace conventional coronary angiography with the use of contrast medium.


最後の1文は抄録ではこのようになっていましたね。

The negative and positive predictive values indicate that multidetector CT angiography cannot replace conventional coronary angiography at present.
(N Engl J Med 2008;359:2324-36)

ほぼ同じことを言っているのですが、

The positive and negative predictive values were inadequate ... to replace ...
The negative and positive predictive values indicate that A cannnot replace B

という言い換えの妙!目下、著作権の勉強中なので「自分の言葉で表現すれば問題なし」という実例を見ると、変に感心したりしてます。
それはさておき、こうした言い換え表現はきっとどこかで役に立ちますよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。よろしければ1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ




続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

THIS WEEK | 06:49:06 | Trackback(0) | Comments(0)
THIS WEEK in the JOURNAL: November 27, 2008
The New England Journal of Medicine11月27日号掲載の原著論文抄録はすべて読み終わりました。
「読んだな~」で終わってもいいのですが、せっかくですから要旨をまとめてみましょう。
タイトルをクリックすると、抄録へ飛びます。

Stromal Gene Signatures in Large-B-Cell Lymphomas (N Engl J Med 2008;359:2313-23)

何のお話でしたか?そう、大細胞型B細胞リンパ腫についてでしたね。タイトルにあるように、大細胞型B細胞リンパ腫の間質遺伝子発現特性を研究したものでした。CHOPやR-CHOP治療後の生存率は腫瘍環境における免疫細胞、繊維化、血管新生によって影響される、という結論でした。
This Week in the Journal (以下、TWJ)では、どのように記述しているか見てみましょう。

In this study, microarrays of stromal-cell RNA showed one signature that correlated with extracellular-matrix deposition and monocytic infiltration and another that reflected tumor blood-vessel density. Immune cells, fibrosis, and angiogenesis in the microenvironment strongly influence the behavior of these lymphomas.

In this study, ... showed この研究では...が示された
 お決まりのまとめ表現です。showed以下に内容を詰め込みます。
最後の文は、抄録の結語と同じ内容ですが、ちょっと比べて見ましょう。

Survival after treatment of diffuse large-B-cell lymphoma is influenced by differences in immune cells, fibrosis, and angiogenesis in the tumor microenvironment.(N Engl J Med 2008;359:2313-23.)

受動態が能動態になっていますね。こういうちょっとした言い換え(書き換え)をストックしておくと、使える英語が広がりますよ。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。

抄録の日本語版は南江堂サイトへ。


ブログランキング参加中。応援の1クリックをお願いします。



にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ



テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

THIS WEEK | 06:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
This Week in the Journal: November 6, 2008
NEJM11月6日号の原著論文抄録はもう全部読んでしまいましたので、久しぶりにThis Week in the Journal(略してTWJとさせてください)を見てみましょう。
TWJは3文程度に凝縮されていますから、読むのも楽です。

オーソドックスな使い方としては、
時間節約のため、TWJをざっと読んで内容を知る
となりますが、お薦めはベクトルの方向を反転させて、
原著論文抄録を読んで、自分で3文程度に要約を書いてみて、TWJと比較してみる
という方法。毎週1つくらいやってみると、いい勉強になりますよ。

今回は、オーソドックスにTWJを読んでおきます。

Effect of 17q21 Variants and Smoking Exposure in Early-Onset Asthma

A locus on chromosome 17 has previously been shown to be associated with susceptibility to asthma. This study shows that the association is specific to early-onset asthma (occurring at the age of 4 years or younger) in those exposed to environmental tobacco smoke in early life. The study implicates markers regulating at least two genes ― ORMDL3 and GSDML ― in determining susceptibility.


This study shows that この研究は以下のことを示している
 内容をサマライズするにはぴったりの表現です。
The study implicates この研究は~ということを(暗に)含んでいる
 これも使える表現です。

Gene Signatures for Liver-Cancer Recurrence

The authors have established a method for the analysis of gene expression in tissue specimens preserved in formaldehyde. The expression profile of tissue adjacent to primary hepatocellular carcinoma, rather than the cancer itself, is associated with late recurrence. This finding, together with other data, suggests that the late recurrences are actually second primary tumors.


なんとタイトルまで直観的にわかるよう言い換えられていますよ。(本当のタイトルはGene Expression in Fixed Tissues and Outcome in Hepatocellular Carcinoma)
The authors have established a method 著者らは方法を確立した
This finding ... suggests that この所見は~ということを示している
抄録を読んだ方は「あれっ」と思われたかもしれませんが、TWJは抄録よりも本文そのものをサマライズしていますので、より踏み込んだ内容になっています。

Testosterone for Low Libido in Postmenopausal Women Not Taking Estrogen

In this double-blind, placebo-controlled, 52-week trial among postmenopausal women not receiving estrogen therapy, treatment with a patch delivering 300 µg of testosterone per day resulted in a significant although modest increase in the 4-week frequency of satisfying sexual episodes (1.4 more episodes per month), but the women were also subject to more adverse events, including androgenic side effects.


なんと1文で構成されています。
resulted in ~という結果だった

自分で要約を書いてみるとき、TWJと同じになる必要は全くないと思います。抄録250語を読んで、自分の英語でまとめてみる、という作業が大切ですよ。(こうした作業に正解、不正解はありませんからね。)

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックをよろしくお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

昨日は日曜日にもかかわらず、新記録18アクセスを達成しました。本当にありがとうございます。励みになります。また来てくださいね。


テーマ:医学英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

THIS WEEK | 06:46:34 | Trackback(0) | Comments(0)
This Week in the Journal: October 2, 2008
今週号はマサチューセッツ総合病院の症例検討会はお休みのようです。そういう週もあるんですね。
でも、「どうしても症例が読みたい」という先生も中にはいらっしゃるだろう、ということかどうかはわかりませんが、CLINICAL PRACTICECLINICAL PROBLEM-SOLVINGという記事が掲載されています。This Week in the Journalにダイジェストがあるので、両方見ておきましょうか。

まずはCLINICAL PRACTICEから。

Autosomal Dominant Polycystic Kidney Disease
常染色体優性多発性嚢胞腎、のお話です。

This Journal feature begins with a case vignette highlighting a common clinical problem. Evidence supporting various strategies is then presented, followed by a review of formal guidelines, when they exist. The article ends with the author's clinical recommendations.
どうも新しく始まったコーナーのようですね。
vignette ビニエット、エピソード
 杉田敏先生のNHKラジオ講座をお聞きの方はおなじみかも。

Shortly after being elbowed in the flank during a basketball game, a 35-year-old healthy man has severe, colicky abdominal pain followed by gross hematuria. A renal ultrasound scan reveals bilateral polycystic kidneys and liver cysts. The blood pressure is 160/100 mm Hg. The serum creatinine concentration is 0.9 mg per deciliter (80 µmol per liter). The pain subsides in 2 days with analgesics, rest, and fluids; the gross hematuria resolves in 4 days, although microscopic hematuria persists.

elbowed 肘打ちされた
 elbowは肘。
in the flank 脇腹を
colicky 腹部疝痛性の
gross hematuria 肉眼的血尿
 対になるのは、microscopic hematuria 顕微鏡的血尿
subsides 治まる、(痛み、腫れなどが)ひく
in 2 days 2日後に
 inを使うことに注意。

ではもうひとつのCLINICAL PROBLEM-SOLVINGも読んでおきます。
Variations on a Theme
「テーマの多様性」、どんな話なんでしょう。

In this Journal feature, information about a real patient is presented in stages (boldface type) to an expert clinician, who responds to the information, sharing his or her reasoning with the reader (regular type). The authors' commentary follows.
このコーナーの趣旨が書かれています。
実症例をベテラン医師に提示して、読者と一緒に診断、治療を考えてみる、ということのようですね。

A 57-year-old man presented to the emergency department with a 2-week history of progressive dyspnea on exertion, edema of the legs, a nonproductive cough, and scant hemoptysis.

presented to 現れた、受診した
with a 2-week history 2週間にわたる
a historyなんですね。
on exertion 労作時の
scant  微量の

NEJMのような老舗雑誌でも新企画を取り入れてるんですね。

いかがでしょう。今週号はここまで。明日は新しい号が出ます。
NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。応援の1クリックで来週も続くかも。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

THIS WEEK | 06:08:36 | Trackback(0) | Comments(0)
THIS WEEK in the JOURNAL: September 11, 2008
これまでNEJMの抄録、podcastingと見てきました。
それぞれ、十分、要約した内容なのですが、働くドクターは実に多忙です!
そんなあなたのためには
This Week in the Journal
というコーナーがあります。
NEJMのサイトには英文が、日本語訳はここにあります。

ではoriginal articlesのところだけ、読んでみましょうか。


Arthroscopic Surgery for Osteoarthritis of the Knee

This randomized trial showed no benefit of the addition of arthroscopic treatment to optimized physical and medical therapy and provided evidence that arthroscopic surgery is not indicated for the treatment of osteoarthritis of the knee.


randomized trial 無作為試験
showed 示した
 showは論文を書くときによくお世話になりますから覚えておきましょう。
no benefit of 有用ではなかった、役に立たなかった
 「論文の格調からすると」適切な和訳ではないですが、意味が取れればいいと割り切って解釈。
is not indicated 適応とならない
 名詞のindicationもよく使いますよね。


Incidental Meniscal Findings on Knee MRI in Middle-Aged and Elderly Persons

In this cross-sectional study involving magnetic resonance imaging (MRI) of the right knee in middle-aged and older men and women, more than a third of the participants had a meniscal tear or meniscal destruction or resection; many of these persons reported having had no knee pain or stiffness in the previous month. Meniscal damage was particularly common in persons with radiographic evidence of osteoarthritis. Clinicians should take into consideration the high prevalence of incidental meniscal findings when ordering or interpreting this test in older patients with knee pain.


cross-sectional study 横断的研究
 cross-sectionとは横断面という意味なので、「MRIによる膝の横断画像」とも思いましたが、In this ... studyとこの研究全体を示しているのでここは、「年齢横断的に行った研究」と解釈しました。
involving 含んだ
 studyの内容を説明するフレーズを導くために使っています。
more than a third of 3分の1以上
 分数の表現は知らないと書けないもののひとつです。
take into consideration 考慮に入れる
 受験英語でやった記憶が蘇りますか~?実際に、こうして使いますよ~。
ordering オーダーする
interpreting 解釈する


Platinum-Based Chemotherapy plus Cetuximab in Head and Neck Cancer

This randomized trial of the treatment of advanced head and neck cancer tested the efficacy of adding cetuximab, an antibody against the epidermal growth factor receptor, to standard therapy (platinum-based chemotherapy). As compared with standard chemotherapy alone, cetuximab plus chemotherapy prolonged median overall survival by almost 3 months.


As compared with ~と比べて

いかがでしたか。非常に引き締まった、無駄のない文体で、勉強するところが大ですね。

NEJMのサイトはThe New England Journal of Medecineで見られます。abstractは無料で閲覧できますから、どうぞ。
抄録の日本語版はこちらへ。

ブログランキング参加中。あなたも1クリック!お願いしま~す。

にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽・映画の英語へ

 

テーマ:科学・医療・心理 - ジャンル:学問・文化・芸術

THIS WEEK | 12:32:27 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。